カテゴリー:日常篇

The list of "日常篇"

Search



二度目の休息

ちょっとだけ暖かくなって、桜が少し膨らみ始めてました。
3月も今日で終わり。今年度も今日で終わり。
一年に一回、しょっぱいことを書ける日ですね。

では

来年度、また休学することになりました。
ので、ムサビ日記は卒業します。

この2年間、いろいろありました。
母の死から始まった祖父の遠距離介護、引っ越し、就職etc
いろいろありすぎて、結局スクーリングは1回しか行けなかったし、
課題は2回も再提出になるし。
なので、あまり通信の人の参考になるようなことが書けず、反省してます。

今回、またなんで休学かと言うと、
ぶっちゃけ、場所の問題。
実家のリフォーム計画が進行中なのですが、
卒制までアトリエ代わりに使う予定だった建物が取り壊しになり、
制作できるスペースがなくなったこと。
リフォームが完了すれば、作業スペースも確保できるのですが、
リフォーム工事そのものが、来年にならないと着工できない事情もあり、今回の決断に。

それと、今年から始めた仕事が、時間的にかなり不規則なことも。

ということで、二度目の休眠に。
三度目の正直で、次こそは卒業まで行きたいと思います。
本当は、ここで卒業報告したかったな(泣)。
次の次の次の春には、ムサビの卒業式に出れることを信じて。

そして、今まで読んでくださった皆様と、
手羽さん、竹林さんに感謝を込めて。

ありがとうございました!

逃げ出したいのも分かるけれど

パンフレット2冊は、無事入稿。
休日に家で作ったパワポのデータが、そのまま採用されてしまったページもあって、
ほんとにそれで良いの? ほんとのホントにいいんですかぁぁぁぁ?
て、今更聞いても無駄でしょうが。
来週中には完成して、戻ってくるはず。その数、4700冊。嗚呼。

新年度に向けて、まだまだ怒濤の雑用が待っておりますが、
そんな中、就活に悩む女子が一人やって来ました。

要約すると、先の見えない状況が不安になり、
その不安から逃れたいためだけに、
別の選択肢を考え始めよう、かと。
もともと、結婚するまでしか働く気がないから、
中小企業でも何でもいいしぃ〜
・・・みたいな話を、泣きながらされたわけで。

本人も分かっているだろうけど、
もう完璧に逃げの気持ちになっていて、
とにかく逃げ出したい一心の方向転換なわけで。

まぁいろいろ話してはみましたが、

「ここのパートさん達だって、みんな楽しそうに働いてるじゃないですか。
だから私、将来はパートでも何でもいいんです」
と言われて、内心苦笑。

ほんと言うとね、仕事は何だっていいんだよ。
自分や家族がちゃんと食っていけることが、一番大事なわけで。

ただ心配なのは、
安易に逃げてしまうと、逃げ癖がついてしまうこと。

その昔、将来の不安から、2日で5キロ痩せたことがある人間だから、
あんまり偉そうなことは言えませんけど、

逃げ出さないでね。


無駄にはならない

新しいパソコンの変換キーの位置が微妙に遠くて、
意味のない打ち間違いが多発中。・・・イライラ。

さて、毎日毎日残業まみれの日々です。
先月の勤務報告を派遣元に送ったら、
びっくりしてお電話がかかってきたくらいです(笑)。
本当は6時間勤務のパート扱いのはず・・・が、
どうみてもフルタイム勤務な日々。うわうわ。


入って2ヶ月目の人間に決算棚卸の報告書を作れ、とか
来年度の案内パンフレットを作れ、とか
思いつきでものを言う上司の、無計画な仕事の振り方に・・・唖然。
・・・うわうわうわ。

ということで、パワーポイントと絶賛格闘中です。
・・・もっと真面目に、コンピューターリテラシー靴離好ーリング、受けときゃよかった(泣)。
多分、イラストレーターの方が作業楽・・・だった気がする。

やはり、ムサビの授業は無駄にはならんなぁ。
無駄にしたのは自分だけどね。しくしく。

更に更に

実家が半分更地になり、
更に残業の日々は続き、
更に更に、パソコンを新しくしたら、
微妙にキーボードの感覚が違って、打ち間違いの多いこと。

更に更に更にいろんなことが起こってますが・・・

それはまた次の休日に(泣)

表層雪崩のような

実家の取り壊しに伴う、絶賛大片づけ大会開催後、
我が家のダイニングの壁は、ダンボール16箱分の本に埋め尽くされました。
更に一部屋、画材とその他諸々の道具が、小山を構成。
・・・もう少し、ちゃんと整理整頓をしたいのですが、

・・・仕事が、出張がぁ、残業がぁぁぁぁ。
えーと、しがない派遣の身分ではなかったでしょうか? 私って。
日々、エクセルとパワーポイントと、メールの山に悩まされております。
そして次々に、表層雪崩の如くわいてくる新しい仕事に襲われ、アップアップしてます。

久々に大腸炎と胃炎と不眠症になりました。テヘッ。

ま、もう少し慣れたら、何とかなる・・・はず。


怒涛のスタート

今年こそは、ゆったりとした一年になれば・・・

と思ってたのに、いきなり怒涛のスタートとなりました。

その1。
就職しました。
とある大学の、とある組織で働くことになりました。
今度は高校生でなく、大学生の尻を叩くのが仕事です。

その2。
実家の取り壊し決定。
浄化槽の補助金を貰うためには、
「来月中に工事しないと〜」と業者に言われ、
絶賛大片づけ&ゴミ出し&荷物移動に追われております。
休日ごとに、実家に行く日々。

てなことで、今月入ってから大忙しです。

どうせなら、怒涛の勢いで課題をしたいのに(泣)。

今年こそは

二年連続喪中の人なので、
手羽指令のお言葉を使うのは、微妙な立場・・・。
ということで、地味目に行きます。

新年、おめでとうございMAU

嬉しいこと、楽しいこと、幸せなことが、
ひとつでも多い年になりますように。

役に立つ美大

寒〜いシューカツは、2勝1敗で終了!
年明けから、派遣の人です。

さて、この4日間は、ひたすら実家の掃除と片付け。
今回は、遺品整理の最大難関、写真部門と絵画部門に本格的に挑戦。

じー様の趣味が広ジャンルに渡ったため、
家には、いろんな物たちが遺された。
年金暮らしのじー様の経済レベルから考えて、
某鑑定団に出せるようなお宝は皆無なのだけど、
かといって、掛け軸を捨てるわけにもいかず、
とりあえず、全部広げてみた。

おお、日本画だ、日本画。当然だけど。
じー様自筆の作品もある。一時期、日本画をやっていたのは知っている。
一緒に、母の書の軸も二本出てきた。

じー様がご存命で、まだ頭もしっかりしてた時は
季節に合わせて、軸を掛け替えたりしていた。
が、めんどくさがり屋の父が、
「いちいち掛け替えるのは面倒だから、
天照大御神の軸でも買って、年中出しておいたら楽だろう」
と、馬鹿なことを言い出すので、
母の書を飾っておいた。これで、年中オーケー!

今回思ったこと。
ちょっとだけど、日本画かじっておいてよかった。
小さい頃、何気に観ていた画面が、
今は少しだけ、見方が分かるようになった。

あ、これが一番構図凄いかも、運筆もリズムある。
と思って、じー様の買い物記録を見たら・・・
・・・弐万円也。

もっと、ビックネームわぁぁぁぁ?


それでは、皆様。
良いお年をお迎えください。

寒いシューカツ

最近、こんな年の瀬に何をやってるかと言うと、

シューカツです。

大学生のシューカツが、去年より遅く解禁になって、
短期決戦だー! と、話題になっておりますが、
こちとら、大人のシューカツです。

若人も大変ですが、大人も大変です。

短期のお仕事だって、倍率はいつも2倍以上。
以前なら、若い女性向けかなぁって感じの簡単事務のお仕事の面接に、
幅広い世代の女性陣に混じって、中高年のおじさんから若い男性まで登場。
派遣会社の登録に行ってみれば、男性が来るのも当たり前の時代。

うーん、寒い。

寒いけど、がんばりまーす。
ということで、

Merry Christmau!!

おでん

昨日から、おでんを制作中。

スーパーにおでんの具材を買いに行ったら、
じゃこ天はあるけど、ちくわぶはなかった。
ちくわぶ、関東ではポピュラーだが、こちらでは馴染みが薄い。
こっちは牛すじが人気だが、関東ではあまり見ない、とか。

おでんにも、地域色がある。

宮崎では、何故かおでんは人気者で、
まだ暑いだろうという時期から、おでんは売られていた。
松山は、あまりおでん人気が高くないらしい。
秋だと、「芋炊き」があるし、冬は何かの鍋。

そういえば、久々に戻った松山のスーパーで、最初に驚いたことは、
サラダの具材が、やたらと売られていたこと。
何なんだ、この都会的食生活は。健康そうで不健康な気分になる。

最近思うのは、野菜がしこたま食べられるのは贅沢だなぁ、ということ。
ということで、月に一二度、実家の畑で略奪行為(笑)。

明日は、おでんをタッパーに詰めて、実家にダイコンとネギを取りに行こう。

犬と魚

ぎゃーじんの名前は難しい。

先日、中国人と話していて、「ちゃん・つぃいー」が通じず悪戦苦闘。
漢字で書けばすぐに分かっただろうが、ちゃんの漢字を知らず。
香港の芸能人になると、更に不明度数がアップ。
そもそも何で、アンディとかトニーとか、欧米人のような愛称を付けるのだ。

そしてもっと相互理解が難しい、漢字が予測できないハングル人名。
李さんがイさんだとは、韓流歴史物を見るまで知らなかった。

で、久々に韓流ドラマを借りて見ていたのだが・・・。
涙と鼻水が止まらない展開なのに、
ヒロインの名前が魚の名前で、主人公の名前が犬。

主人公・犬君がヒロインの名を連呼するたびに、複雑な気持ちになったのは、
人名の漢字(意味)が連想出来ない日本人だからだろう。残念だわん。

シック・ストア

毎年、とある通販メーカーから、お誕生日にバラの花が届くのだが、
今年届いたのを「さあ、花瓶に生けましょう」と持ち上げた瞬間

・・・バラの花の首が折れて、ぼとり。

何? これは何の演出?

折れたバラも無事だった花と一緒に、グラスにさしました。

さて、気を取り直し、大学の公開講座を聴講しに行き、
晩ご飯には、以前満席で入れなかった、とあるネパール料理店に行ったら、

注文したタンドリーチキンが出てこなかった。
ま、その分のお金は払わなくて済んだので、別にいいんだけど。

その後、新規開店したアウトドアショップを覗きに行ったら、

商品を置く棚から、物凄〜く化学物質の匂いが。
危険を察知して、即、退却。
それでも、顔に化学物質過敏症の、赤い湿疹が出現。
しばらくの間、目はしょぼしょぼするし、鼻水も出るし。

あんな空気だと、ずっとお店につめてなきゃいけない店員さんが、一番可哀想かも。

てな感じの、お誕生日週末でした。

鉄板ネタ

これも不明の日本語であるが、今更誰かに訊くにも・・・。

鉄板と言われ、粉モンと考えるのが、大阪人。
「焼き鳥。鶏皮!」と考えるのが、バリィさんの地元・今治人。

さて、そろそろ来年度の準備を〜というわけで、
昨日はとある短気バイトの面接に行った。
つまり、来年度の学費の準備であります。

しかし、業務内容の説明を聞いていたら、
何だかとっても大変そう・・・つうか、
「これは、もしかして、地雷?」

そう。私は仕事で、よく地雷を踏む。
簡単に言うと、とってもとっても大変な状況の時、
その業務を担当することが・・・わりと多い。

「あぁ。受かれば、またかなぁ」的気持ちになって帰り、
面接の内容を相方に話したら、

「地雷踏み抜く前に対処しろよ」

忠告はごもっとも。

しかし、こんな仕事の仕方が定番になるのは、厭だな。

ドヤ顔

流行語大賞にはなってなかったけど、
ネットで使われてる、この言葉の意味が微妙に分からない。
予想はつくんだけど、はっきりとした辞書的意味が分からないということ。

先日、電話で妹と話していて、
「最近、すごーく母に似てきた気がする」
と、妹が微妙な口調に。
子供の七五三の時、一緒に写っていた自分の顔が
今まで見た写真の中で一番ショックなくらい、母に似ていたという。

「写真は嘘をつかないから、怖いわ〜」

ま、確かにそうかもしれませんが。


しかし、実家に送られてきた当該写真を見たが、
「このくらいなら、大して似てないじゃない」
というのが、私の感想だった。
まだ私の方が、母親に似ている気がする。

相方に言わせると、姉妹揃って母親には似てないらしい。
更に、父親似でもない。
「ミックスはされてるけど、強調はされてないもんね」
ということで、とある部分が強調される角度や表情をすると、
瞬間母親に似たり、父親に似たりするようである。

ちなみに、妹は自分のドヤ顔が母と似ているらしい。
私は上から目線の時の目元が、母親と似ている。

どんだけ自信満々だったんだろう、お母さん。


喉が赤い

相方の冬休み中に、集中的に版画を刷ろうと思って、
ガリガリ製版してたら、右手首が痛い。

そして、久々に風邪を引いた。
喉痛いよ〜、鼻が詰まるよ〜。
元はと言えば、休日出勤の相方が、外から貰ってきた風邪。
で、当人は、あっさり2日で完治。くぅぅぅぅ。

キムチ鍋で、身体の中から温めてみよう。

あ、この前の日記で書き間違えてました。
「にしこくくん」ではなく、「にしこくん」なのね。

変革の嵐

大阪のダブル選挙より、ゆるキャラグランプリの結果の方が気になった昨日。
どちらも、予想通りの結果でしたが。

あ、にしこくくんが三位に入ってて、びっくり。
愛媛県知事と新大阪市長が仲良しだったことに、更にびっくり。
バリバリ保守だった愛媛がねぇ〜、という感じ。

どんな風に変わっていくんだろうね。

変わると言えば、実家のリフォーム案を父親に話したら、
「変わりすぎて、分からんが」と言われた。

大丈夫。形になって表れるものだから、厭でも分かるよ。
配置が変わっても、トイレはトイレ、風呂は風呂です。

専業主婦の幸福度

「専業主婦」なる業種の人と、交流してみたーい!

というわけで、留学生達の要望で集められた、自称・専業主婦の人々。
そして、一対一でディスカッションとなった。

基本、学生の質問に、主婦が答えるという形式だったけど、
そこで訊かれたことの一つが
「どのくらい幸福だと感じますか? 5段階評価で」

さて、幾つでしょうか。

でも、典型的な専業主婦かと言われると、微妙に外れている気がするな。

職業欄は、未だに学生と主婦の使い分け。

ネット購入

加熱し過ぎのマラソンブームの延長線上で、
大会への申し込み方法の公平性について、あちこちで問題が発生中。

愛媛マラソンなんて、ネット受付の初日4時間で終了。
しかも平日真っ昼間から、申し込み開始って・・・。
来年からは、ネットも抽選になるという噂です。当然でしょう、それは。

でも、ネット購入て楽だよねぇ。助かる〜。
繋がらない電話予約や、朝始発から窓口に並んだ時代よ、さらば〜。

ということで、来年のライブのチケットを予約。わ〜い!(嬉)。

ユライ花ユライ花
中孝介

ERJ(SME)(M) 2007-07-11
売り上げランキング : 30377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この人のです。

日本人だって知らない

数年前から、日本語教育関係の勉強をやったり、やらなかったり。
知識は少しずつ増やしていたけど、実地体験はゼロ。
なので、果たして自分は向いてるのか、自分に出来るのかは、皆目不明だった。

昨日初めて、留学生の日本語教育のサポートに行った。
リアルな学習の場、ナマ留学生だぁぁぁぁぁ。

「いろいろ質問されるよ〜」と言われてたが、
確かに想定外の間違いやら、質問が〜。

・・・ネイティブでも、冷や汗たらたらの90分だった。
授業終わったら、どっと疲れた。

昨日訊かれた質問のひとつ。
「東京の反対語はなに?」

え、大阪か? 京都か?
そもそも、東京の反対語って、存在するのか?

質問者が考えた答え。
「京東!」

それ何? 何処? 

年賀状

近年、精神的に煮詰まってくると、妙にカワイイものへ興味を持ち出す。

基本、カワイイが嫌いな人。キレイなが好きである。ゴージャスは遠慮したい。

母親が亡くなって、祖父の遠距離介護に煮つまっていた時は、
地元ゆるキャラのネイティブな方言に母を偲びつつ、
とある監獄兎の小市民的ウサギを偏愛した。

この半年、課題に煮つまっている。
そしてつい最近、また新たなるカワイイものへ興味が、むくむくと。

で、ついったー見ていて、ふと思った。

「く●モンに年賀状出したーい」。

ついったー情報だと、年賀状が出せる模様。
「熊本県 くま●ン」で届くらしい。郵便番号もついったーにあった。

でも、今年も喪中なんだよね、我が家。残念。

大人の責任

昨日会った知人と、今時の小学校事情やら何やらを話していて。

問題行動を起こす子供は、やはり家庭に問題がある場合がほとんどであること。
多分、教育現場では周知の事実でしょうが。
家庭の問題は、子供に責任はないのだから、とてもやるせない話である。
そして、問題修正がきかないまま大人になって、問題が連鎖してしまうことも。

ただここ数年来、少し考えるのは、
「こんな自分にした親に、責任を取ってほしい」的要求は、
一体何歳まで主張できるんだろうか、ということ。

何処までが子供で、何処からが大人か。
その境界線は曖昧。
でも、あの人が親で、あの人が子供という関係は、一生変わらない。
それがシアワセなのか不幸なのかは、別として。

ただ○○歳過ぎても、まだ親の所為にするのは、違うだろう、と。

心は子供でも、社会人として、たとえ仮でも大人の振りをしてきたのなら、
その間に自分を変える機会は、必ずあったはず。
ほんとにう些細なことからでも、少しずつ人は変われると思うし、そう実感してきた。
嘘の自分が本当の自分になる場合だってある。

○○にどの数字を入れるかは、その人次第です。

突破せよ

お昼に、12年ぶりの知人とランチをした。
干支一回りの間に、彼女は17キロ増、私は5キロ減。
お互い、一瞬「?」だったが、まぁそこは・・・で。

それぞれの家庭には、それぞれの問題があり、
そのテの話は、いくらでも尽きない。軽いのから重いのまで種種多様。
解決策としては、家庭内のどこに妥協点を見出せるか、ということに尽きる。

「でも、自分の好きなことに、寝食忘れるぐらい没頭したい時ってありますよね」と言われて、
「それを家でやっちゃうと、家庭崩壊の第一歩だよ」と答えた。

何処かで自己制御するクセがついてしまうのも、問題なのだが。

「で、8割ぐらいのパワーで制作すると、ダメだぁ〜と言われるんだよね」と例えで出したら、
「ダメって言う先生は、男でしょ」と、ある意味鋭い意見が返ってきた。

妻が制作に没頭していて、ご飯を作るのを忘れていたら、
夫はその時、どうしますか?(笑)


昔の人に会う

残念ながら、元彼の話ではありません。

久々に松山に戻って来て、
さて「知り合いとばったり出くわす」てのはあるかなぁ、と思ってたら。

その1。
近所のホームセンターで、元先輩同僚とばったり。
先輩が溺愛する一人娘が、本当にパパべったりなのに、
相方ともども、微苦笑するしかなかった。

その2
私の記憶が正しければ、今の住所の近くに、
元の職場の誰かが、自宅を構えているはずだった。
で、マンションの向かいの隣に、元上司と同じ苗字の家がある。

ある日、その家から出てきた男性の顔を見て、???
「課長?」とは思ったが、何せ○○年前の話。

そして今朝、ぶらぶらと手持ち無沙汰に歩いてくるその男性を見て、確信。
・・・やっぱり課長だぁ〜。
年取っても、人の仕草って案外変わらないもんなんだなぁ。

きっと手羽さんは、老人になってもクネクネしてるんだろうなぁ。
なんて、ね。そんなことを思ったのでした。


通勤1時間圏内

朝の10時から豚まん喰ってるメールを送ってくる相方に対し、
私は朝の7時半から、健康的にジョギング。
試しに、松山城が載っかってる城山をほぼ一周してみたけど、
意外に短かったよ、走行時間。
20分あれば、ぐるりと回れます。早い人はもっと早いはず。

その後、ある日本画の展覧会を見るために、
道後温泉の近くまで自転車で行ってみた。
たらたら走って、20分。

朝のジョギングと、この自転車散策で、多分15キロ超。

ある人と話していた時、他県から転勤してきた友人の物件探しの話になり、
「通勤が1時間圏内のところで」と条件を出したら、
不動産屋が言った言葉は

「城山登ってみてください。そこから見える街、総て1時間圏内です」

コンパクト・シティです、松山。

ちなみに、相方の通勤時間は自転車で5分。楽しすぎだろう。

ひきこもれない

プチ・シングルライフの優雅な朝寝は、実家の父親からの携帯電話で断絶。
「おい、すっかり忘れてたけど、相続税を計算してないぞ」

もう半年以上前に、ざっと計算しました。
相続税を払わなきゃいけないほどの資産家では、全くなかったですよ、父上。

あんまりな目覚めの悪さに、もう一度寝たかったけれど、
今日は日本語講座があるので、仕方なく起きました。

基本インナーライフ向きかと思っていたけど、
結婚してから気がついたのは、意外とアウトドア派だったこと。
家の中に何日もいるってのは、ただの苦痛。
ご近所のスーパーに買い物でも何でもいいから、
とにかく1日1回は外に出ないと、息苦しい。

というわけで、全くひきこもれない人間です。
そういう意味では、制作向きではないのかなぁ。

あ、でも講座から帰って来てから、ちゃんと課題描いてます。今は。

芸術の島

直島アートやら瀬戸内芸術祭やらで、東瀬戸内海の島々は最近賑やか。
じゃあ、西瀬戸の方はどうなの?ってわけでもないけれど、
今年新しく出来た美術館もあるので、久々にしまなみ海道へgo!

大三島で、美術館3軒はしご。
ところミュージアム大三島、伊東豊雄建築ミュージアム、岩田健 母と子のミュージアム。

三館共通入場券もあり、それだと学生は500円で全部見れます。
当然、私は学割。

で、どんなところか写真をアップしたかったのだけれど、
これが・・・難しい。

ところミュージアムは、作品含めて建物自体が撮影禁止。
仕方ないか。入り口のドアそのものが、ひとつの作品になってるもんね。

あとの2館は、何も言われなかったので、写真可かもしれないですが。
しかし、伊東豊雄さんのは、美術館そのものが作品だし、
岩田健さんのは、広場にどーんと大量の彫刻が・・・。
どう写真撮ったって、作品がもろに入ってくる。
こういう場合、著作権はどうなるの?

写真がないのが残念ですが、どれも素敵な美術館です。
小さくてあっという間に観れるので、疲れないし。

景色の良い所にある美術館て、ホントに気持ちいい。
そして、そういう所って、平面より立体の作品が似合う。
というのが、個人的な感想。

蜜柑畑の中のアートが、ええんよ〜(伊予弁)。

わや

「やわ」ではありません。「わや」です。
何が?って。いろいろです。

その1。
週一で通っている「日本語教育講座」の講師を介して、
とある大学の留学生サポーター登録を頼まれた。
簡潔に申すと、日本語教育の助っ人。
が、メールチェックの時差で、いきなり出席出来ず。
しかも事前連絡も出来ず。嗚呼、悲しい。

その2。
ドローイング再開。
まだ形が取れずに、悪戦苦闘中。
1時間ぐらい描いただけで、右肩がつりそうになった。

その3。
相方が、またまた突然出張決定。
そして、またまたまた出張費は後払い。えーとぉー。

「わや」の意味は、「めちゃくちゃ」です。

DSと?

先月から、実家のリフォームについて、いろいろ検討中。

宮崎移住・新築計画は、この夏の転勤で計画自体が消滅し、
もう一度、人生設計を見直すことになったわけで。
そのひとつとして、実家をリフォームするという案が浮上。

が、築70年越えの木造建築。
図面? んなもん、残ってません。
しかも、訳の分からない増築と改築を繰り返しているので、
元々の形がどれだったのか、住んでる人間にも、もはや不明。
で、シロアリ駆除も一度もやったことないっす。

とまぁ、地震大国ニッポンにありながら、不安材料満載の建物。


そんなわけで、リフォーム出来るかどうかを、まず検討。
リフォームの匠に来てもらい、下見&実測。
30年振りぐらいに、二階部分に上がってみたり(もはや探検)、
業者さんが防護服のような格好で、床下点検をしてくれたりと、
いろいろやった結果、一応リフォーム出来るだろうという話までにはなった。

そして、リフォーム案が上がってきたのだが・・・

「このDSとか、はてなマークとかは、何でしょう?」
「ああ、デッドスペースです。
ここは壁取っ払ってみないと、どう使えるか分からないんです」
はてなマークも、多分窓抜けるかなぁ〜的案。

新築とは全く違う、このゆるい感覚。
ゆるいというより、パズルをはめ直していく感じかな。

さて、どんな世界が再構築されていくんだろう。

もう一度食べたい

一昨日はおとんを連れて、とある農協の直販所へ。
そこに併設された魚屋さんで見つけた、生きたシャコとワタリガニ。
無論、迷うことなく即買い。

その夜は、甲殻類祭りを開催。
嗚呼、愛媛に帰ってきて良かった〜、シアワセ〜!

指先がシャコの殻で痛かろうが、ワタリガニでべちゃべちゃだろうが、
とにかく剥き剥き、バキバキ、食べ食べ。
後から帰って来た相方にも、シャコとワタリガニの食べ方をレクチャーし、以下同文。
しかし、相方は基本的に甲殻類が嫌いなので、ワタリガニの方は一匹で辞退。
それでも、一山分茹でたシャコは、二人で完食しちゃいましたがな。

住む場所が違うと美味しい物が違う、のは当然の話。

肉に関して言えば、宮崎は美味だったなぁ、と今になって思うわけで。
そんな9年間の感謝の気持ちとして、口蹄疫復興宝くじを買いました。
松山で一番当たると有名な、某商店で。当たるといいなぁ。


悪魔の作った箱

心が最近凹み気味で、日記を書くのも億劫で、
しばらくフェードアウトしてました。

何で凹んでるかって?
答えは簡単。描けな〜い(涙)。
写真に撮った風景を抽象で描いてみたり、
部屋にいるパッキー(パキラの我が家的通称)を描いてみたりしたのだけど、
・・・ううう・・・・・何か違う。

てなことで、ちょっと暑い今年の秋とは無関係に、
寒い風が、心の隙間を吹き抜け中です。


ま、そんなんじゃ物事は進まないので、
ここは大人な気分転換ということで・・・。

言ってまいりました。隣町へ。
小川紀美代さんのバンドネオン演奏会。

やっぱ、バンドネオンの音好きだぁ〜。

本日のタイトル、バンドネオンの別称。
弾くのが難しいので、そう言われるらしい。
アルゼンチン産まれかと思いきや、実はドイツ発祥の楽器なんだと。
でも、「バンドネオンを手に入れると、人生が変わる」とも言われるとか。

バンドネオン、欲しいです。

出た出た

ほんと久々なのだが、顔に紅い湿疹が発生。
こめかみからほお骨の辺り、つまり目の下回りが紅くなってる。
チークいらないじゃん状態。いえ、普段からチーク使ってませんが。

岐阜に住んでいた頃、やたらと発症。
父親、叔母、妹ともども、紫外線アレルギーの家系らしく、
何もせずに外に出たら、痒痒の世界に5分で突入する。

しかし不思議なことに、あんなに日差しの強い宮崎では、
あんまり症状が出なかった。何で?
日差しが強いから、絶対ガードしてたのもあるけど、
空気がきれいだったからかな。
今住んでる所は、環状線の近くなので、空気はあまりよろしくない。

ということで、田舎体質を実感しつつ、赤ら顔を誤魔化す方法を思案中。
痒くてファンデーション塗れないし。

昨日から秋祭りの松山。
今朝は6時前から、「松山みこし音頭」が大音量で流れております。
今日は御輿の鉢合わせとかがあります。
しかし、御輿同士をぶつけたり、石段から投げ落としたりする秋祭り。
たまに荒い神事として、全国放送されたりするけど、
神様の扱いとして、どうなんだろう(笑)。

日本語教育入門

今日から、とある大学の公開講座に行っている。
テーマは「日本語教育入門」。
外国人などに日本語を教えるための、日本語の知識習得が目的の講座。
そう、「日本人の知らない日本語」の世界。

中学生に現代文を教えることが、たまにあったのだけど、
高校生以上に中学生には、言語学的な知識がないと教えられないなぁと実感。

そんなわけで、チラシで見つけた講座に申し込んでみた。

それよりも、卒制スクを受講するかどうか、まだ悩み続けている。
12月の飛行機代、今日が支払い期限なんだよね。うーん、うーん。

晴耕雨作

昨日は、友人二人と相方の計4名で、実家の畑で芋掘り。

里芋は簡単に掘れて楽しかったのだが、
サツマイモは・・・むむむ、意外に難しい。
畦を切って、だんだんと芋の集合体に近づけるように土をどける。
が、時々、予測を裏切る方向へ、芋の根っこが伸びていて、ザクッ。

「あ、不幸な音がした」

クワの一撃を受けた、サツマイモの白いお肌が土中に・・・。嗚呼。

結局、モグラかカラスの餌を大量に作りつつ、
それでも数メートルは掘って、コンテナ一箱以上のサツマイモを収穫。

良い汗かいたねぇ。

目指すはやはり、半農半芸生活かな。
「晴耕雨読というか晴耕雨作だな」と相方。

じゃあ、本は夜に読むことにしよう。
「でも、すぐ寝るだろ」
う、五月蠅い!

フレーバー麦茶

先々週だかの休日、お茶のイベントが松山初開催っちゅうことで、
100種類以上のお茶が試飲出来るのと、
入場を事前予約しておくと、おみやをくれるというのに惹かれ、
ネットで予約し、シャトルバスに乗って、相方と出かけてみた。

確かに、会場中、お茶お茶お茶。
ちっちゃい紙コップに、お茶お茶お茶。

だんだん、何飲んでんだか分かんなくなるぞ〜。

結局、我が家の消費用に買ったのは、フレーバーな麦茶。
麦茶にフレーバーという、この斬新な組み合わせに、
新しいもの好きの血が騒ぎ、ぜひ試してみたいということに。

結論。味はまぁ置いといて、
意外に良いんでねぇ〜という意見になったのは、
パイナップル麦茶でした。

皆様もお試しあれ。
と言っても、もう麦茶の季節も終わりだね。

ジャズが流れる

好天の三連休!です。
相方は、九州のど真ん中で開催される、山岳レースのため九州へ。

一方の留守番は暇なので、自転車でふらふらと中央図書館へ。
利用者カードを作ってもらい、早速本を借りてみました。
「アルベルト・ジャコメッティのアトリエ」
「美しいもの」「机」「東京の仕事場」。
どれも美術関係。
これらを読んで、創作意欲が刺激されればいいんだけれど・・・。

松山はコンパクトな街なので、自転車でほぼ何処でも行けます。
ただ、自転車を止める所を探すのが、大変だったり・・・。

先週末は、相方と街中ぶらぶら。
適当に入ったソバ屋さんが、思った以上に美味でした。
でも、どうしてお洒落な店には、ジャズが流れているんだろう。
蕎麦とジャズ。もはや、ありきたりな組み合わせ。

宮崎でよく行った美味しい鰻屋は、
店主の趣味であろう、長渕剛のみのBGM。
入り口正面に、桜島ライブの超大型ポスターがでーんとある時点で、
もう諦め状態というか、まぁ、兄貴の歌嫌いではないので。
意外な組み合わせだけど、慣れれば全く気にならなかったです。

蕎麦屋に合う、新しい音楽は何だろう。


祈・商売繁盛

台風が近づくと、無性に眠くなるのですが、
今回は微妙に進路が外れていたためか、眠たい症発症せず。

大雨で外には出れない、と言うか、出る気がしなかったので、
真っ白な画面を眺めつつ、唸りつつ、
少しでも状況を進めたいと思って、徐に始めたことは・・・

・・・ネット商人(笑)。

今回の引越で、自分の荷物はかなり片づけたのだけど、
実家の方は、まだまだ物が犇めいております。
こちらが全部片付くには、一体何時までかかることやら。

まぁ、少しでも高く売れて、
私の秋の散財補填になりますように。

ヨーグルトメーカー

最近、我が家のヨーグルトメーカーの調子が悪い。
今週作ったヨーグルトも固まり具合が弱くて、ちょっぴりラッシー状態。
でも味はヨーグルトなので、普通に食べている。

独身時代に買ったので、早10年以上のご使用。
今時の発酵何でもオーケーな多機能君ではないので、
普通のヨーグルトしか作れないが、これはこれで重宝した。


アマゾンで最近の商品を見ているが、どれも多機能。
確かに、自家製納豆や甘酒は心惹かれる。
が、別にヨーグルトメーカー使わなくても、それって作れるよね。
一方、シンプル派は、ますますシンプルになって、タイマーすらなし。うーん。

一長一短の性能に、悩む。

道は続く

先週日曜日、とあるギャラリーの写真展で、
今年、チベットのカイラス山に行った人と話をした。
5年くらい前に道路が舗装され、ラサから4、5日で行けるようになったとのこと。

私がカイラスに行ったのは、2000年の夏。
空港とラサ、それと隣町までしか、アスファルトの道はまだなかった。

その人に写真を見せてもらったが、
チベット高原に、まっすぐ延びた二車線の道路。
内陸部の開発も進みつつあるんだなぁ、と感心すると同時に、
この道路が持つであろうもう一つの目的について、その人と話をした。

道がきれいになれば、確かに便利になる。


でも道が出来てしまうと、そこを進まざるを得ない。
道を逸れると、リスクがつきまとう。

それでも、自分の道は自分で作りたいなぁ。

また一歩目から

新たなコースを開拓しようと、走りながら、あちこちをうろうろ。

昨日は、総合公園の中で迷子。予定とは別の出口にたどり着く。
今朝は、空港の出発ロビー前に迷い込む。
汗だらだらで空港利用者の中を歩くという、少々恥ずかしいことに。

まずは、来月の久万高原マラソン(ハーフ)を目指して。


1po.jpg

課題のやり直しも、ようやく描き始めた。
けど、こちらの道のりの方が、遙かに遠い気がする・・・。

スイトピーとサツマイモ

まだまだ暑くて、大量茶飲み女兼ランニング汗かき人間としては、
自分の汗臭さが非常に気になる。
仕事で人と接する機会の増えた相方も、自分の匂いが気になるのか、
朝シャワーの後、せっせと制汗&消臭ローションをつけている。

先日、実家にやって来たリフォーム会社の人は、
かなり強烈に、フレグランスの香りを振りまいていた。
実測のため、メジャー片手に家中うろうろしてたが、
残り香で、何処にいるか検討がつくぐらいだった。

さて最近は、お風呂上がりに、
ボディローションやシアバターを使っている。
全部、頂き物。しかも、全部外国製。
なので、自分の嗜好とは別物なのだが、
トラブルもないので、せっせと使っている。
が、少しだけ気になるのが、匂い。

外国の化粧品やボディケア製品は、どうしてこうも匂いがきついんだろう。
しかも、日本人があまり考えないような香りがついている。
ボディローションは、ストロベリーやマンゴーやサツマイモ。
何故に芋なんだ?
シアバターはスイトピーの香り。
スイトピーの香りを、すぐ思いつける人はいるのだろうか?

私が思い出したのは、松田聖子だけだった。

スカウト

手羽さんが、母校でムサタマトークをするとは・・・。びっくり。
ただ手羽さんが呼ばれたのが、草津キャンバスの方なので、
衣笠キャンバスしか知らない私には、全く不案内な場所。残念。

昨日は初めて、総合公園へ走って行った。
松山観光に来た人達が、「あれ何?」とよく訊く展望台のある公園。
そこで、見知らぬおっちゃんに、「駅伝せんで(しないか)?」と誘われた。
走っていると、たまにそういう勧誘がある。

「チームの足を引っ張るレベルだから」と、一応お断りしておいた。

しかし、誘われたのが駅伝ぐらいで良かった。

そのおじさんが着ていたTシャツは、中島町トライアスロン大会の参加賞。

トライアスロンは、絶対無理!

四国一万円伝説

伝説と言えば、昔から四国の酒場に伝わる伝説がある。

ずばり、「四国一万円伝説」

伝説なので、いろんなバージョンがあるけど、一応スタンダードなのを。

道端で、一万円札を拾った。さて、あなたならどうする?

高知の人は、飲みに行った。
徳島の人は貯金、香川の人は買い物。
で、愛媛の人はというと、「交番に行く」らしい。ホントかなぁ、それ。

これの続きで、宮崎人の反応を考えた人がいて、
それは、「ポケットにいれたまま忘れる」だった。

さて、他県の人はどうでしょう。


鼻毛伝説

月曜日から、走るのを再開〜!
約2ヶ月ぶりだったので、身体が重い、重い。
それでも勢い余って、1時間走っていた。

宮崎では、人も車も少ない田舎道を快適に走っていたのだが、
現所在地では、それはかなり難しい。
人も自転車もバイクも車も、いっぱいいる。うざいくらい、いる。
一応、身の安全を確保すべく、なるだけ幅のしっかりある、歩道の端っこを走ることにして、
地図上でルート検索し目星をつけたのは、新空港通り。

歩道は、ばっちり。
しかし問題なのは、ルート上にトンネルが二つもあること。
トンネルの中にも歩道はちゃんとあるけれど、空気がやっぱ悪いです。
粉塵か何かが、空中を舞ってる気がするよ。


その昔、東京にいたころ聞いた話。
地下鉄をよく使っていると、鼻毛が濃く(長く)なる。とか。
トンネルも地下鉄も似たようなもの。

しばらくは同じ道を走る予定だが、
さて、私の鼻毛は長くなるのだろうか。

京都案内

正直なところ、真夏の京都なんて行くところじゃない。
というのが、4年間住んでいた人間の実感だけど、
ミーハーにテレビで洗脳されて、やって来ました8月の京都。

夏休みで観光客もそこそこいましたが、
それでも春や秋に較べると、ぐっと客の減るこの時期。
だからって何もせず手をこまねいてるわけじゃないのが、観光都市。

夏の特別拝観。

hakusasaoso.jpg

その一つ、白沙村荘。
動物の絵で有名な、日本画家の画室(アトリエ)と庭。
ちょうど画室の軒下で庭を眺めていたら、にわか雨に。
タイミングが良かったといえば良かった。

この後、「銀閣寺に行ったことがない」という相方を連れて、銀閣寺へ。
「ほら、この角度が教科書に載ってる銀閣寺だ」と教えると、
「ホントだぁ、教科書通りだ」のあっさりした感想が。
二人とも、通り雨の後の蒸し暑さに我慢できず、
高い拝観料の割に、あっさりざっくり見学して、はい終わり。

一日乗車券を買っていたので、呑気に循環系の市バスに乗って、市内をぐるぐる。
いやぁ、最近の市バスって丁寧かつ安全。私が学生だった頃は・・・。

そして、北野天満宮前の店で粟餅食べて、満腹になった京都でした。

階段を使おう!

えーと、4日ばかり不在となっておりました。
何処に雲隠れしてたかというと・・・

京都です。

土曜日から2泊3日の、京都の旅に出ておりました。

相方が、先週からずっと研修中でありまして。
でも週末は勉強お休みだし、近隣県の人達はみんなおうちに帰っちゃうので
「暇だから、遊びに来てよ〜」との要請が。
しかし、私は疲れてるのよ。夏バテでばてばてなのよ。
ついでに言うと、引っ越し諸々の諸経費が予想以上にかかりすぎて、
今月の我が家は金欠なのよ。遊びに行く金なんて、うちにはないぞ。

と言っていたのに、相方の留守中に一日ごろごろ寝倒しつつ、
某テレビ番組で、船越英一郎氏が京都案内をしてるのを観て
「そうだ。京都にぶぶ漬けを食べに行こう」と思い立ったのでありました。
金? 金は自腹じゃい。

「え? (大学時代の懐かしのお店)ジャンボで、お好み焼きを食べるんじゃなかったの?」
と困惑している相方を連れて、祇園でお茶漬けを食べたのでした。

とっても単純な動機で始まった、久々の関西詣で。
京都の地下鉄では、笑撃的な計画が実施されてました。その名も
京都燃え燃え作戦

階段横の壁には「階段を使ってくれてありがとう」の文字とともに、
制服姿の萌えキャラが。
さらに階段毎に、「この一段がカロリーを燃焼」だの
「この一歩がメタボ脱出への一歩」だの、様々なあおり文句が。

あまりの可笑しさに、写真撮るのを忘れていたのが、残念。
気になる人は、検索すれば、多分出てくる。

この萌えキャラより、心惹かれたのは
国民文化祭のキャラ「まゆまろ」。
なんか、とってもむにゅうううううと押しつぶしてみたい。

温泉サンダル

昨日から、実家にいます。
実家パソコンのメール設定も完了。少しずつ環境向上中。

さて本日は、とっても寝不足です。
それは何故か?

朝3時まで、本を読んでいたから。
こんなにまで必死こいて、読破したのは久々です。
それは、何か?

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
クリストファー・マクドゥーガル 近藤 隆文

日本放送出版協会 2010-02-23
売り上げランキング : 2504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これです。
以前、気になるな〜読みたいな〜と日記に書いたのですが、
先月宮崎の本屋でようやくゲット。

引っ越しの合間も、ちまちまは読んでいたけど、
疲れが睡魔を呼び込むせいで、なかなか進まず。
引っ越し作業も一段落した今週、再び読み始め、
寝慣れない実家の布団の上で読み出したら・・・止められん!

というわけで、まぶたが重いです。
でも読んでて、心がうきうきした。そして・・・
走りたいよ〜、走りたーい、と心が叫んでます(笑)。

でもホント言うとさ。
これを読むと、無性にビーサンで走り出したくなるの。
お高いジョギングシューズより、ビーサンに惹かれてしまいます。

ちなみに裸足シューズを世界に広めた人が履いていた、
日本の温泉サンダルって、どんなやつだろう。
それが気になるわ。

足はげいじつ

日記再開!とか言っておきながら、
ついに夏バテ全開で、起動時間の短い人になってます。

スポーツドリンクにビタミン増量の、特製ドリンクを常備しながらも、
水分足りなくなると、頭痛に襲われる毎日。
午後からは、去年買ったプーチン抱き枕を枕に、昼寝が日課。
でもコンクリートの上の畳って、背中が痛〜い(涙)。
ついでに言えば、フローリングも固くて、足にずんッと衝撃が来るのが分かる。

鉄筋コンクリートの建物に住んだのは、10数年ぶりだけど、
昔はそれほど感じなかった床の硬さが、今はとても気になる。
年の所為か、走り続けて足が敏感になった所為か。

「足は工学の傑作にして芸術作品」と言ったのは
かのヴィンチ村のレオナルドさん。

やっぱ、木造の木の床希望。

ゆるくて優しい国

ラスト一週間は、怒涛の荷造り&ゴミ捨てだった7月。

辞令は突然に! ではないにしても、今回もあまり時間はなく、
ほとんど何処にも挨拶することなく去ってしまった。
オーバー70だらけで、あまり交流のなかったご近所様は
自治会の班長さんとお向かいのおばちゃん宅のみご報告。
そしたら、引越当日、
向かいのおばちゃんが、朝から赤飯を蒸して持ってきてくれた。
あぁ、宮崎の人は優しいねぇ。

人生優しいだけじゃダメなんだけれど、
こういう優しさが残っているところは、本当にありがたい。

優しくてゆるい宮崎。
退去日前日に、突然やって来たガス屋のおっちゃん。
「明日さ、稲刈りが急に入ったもんでさー」と、前日に集金。
一晩分は「どうせ大した額にもならんから〜」とおまけしてくれ、
挙げ句に「退去する時に、ボンベのここ閉めといてね」と軽く頼まれてしまった。
ある意味助かったが、いいのかこんなことで?
だが、それがゆるされるのが、宮崎の良いところであり悪いところでもある。

クソ重たいダンボール(中身はぎっしり本・紙)に、
業者が「重ッ!」と、あっさり根を上げ(その後、ダンボールは1個ずつ運んでいた。)、
前々日に確認の電話をするまで、
手配を忘れられていたエアコン取り外し業者が遅刻した以外、
引越作業は、ほぼ円滑に進んだ。

そして、どういうわけだか成り行きで、
お向かいのおばちゃんと大家さんと不動産屋さんという
平均年齢80あまりの女性3人に見送られて、
相方と二人、宮崎を旅立ったのでした。

ありがとう、宮崎の9年間。
いろいろあったけど、長くて短い日々でした。


みかんの国からこんにちは

通信の皆様が、鷹の台で熱く盛り上がっている頃、
引越と初盆で・・・暑さ負けしました。

ということで、ネット回線の工事は3日には終了してたのにぃ、
パソコン繋げてセットアップしたのは、先週。
ムサビ日記を覗いたのは、今日。

また、ぼちぼちと再開です。

暑中お見舞い申し上げ・・・

・・・mau。

昨晩は、ムサビ通信・絵画コースの先輩と、近所の居酒屋で飲み方。
久々に熱く、デザイントークで盛り上がった。楽しかった。
その彼女とも、しばしお別れである。
愛媛に行っても、ムサビ仲間に出会えるかなぁ。
ムサビは繋がりが強いらしいので、きっとそのうち巡り会えるだろう。
と、信じている。

引越は、別れと出会い。
9年間の宮崎ライフよ、ありがとう。
いろいろあったけど、宮崎の青い空は大好きだった。

さて明日から、しばらくネット落ちします。
次の住み処のネット環境が整うまで、この日記もお休み。

次回からは、松山で更新です。
それでは、(村上春樹風に)チャオ!

収納の魔術師

相方には、変な得意技がある。それは・・・

ザ・コンパクト収納術!

収納が上手いから〜と、じゃあ普段、小綺麗な生活をしているかと見れば、はっきりノー。
脱いだ服は、脱皮した状態のまま床にでろろ〜ん、だし。
物を捨てたがらないから、たまる一方だし。
雑誌、その他は、置いたら置きっぱなし。

そして、奥さんの逆鱗に触れるわけである。

残念なことに、相方の能力は、限定された場所で発揮される。
特に収納空間が狭ければ狭いほど、有効に働くのだ。

つまり、ものすごーく狭い空間に、ほとんど隙間なく物を収納できる。
要は、三次元実物大テトリス。
ある意味、その空間認識能力には、感心する。

が、その結果、物を取りだしてみると、
「どうしてここに、こんなに物が詰まっているの?」状態に。

発掘作業開始から2日目、ようやく納戸の壁が見えてきました(泣)。


ポエマー

ムサビ日記内は、オフ会の話で盛り上がっているが、
引越作業絶賛開催中の遠隔地在住者は、当然ながら参加できず。
しかもバタバタしてたら、行く行かないを返信する暇すらなかった。
すいません、竹林さん。翌日気づきました。

開催地は、あの伝説の店・天平だったのかぁ。
行ってみたかった。

そして今は、白兎の詩人オトギちゃんの時代なのかぁ〜。

時代の波に乗り損ね続けている、古株・出戻りとしては、
詩的なモノローグがぐっとくる、この人の本をプッシュしておかねば。


スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)
羽海野チカ

白泉社 2011-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

引越作業で荷物を減らさなきゃいけない、っつうのに、
ここで荷物を増やしてどうする、自分。

というツッコミは横に置いといて。

それよりも、今週発売の雑誌の方の
「3月のライオン」のモノローグの痛さに泣きそうになったのでした。
ブラボー、羽海野さん!

筋トレ

今週に入って、台風・荷造り・送別会・送別会・荷造りなる日々。

30キロは走っても平気なはずの足が、
ダンボールを「よいこらせっ」と持ち上げ、右に左にと運んでいたら、
・・・ちょっとぉ、膝が笑うんですけど〜。膝の上あたりが、痛いんですけどぉ〜。
ついでに言うと、背中も腕も筋肉痛っぽいんですがぁ〜。
鍛えてない部位が、如実に体感できる(泣)。

途中疲れて昼寝したら、手足が痙攣。それは熱中症!
一人で2リットルくらい麦茶を消費しながらも、
トイレに行ったのは何回だ? くらい、汗で排出してた。

ということで、引越ブート・キャンプ、絶賛実践中です。


とにかく、生活用品以外の荷物が多い我が家。

ムサビの教科書だけで、ダンボール2箱。
最初一箱に詰め込んだら、死ぬほど重くて、
「これは、マズイ!」ということで、二つに分別。
ムサビに入ってから、買い貯めてきた画集も2箱。
あと、辞書だけで一箱・・・とか。幅を利かせてる広辞苑。

さて、これから画材部門へ突入ッス。

最終日

昨日が、お仕事最終日だった。

思えば、思いつきで応募して、始めた仕事。
受験から、すっかり遠ざかっていた頭は、
知識の記憶からもすっかり遠ざかっていて、
採用されてから、慌てて勉強し直した。
それが、2003年の話。

受験関連企業が、主力商品を教材からネットへ、本格的にシフトし始めた頃だった。
過渡期だったですね。今はネット授業なんて、珍しくもないけれど。
そこからいろいろあって、会社名が3回変わり、
給料遅延やらスクーリングやらで、一時期、別の仕事に転職した時もあったが、
結局足かけ7年くらい、この受験の片棒担ぎの仕事をした。

実を言うと、大学受験時、地元国立大の教育学部に合格したのだが、
「小学校の先生なんて、絶対向いてない!」ということで、
それを蹴って、別の大学に入学した。
その選択肢は間違ってなかったと、今でも思う。

でも、この仕事をし始めて、自分で思ったことは、
「意外に、人前で喋れるもんだなぁ」だった。
上手くはないです。
話の緩急のタイミングだとか、注意の惹きつけ方だとか、
気をつけなきゃいけないことは、まだまだあるけれど、
教えるのは結構楽しかった。

最初から好きで始めた仕事というのは、なかなかないものだけれど、
続けていれば、どこかに面白みは発見できるはず。

さて次は、どんな仕事に出会えるかな。

住み処

新しい賃貸の契約書を、昨日ようやく郵送。やれやれ。
梱包は、これからが本番ですが。

そう言えば、お家探しで不動産屋を巡っていた時、
震災直後、関東圏からの問い合わせが急増したという話をしていた。
こんなところまで、影響が出ているのかぁと、正直驚き。

「愛媛って、自然災害は少ないですからねぇ」
毎年、水不足に戦々恐々とするぐらいかな。
平成5年(だったか?)の大渇水レベルは、そうそう起こる事態ではないだろうし。

しかし、その後に続いた業者の一言が・・・。


「でも伊方で何かあったら、松山も100キロ圏内ですから」
ブラック過ぎて、笑えなかった。

光とIP

我が家の最大の娯楽・インターネットもお引っ越し。
その手続きで、えぬちーちーに電話したのだが、
「お客様は固定電話も使用されていらっしゃるようですが、
この際、光電話に変更なさっては如何でしょうか?」と勧誘された。

光って、IP電話じゃないの?
変な番号使わなきゃいけないのは、めんどくさくてヤなんだけどぉ。
と思ったら、別物でした。

相方と「たまには引っ越してみるもんだねぇ〜。」
ちょっぴり時代に取り残されつつ感のある、二人。
けど、料金制度もサービスも通信機能も、ころころころころ変わるんだもん。
世界が変わりすぎなんだよ。
それとも、いちいち覚えてる私らが、古すぎるのか?

取り敢えず、今回初めて、光電話なるものにしてみました。
さて、どんげなもんだろう。


ところで、
「電話の加入権、どうなるんだろうねぇ。今後」
「新しいサービスを出しつつ、穏便にフェードアウトを図るんじゃない?」
なんて、ダークな会話が、あったとかなかったとか。

ま、時代の流れには、逆らえないですからね。


どうしてムサビなの?

問)どうやって、ムサビ通信にたどり着いたか?

答)新聞の広告。

あら、1行で終わっちゃった。

高校が進学校だったので、割と大学の情報は充実していた。
でも、美大に行く人は皆無。
美術部の部員でも、教育学部の美術コースぐらいまで。
数年前に芸大に行った人の受験体験記が、学内資料としてずっと掲載されていたぐらい、
美大への進学はなかった。
田舎で美術系予備校がなかったのが、大きな原因なんだろうなぁ。
あの当時の競争倍率は、半端なく凄かったもの。

漠然とした憧れはあったので、受験雑誌の美大のページとかはぱらぱらめくってて、
その頃に、東京芸大、武蔵美、多摩美、日芸の名はインプットされた。
アートやデザインをするなら東京、という風潮があったし、
まだそれほど地方に美大が存在してなかったので、
関東圏以外の美大はほとんど知らなかった。
関西の美大は、京都に住んでから名前を知ったぐらいかなぁ。
・・・九州に至っては、宮崎に住んでから初めて知り・・・。

で、時は流れ、新聞の通信制大学一挙掲載広告見て、
「お、武蔵美、あるじゃん」。

あとはネットで資料取り寄せて、そのまま入学・・・。

・・・しちゃってから、いろいろ苦労することになるわけですが。

嗚呼、課題(まだ引きずってる)。

お部屋探し

相方の転勤は、まだ内内示状態。
が、正式内示は異動の二週間前くらいにしか出ないので、
そんなの待ってたら、次に住む場所もない!

ということで、見切り発車のまま、
休暇をもぎ取った相方と、急遽お部屋探しの旅へ。

四国です。松山です。

結婚前住んでいた街なので、私的には「お帰りなさい」な感じ。
でもブランク長すぎて、浦島太郎な状態。

不動産屋二軒回って、ほぼ丸2日物件巡り。
後に行った不動産屋は、就職して初めて松山住んだ時、お世話になった店。

社会人一歩目の配置先が決まったのが、3月29日夕方。で、初出勤は4月1日。
鬼のような配慮の無さだった(苦)。独身寮も女子枠はなかったし。
まぁ、そこの人事異動の無茶ぶりは、県内では有名だが(今はもう少し改善されたらしい)
それに振り回され続けた貸す側も、かなり慣れたもので、
今回、「すいません〜。かなり不確定なんですけどぉ〜」と事情を話したところ、
いろいろとあっさり配慮していただいた。

相方曰く「お前の前職んとこの無茶振りが、よく分かる配慮だよなぁ」。
すいません、すいません。でも、私が悪いんじゃありません。

ということで、次の住み処の目星だけをつけて、宮崎に戻ってきたわけですが。

のんびり田舎ライフに、すっかり慣れきった夫婦は、
期間限定ではあるが、渋滞&ごみごみシティライフに順応できるだろうか。

でもきっとこれが、人生最後のシティライフ(笑)。
3年後はまた田舎のはず、多分。

フルマラソンvs引越

フルマラソンと引越、どちらが辛いか?

マラソンなら一日で終わるけど、引越の荷造りは一日じゃ終わらない。
30分毎に給水しつつ、荷造り作業始めてます。
最強のダイエット。

床一面に溢れる、9年分の物達。
そして確実に増えてるのは、画材。
油彩関係、日本画、版画関係、諸々。

美大に行くと、荷物は確実に増える。
夏スクーリングに行く度に、画材は増え続けた。

それにしても・・・
引越がもっと早くに確定してれば、今年の夏スク申し込めたのに。チェッ。

もう半分

え? 今日で美大フェアが終わり。もう?
と言うより、6月が、一年の半分が終わるということの方が、驚愕の事実。

そして、来月は多分引越。きっと引越。

それまでに、通信課題返却してくれ〜。
合格させて、返却してくれ〜。
そうでないと、課題も人間も迷子になっちゃう。

来たよ〜

南九州は梅雨明け。
ついに、夏がやって参りました。

節電の夏? 毎月3000円以下の電気代で暮らしている我が家で、
これ以上節電せよと言われましても・・・。
あとは、パソコン稼働時間を減らすぐらい。
まぁ、こんな生活が出来るのも、田舎だからでして。
都会のエアコン室外機から、バンバン出てる熱風は辛すぎます。

でも・・・

そろそろ、転勤の話が・・・(詳細未定)。

おじさんは寂しい

来月から常勤になる人が「ちょっと聞いてくれよ〜」と言うから、
何だろうと思ったら、こういう話だった。

今は二つの職場を掛け持ちでやっているが、
来月から、こちら一本になる。つまり、もう一つはご退職。
また同時期に同じ職場を退職する人が、他に数人いる、と。
で、当人以外の退職者は、みんな若いんだなぁ。
自分の知らないところで、送別会しようという話になったらしいんだけど、
幹事が間違えて「送別会の場所変更」メールを、自分にも送ってきたと。
しかも、送別会の当日に。

ん? 「送られる側じゃないんですか?」
「だーかーらぁ、俺に内緒で、若い連中だけでやるって話だったのよ。
それを間抜け幹事が、俺のところにまでメールしてきやがってさぁ」
つまり、のけ者?
「呼ばないなら、最初から内緒でやれよ〜!
いちいち教えるなぁ。こっちだって知らなきゃ、ああそうですんだのに」
そりゃ、そうですね。
というか、そのつもりだったのに、幹事がドジっただけでしょう(笑)。

「今の若い人達は、若いもん同志だけでつるみたがりますから」
「それは分かってるよ。だからさ、メールしてくんなぁッて」

と話した後で、その人は、間抜け幹事に嫌味の「行けません」連絡をしていた(笑)。

異世代交流をめんどくさがる人の気持ちも分かるけど、
異世代交流って、意外とおもしろいもんです。

10代の頃、誰からかは忘れたけど
「自分より5歳〜10歳ぐらい年上の友人も持つと良い。世界観が広がる」
と言われた。
それは社会に出てから、確かに納得。

同世代だと分からない、でも親には聞けないことも、
そのぐらいの年齢差の人には訊きやすい。
相手は、その親世代の気持ちも子供世代の気持ちの両方が理解できる。

ということで、おじさんだって仲間はずれにされると寂しい、という話でした。

日常の忘却

「泣けます」を全面に出されると、私は逆に引いてしまうのだけれど、他の人はどうなんだろう。

去年は読む気にならなかったけど、図書館に入ってたので借りてみた。

四十九日のレシピ四十九日のレシピ
伊吹有喜

ポプラ社 2010-02-16
売り上げランキング : 8196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

途中から、涙止まらないんですけどぉ。

その後借りたのでは、これ。短編集。

おしまいのデートおしまいのデート
瀬尾 まいこ

集英社 2011-01-26
売り上げランキング : 66159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この中の「ランクアップ丼」を読み、泣きながら大トリップ状態に。
洗濯機が終わってますよコールをしたのにも気づかず、
相方が洗濯物を干しているのにも気づかず・・・。すいません、すいません。

やっぱり、本読んでる時が一番シアワセ。

ヨーグルトがラッシー

3日前まで毛布で寝てたのに、大雨止んだら・・・暑ッ!

夏布団も通り越して、いきなりガーゼケットの人。

あまりの暑さに、夜にしかけていた自家製ヨーグルトが・・・固まってない。
うーん、これはラッシーか? それとも、腐りかけ牛乳だろうか?
細菌は怖いけれど、1リットルの牛乳をそのまま捨てるのは気が引けるので、
とりあえず飲んでみた。

牛乳とも違う味。強いて言えば、甘くないラッシーかなぁ。

今のところ、お腹は大丈夫。

バンドネオンとアコーディオン

新しいモチーフでドローイングを始めたが、
逆光だったのがまずかったのか、久々に固い物を描いたからか・・・
・・・気分が乗らない。

こういう時は、音楽にでも助けてもらおう。

La CamorraLa Camorra
アストル・ピアソラ

american clavé 2010-02-17
売り上げランキング : 27352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タンゴの巨匠・ピアゾラ様。

一時期、バンドネオンを習いたい、と真剣に思ったことがあるが、
小学校の時、アコーディオンが満足に弾けなかった苦い記憶を思い出し、断念。
ピアノを習っていたので、キーを弾くのは問題ないのだが、
あのじゃばら本体を、ふんがふんがとひっぱったり縮めたりするのが、上手くできなかった。
ふたつの動作を、同時にやるというのが苦手な私は、
一体どのタイミングで、ふんがふんがすればいいのか、よく分からなかったのだ。
しかも、小学校にあったアコーディオンはちょっと壊れてて、
ふんがふんがすると、空気が漏れた。スカしっ屁のような音がした。
美しくないわ〜と、子供的審美心は判断し、それっきりだった。

ピアゾラの音は、美しいです。

泣かせてくれるよ

もう何日、青空を見てないだろうか。
大雨警報は、一体何日続いてる? 
空が泣き続けているから、人間まで凹む。というか、黴びそう。
とあるバイト生の部屋では、実際に小鍋が醸されたらしい。それは見たくない。

ということで、どうせなら気持ち良く泣かせていただこう。

春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)
浅田 次郎

集英社 2001-11-20
売り上げランキング : 6002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近の売り文句として、「泣けること」を全面に出す本は多々出てますが、
私的に「元祖・泣かせ作家! 浅田次郎」。
笑って泣けること、請け合い。
名作・大作数多ある大作家様だが、ここはあえてドメジャー級以外の作品で。

ちなみに、ふかふか認定・泣かせてくれる作家さんは、もう一人いて、それはこちら。

錦繍 (新潮文庫)錦繍 (新潮文庫)
宮本 輝

新潮社 1985-05
売り上げランキング : 9798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらも、言わずとしれた大作家の一人。

このおじさま達の仕事は、流石です。


やっぱり

GW宮崎に来たムサビ通信OBの友人を、サンメッセ日南にご案内。

ここには、日本唯一(世界で唯一だったか)等身大モアイ復元像がある。
イースター島公認のモアイさん達が、日南海岸をバックにどーんと並んでいる。
で、いつ頃からか、それぞれのモアイには、何々運の御利益がつけられた(ここが日本的)。
右から何番目のモアイは恋愛運とか、ね。

友人と私は、迷うことなく「仕事運」モアイを選択。
合い言葉は「やっぱり世界征服でしょ(笑)」。

何を制服するのかは不明だが、やはり世界(敵)を知らねばならぬということで、
こんな本を図書館で借りて、読んでいる。

その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (THEORY BOOKS)その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (THEORY BOOKS)
小山 登美夫

講談社 2008-08-06
売り上げランキング : 142265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ギャラリーやオークションの仕組みが分かりやすい。
切り口がお金なので、とてもリアリティがある。

ついでに、何年か前に読んだ本。

芸術起業論芸術起業論
村上 隆

幻冬舎 2006-06
売り上げランキング : 3018

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アート=貧乏という図式も、一部では崩れつつあるんだなぁ、と。
ただし、それなりの覚悟が必要です。

さばおが来たぁ!

少々不明瞭な卒業制作計画書を書き上げ、
どしゃぶりぶりの雨の中、投函。

少々・・・というか、かなり不明確。でも、ほら予定は未定ですから。

今日は久々に雨が止んだけど、湿気が高くて、
新しいドローイングを前にしても「やる気が起き〜ん」と、どんよりしてたら
飛脚のおばちゃんがピンポーン。

「休んでた?」と訊かれるぐらい、ぼんやりしていたらしい、私。
荷物が来る予定なんてなかったので、はてな?と思っただけなんですが。

でも、渡された荷物を見て、一気に覚醒!

さばお缶バッチが、宮崎にやって来たぁぁぁ。

「立川行け(って、本を買え)ば、貰えるのにな」と、
地方在住者は悲しく思っていたのだ。
が、すっかり忘れてたけど、
POP書いたら、お礼に貰えることになってたんだった。
ばんざーい。

出版局がリストも同封してくれてたので(ありがとうございます)、
他の人の推薦本は、ア○ゾンででも買おう。

削ぎ落としてみたら

仕事の暇になった時間帯に、バイトの医学生が
「小説とかのフィクションを読む意義っていうか、有効性が分かんないんですよね」と言い出した。
映像は興味あるし、漫画は読む。活字は実用書までは読むが、それ以外は・・・らしい。
小説を読んでて、それを読んでる時間に価値はあるのか? とまで訊かれて苦笑。

「そもそも、小説読みながら、場面を想像するっていうのが出来ないんですよ」
いちいち空想しながら、読むわけじゃないって、多分。

「だって映像や漫画なら、すぐ分かるじゃないですか」
なので、受験勉強では、ビジュアル化をお奨めしております。
文法も論の展開も、図式にすれば分かりやすいよ。

バイト君には
「削ぎ落として考えれるから、文章は楽なんだよ」と、逆説的に答えておいた。

行間を読めるようになろう。


でも、この話を相方にしたら、

「今時、行間読めと言ったら、妄想するだけぞ。」

読書って、奥が深い。

探してみよう

美大フェア紹介本・その4。

あの漫画に関しては、手羽さんが美大日記で詳しく書いてくれているので、以下略(こらこら)。
宮崎では昨日発売になった新刊は、掃除機片手に読みました。
以上、美大フェア紹介終わり。

で、ここからは番外編。
推薦したけど、手配できずに外れた本。

間接的言語と沈黙の声 (メルロ=ポンティ・コレクション 4)間接的言語と沈黙の声 (メルロ=ポンティ・コレクション 4)
モーリス メルロ=ポンティ Maurice Merleau‐Ponty 木田 元

みすず書房 2002-04
売り上げランキング : 478813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは、通信絵画コースの時、K藤先生がお奨めしてくれた本。
と言うか、K藤先生がムサビにいた頃、院生なら必読してなきゃいけなかった本らしい。

内容は、バリバリの評論です。
高校生には、ハードルが高いかも。
かなり真剣に読み砕いていかないと、何言ってんだか分からなくなるような高尚な内容です。

ちなみにK藤先生は、未だにその中の論文一編をコピーして持ち歩き、
時間ある時に、何度も読み返しているらしい。
福岡のスクーリングの時、見せていただいたのも、その年季の入ったコピーでした。

同じく、絵画のS々木先生推薦の一冊がこれ。

英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)
岡倉 天心 桶谷 秀昭

講談社 1994-08-04
売り上げランキング : 9318

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本人なら読んどけ、ということで。
時代が違うので、今となってはいろいろマズイ表現もありますが、
本質を読み取ってください。

同じ時代的苦悩を書いた本としては、これ。

堕落論 (新潮文庫)堕落論 (新潮文庫)
坂口 安吾

新潮社 2000-06
売り上げランキング : 41162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに、これは相方ご推薦です。私は未読です。ごめんなさい。
卒業したら、読みます。


制作環境、その他の事情

美大フェア紹介本・その3です。

ライバル日本美術史ライバル日本美術史
室伏 哲郎

創元社 2008-02
売り上げランキング : 224320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日の文脈の続きにあるような本ですが、
非常によくできてる本です。

美術史嫌いな人でも、読めます。

だいたい美術史関係の本というと、通史かジャンル別に書かれることが多いけど、
これは時代の切り取り方がおもしろくて、あっという間に読めた。

その時代を象徴する分野から、代表的な作家を選び、
その作家の背景(作家の家庭事情からパトロンの懐具合や時代の政治情勢まで)を詳細に描いてくれてます。
美術史であると同時に、政治経済史の側面もあり。

ので、高校で日本史選択している人にも、お奨め。

もともとは作者の経歴(元・版画雑誌の編集長)に引かれて、図書館で借りた本。
雑誌の方は、版画から現代アートにジャンル変えしたみたいですが。

美術が産まれる場所

すでにフライング一回ですが、本日から解禁らしいので。

美大フェアで紹介した本、その2です。

林檎の礼拝堂 La chapelle des pommiers林檎の礼拝堂 La chapelle des pommiers
田窪 恭治

集英社 1998-10-26
売り上げランキング : 143142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今はそうでもないと思うけど、
一時期、「際立つ個性」「強烈なキャラ」みたいなものがもてはやされ、
美術界にしろ何にしろ、「個性が一番大事」みたいな風潮が出来上がった。

確かに「出る杭を打つ」ような、協調性第一主義みたいな社会も良くはない。
間違えると、これはただのいじめだし。

でも、個性の表出の仕方を間違えているんじゃないかという現象が増えていくなかで、
やっぱちょっと違うんじゃないかなぁと思い始めていた頃、ムサビに入学した。

残念ながら、これはムサビに入るずっと前に読んだ本ですが。


一番個性云々が問題になりそうな美大に入って思ったことは、
「そんなに個性て、大切でもないよなぁ」ということ。
ちょっと語弊があるか。別の言い方すると、

突き抜けた次元の個性なら、それでいいかもしれないけれど、
中途半端に作ろうとする個性なら、それは要らないんじゃないかなぁと。
無理して作らなくても、個性は初めから個性としてあるんだから。

だって、同じモチーフでも、同じ絵は一枚もないんだから。それでいいじゃん。

あとは何処まで自分を客観視出来て、自分のどこを伸ばせるかを見極めるべきかと。

なんか、本の内容とずれてきたぞ。むむむ。

静かな本です。
環境、あるいは建築物、それが建つ風土と対話しながら、
ひとつのモチーフを見つけ、それを丁寧に作り上げていく過程を記録した本です。

美術と環境というテーマでいうと、ほんとはこっちがお奨めなのかもしれませんが。

表現の現場―マチス、北斎、そしてタクボ (講談社現代新書)表現の現場―マチス、北斎、そしてタクボ (講談社現代新書)
田窪 恭治

講談社 2003-04
売り上げランキング : 395295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

魔法の言葉

どっかのCMではないけれど、言葉の魔法は存在する。

「やればできる!」

片足突っ込んでる業界での、魔法の言葉の一つ。
使い方としては、「やればできる(はずだ)から、やろうよ(やってね)」って感じ。()は内心文。

が、正直に言うと、嫌いな言葉の一つでもある。個人的にだけどね。

特に「やればできるはずなんですよねぇ」と自ら言う者や、
「○○は、やればできるんです」と言う周囲なんかは、
私の中で、信用度がかなり低い。

「それ言ってて、恥ずかしくない?」
と、逆に訊き返したい時がある。
だって、何もやってないことを、自分で認めてるのと同じじゃない。

そんな時、言うようにしてるのが、この言葉。


「だったらやりなよ。今すぐ、やれよ」

走るのさぼりたくなった時、
課題するのがだるくなった時、
自分にも言ってます。

「後悔は、やってからすればいい」もブラスすると、更に効果的。

でもねぇ、自分を追い込むのは、なかなか難しいのさ。

その時は上級編。
「脳内ホルモンに騙されてるだけだよ、自分」と、たたみかける。
そうして重い腰を上げてみると、どうってことない場合も多々ある。

だけどねぇ、口に血の味がするほど自分を追い込めるかと言うと、それは無理だなぁ。
と、「ディープピーブル」マラソン女子の回を見て、思ったのでした。

やっぱ、頂点を極める人達って、凄いわ。

電波系世界の総括

版画垢猟命課題は、昨日東京へ旅立ちました。
課題提出するの、何年ぶりだろう(感涙)。こらこらこらこら。

次も頑張ります。

昨年度のドタバタで伸び伸びになっていた、我が家の電波系・情報系の見直し作業に着手。
情報源やライフラインの一元化は、便利でお手頃かもしれないけれど、
リスクの分散化を考え、我が家では不採用。

テレビを地デジ化した。
長距離電話の割引も見直した。
携帯電話もやっと買い換えた。
スカパーのチャンネル契約も変更した。

でもさ、あれだけ国上げて国民を脅しておきながら、
雨が降ると映らない、教●テレビを観ると、
アナログ電波を返せと文句が言いたくなる・・・。

地デ鹿の馬鹿。

ジャンル不問

美大フェアで紹介した本の一冊。

からくりからくさ (新潮文庫)からくりからくさ (新潮文庫)
梨木 香歩

新潮社 2001-12
売り上げランキング : 28211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

美大舞台本として紹介されてしまったけど、美大そのものは出てきません。
美大生が下宿している古い民家が主舞台。
主人公達のうち二人が、染色・テキスタイル関係専攻。

でも、同じ作者の本の中で、もっと推薦したかったのは、こちら。

村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)村田エフェンディ滞土録 (角川文庫)
梨木 香歩

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 30019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

元・史学科専攻としては、これはもう号泣ものでした。
一生手放さない本のうちの一冊に決めてます。

四国はしけん

九州新幹線のCMを見て思うのは、
「九州人て熱いよなぁ。火山島のせいか?」と思うのは、
海底から隆起してきた四国島出身の所為でしょうか。

「九州はひとつ」のキャッチフレーズ同様、
四国にも「四国はひとつ」的かけ声はあるものの、どうにも微妙。

その昔、仕事上の交流会で、
四国四県の人間が集まって飲んだことがあるが、
「四国は四県だもん」(だから、ひとつにまとまらない)というオチがついたくらい。

ま、橋が三本も架かってる時点で、ひとつではないような・・・。

ちなみに、四国新幹線構想もあるにはあります。
あくまで構想ですけど。
新幹線ちゅうても、ちょっと違う新幹線ですけども。

最接近なう

台風が最接近中なんですが、なんかもう・・・。

雨降ってないし、風止んじゃったし、うっすら晴れ間も見えるんですけどぉ。
昨日の雨風の方が、酷かったくらい。

というわけで、今日も夕方からお仕事だ。

しかし、5月に台風ってのは・・・。
「大丈夫なんだろうか、ちたま(地球)」って思ってしまふ。

ほしいものリスト

去年ぐらいから、買うかどうか悩み続けているものリスト。

・中孝介のCD
 ミニアルバムだから、微妙。

・本、いろいろ。
 積み上げられた教科書を、読む方が先のような・・・。
 今、建築論の教科書、読んでます。

しかし、これは気になる。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
クリストファー・マクドゥーガル 近藤 隆文

日本放送出版協会 2010-02-23
売り上げランキング : 1099

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文庫本になりそうにないから、やはり買うべきか。うーむ。

坊主のその後

壊れかけの坊主君は、小康状態を保っております。
最近、相方が発見したCD再生方法。

1・CDをセットする。
2・指でちょんとCDを回してやる。
3・蓋をすると、あら不思議。認識して再生。

こうなると、昔のレコード盤と何が違うんだ? 
針がないだけよねぇ、みたいな感は否めませんが。

とりあえず、そんな古典的手法を踏みつつ、
ドローイングをようやく終了させたのでした。多分。

たまじゃが

肉が入ってなくて、玉ねぎとじゃがいもだけなので、
たまじゃが。
玉ねぎもなく、じゃがいもオンリーになると、
じゃがじゃが。

特に意味はないです。
昨日の夕飯の話です。ふかふか家のメニュー名。

きゅっきゅぽんさんの手にかかって、カワイさ倍増のサバオを見つつ、
往年のサバオを久々に思い出した。
が、自分の作ったPOPは忘れたい。

本文そのものは、かなり悩んで、いろいろネタ出しした。
が、下手に煽るだけなら誰でも出来そうだったので、
あえて、起伏を抑えた読後感を文章化。
それが成功したか失敗したかは、分かりませんが。

文字で伝えることの難しさを、久々に再認識しました。

だんだん慣れてきたぞ

春先は雨不足で、渇水だぁ節水だぁと騒がれ、
でっかいダムの底からは、昔の集落跡がこんにちは。
いつもならとっくに終わってるはずの田植えが、なかなか進まなかったり、
乾燥による皮膚炎が、薬容器一個分長引いた季節も、ようやく終わったようです。

ビバッ、梅雨入り!
でも、いいことだけじゃないけど・・・。

先々週末ぐらいから、ずっと体調不良で、活動が低下。
体調に同調してテンションも低下してるので、生産性が悪い。
課題も進まなきゃ、家事も手抜き気味。

しかし、こうも長引くと、だんだん悪いことに慣れてきた気はするんだけど、
代わりに、家の中の拭き掃除をしてくれるロボットが、切実に欲しいな。

思い込みの読み違い

超汚いPOPしか作れず、郵送した後に美大生として凹んだのですが、
出版局の担当者から「届きましたメール」をいただいき、更に凹んだ。

宛名、思い切り間違えて書いちゃったよ。
あの漢字の次とくれば〜と、勝手に目が読み違えてました。
美大の先生が言うところの
「人間の目は、自分の都合の良いようにしか見てない。
本当は、真実が見えてないんだ。」
ごめんなさい、すいません。

嗚呼、社会人として最低と反省。

医魚

さてネタ切れ感もある、GW後半戦。
せっかくETCも搭載されたことだし、
一度くらいその恩恵に与ってみようかという話になり、
「長崎ペンギン水族館に行くか!」と弾丸ツアー第二弾が決行されようとした時、
とある国際情勢の影響を受けて、ツアー自粛。

ペンギン計画頓挫のうえ、天候も雨。
でも二人とも休日なのは、この日(6日)だけなんだな。
遠すぎるのはダメだけど、近くで何処かに行こうということになり、
そういえば、新聞のGW情報特集で、未知なる所があったなぁと思い出したのが・・・

パレス・バレー。通称チェコ村。鹿児島空港から車で1分。

鹿児島に何でチェコなの?という疑問は、各自に調べてもらうとして、
新聞に載ってて、心惹かれたのが、
「GW期間中は通常の2倍!」という、これ。

doctarfish.jpg

ドクターフィッシュです。

ちっちゃい魚君が、古い角質をつついて食べてくれるという、魚セラピー。

水槽に足を突っ込んだら、すぐ魚がまとわりついて来て、
「んん? 何かピリピリするよぉ。電気風呂なのか、この水槽」と疑ったけど、
それが、魚君がつついている証拠らしい。1秒間に3、4回という超スピード技。
痛くはないです。むしろ、気持ちいいぃ−。

15分間コースを体験したんだけど、終わって足を出してみたら、
まぁ、足の裏がつるつるですわぁぁぁ。
魚エステ、最高ー!

元々は麹屋さんなので、ドクターフィッシュ終わったら、
次は麹製品の数々で、身体の内からきれいになろう。
いろいろ売ってます。
ちなみに、ここの麹菌が、今の韓国マッコリの元菌だそうです。
その名をカワチ(河内)菌。
ということで、生マッコリなんて美味なものもあります。
生マッコリ、最高−!


ゆったりまったり

転勤族の性として、新しい土地に引っ越したら、
とにかくあちこち出かける、見て歩く。
相方はともかく、私は引越=失業なので、とりあえずは暇人。

岐阜に住んでた頃は、休日はほとんど家にいなかった。
宮崎に来た時も、荷ほどき作業の途中で都井岬まで遊びに行った。
暑さで死にかけた。
そんな始まりの宮崎ライフも、もうすぐ10年。

・・・そろそろ、ネタが尽きた。
近場、日帰り圏内は、ほぼ行き尽くした。

で、GW後半戦は、私の仕事が休めないので、
近場を適当に攻めよう作戦だった。

まずは、西米良村小川の作小屋。
隣の隣の村の、小川という集落にできた、
小川のおばちゃん達(と言うか、ほぼオーバー70ズ)の生き甲斐創出の店。
実際、中山間地域の活性化だか、限界集落の活性化だかの事業で作られたらしい。

宮崎のおばちゃんたちは、人が良い。気前も良い。
小川のおばちゃん達が出す料理も、気前よく量は大目、お値段は控えめ。
当然、ブレイク。

地図で検索してもらえば分かるけど、きっぱり山奥。九州山地のど真ん中近く。
だから、山の幸が豊富で美味。鹿の唐揚げなんて一品もある。

そして何より、ゆったり流れる時間が最高。

時間を味わうための場所でもある。

気になる方は、ぜひどうぞ。
ただし、山道の運転に自信のない方は、気をつけて。
時々一車線になるけど、対向車とは余裕で離合できるぐらいの道幅はある。
が、あまりにのろのろ走ってると、
相方のような短気ドライバーが、突然追い越したりします。
こ、怖かったよ〜。助手席で一人踊ってました。

遊びおさめ週間だったのよ

手羽さんではないですが、
だらだらとGW企画(GW中のネタだから、厳密には違うか。)を書き続けております。

つまり、どんだけ遊んでたんだ?って、話になるわけですが、
今年のカレンダーを見て貰えば分かりますが、
こんな長ーい休みは、もうないのよ。
三連休がポツポツ。
飛び石潰して4連休ってところは、卒制スクーリング(出席予定)。

ということで、まだ一年の3分の一しか終わってない時点で、
いきなり、遊びおさめをするという暴挙をしたわけで。

どうせ、今年は卒制イヤー。今後、遊べる暇は、ほとんどナッシング。

で、明日からはGWネタ後半戦。

有田です

関東からの友人夫妻が帰路に着かれた後、
私と相方は、深夜出発の弾丸日帰りバスツアーに参加。

途中のSAやPAが、もう車がいっぱいで仮眠休憩もとれず、
バスの運転手さんは、一路目的地へ。
朝の5時に到着した先は

arita.jpg

有田です。
有田陶器市でーす。

微妙に平日だったのと、雨予報の日だったせいか、
思ったよりは人出が少なく、ゆっくり見て回れました。ラッキー。

つうか、朝5時に着いても、店開いてないし。
それでも、バスの中にずっといても仕方ないので、
7時前には、有田駅の方に向かって歩き始めてみた。

普通のお店は、だいたい8時ぐらいから開店。
が、陶芸学校の出店は、9時になっても開いてなかったです。
学生さんらしいといえば、学生さんらしいけど。

「友達来て散財したから、有田では散財しないぞ」と
財布の口は、堅く締めたつもりだったのですが・・・

あ、長年探し続けた、使いやすそうなカレー&パスタ皿がある!
去年一つ割ってしまった砥部焼茶碗の、代わりになりそうな器があるぅ!
仏様用の飯盛り器もある(実家では、普通の小皿代用中。昔は金属製のがあったはずなのに。)。
しかも、500円で、ちゃんと絵付けもされてるよ。

ムサビに来るまでは、陶器の磁器の区別もアヤシイ人だったけど、
陶芸してる人達とも、ムサビで知り合うことになり、少しだけかしこくなった。

結婚してから、真面目にご飯を作るようになると、
盛りつけや器も、やはり気になるようになった。

でも相方と私では、焼き物の趣味が、実は全く噛み合わない。
相方は、釉薬の色がはっきりしたのが好き。柄より色の人。
私はシンプルな白の磁器が好き。色も藍の絵付け程度で良い人。
なので、双方が歩み寄れる範囲は、ひじょーに狭い。

でも、有田はすごーい。種類豊富、多種多様だよ。

ということで、初有田。大収穫でした。


外から、内から

ん年ぶりに、我が家へお客様がやって来た。

次の転勤まで、もう片手で数えられる期限にはなっているが、
旅好きの友人達は、「つい、沖縄へ」とか「もっと遠くに」行ってしまい、宮崎スルー。
インドア派の友人達は、「そのうち〜」「行きたいんだけどね〜」と言いつつ、不動のまんま。

今回やって来たのは、ムサビ通信絵画の同期卒業生とそのダーリン。
なかなか交流が持てない通信で、卒業後も繋がってる貴重な存在。

久々の遠方からのお客様ということで、
地元食材とローカルネタと観光ベタネタで、熱烈歓迎!

観光というのは、余所から来た人が、
その土地ならではの物や旧所名跡・風光明媚を楽しむ、が基本コンセプト。
個人の嗜好もあるので、当たり外れがあるのは置いといて、
意外にずれてるのは、外から見て良いものと
内から(地元から)見て、良いと思うものの差。

私も相方も地元民ではないので、基本・外から目線の人。
でも10年近く住むと、半地モピーみたいなもん。内から目線も出てくる。
今回改めて思ったのは、やはり外からの視線は、
それも、外からの初見て全然違うんだなぁということ。

チキン南蛮・鶏炭火焼き・肉巻きおにぎり・飫肥の卵焼きは、受けても想定内。
想定外に好評だったのが、平和台のホットドックと日南の天むす(超ローカルネタ。どっちも美味)。

観光地も、県庁・鵜戸神宮・飫肥は予測内。日南のモアイもまぁ、こっちかな。
西都原の博物館は、無料でしかも大受け。
平和台公園の埴輪園も、シュールさが受けた。

双視点を持つことの大切さと、それを保持することの難しさ。
久々に観光地巡りをして、そんなことを考えたのでした。


黄金週間

しばらく更新してなくて、「一体何やってるんだ?」と思われたかもしれませんが。

元気です、一応。

今年のGWは、初めて宮崎にずっと居て、
遠方からお客さんがやって来たこともあり、
ひたすらドライブ・観光・仕事・観光・ドライブ・仕事・仕事・仕事。
こう書くと、あんまり変わらない?

ま、ちょこっとずつ、ネタ出しします。

久々に「ドライブ行こうよ〜」と相方が言うので、
心も財布も痛むけど、天気が良かったので、南下してみた。

以前一度だけ横を通ったことがあって、気になる施設ではあった。
後でガイド本を見たら、施設見学も出来るとあったので、
いきなり行ってみました。

ucuinoura.jpg

宇宙航空研究開発機構・内之浦宇宙空間観測所

施設入り口にはゲートがあって、物々しい雰囲気で、
「これ、ホントに見学できるの?」とびびり気味に受付に申し出ると、
あっさり「はい、通行証ね。これ車に付けて、自由に(適当に)見て回ってください」と。
ガイドなしの、超ゆるゆる見学。しかも、あちこちに車乗り付けオッケー。

楽しかったです。
工業系人間の相方は、顔が終始ニコニコ状態。嬉しそうだった。

資料館は、大人の事情の所為か、いろんな意味で寂しい気持ちになれた。
ロシアから貰ったというスプートニクの10分の1模型が、
更に寂しい気持ちにさせてくれるし。

でもここは、あの「はやぶさ」の故郷なんだよ。
日本中を感動させた「はやぶさ」は、ここから打ち上げられたんだよ。

二人して施設を堪能した後の感想は
「やはり、種子島ロケットマラソンに参加せねば!」


レインボー

あの地震と大津波がなければ、
あの翌日の新聞一面は、九州新幹線全通!の記事だったんだろうなぁ。
と、九州在住者は思うのですが、
九州新幹線は、宮崎を通ってません。掠めてもいませんけど、
それが何か?(と、手羽調で。あるいは、竹林調。お好きな方でお読みください。)

「九州はひとつ」の合い言葉で始まった、とあるCMプロジェクト。
当然、宮崎も大分も長崎も、全然関係ないけど、
結果は気になっていた。どうなったの?

震災後、しばらく自粛ムードで放映されず、
幻のCMとか呼ばれてましたが、最近、ちょっとだけ復活。

元気になれます。

JR九州のHPでは、特別編やもろもろ観れます。

いつか、あっちの大地でも、元気になれる日が来るように、
こっちはこっちで、元気にやっていこうと思うのでした。
そして、元気をあっちまで波及させよう。

ちなみに、日豊本線も特急列車が新型に変わりました。
今度のは、自動ドアついてるかなぁ(まだ乗ってない)。


壊れかけの

ムサビ裏工作で、アマゾンのURLの長さに怯んで、
手羽さん宛のメールに、リンクをはれなかった女です。

そんな話は、置いといて。

我が家のCDプレーヤーの調子が、最近悪い。
CDの存在に気づかず「no disk」と表示したり、
くるくる回り続けるけど、一向に再生されない、とか。

仕方ないので、カスタマーセンターに問い合わせた。

したらば「CD機能一式交換の場合、もう部品ないから直せない」とメールが。
周辺の微調整と読み取り部のクリーニングで、調子が戻るかもしれないけど、
その時は、修理代として2〜3万円ぐらいかかるかも、と。

クリーナー回すぐらいなら、自分でやるよ。

買ったのが7年前で、すでに廃盤になってる商品だから、この状況は仕方ないか。

後継機を買うことも考えたけど、レビューでは賛否両論。
どうも、他のメーカーのより、壊れやすい?気はする、確かに。MADE IN JAPANじゃないし。
製品の当たり外れは、最初から諦めるしかないのかも、かも。

でも、良いところもある。
日本のメーカーは、何でもかんでも、余計な機能をつけたがる。
けど、ここのは、とってもシンプル。潔い。simple is best.


ということで、壊れかけの坊主が、今日も頑張ってる。

雑務の時間

昨日、通常業務の合間に、名簿の入力を手伝っていたのだが、
エク●ルが、突然「問題が発生しましたので、終了しまーす」と表示。

・・・私の30分を返して(泣)。

教訓。
バックアップはこまめにしましょう。

障害物競走

2、3年前、割引制度の絡みもあって、ETCが馬鹿売れした時期があったけど、
そのころの東九州道は、滅多に使わない区間だったので、
年1ぐらいしか使わないであろう機械の購入は、あっさりとスルーした。

全通までは、まだまだ遠いけど、
それでもようやく、少しだけ延長して、少しだけ使うようになった。

でもさぁ、うちから大分県臼杵まで、乗って降りてを3回も繰り返す、ブチ切れ開通。
毎回毎回、窓から手を伸ばして通行券を取ったり、出したりするのに疲れ

ETC、ついに買いました。

あとは、あのバーに向かって走る練習をしなきゃ。

じわりと

昨夜帰宅した相方が、コンビニでカップラーメンを5つぐらい買ってきた。

何でまた?と思ったら、職場の売店からカップ麺が姿を消したらしい。
しかも夜勤の人のための夜食が、カップ麺高騰につき、野菜ジュースに変更へ。
夜食に野菜ジュース貰ってもねぇ・・・。

で、相方は来週が遅番出勤なので、自腹で夜食を調達したのでした。

カップ麺、品薄らしいです。
焼きそばは、大丈夫みたいですが。

乳製品の棚に、「震災による品薄うんぬん」の張り紙があったけど、
それより、ヨーグルトの値段に絶句。
何時からこんなに高くなったの?

さて、昨日の昼間は、ひたすら刷り刷りしてました。
刷りの悲しいところは、一度作業を始めたら、
きりのいいところまでいかないと、作業が中断できないこと。

昨日のお昼ご飯、午後2時半(泣)。

食べ終わった直後に追悼のサイレンが鳴ったので、
北東の方に手を合わせました。

もう、一ヶ月。早いような遅いような・・・。

遠境の近況

多分、誰も訊かないし、誰も興味ないと思いますが、九州の近況。

飲料水。
ペットボトルは店で見るようになりましたが、
お一人様2ケースまでと制限付き。
買う人のほとんどが、関東に送るのでしょう。

納豆とヨーグルト。
納豆は、以前より棚に並ぶ数が増えたかも。
ヨーグルトは、変化なし。
夏に食欲がなくなると、
飲むヨーグルトにプレーンヨーグルトを増量して混ぜたのを、よく飲みます。
甘くなくてよいです。

米国から見た震災。


同僚にアメリカ人がいるが、
震災直後は、メールと国際電話の嵐だったらしい。
同僚曰く、「地図見てから、電話しろ!」。
時差の関係もあるけど、真夜中のメール攻撃に、一晩寝られなかったそうです。
あのでっかいアメリカ大陸から見れば、
東北と九州なんて、超近所に思えるのかもしれません。

しかし東北と宮崎、意外と関係はあったりするんです。

津波は小さいのがやって来たし、
前知事の時は、宮城県と宮・宮コンビを組んで、特産品フェアやったりしたし。
日南の鰹釣り漁船は、気仙沼を基地にしてる時期もあり、
東北に親戚・知人がいる日南人は、結構多かったりもします。

鳥フル・口蹄疫・鳥フル・噴火と、宮崎も災難続きですが、
東北を応援したいし、恩返ししたい。

そう言えば、義援金が一千億円を突破したらしいです。
そのうちの、約十分の一は孫さんかもしれないけれど、
単純計算しても、国民一人あたり千円以上は寄付してるんだ。
我が家も、もう少し応援しないといけないな。


ヒントの時間

ソツセイに向けて、
あぎゃんでもなくこぎゃんでもなくと、
いろいろ作戦は練っているのだけれど、
どれもどこかで見たようなデジャブー感に襲われ、
独自性について改めて考えてはみるものの、
やはり自分の嗜好性は決まってて・・・

・・・と、ぐるぐる考えながら走るのは、最初の2キロぐらい。

その後はどうなるかというと、何も考えなくなる。

けど、7キロぐらい走ると、突然閃きが来る時もある。

版画の神様、降臨ッ!

というほど、凄いことを思いつけるわけじゃないけど。

昨日は公園をぐるぐる走っていたら
散歩中の人に「何周走るの?」と訊かれた。
「版画の神様に会えるまで」なんて、どん引きの答えではなく、
普通に「10周くらいですかねぇ」と返事をした。

その後、神様の足元がチラリと見えた気もした。
でも、版作るのも刷るのも、自分なんだよねぇ。


解釈の時間

ムサビ通信4月号がやって来て、紙上入学式があって、通信もスタート。

入学を迷っているうちに4月になってしまった方。
大丈夫。まだ間に合います。4月中なら、入学できます。確か。
通信HPで確認を。

同封されていた科目アンケートを記入。
昨年度は、学生らしくない日々だったことを反省。
今年こそ、頑張るぞ。

震災後、だだ漏れだったACの広告群。
その中で使われていた、金子みすずの詩集が売り上げを伸ばしているらしい。
確かに、あの詩はすごい。言葉の力を、再認識した。

ちなみに、あれを見ていた相方の同僚は

「今時は、馬鹿な子供らが増えてて、
あんなふうに、単純な会話(返事)しか出来ないから、
人間関係が上手くいかないんだよ」

と、言い放ったらしい。

・・・斬新な解釈だ。

リ・スタート

黄砂と雨で汚れた車の窓を、久々にきれいにしたら、
・・・降灰。
やられたー!

地震やら何やらですっかり忘れられてますが、まだ時々、爆発してます。

昨日、見学にやって来た浪人生君は、30歳。慶●卒。
受付嬢が「私より年上」とぼそり。
まぁ、いろんな人がいます。生徒も先生も。


でも、何時から始めても、いいじゃない。
始めてしまえば、それでいいじゃない。

九州にコスギさんという強力なライバルが出現したので、
負けないように、本日もジョギングからスタート。

でも、10キロしか走ってない時点で、すでに負けてるよ。

リ・スタート

黄砂と雨で汚れた車の窓を、久々にきれいにしたら、
・・・降灰。
やられたー!

地震やら何やらですっかり忘れられてますが、まだ時々、爆発してます。

昨日、見学にやって来た浪人生君は、30歳。慶●卒。
受付嬢が「私より年上」とぼそり。
まぁ、いろんな人がいます。生徒も先生も。


でも、何時から始めても、いいじゃない。
始めてしまえば、それでいいじゃない。

九州にコスギさんという強力なライバルが出現したので、
負けないように、本日もジョギングからスタート。

でも、10キロしか走ってない時点で、すでに負けてるよ。

聞きづらい

周波数帯整理のため、そのうち使えなくなる我が携帯君。
確か、もう4年以上使ってます。
新品の頃に、夏スクの鷹の台駅のホームで落として、青くなった記憶があるし。

「そろそろ買い換えましょうよ〜」というメール便が届き始め、
今度の震災で、現機種では緊急地震速報が鳴らないことを知り、
ようやく重い腰を上げたわけですが・・・。

震災により、入荷未定。
あらら、スマートフォンでもないのに。

で昨日、エイプリルフールではなく、新携帯がついにやって来た!

おぉ、画面がでかい。
今まで落とせなかった画像データが、ちゃんと開けるぅぅぅ!

ついでに、音データもあちこち拾ってきて、設定してみた。
が、それを聞いた相方が一言
「それ、分からんぞ」

とあるウサギの「はう」な声は、メールが届いても気づかない・・・かも。
そこはやはり、愛の力で聞き落とさないようにせねば。

「つうか、素直に他のにしなさい」

・・・まぁ、聞きづらいのは事実。

しかし、映像がなくて音だけになると、
いろいろ印象も変わってくるもんだなぁ、と改めて思ったのでした。

ぼちぼち行こか

スイカは持ってますが、イコカは持ってません。
ちなみに、宮崎に自動改札機はありません。

日本中がびっくりして、落ち込んで、混乱して、自粛して、
まだまだ大変なことはいっぱいありますが、

今日から四月だ。


頑張りすぎないように。
でも、出来ることからやっていこう、ということで。

何かする時の、相方のかけ言葉を、皆様に。
そして、自分に。

長すぎる?

明らかに留年組の私ですが、
先々週だかに引き続き、先日も
竹林さんから「おらおら、どうすんだよ。留年野郎は、まだ書くのか?」メール(ホントはもっと丁寧なメールです)をいただき、
これ以上長居をするのは気が引けるけど、
一度辞めて、復活した身としては、
ちゃんと卒業という区切りをつけて引退したいなと思い、
一応、来年も書かせてくださーいと返事をしました。

はて、明日からも続けて書けるかな?

去年の3月から今年の3月までの、この間に起こったいろいろな出来事は
きっと一生忘れない濃密さを持っているとは思いつつ、
でも薄らいでいくことも、生きていくのには大切であることも知っているお年頃。

なので、日々の些細なことを丁寧に、続けたいと思います。

ムサビ日記も、あと一年。

タイムスクープ

ご卒業の皆様、おめでとうございMAU!

と、書いても今更ですが。すいません、遅くなって。

「卒業しました」メールをくれた人もいるのに、まだ返事のできてない今日この頃。

火曜日。
ガソリン不足のニュースを見ると心が痛むけど、
何かあったら困るので、車で帰省。
一人で運転すると、疲れます。

水曜日、木曜日、買い出し。
東京在住の妹から「水買ってくれ」メールが来たけど、遅すぎ。
すでに四国は、売り切れです。
九州も、スーパーでは売り切れ続出中。

金曜日。祖父の四十九日。
納骨も済ませ、やっと一息つきました。

精進落としの時、当然話題は震災の話になったのですが、
なにせ私以外、オーバー70なメンバー。
なので、幼少期に体験した南海地震の話(何十年前だ?)から始まって
さらにオーバー70親戚の方のばあちゃんが、
そのまた、じいちゃんから聞いたという大地震の話(え、江戸時代だよね、きっと)まで時代は遡り、
こうして、時は連綿と続いているのだと実感したのでした。

見えないもの見えるもの

放射能は見えないから怖いのだけれど、
じゃあ見えたらどうかというと、余計に怖いと思う。

その昔、世界の黒澤監督が「夢」という映画で、
そんなストーリーがあったことを思い出した。
可視化された放射能は、きっと怖い。パニックになりそう。

チェルノブイリの時、ちょうど日本で放射能が測定された日は雨で、
その雨に濡れながら、神戸のバス停でバスを待っていた。

あの雨に、映画のような色がついていたとしたら・・・・。

これ以上、事態が悪化しないことと
作業に携わってる人々が、無事であることを祈ってる。

ぶるぶる

日本列島て、長いですね。

テレビもラジオも付けないで暮らしている私は、呑気にうたた寝してたら
市の広報車と災害無線の「津波警報発令中! 避難してくださーい」の声で起こされました。

慌てて、ニュースを点けて・・・絶句。

東京の妹宅は、18階なのでユラユラ。家の中がぐしゃぐしゃになったそうです。
義弟は会社宿泊。地震が起こった時、甥ッ子はすでに帰宅していたのでセーフ。
こういう時、小学生の電車通学は対処に困るだろうなぁと思ったのでした。

ムサビ通信で知り合った関東北部方面の方々とは、ネットで無事を確認。

皆様の無事を心から祈ってます。

兎は早い、大人は汚い

昨日は、さて走りに行きましょと玄関を開けたところで、
顔見知りの飛脚の配達のおばちゃんに呼び止められた。
「今から走りに行くん? ナイスタイミングやったね」と、ムサビ箱を渡された。
確かに、グッドなタイミングでした。
箱の横が潰れて、大穴が空いていたのは、ご愛敬ということでスルーしましたが(苦)。
天気の良い日が続いてて良かったね。
濡れて、ふにゃふにゃになった教科書や学習指導書は、受け取りたくないですから。

一昨日、確認票が来て、昨日、教科書が来て。
うさぎ年だから、早いのかな。

去年からはまっている監獄兎。
DVDを返却しに行ったレンタル屋の下に、ゲーセンコーナーがちまっとあって、
UFOキャッチャーや何やらに、我が愛しのプーチンが!
一緒にいた相方に「取ってくれ〜!」と懇願したら、
200円分だけやってくれたけど、結果は坊主。

相方曰く「こんなのは、飲み会の二次会の流れで、酔った勢いでやるようなもんで、
大の大人が、素面でマジにやるのは大人げないよ。」
じゃあ、どうすればいいんだ。

「大人なら、金に物言わせて、ヤ●オクとかでゲットするもんしょ」

なんか、なんかぁ
・・・大人って汚い。

枝間も飛べるはず

ソツセイに向け、という表向きの理由付けをして、デジカメを買い換え。
以前使っていたのに問題があったわけではないが、
もう少し望遠で撮りたかったのと、型落ち商品で安かったので・・・。

コンパクト系一眼デジカメです。
あとは、ファインダーとパンレンズが欲しいなぁ。
でも一度に全部は無理なので、ちょっとずつ体制を整えよう。

そして先代コンパクトデジカメと、父親から貰ったクソ重たい一眼デジカメをドナドナ。
箱やら取説やらを探して確認したら、先代を買ってから、すでに7年経過。びっくり。
ドナドナ金額は、なんと300円! うーん、カメラとは思えない値段。
仕方ないけど。

デジカメ達をドナドナした後、ショッピングセンターへ。
仕事で使うファイルとスティック糊と、仕事用の服を探しにうろうろ。

去年あたりから流行している、ドルマン袖。
ゆったりしてるから、腕回しは楽でいいんだけど、
そのうえにジャケットを着るとなると難しい。
ドルマン対応の上着も出始めてはいるけど、悩むところである。

で、ドルマン袖のニットを試着したのだが、
つい鏡の前で、両腕を横に上げたくなるのは、私だけ?

「ももんがッ!」
とは、言いません(笑)。心の中で、こっそり言います。

家に戻ると、履修登録確認票が到着。
特例による履修登録なので、この数年、もっぱら事務局へ郵送状態。
すいません。手間のかかる学生で。

もうすぐ、教科書たちがやって来るなぁ。

土着の顔

祖父の荷物を整理していたら、小さな箱に小さな写真がいろいろ入ってるのを発見。
昔は、今みたいにバンバン写真を撮ることもなかっただろうから、
証明写真だって貴重なお宝だったんだろう。

一番古そうな写真の裏には、昭和38年の手書き文字が。
私が産まれる前の、古き良き昭和。
それにしても、この写真は誰?

・・・もしかして、祖父ちゃん?

私が物心ついた時には、祖父はすでに祖父らしい年齢の顔で、
それから更に老いていったので、祖父ちゃん顔の記憶しか私にはない。
だから写真を見ても、その中年男性が誰なのか、最初は分からなかった。
何となく親戚のおじさんっぽい気がするし、よぉぉぉく見ると目元が叔父に似ている。

祖父ちゃんにも、こんな若い時があったんだ。当然のことだけど、感動した。

しかし、若い祖父の写真を見ると、つくづくと四国の人の顔つきだなぁと思う。
それってどんな顔かって?
分かりやすい典型例を上げると、スノボーの青野選手の顔。
これは相方ですら、テレビで見た瞬間
「うわっ、愛媛人な顔」と言ったくらいだ。

つまり・・・ちょっぴりサル系です(笑)。面長で。

リペアへの道程

家紋をモチーフにしたデザインで、超有名なブランド。

当然ながら、お値段もブランド値段なので、
お金持ちでない我が家には、たった二つしか存在しない。
それも財布。二つとも。
一つは、妹から海外土産に貰った財布。私用。
もう一つは、初めて国内正規店で買った、相方の財布。

男性用の財布は、結婚してから何度か買ったが、
常にポケットやらカバンに差されている所為か、消耗の仕方が半端でなかった。
そこそこのブランドの革財布が、2年〜3年ですり切れる。
私の方は、ずっと同じ財布のまんまなのに。
買い換えられないのもつまらないが、そう変わるのもどうかと思うぞ。
どうせ変えるなら「頑丈さが取り柄の、あのブランドに行け!」ということで
相方も、ついにブランドデビューしたわけである。

確かに、保ちます。


私ので、もうすぐ10年。相方のは、3年。

が、タイミング悪く、共に不具合が生じた。
修理してくれるという話だったので、まずはHPをチェック。
しかし、よく分からない。

しょうがないので、カスタマーセンターに電話した。
誰かのブログには「事務的で、愛想悪い説明」なんて書かれてたけど、
愛想良く、丁寧に教えていただいた。

ということで、もうすぐ修理に出す予定だが、
もう少し分かりやすいHPにしようよ、と思うのは私だけだろうか。
相方に話すと
「ブランドのイメージがあるから〜」なんて笑っていたが。

それにしても、普段使ってる財布が変わると、勝手が悪〜い。

ラッキーカラー

履修登録セットとともに、ムサビ手帳もいただいた。
が、この時期に手帳を貰っても〜、という正直な感想はまぁ置いといて、
今年は仕事用手帳(これも、とある企業のプレゼント品だが)と
ムサビ手帳の両刀遣いになってみようと考えた。
去年のムサビ手帳は、ほぼ白紙状態。
仕方ないよね、スクーリング一つしか行けなかったし。
なので、今年こそは活用せねば。

で、今年の手帳は、抹茶色というか若草色というか、萌色である。
可愛くて春らしい色である。

が、占いによると、今年の私のアンラッキーカラーは、緑色だった。
・・・ちょっと不吉だ。

でも同じ占いに書いてあったはずのラッキーカラーが、一体何色だったのか思い出せない。

所詮、その程度の話ということ。

ということで、さっそくマウ手帳を使用。
扁桃腺と葬式と扁桃腺と法事で、しばらくさぼっていたランニング記録を記入。
今月はランナー手帳になりそう、多分。
学生仕様は来月から・・・かな。

地デジ化

「早く、地デジ化しろよな、ったく」な帯文字の画面ジャマジャマ攻撃にも、
突然砂嵐体験攻撃にも、静かに耐え続けていたのですが・・・

ついに諦めました。
テレビ、買い換えました。

だって、最新の火山情報は欲しいですから。

総務省のいじめより、火山に負けたって感じですかね。

しかし、失敗したなぁと思うこと。

画面小さくて(26型)、文字情報が読みにくい!

いずれサブテレビになることを想定しての選択だったので、
わざと小さめを買ったってのはあったのだけど。うーん。
32型以上が売れ筋なのには、ちゃんとしたワケがあったんだなぁ。
どちらにせよ、賃貸暮らしなので、馬鹿でかいのは置けないのも事実。

ということで、身の丈に合った地デジ鹿が我が家にやってきました。


フランスですわぁ

祖父の葬式騒動に突入する前、
微妙に扁桃腺が腫れて、体調不良だった。

そして実家から戻ると、
葬式疲れと、更に赤黒く腫れた扁桃腺を抱え、
寒いし灰降るし〜で、何もやる気が起きなかった。
ので、原作を読み切った記念ということで
「のだめ・最終章」のDVDを借りて観た。

マルレ・オケのテオ役のクネクネ具合が、手羽さんに少し似てるかも。

終わったよ

通信課題が終われば、一番良いんだけど・・・

いろんな意味で、いろいろなことが終わった。

「のだめ」を一気読みして終わった頃、
数日前から状態のよくなかった祖父が他界。

母が亡くなってから、もうすぐ一年。
あと一月生きていれば、祖父は98歳だった。享年は、数えなので99歳。
親戚一同「あと一つかぁ。惜しいなぁ」
でも、十分長い人生だったと思うよ。

ということで、一年間に二回も葬式を出しました。
この春は、今月も来月も法事。
そして、今年も喪中で、新仏の法事だらけ。
更に3人分(祖父母・母)の法事が、数年続くという、
とっても線香臭い日々が待ってます。

介護と看病から解放された父に
「念願の一国一城の主ライフじゃない」と言ったら
「部下が一人もいないけどなぁ」とぼやいてましたが。

てなことで、しばらくネットオチしておりました。
通信課題の今月提出は、不可能となりました(泣)。
でも4月からは、心機一転頑張ります。・・・学費も払ったことだし。

信じるものは救われる

扁桃腺の悪化により、恵方巻を買いに行けなかった昨日。
二人とも関西人じゃないから、まっいいかということで、
大量作りしたおでんを晩に食べました。
おでんは、別名・関東炊き。
ということで、今年の節分は西でなく東、てな感じに。

しかし「鰯(イワシ)の頭も信心から」なんて、
関西人でないと実感できない諺じゃないかと思う。
柊の枝に、鰯の頭がぶっ刺さっていたのを、大阪の友人宅で初めて見た時は
本当にびっくりしたもんです。四国、というかうちの実家はしなかった。
恵方巻きは全国区になったけど、鰯の頭は関東でもするのかなぁ。

なにはともあれ、信じるものは救われる、はず。

受験で信じられるのは、ここまでの自分の頑張りの蓄積、のみ。
自分を信じてあげようね。

ジャンピング・なう

昨日、ムサビ日記をアップしたすぐ後に、家がジャンプ!
4回目の爆発でした。
今までで、一番振動が凄かったです。家全体が震えて飛んだ感じ。
そりゃまぁ、ホントには飛ばないですが。

funen0201.jpg

隣国の某アイドルグループのニュースのおかげで、
Kポップが少し分かるようになりました。

じゃんぴん・じゃんぴん・じゃんぴんッなうぅぅ〜

今朝も目覚ましが鳴る寸前に、空振がドーン!。

今日は西風なので、我が家周辺にもまた灰が降ってます。
空が暗いです。世界が灰色です。
今日は図書館に、本を返さなきゃいけないんだけど。
最近の外出スタイルは、グラサン(または眼鏡)、マスク、帽子というアヤシイ人三点セット。

巣ごもりライフを強いられてる今こそ、課題をガンガン進めればいいのだけど、
作業する部屋が北側で・・・。寒いです。手が悴みます。

ということで、巣ごもりライフを充実させるべく、買ってみました。
「のだめ・パリ編」全巻大人買い。中古ですが。
数年前のスクーリング中、居候させてもらった友人宅で日本編を読んで以来。
ドラマも映画もアニメも観てないですが、原作だけで十分楽しめそう。ふふふ。


新聞一面

火口にたまった溶岩ドームの映像を見て、マジに怖い今日この頃です。

土曜日。
知人が美術館で個展を開催中だったので、仕事前に観に行く。
宮崎でも、もう少しリトグラフ人口が増えるといいなぁ。
同じく石内都さんの個展もしていたので、そちらも観る。
下着の薄い布地が、肉を感じさせる。

上司がガソリンスタンドに行ったら、洗車は1時間半待ちと言われたらしい。
しかし今洗車しても、きっと無駄になると思いますよ。


日曜日。
金曜日の空振の話になり
「絶対、霊だと思って、怖くて塩撒いちゃいました」という大学生が。
私も一瞬「じいちゃんが幽体離脱したんじゃ・・・」なんて思った(笑)。

火山灰は燃えないゴミで、ということで
初めて家の外を掃除するが、火山灰って粘っこいし、重い。

月曜日。
香川に転勤かも〜という話が年末あったのだが、ボツに。
年度末引越がなくなったので、真剣に課題作らなきゃ。


それにしても、去年あたりから新聞一面のネタに事欠かない宮崎。
良いんだか悪いんだか・・・。

グレー・スケール

朝起きたら、世界がこうなっていた。

hai-2.jpg

新燃岳から、50キロは離れてるんですが・・・。

hai-1.jpg

1センチ近くは積もってる。


hai-3.jpg

昨日もざっと洗車した愛車・デミ蔵は、一晩で・・・(泣)。

一昨日同乗していた友人が、「車大丈夫だった?」と電話をくれたのだけど、
二人で話している最中に、家がどぉぉぉぉぉんと振動。
地震とは違って、家全体がぶるぶる震えるみたいな感じ。
「なに? 何?」
それが、火山噴火による「空振」だったらしい。

そう言えば、木曜日の午前3時前後も、ずっと窓がガタガタ揺れていた。
昨日の夕方の大爆発以後は、1時間以上、家がぶるぶる。

そして、朝見た、灰色一面の世界。
以前、色彩学でグレースケールを自分で作るという課題があったけど、
このグレーは単一色だなぁ。当たり前だけど。

そのうち、雪かきならぬ、灰かきを
せっせとすることになるのかなぁと思案中です。

飛んでけ〜!

小さいですが、天気が良くて、きれいに見えました。

こうのとりが、旅立ったところ。

kouotori.jpg


携帯で撮ったから、すごぉぉぉぉぉく小さいですが(苦)。

けど、なんか感動しました。

ちぇんじ

センター試験が始まった。
宮崎は雨だが、他の地域じゃきっと雪だろうなぁ。大変だなぁ。
明日の晩には、悲喜こもごもな顔が見えることだろう。

仕事柄、センター試験の国語だけ、第一回目から全部解いている。
問題の難易度は確かに変わるけど、平均点を見れば、そんなに大差ない。
ので、「今年の問題は簡単だった−。ラッキー!」とか「難しかった。ついてねぇ〜」とか
そんなので、一喜一憂しないでほしい。
問題の方を、言い訳に使っちゃダメ。

たとえ失敗したとしても、センターは通過点に過ぎない。
明後日には、気持ちをスパッと切り替えて、2次試験や私大試験に臨んでほしい。

諦めるには、まだ早いよ。

普段通りにね

南国宮崎でも、今朝は氷点下。ひょおー(寒)。

あまりに寒いので、朝一番に走ってみました。
が、30分走っても、まだ手袋した指が冷た〜い。耳も痛ーい。
足の爪先も、地面蹴る度にジンジンするよぉぉぉ。
こんなくそ寒い中走ってるのが珍しかったのか、
交差点で止まったトラックのおじちゃんに話しかけられました。
でも、よく聞き取れなかった。ごめんなさい。

さて、センターまで後少し。


残り少ない日々の過ごし方は、普段通りが一番です。
気負っても、肩に力が入るだけ。

当日は、緊張して当たり前ぐらいに思ってた方が、気持ちは楽です。
と言うか、始まってしまえば、緊張なんてすぐほぐれます。

あと会場下見する時、トイレの場所は要チェック。
会場によっては、女子トイレの数が少なかったりするところもあるので(工学部の校舎とか)
休み時間に長蛇の列になっても慌てないように、トイレは数カ所確認しておくといいかも。

では、受験生の皆様へ

カンパーレ!


いきなり

美大生たるもの、やはり有名作家のナマ作品ぐらい観ておくべきっしょ!

ということで、三連休最後の日、相方とともに、ゴッホさんを観に太宰府までゴー!

ちなみに、九州=南国という本州人の思考図は、大間違いである。
九州は西の方にあるだけで、南の方にあるわけじゃない。
四国もよく勘違いされるけど、ミカンが生えてたって、寒いもんは寒い。
雪だって降るし、積もるんじゃー。
てなことで、県境越えと福岡の雪情報だけに注意を払いつつ、高速道路を北上。

おぉ、人吉はやっぱり雪降ってるよ。
帰りがちょっと心配だよねぇ〜とか言いつつ、山越えて、熊本の平野部へ。

ところで、さっきから、車のギア下がったまんまじゃない?
つうか、ターボのタービンの音、しなくない?
おかしいよ、何かおかしい、絶対おかしい〜!


いきなり車、壊れました。
走行距離9万キロ突破した途端に、これかい!

と、取り敢えず、パーキングエリアに入って、車の調子を再確認しよう。
・・・うーん、やっぱりタービン回ってないねぇ。どうするよ?
もうすぐ福岡県というところで、これはないでしょう・・・。
どうせ壊れるなら、なぜもっと宮崎寄りで壊れない。
悔しいけれど、無謀な大人にはもうなれないので、Uターン決定。

せっかく熊本まで来たので、売店で熊本名物いきなり団子を買う。
が、これが外れ。チッ!
高速を一度下りて、また高速に入り直す。
ターボ使えないと、エンジンが五月蠅い五月蠅い。
運転交替のために寄ったサービスエリアで、リベンジ。
いきなり団子を買い直す。こっちは美味。

しかし、故障車で高速道路を走るというのは、初めての経験。
速度計とエンジンの回転数とをシビアに見つつも、
後続車にバンバン抜かれる、この屈辱。
しかも、燃費超ー悪ぅぅぅぅ(あとで計算したら、リッター七キロ。嗚呼)

結局、高速料金往復七千円強と、ガソリン代。更に、車の修理代壱万円ちょいの大出費。

その晩、二人して不貞寝しました。夜の9時に。


雪より困るもの

喪中なので年賀状もほとんど来ず、お正月らしくないお正月を過ごしました。
これはこれで、やっぱり寂しい。

それにしても、さ〜寒ッ〜!
もはや南国仕様と化した身には、年越し寒波の辛かったこと。
雪積もってるの見たのは、何年ぶりだろうか。
見える山肌は真っ白。
私の実家で合流した相方も、「寒いしか言葉が出ない」状態。
昔仕様の家なので、隙間風が結構あるからねぇ。
暇つぶしに買ってきた雑誌を見ながら、
二人して「薪ストーブ、いいかもぉ〜」という妄想だけを膨らませました。

それにしても、今回の帰省。
雪でダイヤが乱れるかと思ったら、
行きは人身事故で、乗る予定だった電車が運休。
1時間遅れの電車で、ようやく帰宅。
帰りは踏切内での車の脱輪事故で、40分遅れ。
たまたま別の用事で早く駅に着いていたので、一本早めの電車に飛び乗り、
その後の乗り継ぎには、無事間に合いましたが・・・。

天災より人災に見舞われた帰省旅行でした。

メリーメリーメリー

が、とある漢字2文字に変換されたままだった、今週。
一足先に実家に帰省した相方も、同様の状況になっていることが電話で発覚。
うーん、一体何処でウィルスを貰ってきたんでしょう。

金運は欲しいけど、菌運は要らないんですけど。

それはさておき

メリー クリスマウ

大人の約束は果たしました。

え? 明日が何て?

相方が今日からいないので、今年はシングル・ベルです。
それが何か?

それより火曜日ぐらいから、腸炎風邪をいただいてきたようで、
食後は毎回、トイレの住人です。
最近流行りの、のろのろしたウィルスほどきつくはないですが、
下腹部の腹筋が、そろそろ疲れてます。


と言うことで、

ゲリ(漢字を適宜当てはめよ)ー・クリスマスです、多分。

誤読

センター試験まで、残り30日を切った。
仕事の方はもう、センター対策花盛りなのだが、
小説の過去問の話になった。

ちょっと古風な文章だったので、
今の高校生には、馴染みの薄い語彙がいろいろ出てきた。
本当は知らないというのは困るんだけど、
分からない時は、前後の文脈で推測してもらうしかない(正解率は低いが)。

と、説明したら

「つまり、空気を読むってことですね」

ち、違ーう!!!!

読むのは、あくまで問題文(汗)。

まったり〜なう

青太後の今頃は、例年なら必死こいて年賀状作ってるのに、
今年はそれもないので、なんだか暇人モード。年末までが長いなぁ。
大掃除にさっさと着手すればいいのだろうけど、さ寒〜。
今の時期に、網戸なんて洗いたくないよ〜。

本日の地元新聞青太特集号で、自分の完走順位を確認。
上位300名以外はアイウエオ順。で、たまたま真上の人が7分違いで完走していたが、
その7分間に、約200人くらいがゴールしていた。まさにゴールラッシュ。


タイトル書いてから思い出したけど、
ツイッターの設定が、去年から終わってないまんまだった。
まだ一度もつぶやいたことが、ないわ。

今年の一冊

そろそろ年末企画ということか、
新聞の書評欄は、「○○が選ぶ今年の●冊」みたいな特集が多い。

今年自分は何冊読んだのかチェックしてみたら、たった10冊(雑誌、漫画除く)だった。
嗚呼、大人の活字離れ。
今週は、青太後の骨休め週間。
しかし寒さに負けて、こたつむりと化してても勿体ないので、
「文化系活動に復帰」と称して、久々に図書館へ。
今なら返却日が、年明けになるはずだし。
ということで、大量借りしてきた。

で、個人的に選ぶとしたら、今年の一冊は「荒川の橋の下」(和訳直訳)かな。
あ、漫画です。ごめんなさい。
活字は、個人的にズドーンとヒットするものがなかったので。

さて、お金で買った癒しの監獄兎抱き枕を抱きつつ、
こたつで楽しく読書三昧だ。

そこに行けば見えてくるもの

側に寄れば見える、のではなく、
その立ち位置にたどり着くと、見えてくるものがある、と思うこと。

ちょこっと、昨日の続き。

最近のマラソンブームで、走る人は増えたけれど、
市民ランナーのレベルは、それこそピンキリ。

名誉ある呼称のサブスリー(3時間切り)達成は、市民ランナーでは5パーセントくらい。
2時間台は無理でも、3時間台前半で完走するのが、シリアスランナーと呼ばれる人達。
平均的な完走時間はコースにもよるけど、大体4時間半前後ぐらい。
それで、一般のランナーの半分くらいがゴールする。
後はファンランという、楽しく走るがモットーの人々や初出場の人々。
勿論、最初から馬鹿ッ速い人もいるけど。

今回わりと近くで見れたし、自分の実体験もあるけれど
3時間前半、後半、4時間前半、このグループを見較べると、
かなりスピードが違う。
3時間のペースメーカーの後ろの集団なんて、
「なんで、そんなスピードでフル走ってんのよ」と思うくらい速い。
4時間のペースメーカーの集団とは、全然違うスピード。
相方曰く、「3時間前半の人間は、走るために走ってる人達」。

ようやく、普通にマラソン走ってると言えるレベルまでは来た(と思っている)自分。
で、後ろを見れば、5時間台の人達がまだいる。
フルマラソン初めての時は、確かに私もここだった。
前回体調不良で棄権寸前だった時も、5時間ぎりぎりで帰って来た。

でも今回初めて、5時間台の人を見て、遅いなぁと思えた。
走力を考えると、私とその人達の間は、そんなに大差ないんだけど、
見える風景が、少し違って見えたのも事実。

やはり、そこまで行ってみないと、見えないものはあるんだなぁ。

そんなことを思ったのでした。

あと、今回見なきゃよかったもの。
最後のトイレポイントから出てきて、マントを結び直していたガッチャマンさん。
前半すれ違った時は、結構速かったのに、
ラスト10キロの、こんなところでまたお会いするとは・・・(笑)。
しかし、仮装の出来はお見事でした。

感動の涙はなかったけれど

日曜日の天候、晴れ。気温も低めで、まずまず。
少し風があるけれど、マラソンとしてはなかなかのコンディション。

今年もやって来ました。青太の日。
朝4時半に起きて、5時に家を出発。5時半には、会場の駐車場に到着。
で、選手受付まで仮眠。
朝ご飯のおにぎりと豚汁食べて、バナナ食べて、スポーツドリンク飲んで、エネルギー充填。

さて、9時スタート。
の前に、最後のトイレに行こうとしたら、女子はどこも長蛇の列。
あと10分しかないよ〜と慌ててたら、応援とハーフ出場(フルの15分後にスタート)の人が順番を譲ってくれた。ありがとー!
女子の参加者が増えたことを実感した、一事件。

スタートに並びつつウェアを直すという、非常に格好悪いことをしながら、時計を見ると
もうスタート3分前だった。ほんとにギリギリじゃないか。

そんで、9時スタート!
実際にスタートラインを踏めたのは、その4分後ですが・・・。
8000人だからねぇ。仕方ないや。

「マジでがんばれぇー!」(宮崎イントネーション)という、日本語としてそれどうよ的
高校生の元気な応援を聞きながら、走り出したわけで。

今年の目標は、完走か4時間半越えだった。
が、最初の頃に、5時間完走のペースメーカーを発見し、
「いかーん! 遅いじゃないか、自分」ということで
そこからは、ひたすらキロ6分前後で走る。
30キロ過ぎた時に、左膝上の筋肉が痛くなり、
それをかばうと、他のところが攣りそうに。イタタタタタ。
給水の水を足にかけて、無理矢理クールダウン。誤魔化しつつ、とにかく走る。

今回初めて、最初から最後まで走ってるという実感があった。
無論最後の5キロぐらいは、ペースダウンしたけど、走れてはいた、と思う。
30キロ過ぎた時点で、4時間半が切れるのは分かってて
「ゴールしたら、泣きそう」と、感動のゴールを想像したりもした。

が、現実は、ゴールが見えた時、公式タイムの表示が4時間28分。
「あと2分しかなーい」と、焦ってラストスパートをかけようとするも、筋肉痛の足がもう動かない。

はい、4時間28分27秒で完走しました。ネットタイムは4時間24分。

感動の涙はなかったけど、目標はクリアしたよ〜!
やっと、市民ランナーの半分までに到達したよ。

残る目標は、版画垢猟命課題だけだ。


やれることはやった

今年の状況から考えると、ほぼ絶望的だったフルマラソン出場。
でも人間、追い詰められた時ほど、逆に頑張れるものかもしれない。
スクーリング前や、スクーリング中の制作のように(笑)。

春から夏にかけては、ほとんど走れなかったけど、
先々月、先月は頑張った。先月は累計150キロを越えた。30キロ走もした。
木曜日に帰宅し、金曜日も走った。

やれることはやった・・・と思う。

明日、青島太平洋マラソン、9時スタート。
今年も、ここまで来れたんだなぁ。

カンパーレ、自分!

巳正月

愛媛のプチ帰省から戻ってまいりました。
今回の目的は、巳正月。
お坊さんの解説によると、南北朝時代から続く伝統行事だそうで。
400年の重みッスよ〜。

とは言いつつ、その前の週に祖父が緊急入院したため、準備不足の感がありあり。
お母さん、まともな正月を祝ってあげれなくて、ごめんね。

そのお返しなのか、祖父は三途の川岸から、三度の御生還。
生命力の凄さに、もう脱帽。

導火線

うぉぉぉぉ、風が強いです。銀行に行く時、帽子が飛びそうでした。

ふかふか邸計画前段階の土地購入が、いよいよ最終楽章に突入。
が、まだ問題が残っております。それは、何か?

土地に埋まったまんまの、ブロックの塊。
購入予定地は、以前駐車場として賃貸されていた時期があって、
車輪留めが、上は撤去されてるけど、地面の下ではそのまんま残っているのが、
契約書を取り交わした後に発覚。
誰だよ、こんな適当な工事したのは〜(怒)。

その後、何度か不動産屋には撤去をお願いしたのだが
「はい、やっときます」と気の良い返事のみで、実行なし。

私も相方も、お人好しな小市民である、基本は。多分だけど。
口の悪い私はともかく、相方は普段かなり低姿勢な物言いをするので
とても人がよいと思われがちなのだが・・・
ある時点を越えると、非常に大変なことになる。

相方が低姿勢なのをよいことに、相手が図に乗ってくるとする。
それとなく警告は発せられるのだが(それも低姿勢で、相手には分かりにくいけど)
相方的不可侵ラインを突破すると・・・態度豹変。

相方の導火線に、火がつくと
どっかの芸能人のように、泥酔したり、手を出したりはないが、
思いっきり、正当論による理屈攻撃が始まる。
逃げや曲がったことは、一切通用しない。
真っ向がち勝負で、とことん相手を追い詰めていく。

・・・ので、非常にたちが悪いのよ、うちの相方。

ということで、不動産屋と相方は開戦寸前。
本来の買い手である私は、遠くから見守る次第である。

白紙撤回した方が、いっそ楽かな。とほほほほほ。

という、悩みの種を抱えつつ、描いたドローイングは
脳みそのような、気持ち悪い画面になっております。
帽子なのに、帽子に見えない境地までたどり着きました。
それも、ちょっと違うんだけどねぇ。

意外な場所で見られてる

手羽室長の美大日記じゃないけれど、
今日で11月は終わり。明日から12月。うわー、年末。
そして、来週8日は亡母の巳正月。
なのでまた来週は、平日のみ愛媛に帰省。

青太寸前にもかかわらず、来週は走ってる時間がないので、
昨日はプレ青太祭りと称して、30キロ走を一人で開催。
サイクリングロードから有料道路の自転車道を臨海公園まで走り、
そして、ちょっぴり憧れだった、シェラトン前の観光道路の遊歩道を走り
・・・唇が日焼けして、痛いです。

しかし、家から10キロ以上離れた場所で
前の家のおばちゃんに、へろへろと走る姿を目撃されていた。
うぅ、世間は狭い。

しめなわ研究家のモリクミさんのために、
巳正月のしめなわを、写真に収めておこうかとも思うけど
たとえ自分ちの墓でも、墓を写す勇気がない。
母親や、我が家のご先祖様達が写っていても怖いけど、
見知らぬ人々が写っていたら・・・・キャーーーである。

ウサギな日々 解決篇

ウサギアニメのエンディングは、バッハ作曲「主よ、人の望みよ喜びよ」でした。
あー、すっきり。

DVDの2巻と3巻が借りられたので、出張帰りの相方と二人で2回ずつ鑑賞。
最近のぐたぐたな現状からの逃避にはぴったりの、単純かつシュールな笑いでした。

DVDと言えば、去年見逃した「坂の上の雲」の再放送がついに開始。
録画はしてみたけれど、第二部開始までに見る時間あるかなぁ。
チベットの特集番組も録画してもらってるけど、まだ見ていないし・・・。
こうしてたまっていくDVD。

その後、仕事中にショッピングセンターに行った相方から、
キレるうさぎのぬいぐるみに
「安全ピンがついてなかった」との報告メールが。

でもあの設定は、視覚的に苦手だったんだけどな。
梅干し見ると、口の中がしょっぱくなるのと同じで、
耳についたあれを見ると、針でさされたようにどっかが痛くなる感じ。

だから、ピアスを付けてるのを見るのは苦手です。

ウサギな日々

妹からのメールやら、飲み会の誘いやらをスルーしたまま、
とにかく雑用から片付けようと、ようやく着手した喪中葉書の印刷。
年に一度しか使わないから、使い方をすぐ忘れる葉書ソフトにイライラしてる時に限って、
調子の悪くなるプリンタ。紙100枚しか買ってないんだから、詰まらせないでよー。

寒い所に緊急出張していた相方は、なんとか当初の予定通り帰宅。
JR乗り継いで帰ってきたけど、長い旅だったねぇ。

相方が電車にゴトゴト揺られている頃、私はとあるDVDを鑑賞。
某北の大国の、元大統領と同名のウサギが主人公のアニメ。
一巻しか見てないんですが、
考えてみれば、オールCGのアニメを見るのって、実はこれが初めて? おいおい。
どんだけ世間から遅れてるんだろう、私。
そして、エンディングでも流れたクラシックの曲名を思い出せなくて、悶々中。
何でしたっけ、あれ。誰か教えて!

近況・遠況

今年の目標は、版画垢猟命課題を合格させること・・・のみ。
目標として高いんだか、低いんだか・・・。でも、大マジに真剣である。
で、ドローイングを4枚描きあげたところで、愛媛にプチ帰省。

こちらの目標は、年内に入所。のはずだったが、ずるずるの状態。
150人もの順番待ってたら、何年かかるの?
ということで、ケアマネさんと施設の相談員とデイサービスのスタッフと、再度対策を協議。
結果、新たな目標は、ショートスティを最長一週間まで延ばす。
・・・まだまだ牛歩な状況である。
進んでるのは、祖父の頭の中の崩壊のみ。
帰省した日に、「どちらのおくさんですか?」と祖父に訊かれたので
「そこにいる、おいさん(父)の娘です」と答えておいた。


月から金のプチ帰省を終えて、翌日は設計の人と打ち合わせ。
ふかふか邸計画は、紙面上は進んでいるが、
実家の状況と照らし合わせて考えると、もうすぐ休眠しそうである。
幻の計画として消えるかも、かも。
そうなったら、土地転がし屋・ふかふかになろうと思っている。
南国宮崎で土地をお探しの方、良い土地ありまっせー!

さて、アオタイの案内もやって来たことだし、残り一月がんばらにゃー。
給料日前だから、相方の弁当も真面目に作らにゃーと思っていたら、
相方は突然の出張で、寒い所に行ってしまった。
しかも旅費は後払い。給料日前なのに〜に〜。
我が家の財布の中身も、突如寒いことに。
走れば身体は温もりますが、あと●日どうやって過ごすかねぇ。

いっそんそん

開催の話は去年聞いたのに、「今年、もうすぐ終わっちゃうよ。一体、何時になったらするんだ?」と不安になっていたものが、ついに!

田中一村展 新たなる全貌

これのためだけに、一路鹿児島へ。

鹿児島は試験で何度か訪れているけど、試験のためにしか行ったことがない。
ということで、初観光・鹿児島です。

相方と二人、「イッソンソン、イッソンソン」と謎の歌を歌いつつ、市立美術館へ。
去年、奄美で見たのと一部かぶりはするけど、一村、サイコー! 
ちなみに、図録は超ゴツイ。

それにしても中央公園周辺は、何でこんなに人が溢れてるんだ?
と思ったら、ちょうどお祭りでした。市内メインストリートは、パレードがぞろぞろ。

あと初めて、西郷どんの銅像を見ました。上野と違って、軍服姿。犬なし。
犬と言えば、忠犬ハチ公の銅像原型?が、市立美術館の中にあった。
中央公園の近くには、小松帯刀さんの銅像もあり。こちらは着物姿のイケメン。

観光案内所のスタッフに教えてもらった、ラーメン屋で昼食。
鹿児島のラーメンは、あっさりと濃厚の二極化傾向かも。
私たちが食べたのはあっさり系で、客も年配層がかなり多かった。

そして、鹿児島水族館へ。
水族館は久々。そう言えば、宮崎県内に水族館はないのよね。
それなりに楽しんだけど、最後に気づいた。
・・・ペンギンがいない。
やはり、次は長崎か下関に行かねば。

いっそんそん

開催の話は去年聞いたのに、「今年、もうすぐ終わっちゃうよ。一体、何時になったらするんだ?」と不安になっていたものが、ついに!

田中一村展 新たなる全貌

これのためだけに、一路鹿児島へ。

鹿児島は試験で何度か訪れているけど、試験のためにしか行ったことがない。
ということで、初観光・鹿児島です。

相方と二人、「イッソンソン、イッソンソン」と謎の歌を歌いつつ、市立美術館へ。
去年、奄美で見たのと一部かぶりはするけど、一村、サイコー! 
ちなみに、図録は超ゴツイ。

それにしても中央公園周辺は、何でこんなに人が溢れてるんだ?
と思ったら、ちょうどお祭りでした。市内メインストリートは、パレードがぞろぞろ。

あと初めて、西郷どんの銅像を見ました。上野と違って、軍服姿。犬なし。
犬と言えば、忠犬ハチ公の銅像原型?が、市立美術館の中にあった。
中央公園の近くには、小松帯刀さんの銅像もあり。こちらは着物姿のイケメン。

観光案内所のスタッフに教えてもらった、ラーメン屋で昼食。
鹿児島のラーメンは、あっさりと濃厚の二極化傾向かも。
私たちが食べたのはあっさり系で、客も年配層がかなり多かった。

そして、鹿児島水族館へ。
水族館は久々。そう言えば、宮崎県内に水族館はないのよね。
それなりに楽しんだけど、最後に気づいた。
・・・ペンギンがいない。
やはり、次は長崎か下関に行かねば。

自分で見つけなきゃ

生徒の一人と雑談していた時。
彼は浪人中の身だが、一足先に大学生になったその友達が
「大学って、全然おもしろくない。つまんねぇ、と言ってるんですよねぇ」と発言したらしい。
「そうなんですか?」と訊くので、「何もしなきゃ、そうだよ」と答えておいた。

楽しむことは、自分で見つけなきゃ。


夏に入所を申し込んだ施設が、待機老人150人越えと知り愕然。
田舎ですらこの状態なら、都会はどうなってんの?
こっちの打開策も、自分で見つけなきゃならんのが・・・(涙)。


プロとして、どうよ

昨日はドラフト会議だったらしいけど、ハンカチ王子以外全く分からない。
監督も知らないけど、球団名もあやしいところが・・・(汗)。
すいません、野球興味ないんです、きっぱり。

もしかして、土曜日の仕事はお休みになるかなぁ〜と期待してたら、
台風はどんどん逸れて、関東方面へ。残念です。
でも、すでに風は強いです。

天気予報と言えば、数日前に気象予報士さんがテレビで
「えーと、○○(地名)と読むんでしょうかね〜」と言いながら
とある映像を紹介していたのだが、
その後、すかさずカンペが入ったのか、地名の読み間違いを訂正した。

間違いを訂正するのは、別に良いのだが、
読めないなら、何故事前に調べないのだろう、と思ったのは私だけ?

食べるって大事

平日は相方が出勤した後、ほぼ夜まで無口に暮らしている。
が、土日は仕事なので、最低でも講義の1時間は喋りっぱなし。
そして秋の深まりとともに、受験生の焦りも深まり、
最近は、ほぼ5時間喋る(教える)ことに・・・。

そんなギャップに、喉というか扁桃腺がお疲れ模様。

しかし、風邪引いてる暇はないのです。

そこで昨日は、とある麺類屋に突入。

カテゴリー的にはラーメンに分類されるのだが、
そば粉の入ったコンニャク麺(朝鮮半島の冷麺みたいな麺)を使用しており、
更には、恐ろしい量のにんにくがスープに投入されている。
以前、スープまで全部飲み干した相方が、2日間にんにく臭くて
「生物テロだ!」と真剣に怒ったことがある。私、にんにくアレルギー有りなので。

まぁとにかく、新陳代謝を上げるには、うってつけの食べ物です。
完食後、妙に身体がほかほかします。

今、宮崎のネットお取り寄せでは、かなり上位に入っているので
有名と言えば有名ですが・・・。
これから風邪が気になる受験生や、ちょっと元気のない方。
辛いのが平気で、そばアレルギーがなければ、お奨めしますぞ。

昔はなかった

昨日、洗顔後に、何気なく鏡を見て気づいたこと。

右の眉山の手前に、小さな丸い肌色の空き地が出来ている。
本来なら、眉毛で黒くなきゃいけないところなのに・・・。

・・・禿げた?

3年前の秋、相方も体験した円形脱毛症が、私の眉毛に発症?

確かにストレス増大中だしねー。
眉毛だから、描けば誤魔化し効くし、前髪かぶせておけば目立たないけどねー。

さて、この原因は一体何でしょう。
1、スクーリングだった。
2、制作中の通信課題(再提出分)。
3、施設入所を続けて断られた、元気過ぎる祖父と
  言うことをきかないうえに足を引っ張る父親
4、だんだんやる気がなくなってきた、マイホーム計画。

一つでも片付けないと、そのうち維新前の女性のような眉になってしまいそうです。


ガリガリ、シャー

もう、走ってる場合じゃねぇ! というド焦り状態のまま一日経過。

版、一枚完成。
耐久14時間レース。

途中、「スクーリング中の生活費がない!」のに気づき、銀行へダッシュ。
スーパーで適当におかずを買ったら、魚ばっかり。
疲れた身体は、あっさり系を求めているのかな。

で、製版するのが残り二枚です。
東京に旅発つまで、あと二日です。
Oh,NO〜!

食欲の秋、おまけ付き

スクーリングに行くので、留守番の相方のために、
冷蔵庫一掃兼「食費を少しでも浮かすのよ〜」カレーを、鍋いっぱい作成。


野菜室に転がっていた玉ねぎと、じゃがいもの代打にさつまいもを投入。
クミンシードが切れたのを忘れていたのが残念だが、
今回は市販ルー使っちゃうから、まいいか。

主役は焼き色こんがり豚バラ肉。さつまいもも入ったことだから
本日はココナッツミルクを入れて、マイルド辛いでまとめてみた。

ココナッツミルクが半分くらい余ったので、
粉寒天を使って、ココナッツミルク寒天も制作。
が、こちらは寒天を溶かす水が少な過ぎて、舌触りがイマイチだったのだが・・・。

とりあえずカレーで、2日くらいは生きていけると思うよ。

でも冷蔵庫の中には、まだお弁当のおかずの残りの
きんぴらごぼう(タッパー一つ分)があるんだよね。

カレーときんぴらごぼうの組み合わせは、
イマイチというより、イマニだろうなぁ、きっと。

陰翳礼賛はヤダ

阪神大震災以降、いろいろ法律が厳しくなって
家そのものの耐震構造やらなんやらも、かなり気をつけなきゃいけないが
家を建てる前段階から、すでにいろんな調査をしなきゃいけない・・・らしい。
更に耐震偽装事件以来、いろいろな保障に対応するため・・・
更に更に、これからの地球環境に優しくなるため、エコな住宅にするには・・・

・・・とにかく、ややこしやぁ〜。

営業の人、曰く
「これからの住宅市場は、新築より中古の方が盛況になるかもしれませんねぇ」。

仮に20年、30年住むだけの家なら、そうなるかも。
家族構成や自分自身の年齢の変化とともに、住める家も変わることだし、
それなら気軽に、中古や賃貸を住み替えていくのも、ひとつの選択肢だと思います。

それにしても、建物配置図と間取り図を見ただけで、
二次元特化型脳みそは、フリーズしそうになりました。
この平面図だけで、どうやって三次元を想像しろと?

いっそのこと、ここで建築コンペでも開催したいくらいッス。
迷えるふかふかを助けるため、
「THE ふかちゃん邸をみんなで考えてあげよう in ムサビ日記」とか。

理想の家事動線って何? そして、もっと収納を〜! もっと光を〜!

あ、それより早く、荷造りしなきゃ。明日、上京だよおいら(汗)。

死に金

昨日の朝ぐらいから急に涼しくなり、「おぉ、ついに秋か?」てな感じですが、
さて今週末の東京はどんげでしょうか。未だに着る物を何持って行くか、悩み中です。

今月、来月はスクーリングがあるので、実家に戻る時間がとれず、
私の代わりに叔母が、祖父と父(叔母的には実兄)の世話をしてくれてます。
しかも今回は、2週間の長期ご滞在。ごめんなさーい、だけど本当にありがとうです。

正直、母が死んでから初めて、実家のことで悩まされずにすんでいるかも。

スクーリングのついでに、東京の大きな本屋で探してこようと、
介護関係の本の切り抜きを手帳に挟んでるのが、とほほな現実に立ち返らせてくれますが(苦笑)。

大きな買い物も頭が痛いけど、祖父の介護費用も頭が痛いです。
楽しようと思えば、それなりの金がいるのよ〜。
しかも叔母曰く「将来的に活きる、お金の使い方じゃないものね」。
はい、悪く言えば、三途の川に札束を投げ捨てるような覚悟がいります。
しかも予定は未定、何時まで捨てればいいのか検討がつきません。
住宅ローンなら、資金計画が(ある程度は)立てられますが。

とか言いながら、来年また余分に学費を払わなきゃいけない自分が、
一番情けないですけどね。
ムサビにつぎ込んだ金、全部死に金になったらどうしよう(汗)。
そのためにも、まずは絶対卒業しないとね。

エア脚絆

暑さでやる気も集中力も切れ気味で、
スクーリング用のドローイングは、当初のイメージから大幅に軌道修正。
すいません、室内で描けるものに変更ですわ。

暑い暑いと言いながら、それでもほぼ毎日走っていたら、
足が日焼け。それも変なツートンカラー状態。
靴下とランニング用膝下タイツ、その間のむき身がこんがり状態。
つまり、ふくらはぎの途中から足首までだけが、健康的な小麦色に。

まずい。このままでは、スカートがはけない。

ま、大人だから、生足でスカートはくのは少ないけどね。
レギンスやトレンカという、便利物も流行ってるしね。

やめられない、止まらない

最近、食べ出すと、どうにも止まらなくなった食べ物が2つある。

その1、するめ。
夜に食べたら、後で消化不良気味に。腸がごろごろする。
やはりここは食欲増進かつ消化促進効果のある、大人な麦の飲み物と同時に摂取すべきでした。

その2、南部せんべい。
青森産と岩手産で、微妙に食感が変わるそうで。しっかりとしっとり、みたいな差?
ところで、そのいただいたせんべいのパッケージが、どうにもイケてなくて
この昭和の遺産みたいな絵柄をリデザインすれば、なかなか良い土産物になるのになぁと思ったのでした。

プレミアムな

口蹄疫のダメージから、立ち直って頑張ろう!
ということで、地域振興券ならぬ地域商品券が発売された。
一口1万円で、一万一千円分の商品券が購入可能。

超低金利の今時、一割増しは主婦の心を鷲掴みッスよ。

一家族、5口まで購入できる(つまり最大で五千円お得)。
ただ使用期限もあるので、
構成員の少ない我が家は、謙虚に一口だけ買ってみた。

商品券と一緒に、使える店舗一覧表を貰った。

どうやら、宮崎牛から画材まで買えるようだ。

お買い物

人生最大のお買い物をするかもしれないのだけど、
素案で見積もりしてもらったら、意外に高い。
あんな素っ気ない物で、こんなにするのか?

しかし、お風呂に入っていた時、相方が
「よーく考えてみると、××システム代込みの値段だから、
本体価格は、○○くらいなんだよなぁ」

そう言えばそうだ。

普段、見慣れない桁数に、頭が動揺していたらしい。

遠い嵐

中途半端なところを通過中の台風のため、
時々突風アンド大雨に見舞われ、窓を全開にできません。
・・・暑い。

いっそのこと、上陸してくれた方が、まだ清々しいぞ台風。

空っぽにすること

今週は真面目に走っていて、4日連続のジョグ。
夕方でも笑うくらいの暑さなので、用心のため30分過ぎたところでスポーツ飲料をチャージ。
もっと涼しくなれば、一時間くらいノー補給で走るのだが、今シーズンは慎重路線。
でもスポーツドリンクがすごいなぁと思うのは、走って帰って来た後。
何も摂らずに一時間以上走ると、いくら水分とかを摂っても、疲労が蓄積しているのが分かる。
身体、空っぽの状態。
しかし今のように途中補給していると、走った後でも結構元気。
汗だらだらでも、疲れた感が薄い。

走っていると、身体のエネルギーが空っぽになるけど
頭の中も空っぽにできる。

走行距離を書いているメモ帳を見返すと、
精神的に一番まいっていた5月が、春以降で一番よく走っていた。
ストレス発散のために、時間があればひたすら走っていた。
いろいろ考えすぎて、頭の中がカッーと熱を持ってくると、自分でも危ないなと思い
走りに行って、走りながら「大丈夫、うまくいく、よくなる」と自分自身に言い聞かせていた。

普段ただ走るだけなら、こういう意図的なポジティブシンキングはやらない。
むしろ何も考えない方に、意識をシフトさせる。ただ自分の身体と、シンプルな会話をするだけにする。

今でも走っている最中に実家のことを考え出すと、走っていても頭が変な熱を帯びる。
マジに熱さで、ストレスを体感。慌ててリセット。怖い怖い。

ということで、今はひたすら、頭を空っぽにすることを心がけている。

空っぽだけど、満たされない空虚さではなく、
風を通すために窓を開けるような、何かを取り込むための開放的な空っぽさ。

そんな空っぽさを、上手く表現できないかな。

問題行動

午後から出勤の相方がいなくなった後、
汗だくだくで工作のお時間開始。
デコパネを切り切り、両面テープで3枚貼り付け、四辺を製本テープで補強。
マイ・スクリーン枠保護板、完成!

と、秋スクの画材、発送準備は進行中。ネタは不発なまま。嗚呼。

さて、昨日の話の続きを、もう少しだけ。

7月に卒業申請書は提出し、単位的にはクリアできるはずだった。
だから卒制スクーリング行っても、問題はなかった。でも・・・。

ここからは、若者にはちょっとダークな話になってしまうので申し訳ないが、
誰もが避けては通れない道なので、あえて書いてみませう。

想像以上に難航しているのが、要介護4の祖父の扱い。
95歳まで、惚けずに元気だったのはよかったけれど、
惚けちゃった97歳の今でも、元気過ぎるのが悩みの種。
不眠、時間・空間誤認、徘徊と、問題行動が多すぎて
ショートスティすら断られる始末。

それでも秋ぐらいまでには、何とか目処が立つかなぁと考えていたのだけれど、
入所予定だった施設での、お試し宿泊が失敗。これが8月の話。
2泊3日の宿泊で、2晩とも一睡もせず、徘徊。
認知症なのだから、問題行動があっても仕方ないし、
それを見るために施設はあるはずなのだが、
職員の配置数や、問題行動を起こす老人の有無によって、
あっさりと拒否されるのが、介護の現実。

簡単には助けてくれません。

「心中するまで、見るしかないが」という父のぼやきじゃないけど、
先の事を考え出すと、こっちまでおかしくなってしまいそう。
この半年で、父は体重が10キロ以上減り、髪も激減。
私の頭も白髪が激増。
マジ、介護ストレスって怖いです。実際、母は介護で命落としたようなものだし。

ので、ここはもう、スパッと状況を仕切り直さないとダメだなと思い
今年度の卒業を諦めたわけで。
ストレスの種は、少しでも減らさないとね。卒制、やっぱりストレス大きいですから(苦笑)。
ということで、昨日の日記になるわけです。

白髪の増える日々は、まだ続きそうですが
カンパーレ、自分!

ふたももち

ふたももちは、古語で200歳のこと。
壱岐の島にはふたももちに及ぶ老人が、紙の上で生きていらっしゃるらしい。
ショパンや国定忠治と同い年って言われても・・・、想像つかないです。
20年後だって、想像つかないのに。

口蹄疫の終息宣言を受け、県内各地で今週末は復興イベント目白押し。
地元の駅前広場でも、歩行者天国でイベント開催。
しかし家の前まで通行止めになるとは、予想外だったです。
車をどっかに避難させとかないと、仕事にも行けないわ。

今夜はきっと家の中が、地鶏炭火焼きの匂いで充満だろうな。

通り雨

突然雨音がしたので、外を見たら、
お日様の光が差してるのに雨がざー。
しかも、道路のちょっと先のあたりは、雨が降ってない。

前の仕事をしていた時、帰りに交差点で止まったら、
交差点の手前と向こうで、くっきり天気が違ったことがある。
あぁ、ちょうど雲の通り道なんだなぁ、と気づいた。

今住んでいる所は、通り雨が多い。
雲が流れやすい場所らしい。
洗濯物の被害さえなければ、通り雨は好きだ。

いろんな人が書いているけど、今敏監督が亡くなられた。
46歳。若すぎる死である。
かたや戸籍上では、100歳以上の老人達が幻在したりしている。

人の寿命って、一体何だろう。
と、最近よく考えさせられる。

私は、ちゃんと生きているだろうか。

エコライフ

実家に帰省する度に、総ての作業が中断するため
モチベーションが維持できず、一からやり直したりしてる今日この頃。
あぁ、何もかもが進ま〜ん。

そのうえ何処も彼処も、暑い。
宮崎生活で暑さに慣れたとは言っても、暑いもんは暑い。
そして更に下がり続けるモチベーション。
私より暑さに強いはずの相方までもが、「やる気が起こらん」と呟く状態。

取りあえず、袋入りかき氷を大人買いして
身体の内から冷やしてみたりもするが、効果の持続は短い。
その結果。

二人して、夜の9時半から不貞寝。

早寝はエコライフの始まりです。

待てない

汗だくだくで教室展用の額装を完了させ、
9日から愛媛に帰省。
実家から日記を更新しようと思ったら、翌日に実家パソコンがフリーズ。あぁ(汗汗)。
秋スクのWeb申し込みも出来んじゃないか〜!
ということで、暑い最中に銀行行って、郵便局行って・・・。

でも、家より外の方が涼しかったりもするんだよね。
だって、冷房効いてるから。

今年は我が家も初盆。
宮崎では松のたいまつで、しみじみとお迎えだが、
気の短い人が多い実家周辺では、ストロー状態の麻がら(おがら)で迎え火。
火が付くのも簡単だし、燃え尽きるのも超早ッ!
ご先祖様達も、早足じゃないと間に合わないだろうな。

ちなみに、相方の出身地では、お盆の迎え火、送り火という習慣がない。
「初めての送り火」とわくわくしてる相方も相方だが
更に不届き者だったのは、「わしは霊魂の存在を信じない」という父。
娘と婿殿に自分のご先祖様の送り火を任せて、不参加。おいおいおい。
お父さん、そのうち呪われるよ〜。

使い回し

夏スク2週目ですね。
外の暑さに負けない、熱ーい授業が展開中でしょう。
当初の予定では、私も今頃は鷹の台のはず・・・だったんですが。
人生、思い通りにはいかないもんさ。くすん。

あちこちに汗疹ができて、ウナクールが手放せない日々の中
再来週の教室展に向け準備を開始。

今回は作品が少ないから、版画以外でも何でも出して〜というお話だったので
前回のムササビ展に出したリトグラフと
版画5で不合格になりやがったリトグラフと
再提出用に作ったドローイングを出展する予定。

また汗だくだくになりながら、額装しないといけない。
中身も使い回しなら
当然、額も使い回しですよ。ほほほほほほ。

帯状疱疹

相方が3年ほど前に罹った病気。
その昔は、疱疹が一周すると死ぬなんて言われたらしいけど、
相方のは見事に、身体半周してストップ。
かゆみより、その後の神経痛の方が辛かったようですが。

で今、私のお腹のうえで、湿疹が線上にコロニーを形成中。
2日間で、10センチぐらいの距離に、湿疹島が二島出現。

疑い、あり?

ビンテージ

木造建築を得意とする工務店の展示会に行った時、
たまたま古民家の話になった。

民芸と民芸調が違うように、古民家と古民家風は違う。
古民家の定義は、築60年以上経過した家屋ということらしい。
最近は古民家鑑定士なんて資格もあり、古民家鑑定もしてもらえる。
古材の市場・流通も、かなり構築されてきている。

で、「古材の色って、やっぱ味がありますよねぇ」
と、営業の人と盛り上がっていたわけだが
その古民家鑑定士の資格も持つ営業さんは
「ビンテージは云云、ビンテージが云云」。
やたらと、ビンテージという言葉を使った。

古材はビンテージ物。確かにそうかもしれないけど


なんか木材っていうより、ファッション関係を連想しちゃったよ。
ジーンズとか、ビーズやボタンとか。

古材も流行なんですね。

平面から立体

久々に雨が降って、庭の花木もほっと一息ついているところでしょう。
が、窓を開けられないから、人間は蒸し暑い中で唸ってます。パソコンのある部屋にクーラーが存在しない、我が家はクーラー一台体制。

昨日、不動産屋から貰った情報を元に、仕事帰りの相方と物件巡り。
と言っても、土地をひとつ見に行っただけですが。

開発前の、500坪の更地。
良い感じに雑草が生えて、気持ちいい空間。

更地になると、500坪でも「超広ぉぉぉぉぉぉー!」というほど感動しない。
モンゴルの草原レベルになると、さすがに広大で感動しましたが。
これが建坪500坪の家なら、「うわぁぁぁぁぁ」ということになるのかもしれない。
でも、そんな家見たことも入ったこともないよ、私。

平面と立体での、空間認識の違い。

あ、別に500坪まるまる買うわけじゃないです。
そんな財力があったら、
スクーリングの宿泊代と交通費に毎回悩んだりしないって(笑)。

空の高さ

今春から業務内容が変更になり、60分の講義を週2コマ持つことに。
更に先月から、もう一科目追加。
60分喋ろうと思ったら、その準備が大変。
60分喋り続けるのも、喉が痛くて大変だけど。

2日かけて、やっと木曜日の資料作成終了。
さぁ、途中だった製版作業再開だーと意気込んだら
出社時間まで、あと30分しかなかった。

嗚呼、無情。

全然関係ないけど、
今朝見た新聞に載っていたことわざ。
「井の中の蛙、大海を知らず。されど空の高さを知る」
もともとは中国産だが、後半部分は日本の創作らしい。
後を知ると、とても否定的なものが、ほんのりポジティブになる。

来年のベネチアは、束芋さんだそうで。井の中が、今回の束芋さんのテーマ。

大海も知ってみたいが、
空を見上げるという、風流な気持ちも持ち続けたい。

昔の名前で覚えてます

来ました、来ました、ついに夏が。
目下、大物を洗濯しまくってます。
春からずっとドタバタで、家を留守にすることも多いし、大雨の日も多かったし。
で、今更ながら、毛布なんか洗ってます。

しかし、関東の気温は尋常じゃないですね。
日差しはきついけれど、まだ真夏日になったことがない、南国宮崎。
でも夕飯後に、涼みがてらショッピングセンターに行く私ら夫婦。
そして、顔見知りのショップの店長と雑談。秋物入荷の時期が、年々早くなってる気がします。
その中で一押しされたのが、レギンスとパンツのいいとこ取りの通称レギパン。

レギパンて、どんなパン?(笑)

それはさておき、現在の名前レギンスは、昔の名前スパッツ? じゃあ、トレンカは?
ジレはベストじゃないの?

パフスリーブを、ついつい「膨らんだ袖」と思うのは、「赤毛のアン」の所為に出来るけど
タートルネックがとっくり、パンツがズボンまでくると、単なる年の所為です(苦)。

此処ではない何処かではなく

そろそろ、夏スクの季節だ−!

といっても、今年は不参加なので、夏スクがもうすぐ始まることさえ忘れていた。
今年のスクーリングは秋から参加なので、お盆でバタバタしている時に、
秋スクの申し込み忘れないようにしなきゃ。

本当は休日だったのだが、昨晩は仕事のミーティングで会社に。
いろいろあった会社だが、立ち上げ段階のドタバタも治まり、
会社としての方向性も、ようやく明確になり始めた感じではある。
が、まだまだ不安定だしねぇ。
ということで、一言もなく打ち切られた手当。予想はしてたが。
でも都合の悪いことほど率直に言ってもらわないと、信頼関係は薄くなるぞ。

新聞記事に載っていたが、最近の若者は「オンリーワン指向」で、
自分の中のオンリーワンを探して、すぐ別の世界に行きたがるらしい。

オンリーワンて、素敵な言葉だよね。
でも、みんな存在してるだけで、オンリーワンなんだから
わざわざ何処かに行かなくても、
今いる此処でできることもあるんじゃないかい?

さあ、目の前の課題から進めようじゃないか、自分。

夢の箱

3連休と言っても、相方はカレンダーどおりだが、私は2日間仕事でした。
でも何処にも行かないのもなんなので、仕事前に初突撃してみました。

モデルハウス展示場

定住地も定まらぬ転勤族ゆえ、今まで行ったことなかったのですが、
そろそろ真剣に考えないといけない状況、というか時期になってきたので、
まぁ半分マジ半分冷やかしで行ってみるかー!ということで。

所謂、ハウスメーカーのではなく、地元工務店の建てたお家見学会。
3軒見せてもらったのですが、100パーセント注文住宅なこともあり
それぞれにこだわる部分が違っていて、結構おもしろいし楽しかったです。

結局、それで半日潰れちゃったよ。

建て売り住宅などだと、家族構成が夫婦+子供2人がほぼ基本プランになっているので
我が家の人員構成では、「その間取り、不要!」てな感じであまり参考にならない。
そんなわけで、敢えてハウスメーカー系は外してみた。
今時は建築家に設計を依頼する人も多いので、そういうのもありなんだろうなとも思う。

もともと建築系の雑誌を読むのは好きで、図書館で借りて読んだりもしていたけど
実際に形になっているのを見ると、また違った感じで見られて「へー」。
建具にしても建材にしても、最近は選択肢が多い。

家って、住む人の夢の箱なんだな。
でも夢を詰め込みすぎても大変だし、その前に資金計画という大きな現実もある。

しかしホントのところ、何処に住もうか、私たち。それが一番の問題かも。

受難の季節

いよいよ梅雨明けしそうです。
暑いです。

そろそろカッパ体質の私には、受難の季節到来です。

暑いと、カッパはすぐ干上がってしまいます。
水分不足になると、頭がガンガンしてきます。
そうすると、「カッパ、頭痛いです。カッパ、干上がってます」と訴えながら
ひたすら水分補給をしつづけることになります。

でも簡単には、熱中症の頭痛て収まらないんだよねぇ。

「だから、そうなる前に冷房かけたら?」
と相方に言われますが、冷房が嫌いな冷え性カッパは
真夏でも冷房なしで暮らしてます。
車だって、窓全開にして走ってます。

エコカッパと呼んでください。

雑巾がけ競争

一昨日、縁側で一人雑巾がけ競争をして、右手首を痛めた大馬鹿者です。

雑巾がけ。腰を上げて、あの尺取り虫のようなポーズで、廊下の端から端までダッシュするやつ。
走った後にストレッチや腹筋運動をしてることだし、このくらい大丈夫だろうと思ってたら
・・・手首は鍛えられてませんでした。痛たたたたたたたたた。

体重の重い、大人のすることではなかったです。

コンパクト・ライフ

実家にいて、何が一番苦痛かというと、掃除。

実家、広いです。自慢ではありませんが、広すぎます。
なにせ築70年以上の、
典型的農家タイプ(L字型に土間がどーんとあって、田の字の畳間)の古家に、
私が小学校に入学する直前建てられた二階建てが、渡り廊下でドッキング。

古いし、芸予地震でちょっと傾いちゃって以来、あちこちの隙間から砂埃が。
それに周りは田んぼだらけだから、これまた隙間から虫たちが。
綺麗好きの私としては、部屋の隅っこにたまる埃や虫の死骸がひじょぉぉぉぉぉに気になる。
でも、父はあまり掃除をしない。仕方ないから、私が掃除係。
使っている部屋の掃除機をかけるだけで、軽く一時間以上。
まじめに拭き掃除までやっていると・・・もう汗だくだく。

立て替えやリノベーションも考え中ですが
次の家に一番望むこと、それは

掃除が楽な家。

コンパクトな家でいいです。
身の丈にあったサイズの家が一番です。

「家はでかければでかいほど良い」などと父はほざいておりますが、
父の意見は一切無視する予定です。

数年前に近くで都市開発があり、立ち退きにあった人たちが近所に競って豪邸を建築。
節税の意味もあるから、悪いとも言えないんだけど、
将来、あの豪邸を維持するのは大変だろうなぁと
ボロ家の窓から眺めつつ、思ってしまうのでした。

意外に暇なんですが

えー、引き続き実家寄生生活中です。
勢い込んで戻ったわりに、肝心の問題の方は進展したのかしてないのか・・・
みたいな、とても生殺し的な半端な状態に置かれてます。
正確に言えば、相手方の返事待ち。

なんで、あっという間に用件は片付いてしまい、暇してます。
こんなんだったら、途中まで作っていた版、持ってくればよかった。チェッ。

積ん読状態だった本だけが、どんどんはけてます。

腸内環境

懸案事項が再浮上して、打開策をはかるべく、急遽実家に戻っております。

ということで、予定外の帰省だったわけですが
ちょうど前回の帰省から2週間ぶりくらい。

帰って、真っ先にしたのが、冷蔵庫の中身チェック!
2週間前に私が買ったものが、まだある。
それよりも、父が買ってきたらしい、
賞味期限が10日前に切れているトンカツが。
臭いといい色といい、確実に腐りかけている。

父は「賞味期限? そんなもん関係あるか。勿体ないから、俺が食う」と主張。
今、梅雨の真っ直中っすよ、お父さん。
食中毒のシーズンじゃないですか。

で、捨てると五月蠅いので、あえて食わせてみました。
その結果。

全然、平気。下痢もしなかったようです。
すごい腸内環境だ。善玉菌をどんだけ飼ってるの?
これなら、モンゴル人にも勝てそう。(その昔、私はモンゴルで大当たり)

危ない場所

危ない場所には、近づかないでください。

なんて、注意書きの話ではなくて、
とある男子高校生の発言。

「東京って危ないから、行きたくないんッスよ」

そういう理由で、彼の志望校は東京近県。
関東圏には行きたいけれど、都心部は怖いからパス、らしい。

どこだって住めば都だし、どこにだって危険は潜んでいる。

と、私は思うのですが。

昔の人は

時流に乗れる人ってのは、やっぱ時機ってのを分かってるよ。
そんでチャンスの時は、躊躇せず怒濤の攻めで行かなきゃ。なに、迷ってんだ。
けど、人生上手く行っても、避けて通れないこともある。病気とかいろいろ。
人生の節目ってのは激流のようなもんで、そうなったら誰も止められないんだよ。
特に死とか。
死は前からやって来たりはしないけど、背後にぴったりと迫っている。
by 兼好

超・超訳だし、原文うろ覚えなので、決して受験勉強の参考にはしないでね。

とある高校の期末テスト用プリントに乗っていた、古文。

昔の人は良いこと言ってるよなぁ、と思ったのでした。

あれ、入ってたでしょ

あれだけバッチリ放映されてしまうと、
それはそれで、困ることもいろいろ起きてしまうのでしょうが、
私はドイツの応援をしていたので、
・・・ほほほほほ。笑って誤魔化すことにします。

土曜日。
「東のエデン劇場版供廚魎僂帽圓。
M崎ではテレビ版が放映されなかったこともあり、認知度低し。
その回の観客が、私と相方の二人のみ。貸し切り状態で堪能。

映画、楽しかったです。
DVD(中古なら)買ってもいいかも〜、
でもこれ以上DVD増やすのも厭だなぁ〜と思っていたら
その晩、相方が「ついに手に入れたぞ!」と、
「エイリアン」のDVDボックスを(中古で)買ってきた。
・・・DVD9枚組み。
私、「エイリアン」は観れないんですが。怖くて。

映画の後、仕事まで時間が空いたので
空港のギャラリーで、知り合いが個展をしているので、空港へ。
ちょうど開催中だった、「宮崎国際現代彫刻・空港展」も見る。
彫刻を見るのは好き。
作るのは・・・。「彫塑3」ほど、辛いスクーリングはなかったよなぁ(遠い目になる)。

彫塑よりマラソンの方が楽だと思います。個人的な対比ですけどね。

ジンクス

もともと欧州より、南米スタイルが好きな相方。

日韓大会の南米予選、自らシュートも打つ熱いGKチラベルトに惚れ込み
それ以来、どの大会でも予選の時から、パラグアイを熱烈に応援している。
昨晩、スカパーで録画しつつ、パラグアイの3戦目をテレビ観戦。
そして試合終了後、
「もうすぐ、デンマーク戦始まるけど観る? 俺は寝るけど」
ひ、非国民め!

ところで、私めにはとある強力なジンクスがある。
気になる試合を観ると、自分が応援するチームが必ず負けるというやつ。
生だろうが、テレビだろうが、観ると必ず負ける。
サッカーでも何でも、ジャンル不問。

今回のWCで言えば、カメルーン戦は観なくて勝った。
オランダ戦はチラ観だったけど、負けた。
そして、今朝。

「日本の勝利のために、寝るわ」

次回、相方ご贔屓のパラグアイと対戦するわけだが
「この場合、観た方がいいのかな?」
と相方に訊いたら
「心配しなくても大丈夫。南米のチームは、どこも今すげぇ調子良いから」
との返事。

どちらが勝つにせよ、我が家的には用事が一度に済む感のある組み合わせで、ありがたい。

ホントのことを言うと、相方のパラグアイではないが
●回前の大会から、(欧州予選を突破していれば)私はずっとデンマークを応援してきた。
オランダ対デンマークもちゃんと録画した。

なので、今朝の試合は、ちょっと気持ち複雑だったのでした。

時間差と男女差

課題の一つ目の制作を再開。
ガリガリと版を作って、本日新しいスクリーンで試刷りの予定。
上手く刷れるといいんだけどね。

暑くなってきたので、走る時間を早めにシフト中。
帰ってシャワーを浴びても、まだお昼まで2時間あると、なんだか気持ちに余裕が出てくる。
仕事は夕方からだから、その前に課題も進められそう。
でも真面目に走ってると、眠くなる時間も早くなる。しかも熟睡。
・・・えっ、明朝未明だったの(泣)。嗚呼、なんてこったい。

以前から気になっていた、疲労回復系の加圧ソックスのサイズを確認するために
相方とふくらはぎと足首の周囲を測りっこしてみた。
結果。
相方と私のサイズは、1センチしか差がない。足首もふくらはぎも。
かなりショック!
それって、私の足が太いってこと? 
「仕方ないよ。俺は骨細いけど、奥さんは骨太だから」
・・・フォローになってないぞ、こら。

ちなみに、二人とも男女のSサイズでした。
でもねぇ・・・。

時間差と男女差

課題の一つ目の制作を再開。
ガリガリと版を作って、本日新しいスクリーンで試刷りの予定。
上手く刷れるといいんだけどね。

暑くなってきたので、走る時間を早めにシフト中。
帰ってシャワーを浴びても、まだお昼まで2時間あると、なんだか気持ちに余裕が出てくる。
仕事は夕方からだから、その前に課題も進められそう。
でも真面目に走ってると、眠くなる時間も早くなる。しかも熟睡。
・・・えっ、明朝未明だったの(泣)。嗚呼、なんてこったい。

以前から気になっていた、疲労回復系の加圧ソックスのサイズを確認するために
相方とふくらはぎと足首の周囲を測りっこしてみた。
結果。
相方と私のサイズは、1センチしか差がない。足首もふくらはぎも。
かなりショック!
それって、私の足が太いってこと? 
「仕方ないよ。俺は骨細いけど、奥さんは骨太だから」
・・・フォローになってないぞ、こら。

ちなみに、二人とも男女のSサイズでした。
でもねぇ・・・。

時差と雨と

口蹄疫の影響で、運動公園が閉鎖になってしまったので、
いつものロードジョグに戻る。
途中に一軒畜産農家があるのだけど、そこの牛舎も空になっていた。
さようなら、牛さん。

走って帰ってきた直後から土砂降りになり、スカパーが受信できず。
うーん、こんな調子じゃ、デンマーク戦の天気が不安。

その前に、起きれるかどうかですけど・・・(汗)。

日常から日常へ

先週木曜日に、えっちらえっちらと、実家から家に戻って来ましたが。
・・・長旅の疲れが抜けない(苦)。
そして、そのまま仕事モードに突入だったので、その間ムサビ日記は敢えてスルー。
あ、すげぇー間あいちゃいました。ごめんなさい。

諸事情により、2月から実家と我が家を行ったり来たりしてますが
これが結構、日常生活を混乱させる原因になってます。
二つの財布を、機械で遠隔操作しつつ
二つの台所で飯作って、家の中掃除して、買い物して・・・。
そんな日常の中で、ふと
「あれがなかったのは、どっちの家だっけ?」とか
物を出そうとして、もう一つの家の方の感覚で、別の引き出しをあけようとしたり。


日常と非日常の移動も大変だろうけど、
日常と日常の移動も大変です。

そう考えると、7年も宇宙を移動してたはやぶさ君はエライと思います。

白昼夢

実家に帰って何をやってるかというと、
基本的には飯作り係と掃除&洗濯係です。はい、家事全般です。
なので、ここで書くことが、あんまりない毎日。

昨日はちょっと遠出して、久々に友人と茶店トーク。
こちらのテーブルの話題も、かなりダークではあったのですが、
隣のテーブルは、ハンカチで涙をぬぐう母親と、その前でコーヒーゼリーパフェを食べ続ける娘という光景。
店のBGMが結構五月蠅かったので、何を話しているかは分からなかったけど
非日常な日常が展開してました、多分。

帰宅したら、おとんが「ホワイトリカーを買いに行くぞ」というのにつきあい、
夕方、二人して梅酒を20リットル超仕込みました。
飲み頃は、来年かな。

瓶は持ちにくいだろう

愛媛の実家から初日記!
やっと実家のパソコンが、ネットに繋がりました。パチパチ。

3日前に、鉄道とフェリーを乗り継ぎ、実家へとやって来たわけですが・・・。
ざっと8時間の旅。腰と首が痛い。
地図で見れば、海挟んでお隣同士のはずなんですけどねぇ。

最寄り駅からは、タクシーで実家へ。
母校である高校の横を通ったけど、いつの間にか本校舎がきれいになってる。
さらに進む進む。
若いにーちゃんが、飲み物片手に自転車漕いでくる。
えらいでかい飲み物・・・というか、それ

ポンジュースの一リットル瓶じゃないですかあ!

愛媛=ポンジュースみたいな短絡的発想は好きじゃないけど、
そんなものラッパ飲みしながら、自転車乗ってる人は初めて見ました。
なんて、愛媛な光景。

ちなみに夏になると、実家ではポンジュース箱買いします。
とっても、愛媛な家庭です。
余談ですが、私は”らくれん”のカフェオレ(紙パックの)が好きです。
愛媛で仕事していた頃、これを残業のお友達にしてました。
愛媛に帰ると、つい買っちゃう一品。

いきなりですか

出社早々、何の前触れもなく上司に呼ばれた。
今までの経験上、こういう時はろくなことがない。
そして突然、「小論文講座」講師に指名された。
そう来たか。うーん。

しかし、タイミング悪いですよ〜。
私は来週と再来週、休暇なんですが・・・。

というわけで、月末から講座開始。

受験生的には「早く始めてくれよ〜」なのだろうが
大人には大人の事情があるのよ。

と、ここで書いても、仕方ないよね〜。ごめんよ〜。
でも準備期間が長くなった分、講座の資料は充実する・・・はずだ。
乞う、ご期待!(笑)

一寸先

8ヶ月後のソツセイ提出を目指しつつ
5ヶ月後のソツセイスクーリングに行けるのか、不安を抱き中。
卒業申請の判定までに、通信課題合格するのかなぁ、私。

3、4ヶ月後の宿泊や飛行機の予約に、ネットをぐるぐる回り
来月以降の、仕事の日程に苦慮中。
講座の進行予定を考えるのが、難しい。

週末の講座資料をまだ作ってないと、焦りつつ
明日発送予定の荷造りが、まだ終わらない。

だから、一寸先は闇という話。

プールの匂い

宮崎では、もうすぐプール開き。
でも今はちょっと大きなスポーツジムに行くと、屋内にあったりするから、
案外もう季節感のない存在、なのかもしれない。

プールは楽しかったけど、
プールに入るまでに通り抜けるコンクリートの床が、
なんか気持ち悪い感じがしたのは、私だけだろうか。

最近、プールを思い出すのは、
あちこちで塩素っぽい匂いを嗅ぐからかも・・・。

相方の車も私の車も、仕事に行く度に消毒されてます。

not simple

昨日、夜の10時からミーティングと懇親会があり、
真夜中に食べた寿司で、胃もたれ状態です。

教訓・アラフォーは、大学生と同じ勢いで食べてはいけません(爆)。

さて、デザイン史の教科書は、半分くらいまで読破。
月曜日に、一人オノナツメ祭りを開催し、バイト嬢に借りた5冊を一気に読破。
・・・救いのない暗さが、たまりませんでした。

心に残る本というのは、大体の場合小説だけど、
人生凹んでる時に、救ってくれるのは漫画の方が何故か多い。
どんなに落ち込んでる時でも、つい笑えるから?

「スラダン」や「ハチクロ」もそうだったし、
最近では、「荒川の橋の下」(タイトル和訳)が大直撃だった。

勿論、自分の心理的な波に関係なく、超ツボな漫画も存在する。

パーム (27) (Wings comics)パーム (27) (Wings comics)

新書館 2005-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もしこの先、一作品だけしか漫画を手元に残せないとしたら、
私は躊躇なく、この「パーム」シリーズを選ぶと思う。

でも、小説は・・・かなり迷うと思う。

キラキラ目立つ

ムサビコムのトップページで、
私だけゴシック体だぁ、と思った今日この頃です。
なんでだろう〜、なんでだろう〜。
こんなところで目立たなくてもいいのに、と思う恥ずかしがり屋でもあります。

仕事に行ってる予備校では、大学生バイトの講師もいて
スーツ着用の男子はともかく、女の子は華やか〜です。
みんな気合いの入ったお洒落度です。
キラキラした(今年はスパンコール流行してるし)大学生の姿を見て、
「大学入って、早く私らもお洒落したーい」と
思ったりもするんでしょうね、女子高生達とかは。

でも、バイト先生達がお洒落するにも理由があって
彼女らは大抵、医学部か獣医学科生。
普段の格好はと言うと

「実習だと、白衣の下にユ●クロTシャツとチノパンばっかりー」

だそうです。

そりゃあ、キラキラしたくもなるよね。


偶数か奇数か

引退していた伝説の種牛までが、処分対象となり、
畜産関係者でなくても、「おいしい宮崎牛の今後はどうなるの?」と心配になる今日この頃。

横綱級の現役種牛達は、周りに何もない遠い山の中に疎開中。
車中その話をしていて、私と相方はふと思った。

「山にはイノシシや鹿がいるけど、あやつらは感染しないのか?」


口蹄疫というのは、偶数蹄に感染するらしい。

県内を通過してお嫁入りするはずだった、とある動物園のシマウマは蹄が一つ。
なので、シマウマ自身は感染しないけど、他の動物のことを考えてお見合いは延期。

で、イノシシは豚の親戚だから、偶数蹄か。 じゃあ、鹿は?

二人で考えたが、鹿の足元まで記憶にはなかった。
前に美術解剖学の課題で、動物園の鹿をスケッチしたことはあるけど、
鹿の足元の詳細なんて、全然思い出せない。

更に考えた末、相方の放った一言。
「地デジ鹿は何本づめだっけ?」

・・・参考にならないと思います。

霧の中

すごーく昔に観た映画。
テレビ放送だったし、しかも途中から見始めて、最後も見てない。
そんな断片的な視聴だが、今も時々思い出しては気になるのは
どんな結末になったかを知らないから・・・かも。

川の近くでキャンプする父と息子。
立ちこめる白い霧。
その霧の中で行われていた、軍の生物兵器の実験(もしくは予期せぬ事故だったかも)。
倒れる父と子。息子は死亡。
父は病院内に保管されていた息子の死体を発見し、
真実を暴く決意をする。

・・・で、その先が私的には不明なわけです。
米国映画だったとは思うんですけど、タイトルから主役の俳優まで失念。

もしこれだけの情報で分かる人がいたら、教えてください。

地下鉄サリン事件も、同時多発テロも、まだ起こっていなかった時代の映画。

普段走っている公園の前が、口蹄疫の消毒ポイントになっていて
目に見えないものと闘うって何かあったなぁ、と思い出したわけで・・・。

でもウィルスが、目に見えても怖い気がします。
あ、そんな漫画もあったなぁ。

上司

半分、昨日の続き。

帽子はB2画用紙に、どーんと鉛筆デッサン中。
が、パース狂ってるのを直すだけで、1時間経過。
・・・確実に、腕が(目が)鈍っております。がーん。

さて、宮崎にもいろいろご当地キャラはいるけれど
多分ダントツ人気なのは、ミィヤとサキーラ

設定では、お花の妖精だったと思います。
歌って踊れる妖精。

まぁかなり狙い目がはっきりしたキャラの作りですが、
我が家で一番人気なのは、この二人の妖精の上司のさんです。
妖精交通社の主任してます。

上司って・・・どこも大変なんだね、きっと。

おんまくゆるい

課題で何を描こうかと、悶々と悩んでます。
「好きなもん、描いたんでいいじゃん!」と開き直りきれない小心者。
でも手を動かさないと何も始まらないので、
好きなモチーフの、帽子から描き始めました。

帽子というアイテム、好きです。
仕事運アップにもなるというし(某ホテルチェーンの女社長が、何時も帽子被ってるのは、そういう理由らしい)。

でも私は、頭の形が非常に悪い。
後頭部は笑っちゃうくらいのぺったんこだし、お鉢は左右にがっつり張りだしてる。
中学時代、吹奏楽部の正装だったベレー帽がうまく載っからなくて、苦労した苦い思い出もある。
全員丸坊主の男子じゃなかっただけ、マシかもしれないですが。
ということで、帽子トラウマは未だに克服しきれてませんが
日差しのきつい宮崎で、帽子は必需品です。

さて、帽子じゃないけど、冠り物繋がりで・・・
最近とても気になっている御方がいます。


その名も「バリィさん」

リンクするのは何かと面倒なので、ネット検索してみてください。簡単にヒットするはず。

いわゆる、ご当地ゆるキャラ。
しかも私の出身地の。

ひこにゃんとかせんとくんとか、いろいろいたけど
まさか、こんなところにまで、ご当地キャラが生息してるなんて。
・・・感激(笑)。

守護神ぴよちゃん−改

DSCN1255.jpg

川口が代表に復帰したのを、今朝知りました。あ、サッカーの話。
WC開幕まで、あと少し。

マイカーの守護神・ぴよちゃんの紐がやばくなってきたので
リボンに改造してみました。

苦闘●年、
ムサビ日記に画像をアップさせることに、我成功せり。

でも、でかすぎました(泣)。
もっと縮小しなきゃ、ダメですね、これ。

昔の名前

やっと自宅に戻ってきたので、自分のパソコンから更新できます。やれやれ。
実家にもパソコンはあるのですが(私のノートより高機種が!)、
クレジットカードを持ちたくないという理由だけで、母がインターネットを解約。
以来、ネットの海とは繋がってません、私の実家。

さて、名前を変えて戻ってきました。その訳は・・・

 去年、離婚しました^v^/

以前のハンドル名って、旧姓の一部だったので、
旧姓に戻った現在、それじゃあバレバレでしょうということで
ちょっぴリニューアルしてみました。

ちなみに・・・

 別れた翌日、同じ人と再婚しました

ので、相方とは変わらず、仲良く暮らしてます。ご心配なく。

理由を説明すると超長文になってしまうので、ここでは書きませんが
要するにペーパー離婚です。夫婦としての実質は、まったく変わらないままです。
もちろん悪いことするために、別れたわけじゃありませんから、一応念のため。

そんなことも背景にあったので、またムサビ日記を書けることになった時
 その1.ハンドル名を全然変えて、別人ブログ人生を歩むか
 その2.敢えて、前のままで通すか

少しは悩みました。ほんの少しだけ(笑)。

しかし小細工したところで、私は私だしなぁ。
ということで、リフレッシュだったりリターンだったり、そんな意味でRを付けてみました。
ネーミングセンスは、ちょっと古ッ!て感じですね(涙)。
「新訳」? すいません、知らなかったですわ。

ちなみに相方に、「ムサビ日記のハンドル名、変えたよ」と話したら

 「どうして、type−Rじゃないんだ」

私は車か!?

妄想カフェ

同じ版画教室の生徒Kさんと、久々にランチとお茶をする。

車で5分くらいのところにできた、創作料理の店。沖縄の陶器を料理の器に使い、木を多用した店内は落ち着いた雰囲気。料理も美味で、結構人気がある。
けど少しだけ道から外れた場所にあり、曲がるポイントに目印になるものがないため、店の場所を訊かれるととっても説明しにくい。kさんに以前お奨めの店として紹介したのだが、残念ながら私の説明だけではKさん店を発見できず。それで本日、私がカーナビ役となり、リベンジを果たしたのでした。

そして、やはり以前一回行こうとしたら店休日だった、とあるカフェにお茶をしにいく。
ここは開店して、もう3年ぐらいなる。でっかい道沿いなので、とっても分かり易い立地条件。そんなに繁盛してる風でもないけど、なんとなく淡々と続いている店。
私も相方もたまにしか行かないけど、静かだしコーヒー美味だし落ち着けるので気に入っている。
で、その店からの帰り道、Kさんが車内で言った一言が
「男の夫婦がやってるお店かと思ったわ」

はい、私も否定しません。相方も同じようなことを言いました。
そして腐女子とかおたくとかとは全く無関係であるKさんまでもが、初めて行ってそう思うって・・・。

妄想をかきたてられるカフェでしょ(笑)。

開店直後に初めて相方と行った時、スタッフが男性2名だけだったんすよ。珍しくないですか? 男性だけって。でもその時は開店したばかりだし、どのくらい忙しいかとか分からないからあえて最低人数だけでやってるのかなぁと。
一応分担としては、一人が厨房で料理担当、もう一人が喫茶部門。接客は喫茶部門の彼が基本的には対応して、食後のコーヒーやデザートの準備で忙しくなると、もう一人が厨房から出てきて空いた皿を下げたり。お互い何も言わないけど、なんかとても息のあったシフトチェンジをするのでした。
・・・ほら、とってもアヤシイっしょ(笑)。

最初は私も相方も「兄弟でやってる店?」と思って、二人の顔を見比べたりしたんだけど、これが全く似てない。今日連れてったKさんも、やはり二人の顔をチェックしたらしい。
結局どういうご関係なのかは不明ですが、いまだに店のスタッフは彼ら2名のみ。
店の庭先では、ハーブの栽培もされてます(料理に使われてます)。クリスマスの時は、特別ディナーが食べられます(たまたま偶然ながら、2回食べたことがある)。

静かに妄想をかきたてられたい方、そうでなく静かにコーヒーやカフェめしを味わいたい方、お奨めのお店ですよ。ほんとにホント。

ブラック

昨日の日記に書いた新しいランニングシューズは、ぎりぎり(私の購入確定送信後、サイズが在庫ギレ表示)なんとか買えました。お店からもメールが来て、無事に商品が発送されたとのこと。はるばる新潟からM崎までやって来るんだね。楽しみ、楽しみ。

今回買ったシューズは、実は前回メーカー在庫切れで注文取り消しになったのの色違い。値段的にも今回の方が少しだけ安いのだけど、最初パスした理由は色がブラックだったこと。

普段履く靴なら黒でも全然オッケーなんですが、走る時だけは白ベースのシューズを選んでます。どうしてかっていうと、夜走る時になるべく目立つように。一応ウェアは白っぽい色を着るし、反射ベルトも腕に巻いてますが、なにせ街灯がろくにない道を走るので、たまに高校生の自転車に轢かれそうになることがあります。
先日は上から下まで黒で統一した女性ランナーと、あやうく衝突しそうになりました。黒って格好いいとは思うけど、夜はやめようね。本当に見えにくいから。これはランナーだけでなく、ウォーキングなどをしてる人も同じです。どうしても冬は黒っぽいウェアの方が多いから、仕方ないのかもしれないけど。

黒と言えば、美大の先生は黒っぽい服装の人が多かったな。

逆に私はムサビに行き始めてから、着る色数が増えた時期がありました。どうしてだったんだろう。
最近はまた買う色が偏っていて、もう春だっていうのに春らしい明るい色の服がありません。今年は春っぽい服がほしいなぁ。
M崎じゃ、あっという間に半袖シーズンになっちゃうけどね。

見えない戦い

去年から使っているランニングシューズの踵がそろそろ・・・、どころか底が割れてますけどぉみたいな状態に。これ、もう限界超えてます。

東京まで行って(正しくは夏スクの合間に)、初めてシューズフィッターさんに選んでもらい、マイ足に合わせてインソールまで作ってもらい、まさに清水の舞台から飛び降りたような気分で買った代物。実際、初めて諭吉越えした(涙)シューズだったし。でもそれだけの価値はあって、本当に走りやすかったのでした。
なので、なかなか後継選びに本腰が入らなくて・・・。まぁM崎の店頭にはほとんど並ばない種類だったので、予備を買い足すことが出来なかったという田舎事情もありますが。

そして今春、フルモデルチェンジした同シューズの新型が出たのですが(これはM崎でも発見!)、残念ながら私の足には合わない(泣)。冬モデルまでなら、今使っているやつと同じ靴底だからインソールも使える。

というわけで、今週に入ってから、ネットでシューズを探す旅をしてます。が、すでに出遅れてまして、私のサイズはほとんどナッシング。ネット店で注文かけても、時間差で購入をキャンセルされる始末。メーカーも在庫切れ。

目には見えないけど、バーゲンで特価品を取り合ってるような感じ。疲れる〜。

今日もひとつ注文してみたけど、さて商品ゲットなるかなぁ(店が休業日のため、結果は明日待ち)。

甘い見通し

今日はみんな、野球でそわそわ。昼休みは、ワンセグ片手にざわざわ。午後からの仕事の合間には、途中経過がひそひそ。

正直に言うと、野球は全く興味ない・・・、ていうより全く分からない人なので。なにせ侍ジャパンで名前と顔が一致するのは、イチロー、松阪、ダル以上3名のみ。ごめんなさーい。
そんな私でも、素直に嬉しく思いました。優勝おめでとー。

宮崎合宿を見るために仮病を使った同僚の次男坊君は、今朝は「熱出ないかなぁ」とぼやきながら、しぶしぶ学校に行ったそうです。
世の中そんなに甘くはないのだよ。


同じスポーツネタから。
先日の東京マラソンで倒れた巨漢タレントがいましたが、いくら過去に一度フルマラソンを完走(しかしタイムを見ると、あれは走ってるとは言えないと思いますが・・・)してるとは言ってても、企画に使う方も使われる方も、多分マラソンを甘く見てたんだろうな。
思いつきで急に走れるようにはなりません、フルマラソン。
甘い、甘すぎるぞ。

蜂蜜幸福草

先月は風邪引きと人生いろいろお悩み中(笑)だったこともあり、相方に録画を頼んでいた台湾版「ハチクロ」をまとめて見る休日でした。ぶっちゃけ、現実逃避な時間の潰し方。

台湾版、いいんでねぇー>賛否両論ありましょうが、日本版ドラマに較べたら・・・。
原作にわりと忠実な感じで、私的には好感持てました。

相方が「しょぼすぎる。入れなくていいんじゃないの」と言っていた、CG効果についてはまぁ(笑)。でも抜け出る魂とか、どうやって普通に表現するよ。
舞台が一応台北になっているので、浜山田商店街が中華街っぽかったり、竹村君が逃避行したのが台湾の山だったりするのは仕方ないにしても、登場人物の名前はそのまま日本人名ですか。そのへんの変換具合が微妙に謎。かと思えば、直島が出てきたりなんかして、日本の現代アートシーンがよく理解されてたりするので不思議。まぁ今時、ネットで情報は簡単に入るか。

1話と最終話は何故か録画に失敗してしまったので見逃しましたが、全体的に良くできたドラマでした。
でも、ひとつだけ言わせてください。
野宮さんと修ちゃん先生が・・・ヘン(泣)。


野宮さんはインテリっぽいヨン様みたいだし、修ちゃんは若くてムチムチした竹中直人。
どうも優男系の基準が、台北と東京では違うみたいです。
ちなみにどうでもよさそうな(主要メンバーほどキャスティングに神経を使わないだろうという意味で)脇キャラ、山崎君や馨兄ちゃんなどは意外に合ってたりなんかするんですよね、これが。

突っ込みどころはまだまだ本当はあるけど、楽しい休日の過ごし方でした。

真冬の京都 冷凍マグロ 徘徊

最近日記書いてないなぁ〜と思ったら、もう半月以上が経っていたのね・・・。反省。

2月21日。
某大学体育会系サークルOB会に出席。
真冬の京都は寒かった。京都駅が変わりすぎて、訳わかんねー。イノダコーヒーは何時から行列の出来る店になってしまったんだー。
お好み焼きジャンボは健在。食べたかったー。オムライスのひとみもまだあるらしい。私の下宿はまだあるかなぁ。
夕方5時から延々4時間、呑んで喋って・・・。そんでもって飲み会のシメは、路上で応援歌の大合唱。
・・・しかし未だにこの歌詞をみんな覚えてるとは。

で、風邪引きました。見事に。
真冬の京都はやはり寒かった。


風邪引いて練習できなかったから、もう出場しなくていいやーと思っていたのに
参加賞の冷凍マグロにひかれて、ハーフマラソンに出場。
前半は田舎をぐるぐる走る平坦コースですが、後半から海沿いの国道を走る絶景コース。
ただし、絶景ちゅうのは高いところにある。高いところに行くには上りがあるし、上った分は下ることになるし。
とてもアップダウンの激しい後半に、もう笑うしかない状態。

このハーフマラソンの疲れを引きずり、一週間ダメダメ人間のまま仕事に行ってたら
実家では今月96歳になる祖父が急激にボケ始めて、徘徊老人に。

他にもいろいろあった数週間ですが、それはまた今度。

かみを切る

11日。
ハーフマラソン出場。
まだあまり大規模ではないので、地元のイベントっぽいところが残っていて良かったです。距離表示が時々なかったり、確認しづらかったりするのは、まぁご愛嬌ということで。
参加賞はワインハーフボトル1本、プチトマト1パック。おにぎり弁当と豚汁付き。完走後にはスイトピーのミニ花束までいただき、とっても還元率が高くてナイスな大会でした。来年も参加したいな。

12日。
普通に仕事に行ったら、「なんで21キロも走った翌日に、ふつーに仕事してるんですか?」と訊かれた。だって、ふつーに筋肉痛ぐらいだもん。
フルマラソンの翌日は、さすがに休暇にしましたが(笑)。

14日。
来週末は京都でOB会があるので、ちょっとくらいはこじゃれておこうと髪を切る。
かなり短くなりました。耳出てるし。
午後からは、ひたすら課題用の紙を切る。
イメージサイズと余白の関係を考えると・・・中判サイズそのままの方がいいんでね? でもこうなると、ますます紙の使用量が・・・。

15日。
製版。溶墨で一発書きしたが、上手く勢いが出なかった。多分、やり直しです。

16日。
最近、版画の夢を見ます。お、追いつめられてるのかな(笑)。

17日。
侍ジャパンの合宿を見るために、やって来た観客が4万人。渋滞が5キロ。
という話をしてたら、同僚が翌日見に行くと・・・。
子供の学校は?と訊いたら、「今日の夕方から頭が痛くなって、誰とも遊ばず家にいると、本人は言ってた」と。
この苦肉の作戦は、果たして成功するのでしょうか。


弱肉強食

土曜日。
金曜日に吸い込んだセラフォームの煙の所為で、顔面湿疹が。すごい赤ら顔になっちゃった。
取りあえず毒消し強化ということで、肝臓のためにウコンの力を飲みつつ、走って全身から汗で抜く作戦をとってみました。
が、気持ち悪いのは、日曜日まで残りました。オェッ。

日曜日。
有楽椿を見に行ったら、山の中で道に迷ってしまいました。でもそのおかげで、別の場所で有楽椿がきれいに見られました。
一番有名な公園の椿は、すでに満開を過ぎて散り始め。おいおい、そこの椿祭り、再来週じゃなかったっけ。多分その時には、花はないと思います。
やっぱり今年の冬は暖かすぎ。

向かいの山では、イノシシ狩りの銃声が。帰り道には、迷子になった猟犬と出会う。まだ若い犬。首に発信器も付けてるし、そのうち見つけてもらえただろう。

月曜日用に鯛飯の準備で鯛を調理していたら、鯛の口から船虫が・・・。うぅ、なんでも食いなのは知ってたけど、原型のままの船虫君を口に含んだまんまっちゅうのは・・・。けどこの鯛にとって、これが最後の晩餐だったんだなぁ。


本場の味は通用しない

水曜日。
版画垢裡暇臾椶虜酩覆鮑遒訌阿法⊂さい版でテストプリントをしてみた。が、悉く失敗。
仕方ないので、版を作る方法を変更。
久々にアルミ板リトグラフをやることになったが、久々過ぎて手順をかなり忘れている。どうしましょ。
注文していたいずみ中判100枚が届いていて、はいと先生から渡された瞬間、あまりの重さに落としそうになった。やはり紙は重いです。

教室展の打ち上げ(ランチですが)にフランス料理店。料理も美味でしたが、デザートのプリンが絶品! また食べたーい。甘い物は得意でないですが、プリンとシュークリームはいけます。
ここのシェフはフランスで4年修行後、地元に店を開いたのだが、地元民にはイマイチ味がうけないらしい。ので、客は県外出身者が多い・・・。ということは、かなり本場の味に近い証拠。
M崎では独特な味の好みがあって、本場に近い味だと逆に受け入れられないところがある。隣のインド料理店も、かなりM崎ナイズされたカレーを出してくるし。

 

木曜日。
仕事絡みの雑念を払拭すべく、取りあえず帰宅後走る。来週ハーフマラソン大会があるためか、公園内を走る人が意外に多い。半分くらいは知ってる顔。あとの残りはウェアや走っているフォーム見ていると分かるけど、最近走り始めた人々。ランニングブーム来てるんだなぁと実感。あとは、どれだけの人がブーム後に残るかどうか。

金曜日。
電気炉から立ちこめる異臭に気持ち悪くなり、アルコール(梅酒)で食道を消毒してみるがあまり効果なし。そりゃそうだ。食道と気管は道が違うもんね。

日進月歩

先月御昇天されたウィンドブレーカー。デザインは気に入っていたけど、静電気なのかカッティングの所為なのか、やたらと足にまとわりついて動きにくかった。

今回新しく買ったのは、別メーカーの今春モデル。本当は前回と同じメーカーにしたかったけど、店頭になかったので断念。
今回のメーカーの靴は使ったことがあるんだけど、減りが早くて・・・。耐久性にちと問題があるのか? ウェアーは斬新なアイデアのを出してくるわりには、ころころとコンセプトが変わるので、一体何を目指しているのか疑問な時がある。

で、今日、初めて使ってみました。
使いやすーい! 何たって軽い! 摩擦が少なーい! 動きやすーい!

やっぱり、この世界は進化が速いです。

野焼き

版画の元ネタ収集のため、梅とヤマモモの巨木の写真を撮りに行く。

途中、あちこちに野焼きの煙が。九州は野焼きがまだ盛ん。この辺りは先週ぐらいから、週末ごとに野焼きされている。だってもう、2月下旬には田植えだもんなぁ。早いよねぇ。
久々に通った古墳群のど真ん中を突っ切る道の両側でも、盛大に野焼き中。基本的には田んぼのあぜの雑草を焼くのだけど、田んぼのあちこちに点在する前方後円墳や円墳にも火が付けられ・・・。

嗚呼、古墳丸焼け。

真っ黒な土まんじゅう〜、と相方と二人車中で歌ってしまった。

躓く カップル 続く

金曜日。
帰宅後ジョギング。が、途中でアスファルトのでっぱりに躓く。両膝と両手をついて、なんとか顔面は死守。・・・この歳で転けるなんて(恥)。暗くて良かったー。暗いから良くなかったんだけど、本当は。
公園の照明で怪我の具合を確認したら、ウィンドブレーカーの両膝がずたずたに裂けていた。恐るべし、アスファルト。冬でスポーツ用ロングタイツを下に履いていたので、とりあえず大怪我にはならなかった。けど、とっても大きな青あざが両膝に。勿論、翌日から痛かったです、あちこち。
教訓・走る人、急には止まれない。

土曜日、日曜日。
県立美術館で、教室展の受付当番。
企画展のエッシャー展の観客が多い。美術館にはあまり来ないであろう客層も。美術館の職員が言っていたのは
「家族連れも多いんですが、今回特に若いカップルが多いんですよ〜」
デートでエッシャーですか。

てなこともあって、予想以上に多くの人に見てもらえて、嬉しかったです。ありがとうございました。

月曜日から金曜日。
先週、搬入で休んだので、今週は平日休みなし。3日ぐらい金箔の細工をやり、あとはいろいろ。
別の部署の社員を最近見かけないなぁと思っていたら、椎間板ヘルニアの手術で当分病休という話。今週でちょうど働き始めて1年になるけど、その間に病休で休んだ人がヘルニア君を入れて4人。復帰した人もいるが、何か続きすぎじゃない?と別のパートに話したら
「大丈夫、その前は交通事故が続いていたから」
・・・お払いでもしてもらった方がよかと違いますか。

良いことなら、続いてもいいけどね。

ベルサイユな香り

仕事をしている最中に、何故だか気になる匂いがする。どっかで嗅いだことのある匂い。しかも、自分の周辺から匂ってる気が・・・。加齢臭にしてはフローラルな甘い香りだし、でもフレグランスは全く使ってないし。

しばらくして思い出す。あ、新しい液体洗剤の匂いだ。

最近の洗剤は、部屋干し前提のためか、どれもこれも甘ったるい香り付き。匂いを匂いで打ち消すってのは、ベルサイユ宮殿の野トイレの匂いを隠すために発達したお貴族様の香水のような話。

無臭というか、無香料の液体洗剤(蛍光剤や柔軟剤も入ってないもの)を発売して欲しい。

美術館の裏は迷宮

今日は仕事を休んで、教室展の搬入、展示作業へ。

時間ぴったしに行ったのに、扉が開いてない。なぜ? と思ったら、通りかかった職員さんに「地下の通用口で受付して、裏から入ってくださーい」と指示されました。ああ、通用口つうか搬入口から入るのね。
受付でとってもお役所的な記録を書かされ(霞ヶ関でも似たようなのを書いたことがある。かなり昔だけど)、許可書代わりの腕章もらって、ギャラリーへ。

それにしても、美術館の裏はややこしや〜です。
展示室だけ見るとただの箱みたいな建物だけど、裏の通路は結構曲がってます。表示もあんまりないから、迷子になっちゃいそう・・・。
大作を搬入する人には、優しくない造りです。

でも、これくらいやっとかないと、お宝が眠ってるんですものね。

ぐりぐり

最低でも5回ぐらいは目覚まし時計のストップを押した、今朝。
相方が午後出勤なので、とりあえず自分の出勤時間にさえ間に合えば(汗)という甘い思惑が、睡魔と共闘してましたね。でも無事に弁当も詰めて、出勤しました。

塾の講師をしてた頃は、毎年センター試験(国語)を自分で解いてましたが、今年はパス。もう関係ないし、多分。
ということで、試験に全然関係ない話題を。

1年前から左手首の関節あたりにできていた、ぐりぐりのお話。

なんか変だよな〜と思っていたら、そのぐりぐり君がだんだん大きくなるではないですか。手首の上で隆起してます。確実に成長してますね。
さすがに秋ぐらいから、手首を曲げると邪魔になるくらいになり、時々神経に障るのか、痺れたみたいになり・・・。

仕方ないので、今回の休暇中に病院に行きました。

で、潰されました。整形外科の先生に。

診察室で見せた途端、「ああ、カングリだね」と先生の一言。
カングリ? 何それ? 関節のぐりぐりだから、カングリなのか? と、一人疑問が頭の中を渦巻いている最中、更に手首を掴んでいた先生が
「ん、潰せるかな。潰せそうだな」
と、突如、ぐりぐりの上に置いた指先で、力一杯ぐりぐり押し始めるではないですか。
い、痛いってば、先生。結構固いんですけど、これ。こっちの訴え目線は無視され、先生更にぐりぐり押しまくり・・・

・・・痛かったけど、潰れました(泣)。しかも、あっけなく。

先生は「悪いもんじゃないから。また出来たら、いらっしゃい」で終わり。

結局、何だったんだろう。ぐりぐり。謎のままです。

額装、高級羽毛

水曜日。
教室展に出品する2作品を額装。
ニ●リで買った額縁に合わせて、マット紙をカット。イメージサイズと余白を計算して、先生にマットカッターで切り抜いてもらう。マットカッターの存在を初めて知る。やはり便利な道具はあるもんだ。
てなことで、初めて自分の作品をちゃんと額に納めました。
相方曰く「この前の3万円ラッコよりマシに見える」。確かに。

21日〜25日、県立美術館県民ギャラリーで展示してます。「エッシャー展」のついでに、見てってください。ご近所の方は。

木曜日。
注文していた版画用油性インクが届く。
同梱されていたカタログで、夢は無限に広がるが、マイ財布は有限である。
注文していた紙代が、3万円近いことを知り青くなる。い、1枚たりとも無駄に出来ないわ!

金曜日。
県北のとある町にふぐを食べに行く。
ふぐ刺しって美味、ふぐちりも美味、唐揚げも美味、そんでもって、ひれ酒サイコー!
ただし酒を注文して、夫でなく妻一人が呑んでいる光景は、少々気まずいこともある。全然呑めない相方は、全然気にしないそうですが。
そういえば地元の友人夫婦達でも、なぜか下戸旦那にザル妻というカップルが多くて、集まると呑んでるのは女ばかり。まあ、こういう仲間内の集まりなら、女だけで気兼ねなく呑めますが。

その晩泊まった宿の寝具が超高級羽毛布団だったようで、真夜中に汗をかくぐらい暑かった。毛布が要らないなんて・・・。暑くて布団をはだけたいけど、暖房切ってるから布団の外は極寒状態。このジレンマに悩まされつつ寝る。

土曜日。
帰り道、最近流行りの産直施設を2つばかり立ち寄り。どちらもまだ1年経ってないくらいの新しい施設で、まだまだこれから充実するかなぁという感じ。
網メロンが250円だったので、1個買って帰る。

夜、版画コースの4年生から電話。みんな、いろんなところで躓いてます。

日曜日。
あ゛ーあ、冬休み終わりだ。
明日から仕事だ。朝起きれるかな。心配。


着ぶくれ

寒波到来。ヒートテックインナー買ってて良かった。
というのは冗談ですが、作業中にフリースが脱げないのは事実です。なんか動きにくいけど、脱ぐと寒くて動けない。
走る格好も、ついに完全冬仕様に移行。暖冬で12月まで軽装だったけど、昨日はニット帽もかぶって走ってました。寒寒。

衣装絡みの話題で。
昨晩はスカパー!で「LOVERS」を観ました。
チャン・イーモウ、相変わらずの色彩美。和田エミさんの衣装も美しい。

ネットで話題になった饅頭事件の映画より、ちゃんとストーリーも練られていたし、まあまぁ良かったかと。ただ最近の武侠物より、昔のドロドロ映画の方が個人的には好きです。「紅夢」や「菊豆」とか。
ワイヤーアクションも多用されると、なんだか疲れます。

さらに全然関係ないけど
やっほーな動画で「十二国記」全話無料視聴をやっていて、あやうく誘惑に負けるところでした。て、最終話が観てみたかっただけなんだけど、回線ビジーでダウンロード出来ず。チェッ。

さて、課題の続き、頑張ろう。

遅ばせながら

今日から冬休みです。9連休です。

まずは、日頃なかなか行けない場所に行きました。

それは病院。
総合病院ではなく、個人の小さな医院ですが、それでも待ち時間1時間半。皮膚炎の塗り薬の処方箋を出してもらうだけの診察(実際3分もなかった)に、この待ち時間。
しかも元気な私の周りには、ごほごほと咳をしている赤い顔の人が何人も。病院に行って病気になりそうです。
実際インフルエンザがそろそろ流行中のようですので、皆さんお大事に。

さて、次は週明けに、整形外科に突撃予定。

おひさしぶりです

久しぶりに仕事帰り、某交差点の渋滞に巻き込まれました。
去年の夏に道路改良して右折専用レーンが出来たけど、それでもまだまだ続くよ車の列。
渋滞の原因である某電器メーカーの工場は、派遣切りから正社員の削減まであったはず。あ、残業もないって話だから、みんな一斉退社なのかな。

久しぶりといえば、京都の方の大学時代のサークル0B会が来月開催予定。しかし一体、前に会ったのは何年前? もう十年は超えているような・・・。
去年の夏には、高校の同窓会の案内が実家に届いた(らしい)。
学生時代を思い返す余裕が出てき始めた年齢のか、はたまた何でしょう。年賀状のやり取りを見る限り、メタボに直行している人もちらほらいるが。

ようやく、シルクスクリーンのアルミ枠を買うことを決意。が、メッシュ数で悩み中。絹の90メッシュは、テトロンだとどのくらいのメッシュ数になるんだろう。誰か教えてください。

2009年は

ということは、来年は2010年なんですね。モノリスは何処?

おきなまろさんも書いてますが、今年の箱根駅伝はおもしろかったですね。往路の新・山の神が見たかったです(泣)。留学生の20人抜きもおもしろそうだったな。私はこっそりと東京農大を応援してました。

元母校の方は、米球(ライスボール)でアメフト日本一になってました。おめでとー!!!

さて、今年の抱負ですが・・・。
1.まずは、ソツセイにたどり着くこと。
これに尽きます。ハイ。


1年、余分にやってるし。せめて音量子さんや卜部君や四輪駆動さんやとりこさんらとは、一緒に卒業を迎えたいものです。
む、難しい・・・かなぁ(汗汗)。

2.フルマラソンを、半分より前で完走。
あと10分くらいタイムを縮められれば、多分いけるはず。

3.もう少し真面目にムサビ日記を更新
去年はちょっとさぼり気味でした。ごめんなさい。
今年はこまめに更新したいです。

お正月と言えば

元旦。
滅多に見ることはないだろうということで、相方と市内のショッピングセンターに福袋行列を見に行きました。
おぉ、並んでる、並んでる。開店前から駐車場が一杯だ。あ、車ぶつけちゃったよ。可哀想に〜。
赤岩君が年末行ったであろう埋め立て地の行列には全然敵わないでしょうが、新年早朝から老若男女が寒風の中並んでました。宮崎名物(?)肉巻きおにぎりの店まで出てるし。
そして開店と同時に、人々はダッシュ。「危険ですので走らないでくださーい」というアナウンスは無視されてましたね。
こういうのだけ見ると、うーん不況は何処にって感じですが。

我が家が買った福袋は、コーヒー店の1つのみ。でもコーヒー豆は粉だったし(普段、豆のままで買うのに)、当たりくじは入ってないし、タンブラーは倒れると溢れるヤツだし。
相方が「相変わらず、詰めが甘いし。どうでもいい運すらないな、俺って」とぼやいてました。

心配しなくても、今更強運の持ち主だとは思ってないです。

帰ってから届いた年賀状をチェックしていると、とある友人のに「離婚しました。また一人暮らしに戻りました。」の文字が。
か、カンパーレ!


2日。
仕事始め。というか、普通に仕事してました。残念ながら、正月手当やお年玉はありません。

夜、フローランテ宮崎のイルミネーションを見に。年々、電飾が増殖してます。
しかしクリスマスから年明けまで開催のため、トナカイと富士山が同居する摩訶不思議電飾空間。少ない経費で頑張ってるんだからえらいとは思うけど・・・。カンパーレ!

3日。
お正月のテレビといえば、個人的には箱根駅伝なんですが・・・。今年も復路しか放送されず(泣)。
途中からだったけど、仕事も休みだったので、こたつでミスドのドーナツ囓りながら観てました。
やっぱ、これに出場するだけで、大学の知名度って上がるよなぁ。ムサビが出場することってあるのかなぁ。元の母校は京都だから出場できないし(アメフトが頑張ってますが)。
なんて思いつつ、出場校全校がゴールするまで見てました。

本当は、来週刷る予定だった紙の用意をするはず・・・だったのに。
でも箱根見ながらこたつっていうのが、私には一番お正月らしく感じられるのでした。

今年の抱負は、また今度。


業務命令・その2

あけましておめでとうございMAU

本年もよろしくお願いいたします。

元旦ともなると、室長の命令遂行率は低いな(夕方5時現在)。

変な年を振り返って

昨日仕事が終わり、今朝は家の中の大掃除・・・でなく、中掃除。普段あんまり手を付けないところを、一応頑張って掃除してみました。

さて、今年は「変」の年でしたが。

個人的な事情だけで考えると、去年の方が激変の年だったので、今年を振り返ってみても「はて? 何か変わったことあったっけ」ぐらいの呑気さ。そもそも年末年始に家にいること自体珍しいので、仕事がぎりぎりまであっても、なんだかとっても落ち着いた気分の年の瀬です。

あ、新しい仕事始めました。
そのくらい、か。
デスクワークから、いきなり職人系のお仕事になったもんで、肉体的について行けないことも・・・。マラソンしてても、これは使う筋肉が違いますので。(年の所為という話もありますが)。
昨日も、指先でぎりぎり挟めるくらいのガラス片を、宙に浮かせたまま電動ノコで切断するという荒技に挑戦。緊張で、腕と肩がコリコリ(涙)。

他には
4回目の青太フル完走、綾ハーフ完走。
ダイエット知らずの音量子さんと違って、私の体重は乱高下。春に(仕事始めたのもあって)走るのをさぼって太り、今年の夏スクは短期間だったからダイエットにもならず。秋からのマラソンシーズン突入で、月間走行距離が100キロを突破すると、ようやく体重が減少へ。激痩せしたいとは思わないけど、好きな服が格好良く着れる体型は維持したいなぁ(希望)。

5月に引越ました。
完璧にはまだ片づけ終わってませんが、それは冬休みにでも・・・。

で、通信の学生生活の方はというと


相方の言葉じゃないけど
「今年は、学生色が薄いよね」
はい。そのとおり。

スクーリングは専門科目(版画此烹渦別椶里澆世掘∋邯海癸渦別棔扮儻讚供砲世韻世辰燭靴佑А
実技課題の提出も専門1科目(版画掘砲郎僂漾M莊遒發Δ劼箸帖僻撚茘后膨鷭侏縦蠅如△△醗貂酩丙らないと。

さぼっているわけじゃないんですけど・・・。
卒業要件の単位数から考えると、残り専門科目14単位。うち、来年度に受講するのが9単位(ソツセイが6単位)なので、来年はますます学生色が薄く・・・はならないか。ソツセイだし、ソツセイ。

去年は怒濤の単位取得進行だったけど、今年の方がもう少し考えながら作品が作れたような気はします。ただし上半期は悩んだ、というか迷っていたというか・・・。今も悩むことはいっぱいありますが、ちょっとだけ何かは見え始めているような気もします。
なんて言いつつ、ソツセイ始まったら、また悩みまくりの日々かもしれませんが(笑)。

走っていられるなら、嫌な気持ちは空の雲のように過ぎて行くから。

それでは、皆様。
良いお年を!

仕事納め

今日が仕事納めの職場が大半かと思いますが、相方の冬休みが来月5日からという変則休暇のため、私の仕事納めもまだちょびっと先です。

年賀状は25日までに投函してね〜というCMを尻目に、目下年賀状作成中。
昨日の夜は、相方関係の宛名を印刷してました。
レイアウトはいつもと一緒だよねと連続印刷をかけたところで、今年は年賀切手を使用していることを思い出し(年賀切手は特別サイズ)、慌てて印刷中止。
レイアウトを適当に修正して、再度出力。
で、全部印刷し終わって、床に並べたのを見て相方が一言。
「このレイアウト、変じゃねぇ?」
そう? 別に問題ないと思いますが、もしかしてお気に召さないと?
「はっきり言って、気に入らないんだけど」
・・・(怒)

そのまま不貞寝しました。

脱ぎ捨て

昨夜の業務命令遂行のため、久々にタグを打ちました。かなり忘れてて、ヤバかったけど。

あちこちのお家に、サンタさんはやって来たようです。我が家には来ませんでしたが。

朝、会った同僚の一言。
「私も枕元に靴下置いてたの、私のは空っぽだったな」
まあまあ、大人なんだから(笑)でも、何故枕元に靴下?
「お風呂入ったあと寒いじゃないですか。だから布団に入る前に、脱ぎ捨てるんです」
脱ぎ捨てた靴下というのは、サンタさん的にどうなんだろう。

ちなみに私は、布団に入って足先があったまってから、足元に脱ぎ捨てます。室内用の毛糸靴下を。
でも昨夜は寒くて、朝まで履いたまま寝てました。

生足入った靴下に、プレゼントの入る余地はなかったです。

業務命令

メリー クリスMAU!

汚染米か?

室長の業務命令実行日がイブなのか当日なのか、一人悩んでいましたが、今朝の日記で謎が解けました。はいはーい、明日ですね。

クリスマスもいいけど、そろそろ年賀状の準備も始めないと・・・。
裏面担当の相方が「写真印刷用の紙が良い」と言うので、今年は年賀葉書でなく年賀用切手を購入。
しかし「100枚も貼ったら、舌が痛いよね」と言ったら、「その枚数なら、普通水を使うだろう」と馬鹿にされました。ささやかなジョークだったのに、チェッ。

そこから話がくだらなく飛躍して、じゃああの切手の裏の糊って何だろうということに。化学糊なのか、昔ながらのヤマト糊か。でもさぁ、糊ってことは・・・原料は汚染米ですか?

今年らしいオチがついたところで、話は終了。

さて、年に一回しか使わない、葉書ソフトと格闘だ。ホントにたまのたまにしか使わないから、結構操作を忘れてしまうのでした。

油性か水性

お取り寄せになった相方のシャツを引き取るために市内のショッピングセンターに行ったら、クリスマス前の日曜日に相応しく人がうじゃうじゃと多かった。不景気な世の中だけど、パパママサンタや爺婆サンタは忙しいみたい。
我が家にもサンタさんが欲しい。

昨日やっと製版が終わったので、明日は紙の準備をして、いよいよ刷りへ。
今回はモノトーンな画面。問題は、それを油性インクで刷るか、水性を使うか。どっちにしようか。

年明けのスケジュールを確認しながら、来年の計画を立てている。
年度内に専門科目5単位の課題提出。あと、ハーフマラソン2本出場。

とあるハーフマラソンの参加賞は、地元産ワインハーフボトル1本。また、とあるハーフマラソンの参加賞は、以前はマグロだったのに近年不漁でしょぼくなったらしい。が、地元産参加賞は結構嬉しい。

内需拡大

音量子さんの日記を見る限り、東京近郊はまだ景気が良いみたいだけど、地方では不景気な風がびゅーびゅー吹いております。
同僚の息子(派遣社員)君は秋に早々と首を切られ、別の同僚の旦那さんの会社では人員削減が進み、更に交代制勤務中止、残業手当や深夜手当のカットなどなど、暗ーい話題が昼休みに交わされてますが、さてこの先どうなることやら。
けど、その前の好景気だって全然実感ないまま終わっちまったので、今度の不景気も実感ないまま終わって欲しいな。無理だろうけど。

ということで、内需拡大のため、額縁を買ってみました。

画材店でなく、ニ●リですが。しかも円高差益還元で安くなってたし。
あとは、作品を早く仕上げるだけです。とほほほほほ。

何気なく車の助手席を見たら、シートの上に銀色に輝く小さな小さな(ここ重要!)破片が。
「あ、プラチナ箔」
そのまま荷物置いたり、いろいろしてたら、見当たらなくなってしまいましたが・・・。
アルミ箔じゃなくてプラチナ箔が落ちてる車内って、一体なんだろう。
そういえば先週は、エプロンに金箔をあちこち付けていた記憶も。仕事でいっぱい使ったからねぇ。

金箔といえば、エステの広告で、顔面金箔パックっていうのがあったけど、あれってホントにお肌に良いのかな?
仏像のような顔面金色の写真は、確かにインパクト大でしたが。

仕事中指先についた金箔屑を、「金箔パック〜」とお肌に擦りつけてみたい衝動にはかられるけど、はて工業用金箔はお肌に良いのでせうか。謎。


祭りの後は後ろ歩き

心配していた雨は明け方には止み、朝5時に起きた時には、きれいに星が見えてました。

で、午前9時スタート。
フルマラソン参加者7000人強。その7割が県外者。ひぇーーー。
史上最高数のこの人数が、スタートの号砲鳴って、先頭からどん尻まで全員がスタートラインを通過するのには、5分以上かかります。私が通過できたのは4分後。
渋谷のスクランブル交差点並みに大渋滞してますが、いろいろ工夫はされてまして、自己申告した目標(過去)タイムからゼッケンを振り分け、タイムの早い人からちゃんとスタートできるようにしてます。が、それを無視して、前の方に割り込むお馬鹿なランナーも。もっともそういう人は、周りのスピードについて行けず、結局自滅しますけど。

新コースは市街地なので、確かに応援してくれる人は多くて、お祭り気分を味わうには良いのかも。ただしタイムを真剣に狙うには、後半の青島コースが走りにくい。景色は最高ですが。
あと市街地の交通整理に人員を裂いた所為か、ハーフの先導がいなくて、ハーフトップがフルマラソンの大集団に突入する羽目になり、走りにくそうでした。逆にフルの早い人達も、後半にハーフの遅い集団が邪魔になり、走りにくかったようです。先導が入れないコースは、いろいろ難しいですね。
あと、ゴールを通り越して、青島で折り返すってのは、気持ち的に挫けました。ゴール見えてるのに、通り過ぎて、また戻ってこなきゃいけないってのは正直たるい。25キロからちょっとだけ、気持ちが続かなかった。足は動いてたけど。
しかも海の見えるコースに出た途端風が強くて、また心が挫けそうに・・・。更に38キロの折り返しで、足が初めてつって、残り5キロはだましだまし走って帰りました。

去年より4分早いタイムでゴール。足つらなかったら、目標タイムまで行けたかもしれない。しくしくしく。

そんなこんなで、12月のお祭りは終わりました。
長い一日だったなぁ。

で、家帰って、人間もウェアも身ぐるみ洗って、さぁ念願のつけ麺大盛に挑戦だぁ!と、相方とてくてく近所のラーメン屋に行こうとしたら・・・。

足が痛くて、坂道が上れません。後ろ向いて歩いた方が楽でした。

しかも、そのラーメン屋、移転が決まって、昨日が最終営業日だった(涙)。
最後の最後で、つけ麺大盛プラス煮卵、ほうれん草トッピング、食べれて良かったぁ。でも麺が大盛すぎて、完食できませんでした。ごめんなさい。
それにしても、移転先が車で1時間以上彼方の町とは・・・。

走った直後にお弁当食べて、夜につけ麺大盛食べて。それでも低血糖症状態が抜けず、一人「寒いよ〜、寒いよ〜」と布団の中で唸ってました。身体の中で、緊急に燃える物がないってのも困る(要らない脂はいっぱいあるのに)。糖質も摂らなきゃダメなんだと知った、今回の完走後。

さてお祭りも終わったし、そろそろ普通の勤労学生日記に戻りましょ。

明日は青太

さて、明日は自分的に年末最大のイベント、青島太平洋マラソンの日です。
今年からコースが変わります。市内のど真ん中を走ります。県庁前も走ります。個人的には前のルートの方が好きですが、新コースがどんげなものかは、実際に走ってみないと分かりません。

「知事と一緒に走るんだねぇ」と昨日言われましたが、もう3回も一緒に走ってますので、特に感動はないです。知事の方が圧倒的に速いので、折り返しで見かけるくらいだし。

考えてみれば、この日のために一年かけて走ってるわけで、意外とストイックな状況を作っているんですね。ソツセイも、このくらい日数かければ・・・。いえいえ、日数かければ、良い作品になるとは限らないのが、芸術の難しいところです。

それにしても困ったことは、すでに雨が降っているということ。明日も降水確率50パーセント。
雨が降っていたら、自主的にマラソン中止の人です。雨に濡れて走るほど、スポ根ではありません。
4時間以上雨に濡れたら、その後の医療費の方が高くつくことは目に見えてます。確かに参加費は勿体ないけど、5000円でTシャツを買ったと思うことにします。

牛歩か豚足か鶏口か

牛にぎゅうぎゅうと腸を虐められたあと、今度は豚の強襲で朝からトイレの住人(泣)。
車通勤50分の間も不安だし、まともに仕事できそうもないしで、本日もしもし休暇と相成りました。
牛、豚ときたら、次は鶏なんだろうか・・・。

強烈な腹下しというと、海外ではさんざんやった。インドもネパールもブータンもチベットもモンゴルも大ヒットだった。何が原因かというと様々なんだけど、ニンニクだったり唐辛子だったりミルクティーだったり。ペットボトルに入っていたミネラルウォーターでも、どうしてか危険な目にあったことがある。

それにしても、何のトラブルもテロもなく、平和に海外旅行がしたいな。

手羽さんの日記を読んで、島先生が亡くなられたことを知りショック!
絵画コースの時、一度福岡スクーリングで教えていただいたことがある。福岡恒例の飲み会で、一本の線が宇宙と画面をつなげている・・・等々、熱く話してくださったのが今でも印象深い。
ご冥福をお祈りいたします。

維新後の食生活

明日は無血開城の日ですね。先週初めて観ました、今年の大河ドラマ。今更ですが。

昨日、午後から出勤の相方のランチと自分の弁当のために、野菜炒め(冷蔵庫在庫一掃作戦)を作ろうとしたら、適当な肉もシーチキンもない。仕方ないから、冷凍庫にしばらく眠っていた国産和牛のステーキ肉(ただし半額シール付き)を、適当な大きさに切って使いました。
なんて、贅沢な野菜炒め!
小さくなっても美味でしたよ、霜降り肉。ちょっと脂っこかったですが。

しかし今朝になって、お腹の調子が・・・。
高級な脂に、腸が超びっくり。
まるで明治維新後の、お肉食べ慣れてなかった日本人のような反応。何だかなぁ。

課題は、ちまちまと版作成中。
来月には刷りまで行ける・・・はず。

3連休

久々に三連休です。目下、火宅ではなく課題の人です。あと走る人か。

土曜日。
午前中、走る人。
とあるスポーツ用品店の店頭には、「青島マラソンまであと●●日」なる手書き日めくりが。わ、分かってるから、プレッシャーかけないでください。
2時間走って、走行距離が約19キロ。まだ短い。
午後。課題の人のはずが、ビデオ鑑賞会の人に。「もやしもん」は12話で完結だったのか。

日曜日。
再び走る人になる予定が、恵みの雨により中止。
課題の人になるべく、ストーブを稼働。あったかーい、幸せ。
ドローイングと下図は完成。版を切り出し、下準備。

早めにもらった誕生日プレゼント(今年は太っ腹に「村上春樹全作品第一期全巻セット」)を、こたつでごろごろしながら読む。冬にこたつでごろごろって、幸せ。

月曜日。
さて、本日から版の制作です。
今回はラワンベニヤと紙版を使用予定。だんだん、制作費がデフレスパイラル。いいんだろうか、こんなことで。


フリーター大国

緊急経済対策の例のばらまき政策の話で、パート主婦達は連日盛り上がっている。
臨時収入は確かに嬉しい。けど元をただせば、それ自分たちが払った税金なんですけど、けどぉ〜。
しかも「貧乏人」なんて、公共電波の前ではっきり言っちゃう首相もどうかと・・・。

出所不明のまんま話は進むけど、無い袖は振れぬはず・・・なのに。あとでやっぱり増税か?
「いっそ、国民みんなが働かなくなって、税金一円も納めなければ、無駄遣いもなくなるんじゃないですかね」
という妙案まで、有機農法の町住民からは飛び出した。
「みんなで農地耕して、自給自足すればいいだけだし」
・・・M崎では生きていけると思うけど、都会では餓死者が出ます、多分。

でも、臨時収入が嬉しい時もある。

先日支部展の新人賞で、校友会から賞金をいただいた。
ありがとうー! これで来年のグループ展の額縁が買える。
はずだったのに、給料前でガソリン代と生活費に化けてしまった。

日常生活は、ほろ苦くて厳しい。

too hot

駅前の交差点の角にホカ弁屋がある。大株主になった会社と喧嘩別れして、店名が変わった方のチェーン店。
その反対側の角地に、新しく店が建ち始めた。何が出来るのかなぁ〜と思っていたら、元の名前の方のホカ弁屋。

熱いホカ弁戦争。

季節はずれ

そろそろ暖房だよね、乾燥するよね、加湿器だよね、という時期に、我が家は除湿器の購入を真剣検討中です。
何か間違ってる気はします。
でも昨日は使ってない眼鏡のフレームに、そそり立つ黴を発見。くぅぅぅ、もう。

共働きや独身世帯が増え、洗濯物室内干しが増えた昨今、この時期でも除湿器は店頭に意外と品揃えされてました。
通路の反対側に回ると、加湿器がずらぁぁぁと並んでたけどね。

日曜日。
相方は霧島登山マラソンに参加。
山を走る趣味はないので、普通に2時間走ってみる。休耕田のコスモスが満開できれいだった。
午後から、墨でドローイング。なかなか上手くいかない。

月曜日。
冬の買い物ロードということで・・・
相方はラガーシャツ、チタンネックレス、トレイルラン用バック、充電式カイロを購入。
私は眼鏡、フリース、仕事用ワークパンツ購入。
10年選手の敷き布団を買い換え、除湿器は検討中。
・・・来月の引き落とし額が怖い。

楽しいこと

楽しい噂で持ちきりだった石田純一氏には遭遇できませんでしたが、知事は見ました。今年は参加すると公言してなかったのに、スタート寸前に姿を現し、折り返し地点の少し前で力走する知事とすれ違いました。

森の中は空気もきれいで気持ち良かったし、上り坂が始まると集団もばらけるので、少しスペースに余裕ができます。いつも一人で走っているから、人混み状態で走るのは何度走っても変な気分になります。

最近すっかりマラソンブームで、ちょっとした大会でも人が多くなって、中にはどうみても「お祭り気分だけで参加したでしょ。全然練習してないでしょ」という人もいて、後ろから走ってくるランナーを避けることすら知らなかったりします。
友達同士で道に横いっぱいに広がって走っていると、はっきり言って邪魔!です。後ろから足音がしたら、左右どちらかに避けて、スペースを作ってあげよう。足が痛くなって歩き出したら、道端に移動しましょう。

楽しく走ることは大事だけど、楽しいだけはあり得ない。ま、20キロ走れば、楽しいとはがりは言えないか。筋肉痛にはなるし、日焼けするし。

とある人のTシャツに
「練習なくして完走なし。完走なくして飲み方(M崎でいう飲み会のこと)なし」
・・・すばらしいです。

取りあえず、2年前の雪辱はらして、無事完走。

You can leave

明日は某所でハーフマラソンです。
ゲストランナーに石田純一が来る予定ですが、地元では「石田が素足にローファーで走るらしい」という話が(笑)。
靴擦れするってば。


月曜日。
職場復帰の決まった友人と電話で話していた時、米国のスラングが難しいという話題になった。三浦社長のキャップの意味を、私も友人も知らなかった。
本日のタイトルは、檻に入れたままの犬をどうしたらいいかと尋ねた時に、犬の主人が返した言葉。
こう言われて、檻を開けちゃダメです。

水曜日。
ガソリンが、ここ数日でどんどん値下げ。
下がれー! 下がれー!
米国のバブル崩壊を見ていると、幻想を実体が食いつぶしているようで不気味。

木曜日。
とある捜し物で、アマゾンをぐるぐると回っていたら、とあるドラマのDVDボックス・ディレクターズカット版が出ると知り、一瞬血迷う。
が、自分でも馬鹿だと思い、欲しい物リストにだけ入れて勇気ある撤退。

金曜日。
夜勤帰りの相方と朝食を食べていて、昨日のアマゾンでの発見を報告。
「実は、はまってんの?」と、冷静に訊かれる。
・・・すいません、かなりはまってます、実は。
「それ買うんなら、俺も×××や××××のDVD買おうかな」
リビングにそれらが並ぶの、想像しただけで嫌になりました。
その前に我が家は、DVDレコーダーを買うべきでないかと思います。(今はそれぞれ、パソコンで見ている)。

土曜日。
500円玉グルメ貯金の成果を利用して、半年に一回の贅沢ご飯を食べる。
今が旬の伊勢エビ定食。やっぱり、伊勢エビは、お造りとみそ汁がサイコー!
お造りについていた頭はお持ち帰りが出来、晩ご飯に再びみそ汁にして食べた。サイコー!
明日走れるか不安なくらい、お腹が重い・・・。


焼酎ラッシー

金曜日。
通信絵画コースの先輩兼元同僚と、某店で「米国からお帰りなさい会」を開催。
風邪と疲れでガラガラしていた喉に、強烈にしみ渡りました。
メニュー見たときには組み合わせ的にどうよと思いましたが、運ばれてきたグラスの中身は味的に問題なく、美味しく2杯も呑んじゃいました。

意外にいけるかも、ヨーグルト系プラス焼酎。


土曜日。
風邪で滞っていた家の掃除、敷物の模様替え(ゴザラグからカーペットに変更)、彫刻刀の研ぎをすませる。
さて、次の課題の準備でもするかねぇ。
その前に、ちょっと昼寝したいかも。

特別便

風邪でチェックするのが面倒で、しばらく放置していた今話題の年金特別便の回答を、ようやくポストに投函。
女の年金経歴は、いろいろと面倒です。
今の同僚の一人は、旧姓時の年金記録がごっそり抜けてました。意外にあるある、記録漏れ。

某年金関係の団体から届いた特別便は、住基ネットを利用して追跡調査して送付したとの但し書き付き。
改姓してるし転居もしてるし、その都度届けてないこちとらに問題があるのは事実だけど、こういうのってある意味ちょっと怖い。便利だけどね。

水曜日。
メディウム剥がし刷りに初挑戦。
が、見事に紙が負けました。あぁ〜あ破けちゃったよ、失敗だよ。3つの版のうち成功したといえるのは、全面ジェッソ塗った一枚のみ。
刷り上がりまでに一日かかるのと、きれいに剥がせたとしても一枚刷りしか出来ないことを考えると、コストパフォーマンスがむちゃくちゃ高い・・・ってことだよね。
でもおもしろい絵肌が出ます。
この失敗に懲りずに、もう少し続けて試作品作ってみるか。

木曜日。
朝起きたら、超ハスキーボイスに変身。
そのまま仕事に行ったら、「風邪菌蔓延させる前に、帰れ」と言われた。それにどうも一日中立ち仕事の予定だったので、昼から帰って寝た。

跳ぶためには

先週末、版画靴硫歛蠅鮑り終えました。
出来上がりは・・・なかなか難しいです(汗)。でも、再々提出は・・・嫌です。
休日とはいえ、休んだ気のしない休日でした。なんだか、疲れたかも。

水曜日。
運転免許を取得して初めて、アクセルとブレーキを踏み間違える(大汗)。
それが原因の事故のニュースなどを見た時、「絶対ありえなーい」と思っていたのに・・・。あり得るんだー、絶対ってないんだーと実感。
心臓がバクバクしましたとも。
だって、止まると思って思い切り踏んだのに、急加速することになるから、頭の中は一瞬????? 視界の急激なスピード増感と、思考回路がフル回転するのが、奇妙なくらいマッチングする感覚。
ま、全然大丈夫ではあったんですが。
会社に行くところが、あやうくあの世に行くところでした。

帰ってから相方に話したら
「どうせ行く(逝く)なら、一方通行でお願いします。中途半端にUターンしてこないでね」
と言われました。そりゃそうかも。

木曜日。
前日の教訓を生かして、慎重に運転。というか、足元が自分でも凄く気になる。
が、やっぱり遅い車にはイライライライラ。前ののろのろ車に苛つきながら、早い先行の2台を見送って、ほんとに数分後。
カーブを曲がった先に、2台前の軽バンが路肩駐車。何でこんなところで?
運転してたらしいおばちゃんが、「だいじょーぶ?」と叫びながら走って行く方に目をやると・・・
黄金の稲穂の海の真ん中に、白い軽自動車がぽつん。
え? 何が起こったの?
白い軽の中の若い女性は、蒼白でハンドル握ったまま固まってました。怪我はないようだったけど。
そんなに急カープでもないのに、何故2メートルくらい下の田んぼにジャンプすることに?

峠を越えた先の交差点で事故処理車とすれ違ったので、迅速に連絡処理されたらしい。しかしあれは、自力で脱出は無理だろうなぁ。

金曜日。
眼科で視野検査。感度悪い部分もあるけど、今のところは所見なし。
さて、今から3日漬けで試験勉強だ。一夜漬けじゃ、もう脳みそが対応できないし。

判例・依存・白髪ヒゲ

とあることを調べるために、最高裁のホームページへ。
ネットで判例が調べられるって、便利な時代になったもんだ。

法律は知らないより、知っていた方が得。
しかしいろいろ読んでると、「こんな古い考えがまだ生きてるのか」と空恐ろしくなることもある。
自由って一体何だい?(尾崎節で)

そろそろ、10年選手の家電が多くなったきた我が家。
もし仮に壊れた場合、速攻で買いに走るものは・・・
冷蔵庫・炊飯器・洗濯機という意見でまとまる。
相方が「あと、パソコンも」と付け足す。ま、それもそうかも。
ちなみにテレビとビデオは、次のワールドカップが始まるまで放置ということで(ヤバイけど、まだ大丈夫)。
買い換え準備期間の長短で分かる、家電依存度。

清原の引退試合を見ていた同僚宅。
清原のバッティング云々より、白髪ヒゲがみっともなーい!という意見続出。
その後、同僚の旦那さんは、風呂上がりにいそいそとヒゲを剃りだしたらしい。
自分の白髪ヒゲを気にしたのか。

伸縮自在

先月から毎週末不在の男の、とある集まりでの発言。

「結婚したら、首輪がつくのは仕方ない。それは承知で、結婚してるわけで・・・」
ほほぉー。結婚は墓場ではなく、家に繋がれるための首輪だったのか。独身時代ほど自由がないことは、一応自覚しているわけだ(お互いさまですが)。

「あとは、どれだけ綱の長さを確保するかが肝心です」

・・・かなり長いと思いますが、我が家の場合。さらに最近、伸縮自在になっていると思いますが。

こんな感じです。
通信に対する、家族の理解度。

課題に追われている嫁を尻目に、旦那はほいほいとお出かけ中です。
家のことは、誰がするんだよ〜?

爪先に胞子が見える

また台風がひん曲がって接近中。
前回の台風前後の雨で黴びたものは、
ダウンベスト、喪服、相方のスーツ一着、ロングとショートのブーツ各一足。
今回は何がかもされるんだろう。とほほほほほ。

台風に刺激された雨のため、月間走行距離は90キロで頭打ち状態。

月曜日。
支部展の搬入。
前日&当日午前中に切り貼りした、黒ボードに貼った2作品を展示。

木曜日。
10月の試験をネットで申し込み。
これが受かれば、残るは専門科目のみ。

金曜日。
軽を車検に出すためにディーラーに行ったら、代車が普通車だった。家の駐車スペースを考えると、小さいのを貸してくれた方が良かったのに。

土曜日。
昼過ぎまで支部展の当番。
今回、なかなかの来場者数。
習作まがいの小品しか出せなかった私は、「あなたの作品はどれ?」と尋ねられるたびに、小さくなって穴の中に隠れたくなった。

日曜日。
午後から搬出。
来年は会場が大きくなるので大作もオッケーらしいが、それまでに少しでもまともな作品が作れてるといいんだけど。・・・来年はソツセイなんだし。

部活女子

台風が来る前に髪を切りに行った。
かっこいい大人の女を目指したつもりが、「部活に忙しい女子高生の頭のようだ」と相方からのコメント。
今朝仕事に行ったら、同僚達からは「今のジャ●ーズな男の子たちの髪型みたい」という感想をいただいた。
つまり、路線を間違えたらしい・・・。
ま、来月はハーフマラソンだし12月はフルマラソンだから、髪は短い方が楽だもんね。

サバオが亡くなったことを知り、ちょっとショック。
ご冥福を祈ります。

台風接近中

今日はたまたま仕事が休みだったので、ラッキーと言えばラッキー。こんな天気の日に、車通勤は怠いもんです。さて、明朝はどうなっていることやら。

今度の家は雨戸があるので、少し安心。
前の賃貸は雨戸がなくて、去年の台風では前の家の小屋が轟音とともに吹っ飛び、留守番の相方も恐怖したとか(その時、私はスクーリング中)。

それにしても、台風が近づくと眠いです。

3連休

3連休もあれば、課題がさくさくと進むだろう。と思うのに、実際家のこととかをやっていると、本当に自分のためだけの時間は半分くらいしかないものである。それでも考えようによっては、それはとても贅沢なこと。子供のいるお母さんだと、更に自分時間はないようだから。

土曜日。
課題の続き。買い物。

日曜日。
高鍋町立美術館で開催中の、「KIWA展」を見に行く。
個人的嗜好の問題だが、やはりシンプルな版数の少ないものに目が行く。
午後から掃除。
版画の作業効率化ために、相方に手伝ってもらって机の位置を変える。
入り口から見ると、部屋の中央奥にどーんと机という配置。なんだか社長室みたい。ただし、机の下にはブルーシート(笑)。

富士山一丁上がり!

と、言われた金曜日。
3回もサンドブラストをやり直した末に、ようやく次の段階へ。
しかし3回も直しが入ると、さすがに心が挫けそうになりました。仕事終わってから45分走って、心を立て直しました。

よく寝る学生の一人である私は、水曜日の晩は9時半にバタン、グー。
立ち仕事や力仕事も大変だけど、目を使う作業ばっかりしていると、無性に疲れて眠くなります。
だから版画やってると、よく寝るのかも。

ラベルの味

もうすぐ9月上旬も終わるというのに、残暑厳しすぎ〜! 30度超えてますがな。

日曜日。
暑さで朦朧としたままラワンベニヤを切断したら、切断面を縦横間違えた。がーん。

月曜日。
仕事前に版画30分。さて、どのくらい作業が進むかというと、版木刀で輪郭を切り込んだだけで時間切れ。うーん。
帰宅後、40分ぐらい走っただけで、汗だらだら。

火曜日。
仕事はダメ出し続き。細かい作業に、一人時々ぶち切れそうになる。
が、八つ当たりする相手もいない。空しい。

日曜日、あまりの暑さに、某飲料会社の天然水を3本も空けてしまった。
全部、採取地の違うミネラルウォーター。ついでだから、利き水ってことで。
味というか舌触りは、それぞれのラベルのとおり。しっかりと硬水の阿蘇、柔らかい軟水の奥大山、すっきりの南アルプス。
ところで、関東以北では、どんな産地のが出てるんだろう。ちょっと試してみたい。

風呂場がスパイシー

ネイチャーゲームの講習のため、相方は朝も早よから阿蘇へ。
ふふふ、一人だ。朝寝できるぞ〜。
と悪巧みしてたら、すでに出発した相方宛のFAXで、たたき起こされてしまいました。チェッ。

洗濯物を干していたら、お隣さんのパパと娘が出てきて、初めて挨拶を交わしました。当然、日本語だけど、いきなり近所で国際交流だ。
パパはヒンディも立派なインド人、娘は初めて見た日印混血。どっちかというと日本人顔だけど、皮膚の色はパパ似かなぁ。パパは日本滞在も長いようなので、いろいろ気を使ってくれました。(が、後から出てきた日本人妻は、ホントに客商売なのか?と思うくらい無愛想。開店直後で疲れてるのかねぇ。)
そのうち、食べに行ってみよう。

午前中は下図作成。午後から、ラワンベニヤをのこぎりで裁断。
上手くいかなくても、とにかく制作してみるさ。

昇り調子か

昨日は仕事が休みだったので、第二回畳の間燻蒸をし、図書館で借りていた本を返して予約していた本を借りて、銀行行って郵便局行って相方と自分のマラソン参加費を振り込み、近所のドラッグストアで週末阿蘇に行く相方のおやつを買い・・・(以下略)

来月と12月のマラソンに参加するので、今週から真面目に走ってます。
昨日は雨が降りそうだったので、早めの時間に走り始め。行きは良かったけど、帰りは昼食食べてなくてバテてしまい、途中の坂道を少しだけ歩いてしまいました。
そのあたりは歩道の横が山の斜面で、コンクリでノリ面を固めていて、その所々に、雨水を流す溝が切ってあります。
汗だくでとぼとぼ歩いていたら、溝のところで急にガサゴソと落ち葉の音が。何だろうと見たら
必死に溝を登ろうとするが、落ち葉に滑ってのたうっている蛇が!!!

飛び退きました、マジで。オソマツ君のようなポーズで。

昇り龍ならぬ昇り蛇? いや、昇り切れてないじゃん。
瑞祥を見たという気分にはなれなかったです(泣)。だって、この世で一番蛇が嫌いですから。

「英語供廚離譽檗璽塙膤福あとは試験のみ。


エスカルゴ

同僚の元隣人一家は、とってもハイソな暮らしぶりで、外食の多い家族だったらしい。
ある時、そこの小学校低学年の息子が
「お母さん、昨日食べた●●のエスカルゴは美味しかったね。なんちゃら(同僚談)ソースが利いてて」
とかなんとかと同僚の目の前で親子で話したそうだ。

同僚と二人して
「エスカルゴなんて食ったことねぇ!」と頷き合う。
かたつむりは食べたくない。雀は平気で食べられるけど。
両生類とは虫類も絶対ダメ。食わず嫌いと言われても、食べないと思う。

しかし小学生くらいの年齢でエスカルゴやフランス料理を食べていると、その先、何を食べると美味と感じるのだろう。

吸血鬼

隣のインド料理店は開店準備で大忙し。
昨日も夜の11時過ぎまで、インド人が大量に集結して、がちゃがちゃとやってました。
・・・ま、開店前だからゆるそう。このくらいの騒音は。
たま〜に、インドの歌を歌っちゃうところも、ゆるそう、ある程度は。

しかし・・・

なんとかなりませんか? いえ、何ともならないんでしょうけど
家の中も外もニンニク臭いんです(泣)

これは逃げ場がなくて、マジ辛いです。ドラキュラの気持ちが良く分かります。

白煙

引っ越ししたばかりの夏や、長期不在で家を閉め切ったままにしていると、畳に大量発生するのが家ダニ君たち。
今年は両方の条件が重なったため、相方の実家から帰ってきた直後から、毎夜ダニにくわれる始末。蚊と違って、ダニにかまれたかゆみって尾を引くから嫌いだぁ。
無論こんな奴らと共存共栄をはかるほど、心の広い人間ではないので・・・

週末、家中を燻蒸しました。
12畳用を3個、6畳用を2個使用。け、煙たい。人間は外にしばらく逃亡。白煙が台所の換気扇から漏れてるけど、雨で目立たないから、玄関に張り紙しなくても大丈夫だろう。
そして消防署に誤報されることもなく、燻蒸終了。

あぁ、やっと安眠できる夜が戻ってきました。

と思ったら、真夜中に近所で火事が。サイレンの音が凄かったです(泣)。窓開けてると、煙臭いし。

火の用心!


ネズミの子

しばらく家の中では見かけなかったゴキ子供を、今朝は台所の流しの下で、仕事から帰った直後には玄関先で発見。即抹殺してしまいましたが、何処かで卵が孵化したってことか。あぁ、嫌だ嫌だ。

「ゴキブリは、1匹見たら30匹いると思え」と言われますが、更に相方が言うには「ネズミの子は20匹」だそうで。

でも、一度に産まれるネズミの子って、せいぜい5、6匹だったと思うけどな。

イタリア

午前中はひたすらガラス板に液ゴムを塗り塗り。
最近、なんでも水性ですね。水性でゴム?ってなんじゃらほいと原材料を見れば、アクリル樹脂が約半分。あとは界面活性剤と消泡剤だったか。それにしても、この液ゴムの匂い、何かに似ていると思うのに思い出せない。

午後からは、イタリア行きの荷物に使う梱包資材作り。カッターで段ボールを切り切り。
イタリアと言えば、老眼鏡着用スタッフばかりのリストランテの漫画は面白かった。ハチクロの作者も、熱いメッセージを帯に描いてます。

食繋がりだけど全然美大に関係ない話。
隣の店舗兼住居の賃貸に、新たな入居者がやって来ることに。ずっと内装工事はしてたけど、イマイチ職種が不明だった。一体何の店になるんだろうと思っていたら、本日判明。
インド料理屋だった。
開店したら、毎日カレーというかスパイス臭いんだろうか。

5連休

そろそろ来月の出勤予定を書き出さないといけないので、ムサビ手帳の9月を眺めながら、課題の作業工程を一人で検討。本刷りの時は、やっぱ3連休ぐらい欲しいよなぁ、とか。
そういえば、来月は0B展があるんだったっけ。作品、まだ着手してないんですけど・・・(汗)。

一応年末まで、課題の提出予定は手帳に書き込んでます。

世の中にはもっと気の早い人がいて、「来年の9月は5連休がありますよ〜」と教えてくれた。カレンダー見ると、確かに。
でもきっとその5連休は、ソツセイの準備で終わりそうな予感がする。

来月から全国紙の新聞も追加で取ることになり、サービスで今日から配達してくれた。
昨日書いたネット注文店頭受け取りサービス中止の本屋は、会社更生法の手続きを申請したらしい。そういう理由だったのか。これは全国紙の記事に載っていた。地元紙は明日ぐらいか?

全国紙も地元紙も同じ販売所が配達してくれるのだけど、ご丁寧にも(その方が手間は省けるのだろうけど)両方に同じ広告の束が入っている。マメに古紙回収に出さないと、恐ろしいことになりそう。そのかわり、版画で使う古新聞に困ることは当分なさそうだ。

全国紙、本の広告がいっぱい載っているのが、とっても嬉しい。

酷暑と酷寒の間

仕事場は酷暑と酷寒が混在する場所で、温度調節が非常に難しい。
ガラス作ってる現場は、夏には50度近くになる。当然暑い。隣の部屋で作業しているだけで、汗だらだら。
一方、机の作業に戻ると、クーラーがガンガンに効いていて酷寒。頭が痛くなるくらい寒い。
こんな風に温度差30度の世界を行ったり来たりしていると、季節感が訳分からなくなってくる。

家にいる時も車運転してる時も、クーラー使わない人なので結構きついです。

もっとエコロジーになろうよ〜(ボソッ)

今年の夏スクは、冷房対策完璧にして行きますわ。去年の失敗を教訓にして。

蚊より弱い

数年前に夏スク用に買って、途中のまま放置されていた蚊取り線香を家で使ったら、喉が痛くなり、そのまま夏風邪に直行してしまいました。
相方には「蚊より弱いって、人間としてどうよ」と言われますが・・・。
もともと扁桃腺持ちだし、喉粘膜弱いし、気管支炎にはすぐなるし。蚊より下層でもいいさ、もう。
でも今年買った低刺激水性リキッドは、喉にきませんよ(嬉)。

で、夏風邪で仕事を休んでいる間に、☆になったはずの人が小惑星KYになって地球にUターンしてきたみたいです。・・・夏スクの時に持って行くはずだったお土産のランクが、一気に下がったのは言うまでもありませんよね。

けどKYって、ますます小室っぽい(笑)。


日曜日。
ついに梅雨明け。夏本番! 暑い!
ドローイングというか、スケブにアイデアメモかいてるだけで、脳みそが溶けそう。

月曜日。
喉がますます痛いぞ。微妙だぞ。早く寝ましょ。

火曜日。
完全に風邪へ移行。19時から寝込む。

水曜日。
仕事休んで、ひたすら寝る。

木曜日。
くそ暑い最中、長袖に首タオルの格好で仕事へ。それでも、暑いんだか寒いんだか分からない。
分からないついでに、平盤で爪も削り、バーナー初作業で手も焼く。あとでじんわり痛かった。

金曜日。
体調に気をつけながら(あんまし気をつけられないけど)仕事。
ガラス棒に金箔を巻き続ける。金箔て、アラビア糊でも接着できるんだね(汗)。あとで電気炉で焼くから、仮留めみたいなもんなんですが、このおおらかなやり方に最初は唖然呆然。
スクーリングで習った、あの繊細な箔の取り合い使い及び貼り付け作業は何だったんだろうか。

6から7

今週から、勤務時間が6時間から7時間へ。16時終了が17時までに。
何でそうなったかと言いますと

夏スクのため、10連休いただきます

ていうのが、表向きの理由で、裏事情は

ガソリン代節約のため

です。・・・もう、限界です。庶民の財布には。(泣)

久々に17時まで働くと、働いたって気はします。いろんな意味で。

月曜日。
いきなり、歓送迎会。
22時就寝の人には、長くて辛い夜だった。

火曜日。
ひじょーに眠い。カフェインと噛む噛むキャンディーで、通勤中の睡魔と闘う。

水曜日。
金融機関を巡るだけで、半日潰れる。
午後には、雑誌読みかけのまま睡魔に潰される。

木曜日、金曜日。
仕事。英語兇離譽檗璽箸返却。
意味不明な講評・・・。合格してたから、いいけどさ。

土曜日。
夏スクの下図作成のための写真を撮りに行ったはずが、途中から海岸で石拾い。
丸いきれいな石を拾い集める。だって高いんっすよ、庭用の砕石て。
バケツに水突っ込んで、只今塩抜き中。でもナメクジ対策には、少々塩気が残ってた方が良いかな。


カビる

停滞中の梅雨前線のおかげで、降る降る雨が、溜まる溜まる湿気がの日々ですが

ついに、カビが生えてしまいました。

電話台代わりに使っている、安物のカラーボックスに

たまに漫画やエッセイで、畳にカビが生えたとかキノコが生えたとかっていう話があるけど、まさか本当に生えるものだとは思わなかったです。家の中で、畳じゃないけど、カラーボックスの側面に、どばぁっと青カビ。

恐るべし、湿気!

毎日換気して、毎週拭き掃除もしてたんですけどねぇ。
しかしなんでカラーボックスの中でも、一番安くて痛んでいるヤツを醸したんだろう。
とても栄養があるとは思えないんですけど・・・。

取りあえず掃除した後に、エアコンのからっと除湿をかけました。
ビバ、文明の利器! オーノー、電気代(涙)。

利き目

利き腕と同じように、人間には利き目があります。
遠くを見る時に使う方が、利き目だそうです。小さい穴の空いた厚紙を作って、その穴から離れた目標物を覗いてみると、どちらが利き目かすぐに分かるそうです。

私は左目。そうか、だからカメラのファインダーを左で見ちゃうのか。

それにしても、最近ハードコンタクトの寿命が短い。
たった3年とは・・・とほほほ。

金運・その後

去年夏スクの狭間に会った大学時代の後輩に手相を見て貰った結果
金運線のない女であることが発覚。
か、金が貯まらんわけだ〜。

今行ってる会社の同僚に、やはり何故か手相を読める中国人がいて
その人に昨日初めて手相を見て貰った。その結果は

「仕事運はあるよ、仕事運には恵まれている。キャリアウーマンに慣れる人。でも、一度途切れている」
それは結婚して、仕事を辞めたからだよ。
「また仕事に恵まれるチャンスはある。あと2回。40代、50代」
じゃあ、新たな仕事で、キャリアウーマンになれるなら、お金持ちになれるのか? 私。
「金運線、ないね。お金貯まらない」
えぇー!

「だって、お金は使うものだと思っている人だから、貯まらないよ」
ま、それは否定できない。でも一応、貯金はしてんだけど・・・。
「お金の半分は、自分のために使う。残りの半分は、人のために使っているね」
確かに、今のパート代の半分は、ムサビのためです。残りの半分はガソリン代と家賃です。

どうやら、大金持ちにはなれそうにないです。

が、逆に考えれば、自分が必要だと思う額、プラス他人のために使える額は、稼げるっちゅうことですね。
よっしゃー、頑張るぞ。

汗疱

季節は冬から春、そして夏へ。
この気温、この湿度くらいまで上がってくると、そろそろヤツの気配を感じる。
現に、指の側面がむずむずし始める。そして・・・

ぷくっと現れるちっちゃな水泡。指の側面に並んで現れる、ちびなヤツ。

それが汗疱。

もう10年以上のお付き合いの、謎の症状。
皮膚科に行ってみたけど、「ただの汗疱ですから」の一言で放置されてしまった。

でもぉ、見た目が水虫君のようで、あまりきれいじゃないんですけどぉ。
結婚指輪を貰った時、ちょっと困りましたがなぁ。ぷつぷつと水疱のできた指で(泣)。

今年もそろそろ、汗疱の季節です。ムキィッ!

筆記体

カレーもいいけど、カツ丼が食べたい昨日今日です。

ちまちまと出勤前の10分ぐらいと、就寝前の30分で英訳を続けてます。
単語をノートの左ページに書き出し、右ページに全訳。
英語は筆記体で書きます。レポートもテストも筆記体。

最近の高校生は、筆記体が書けない人が多いらしいです。だって学校で習ってないから。
私らの時も中一の夏休み前に、先生が書き順だけささっと教えてくれて、後は
「夏休み中に自分で練習して、2学期からは全部筆記体で書けるようになっとけよ」で終わりでした。
夏休みの宿題を、教科書の裏の筆記体一覧表見ながら、一生懸命書いた覚えがあります。

でも、米国帰りの友人に言わせると
「古いアメリカ人ぐらいだよ、筆記体使うのなんて」
だそうですから、ご安心を。

けどやっぱりサインは、筆記体がカッコイイ! と思ってます。

雨天

これで400本目のエントリーです。
なんか、あっという間に400本。500本目もあっという間なんだろうなぁ。

土曜日の夜更けから早朝にかけては、天の底が抜け落ちたんじゃないかと思うぐらいの豪雨。
空の何処に、あれだけの水が溜まっていたんだろう。

チベットで見た雨の降り始めは、雲の底がさぁぁぁぁと霧のように溶けて(雨雲がもくもくと湧き上がるのと逆の現象)、そのまま雨に変わって、風と共に草原の上を通り過ぎて行った。
何でもないけど、不思議に心に残った風景。

長距離を走っている時の感覚は、自分の中に空があって雲を見つめているのと同じようだ。
と、村上春樹が書いていた。


雲が描いてみたい。

漬け物石

仕事終わって、5時までにゆうちょに行かなきゃいけないのに、
こういう急ぐ時に限って、遅ぉぉぉぉい車が前を走っていたりするのだ。
朝は軽トラ渋滞が偶にあるが、夕方は紅葉マークの白いセダンや軽四なんかが多い。

後ろの車列を顧みず、マイペースで走り続ける車を、漬け物石と呼びます。

そういえば最近、マイぬか床がブームらしい。
近所のスーパーでも容器ごと売られていて、一瞬心が動いたけど、
夏スクの留守中に、相方がぬか床の世話をしてくれなさそうなので断念した。

美味しい漬け物が食べたい。

捻挫・湿布・多汗

昨日の夕方走っていて、ん年振りに足首をひねってしまいました。怪我せずに走るのが、市民ランナーの基本なのに。しくしくしく。
湿布貼って仕事に行くと、待っていたのは梱包作業。オーノー! ま、そんなに重い荷物ではなかったので、捻挫が悪化することもなかったですが・・・。
でも、倉庫で作業をしていると、暑いです。
昔はそうでもなかったのに、走るようになってから、すごい汗かき女になってしまいました。しかも顔はあまり汗かかないのに、身体の方がすごいんです。周りの人が心配するほど、汗かきます。特に背中や脇、太股とか膝裏も。

湿布が汗にかぶれて、痒かったです。
そして、靴下のはき口とおりに、汗疹が赤く足首を一周してました。


リューター

半年近く通い続けて、いよいよ来週最後の治療となりました、歯医者。な、長かった〜。

最近の歯の詰め物は樹脂で、色も白いので歯との違和感が少ないです。
アッちゅう間に固まるけど、どういう成分で出来てるんだろう。この前、一本の歯に三箇所穴開けた時は、口の中に機械突っ込まれて、ピッという電子音がしたら終了だったけど・・・。あれって、超小型の電子レンジか? 謎である。

昔の詰め物と言えば、銀歯、金歯。金歯はないけど、銀色の詰め物はあります。
正確にはあれは銀ではなく、水銀含有物だそうで。身体に良いのか悪いのか。
今通ってる歯医者の先生曰く「歯が水銀の色素に染まって黒くなるし、気になるようだったら、取って詰め替えるよ」とのこと。
うーん、それはそれで痛そうなんですが・・・。

仕事でガラスのがびがび面にリューターをかけていると、歯医者を思い出します。そういう音がします。
でも、リューターって便利。これが一本あれば、銀粘土の磨きで挫折することもなかったのになぁ。

最近、彫金がやってみたいです。金繋ぎも興味があります。
手仕事が楽しい。

長靴

かれこれ3年あまり悩み続けた末、ついに買ってしまいました、長靴。

しかも今とっても来てるらしい、某おフランスのアウトドアメーカーの長靴。
確かに品質は良い。天然ゴムで柔らかく、反りも良く、とっても歩きやすい。でも、お値段もそれなりだ(だから悩んでたんだよ〜)。
私が買ったのは、ファッション誌などに取り上げられてる細身タイプ(おされなタウンユース向け)、ではなく定番中の定番タイプ。ジーンズの裾を長靴に突っ込むと、あっという間にカントリーユーススタイルの出来上がり。

そんな格好のまま、車運転して仕事に行きました。スーパーにお買い物にも行きました。

最近、何かを捨てつつあるようで、不安です(泣)。

スクーリング中、小汚い作業着のまま学食でご飯食べるのが平気になる、あの感覚に似てる気がします。

花束とキャリアアップ

ジャガビーとじゃがポックル食べ比べ大会・その1。昨日の夕飯後、相方と。
じゃがポックルの方が、お出汁の味が利いている・・・かな。
食べ比べ大会・その2は、明日の昼休み会社で開催予定。主婦連の味覚はどう判断するか。

手羽さんはいっぱいお花を貰って、出世街道を突き進みつつあるようですね。サラリーマンの鏡。
何はともあれ、オーキャン&ムサタマトークお疲れさまでした。ご近所に住んでいたら、何が何でも行ったのに、残念。

北海道帰りの相方が、何気なく一言。
「北海道に転勤て、どうよ?」
おいおいおいおい。

一番最初の仕事を辞めた時、同僚から花束を貰った。
その後は(一応)転勤族の奥さんなので、転勤・引越する度に、総ては0からのリ・スタート。自分自身のキャリアアップは、あまり望めない。
今やってる仕事も、次に繋げるのは難しい。ま、特殊なことやってますから、特に今は。
なら、いっそうのこと、好きなこと、興味のあることだけを、仕事に選び続けるか。

で、北海道の転勤話ですが・・・
少なくとも、ムサビ卒業するまではご遠慮願いたいです。

食べ比べ

おきなまろさんの日記を読んで、つい買ってしまった「聖☆お兄さん」1巻。このゆるい笑いを、会社で伝道しています。
こんな話読んで笑えるぐらいが、世の中平和でいいよね。

相方が北海道土産を大量購入して来たのですが・・・(事前に指令を送っていたのもあるけど)
久々に見た白い恋人の缶の可愛さに笑い、鮭プリッツの鮭ふりかけっぽい味にはまり、小豆プリッツは個人的にダメで(甘い系プリッツは苦手なもんで)、ブレイク中の生キャラメルはやはり美味で(花畑牧場のはゲットできず)、
そして何より気になったことは

じゃがポックルとジャガビーて似てる?

今度、食べ比べしてみたいです。

混色

北海道に出張だった相方ご帰還祝いに、金曜日の晩ご飯はカレー。
前日晩から仕込んだ、夏野菜たっぷりシーフードカレー。
材料は定番の玉ねぎ、にんじんから、ナス、ピーマン、トマト(このあたりは、冷蔵庫野菜室の在庫一掃)。メインのシーフードは真イカ、ホタテ、エビ。

で、出来上がってみると、ルーが得も言われぬ色に。強いて表現するなら、パレットに残った絵の具を全色混ぜたようなどどめ色のグレー。或いは、溝川のヘドロのような色。
イカスミのブラックに、ターメリックの黄色もトマトの赤も勝てなかったらしい。

視覚的には食欲をそそる色ではない。

でも、味は美味だったんだよー。

面取り

本日のお仕事の一部。根付け用のガラス研磨。
簡単に言えば、適当な大きさにカットしたガラスを、適当に平盤で擦って、適当な形にすること。
「四角より、変な形の方が売れるんだよね」らしいです。
なので、自然っぽい形を目指して、まぁ適当に・・・。焼くと、形が微妙に変わりますから(笑)。
そして角のイガイガは嫌われるので、総て面取りの加工。そんなの自然な形かいな。でもまた焼くと・・・なのですが。

ついでに自分の爪も、若干面取りしてしまいました。あぁ、またか〜。

座布団

本日は仕事も歯医者も版画教室も休みだったので、友人とショッピングセンターへ。平日の昼間、土砂降り、でも結構人は来てました。

昔読んだ風水だか何だかの本に、「ぬいぐるみを床に直接置いておくと、家の運気が吸い取られる」と書いてあって、それ以来我が家の唯一のぬいぐるみ・名古屋水族館売店で捕獲されたセール品ペンギン・グレ様は、大抵座椅子かクッションか折りたたみ椅子の上に鎮座しています。
が、今回の引っ越しで、上記物件が軒並み使用中になり、グレ様の座る場所がなくなってしまいました。今は畳の上に直置き。

ま、気にしなきゃいいんだろうけど、やはり今更なので気になってしまいます。

というわけで、ショッピングセンターの雑貨屋やインテリアショップをあちこち見て回りましたが、意外にお手頃なサイズの座布団がない。

なので悲しくなって、バーゲン特価になっていたサンダルを買ってしまいました。

グレちゃん、ごめん。

30分

相方のパソコンデスク周辺に積まれたままになっている段ボール箱達は、敢えて無視して・・・
英語兇料缶再開。
でも、30分で脳みそが疲れます。たるんだ左脳に、持続力が足りません。

近頃本屋に「1日30分を続けなさい」てなタイトルの本が並んでありますが、以前聞いた話では、人間が集中できる時間は30分ぐらいが限界だとか。なので、30分集中して勉強すれば十分じゃんということ。

なら、十分じゃないか、英語の勉強。
あとは、これが毎日続くかどうかが問題。

確かに30分あれば、意外にいろんなことができたりはします。
おかずの一品ぐらいは確実に作れるし、5キロは余裕で走れます。

小さな30分をコツコツと。

それより、ネットをぐるぐる見てる時間を他に回せば、もっと有意義な時間が過ごせる気もする今日この頃。
やる気がない時ほど、ネットをぐるぐる回ってますもんね。反省。

開墾中

田舎のことなので、当然ながら車社会です。
相方も私も通勤は車(相方は片道15キロぐらい、私は片道30キロ)。
・・・ガソリン代が家計を圧迫してます(泣)。人間様のご飯代より、車のメシ代の方が高い。

ガソリンがリッター200円台になったら、真剣に転職を考えようと思う今日この頃です。

いろいろな物の値段が高くなっているし、小さな庭もできたことだしと、先週ぐらいから草抜きしながら庭を開墾中です。
前住人は庭いじりの暇がなかったらしく、雑草は生やしてなかったけど、何かを植えた形跡もなし。土中からは、出てくる出てくる石ころ。だんだん気分は、開墾にはげむ農民って感じになってます。
石を庭の端に並べつつ、次は腐養土を投入だ。そしてまずは大葉植えて、ジャガイモ植えて、ブチトマトとバジルとゴーヤを植えたいな。食べれないけど、朝顔とラベンダーも植えてみたい。
と、楽しく妄想していたら、最近は家庭菜園がブームらしくて、苗の値段が急上昇中。

みんな、考えることは一緒なのか。チェッ。

秘密基地

見渡せる範囲内では、ほぼ荷物の片づけは終了したわけですが・・・(パッと見えない範囲は、まだ手つかず>オイオイ)
・・・なんか脱力感に襲われてます。気持ちが通常ペースに戻り切りません。
7月の試験、レポート間に合わなくなっちゃった(泣)。また気持ちを切り替えて、カンパーレ! 自分。

今度の家は湿気対策のためか、床下も天井も高いです。玄関開けると、いきなり3段階段。天井も高いうえに、各部屋通気口付き。
そんなわけで、前賃貸の時のような閉塞感はあまり感じないです。家に帰ると、ホッと落ち着けます。でも多分、冬は寒いんだろうなぁ。

とまぁ、空間的には開放的で快適なんですが・・・
何故か相方は、3畳ぐらいの収納部屋が気になるようです。
「これがあるから、借りたいと思った」と言うぐらい、気に入っているようです。

3畳のために、家賃1万円アップかよ!

しかし不思議なことに、引っ越しを手伝ってくれた相方の同僚ズも、みんな口を揃えて
「この部屋、いいっすね」
「書斎になりますよ〜」
「絶対引きこもりたくなりますよね」
という好反応。

メンズは、基本的に狭い空間が好きなのか?

大きな子供の秘密基地、みたいなものかな。

ないしょ・ないしょ

円満な夫婦関係の維持には、コミュニケーションが必要です。
ともに蘊蓄たれ蔵&相手を論破するのが大好き夫婦は、常日頃くだらないことをべらべらと喋っているわけですが・・・

家が広くなると声が届かない。ホント。

以前のコーポだと、別々の部屋にいて喋っても会話が成立していたのに、今度の家では何を喋っているのか聞き取れません。

お互い、声がでかくなりそうです。・・・ちょっと恥ずかしいなぁ。

2歩先

お久しぶりです。ようやく今朝、ネットが開通しまして・・・(嬉)。

荷物&人間2名&車2台もろとも、新居に大移動完了。
・・・ま、まだ家の中は、段ボールが溢れておりますが(汗)。

居住空間が広くなったため、今までちょこっとの移動ですんでいたのに、何をするにしても2歩ぐらい余分に動かないといけなくなりました。
物を取るのも2歩先、片づけるのも2歩先。

人生も、2歩ぐらい先まで読めるといいのかも。
でもそれはそれで、つまんないんだろうな、きっと。

へこむ

木曜日。
仕事、荷物運び。新居前で、隣のブロックに軽く車が接触。後ろがちょこっとへこむ。気持ちもへこむ(涙)。
「縦列駐車の要領で、やればよかったのに」と相方に言われたが、自慢じゃないが、教習所以来縦列駐車なんぞほとんどしたことないんだよ。

金曜日。
仕事、荷物運び。買い物。

土曜日。
いよいよ、引っ越し作業の魔境、台所部門に突入。
進まないんだよねぇ、台所用品って。半日で、流しの下とつり下げ棚までは終了。食器棚の中身は、また明日。

ここ数日で分かったことは、意外に荷物は少ないらしい、我が家って。
そういえば前回の引っ越しの時、新しく借りた部屋が狭くて、大量に荷物を処分したんだっけ。今回は新居の方が圧倒的に広いため、荷物が余計に少なく見える。
が、ここで油断していると、次回の引っ越しで泣きをみるんだな。ということで、使わない物は処分する方向で整理中。

理想の空間

昨日、敷金やら保険料やら諸々払い終わり、ようやく新居のカギをいただきました。
今の住み処はハウスメーカーの賃貸タイプで、コンパクトな動線で暮らせる空間です。新しい住み処は平屋一軒家の借家。確かに広いです。だけど広くなくていい空間が無駄に広くて、もうちょっと欲しいなというところが狭かったりします。ま、所詮、賃貸だから仕方ないんだけど。

自分のライフスタイルに最適な空間を作るには、やはり自分の家を建てるしかないのか? でもそれはそれで、諸々の制約を受けることになるのでしょう、きっと。

どこだって住めば都さ、多分。

今日、少しだけ荷物の移動をしましたが、画材というかムサビ関係の荷物だけで嫌になりました。

段ボールライフ

いきなり月曜日からガラスを指に刺して、へこみ気味です。

仕事帰りに、会社の向かいにあるゴミ捨て場で段ボールを漁り、部屋にはじわじわと段ボールが蔓延しつつあります。
しかし近距離の引っ越しって、気合いが入らないです。
「このまんま適当に車につめて、運んじゃえ〜」とか思ってしまうから、全然片づきません。

今月中に、この短い大移動計画は成功するのか?

保証人

引っ越しに際し、保証人の署名、捺印、印鑑証明が必要とのことで、書類を実家に送りました。そういえば、こんなものがありましたわね。
業者によっては年金生活者の保証人はダメというケースもあったりして、最近のお引っ越し事情は厳しいです。親がダメなら、次は兄弟か? でも、兄弟いない場合はどうすんだろう。自分が年取った時は、子供に頼むのか? でも子供いない夫婦だっているよな〜。
・・・少子高齢化社会における、保証人制度について、しばし考えてしまいました。

保証人がいなけりゃ、保証金だろう、きっと。

英語兇呂△硲殴據璽弧せば、レポート一本目が書けます。が、返信先を新旧どちらの住所にするか、しばし悩んでおります。来週中に提出できれば、頑張って7月の試験に間に合わせたいと思うんですけどねーねー。でも引っ越しもあるしなーなー。無理かなぁ。

いごくな

仕事のお休み日を変更しなきゃ、と今朝会社に行って、転居するからと言ったら

「5月は引っ越しちゃダメなんだよ」の大合唱。

な、何で?

南九州の風習で、
「1(い)、5(ご)、9(く)な」と読める1月、5月、9月は家移りを嫌うそうです。
どうしようもない時は、前月に荷物ひとつだけ新居に持って行ったり、一晩泊まりにいったりするそうです。
「ネコの子ももらうな」と言って、結納や結婚まで避ける地域もあるとか。

そ、そんな〜。
でも、今住んでる所の退去届けも出しちゃったし、今更来月まで延ばせない。

ということで、私も相方も南九州人でないので、聞かなかったことにしておきます。

引っ越し

突然ですが、今月中の引っ越しが決定いたしました〜!!!
引っ越すといっても、ご近所。番地が変わるぐらいのショート移住。
業者に頼むほどの距離ではないけど、地道に二人でやるには辛〜い話ですな。対策考えます。

インターネットが工事の関係もあって、半月ぐらいネット繋げられないかも、です。飛行機のネット予約もできないのかぁ。困るなぁ。夏スクの帰り道、どうしましょ。

さて、不要品の選別に着手せねば。
この機会に、要らないものはすぱっと捨てましょう、あげましょう、売りましょう、です。

ディジーなカメ

ディジーなカメ(相方命名)こと、デジカメ。

相方もカメラ小僧(ただし中年)なら、実家の父親もカメラ親父(ただし前期高齢者)でありまして、しかも父親は最新機種やら高性能が大好きという問題児。さすがに今は年金生活者なので、高額なお買い物は控え気味・・・だったはずなのに・・・

今春発売されたばかりの新機種に、買い換えてやがりました。たった3年で。

デジカメの進化の度合いを考えれば、3年で買い換えというのは無難だとは思いますけど。

そんでもってデジカメ替えたら、パソコン本体も替えなくちゃならなくなり、8時間かけて帰省してきた娘夫婦に会うなり一言
「パソコン買いたいから、電気店に一緒に来てくれ」
確かに今のデジカメは、Meに対応出来ませんわ、お父さん。更に
「プリンターも買い換えるから」

帰省したその日のうちに、デスクトップパソコンとA3プリンターを買いにいくことになるとは思いませんでした。この道楽老人め。

「でもその道楽のおかげで、デジカメとプリンタもらえたからいいじゃんか」と相方。そうだけどさ、自分の親ながら、ちょっと呆れてます。

というわけで、想定外の一眼レフのデジカメとA3プリンタが我が家にドナドナされてきました。
一眼レフのデジカメに興味はなかったんだけどねぇ。ま、いいか。
A3プリンタはありがたいですが、置くスペースを考えないといけないので、まだ箱の中で眠ってます。下手すると、引っ越しまでそのまんまかも。


光ぐるぐる

日曜日。
鹿屋ばら園へ。今年は開花が遅れていて、6分咲き。
帰りは黒潮ロードを通ったら、凄い時間短縮。恐るべし広域農道。信号、幾つあったっけ。

月曜日。
引っ越し検討中につき、借家を二軒見て回る。一長一短。

別に今住んでる場所に問題はないんだけど、ソツセイのことを考えると、今年中に引っ越しておいた方がベターかなぁという話。絵画ほどスペースを取ることはないと思うけど・・・。

しかし、意外なところで問題発覚。
街の中心部に近い住宅地なのに、インターネットの光が届かない!
あと1ブロック分進んでもらえると可能エリアなのに(涙)。
今更、ADSLに戻りたくないです。

接客

こんばんは。カイラスアイラグ☆ふかです。
欧米か!なネーミングが急増していたので、ちょっとだけ東洋風で。半分チベットで半分モンゴル関係です。どちらも大好きです。

木曜日。
雨の中、半日接客。といっても、土砂降りで客少なし。

金曜日。
通常業務。

土曜日。
一日中、野外テントで接客。人、人、人。気温は夏日。
・・・暑くて、熱中症で倒れるかと思いました。
水分摂る時間ぐらいはくれ〜。


それにしても、お客さんに声をかけるタイミングて難しいですね。一人でじっくり見たい人もいるし、そうでない人もいるし。
お客さんもいろんなタイプがいて、人間観察するには楽しい一日でした。
が、一日だけだと思うからやれるだけで、基本的にはサービス業に向くタイプではないようです。愛想笑い下手だし。

軽い熱中症で、まだ頭痛がします。帰ってから水分摂りまくり。スコールが美味です。

まがる

相方の休暇と自分の仕事の関係で、GWの飛び石を無理矢理埋めて5連休にし、1年振りに実家に帰ってました。
某国税でガソリンスタンドは大混乱ですが、M崎から実家までは7時間強のドライブ&船旅です。九州側は高速道路がないから、総て一般国道で3時間半。・・・税金払うから、早く東九州自動車道を完成させてください。
あ、長旅で空っぽになったマイカーのお腹のために、昨日ちゃんと給油はすませましたけどね(笑)。

実家では当然ながらネイティブな伊予弁が飛び交うので、三重県民の相方は時々???の様子。

(問)「まがるって、曲がる?」
(答)不正解
正しい意味は、触る。邪魔になる。
類似の言葉に「いろう」もあります。こっちは邪魔という意味はありません。

パジャマの謎

先週ぐらいから、ダメダメ人間モード全開で、DVDを観続けてました。
今更ながらの韓流ドラマ(苦笑)。スカパー!で見損ねた回だけ借りてきて、ようやく総ての謎が繋がりました。
でも日本版ということで、ちょこちょこと場面がカットされてて、「話の流れがおかしいぞ〜」みたいな部分もあります。完全版は放送してくれないだろうなぁ〜。「冬ソナ」や「チャングム」みたいにドメジャーな話じゃないし。

で、ずっと気になっていたことが1つ。

何故、主人公たちは、服を着たままベットに寝るのか?

パジャマ姿って、電波的にタブーなんでしょうか。
昼間のまんまの格好で布団かぶってるのを見ると、つい「布団が汚れるから、着替えろよ」と思ってしまいます。
それにパジャマじゃないと、なんとなくリアリティに欠ける気がするんだけど。

ということで、一週間も英語をほったらかし(汗)。
さて、今月中にレポート一本目は提出できるのか?(昨晩は2ページ訳しました)。

キャラクター

歯医者で一時間も口を開けっ放しで、あごが疲れました。
今日は最大の歯石が破砕されましたが、また来週レントゲンでどれだけ歯石がとれたかチェックをするらしいです。・・・虫歯治療は何時になるんだ?

仕事休みだったので、給与振り込み用の口座開設に行きました。
しかし、同じ銀行の、2つの支店で口座を持つことになろうとは・・・めんどくさい。

今度の口座は、もうひとつのと混同しないように、キャラクター通帳にしてくれました。
ちなみに神話の国ですので、キャラクターは埴輪です。昔は、ネズミとネコのアニメキャラを使用していたような気が・・・。経費節減なのか、いつのまにか自前埴輪キャラに。
そういえば一時期、どこの銀行もいろんなキャラを使ってましたよね。黒いひよこや白い犬の通帳も持ってたなぁ。


陶器と霧島カレー

金曜日に行った個展の感想、付け足し。
自分で作ったから余計に気になったのだろうけど、作品説明(キャプション)のパネルの位置。
ガラスケースに入った作品の足元やサイコロに立てかけられた状態のがあって、ちょっぴりぎざぎざの裁断面が観客から丸見えなのが・・・・・・嫌だった。(こんな置き方すると分かってれば、もっと気をつけて裁断したがな〜。すいませーん)
作品の背面に貼り付けちゃダメなんだろうか。

土曜日。
鹿児島の試験会場でお会いした、工デの方の窯開きを見に行く。
霧島のかなり山奥だったので、いきなり道に迷う。仕方ないので、携帯で場所を尋ねる。
・・・道が一本違うじゃんかー!
無事に窯元にたどり着き、久々にご本人とも対面。窯や制作場所を案内してもらう。作品も初めて見るが、自然釉て微妙な色合いで面白い。欲しかった丼鉢を2個購入。

それにしても、試験会場で2回、あと羽田空港で偶然1回(お互い、夏スクで上京したばかりだった)会っただけなのに(時々、メールで情報交換はしてたが)、こうして人の交流が始まっていく不思議。
通信に行ってなかったら、知り合うこともなかっただろうな。
この人もそうだが、通信で知り合った人達は、お互い住む場所も世代も仕事も全く違う。
けど、何かを作っている者同士、何となく話の底辺で通じ合うものがある。


帰りの高速のPAで、遅い昼食。そういえば、PAやSAでご飯を食べるのは久々かも。意外に美味だった、カレー。

ほとんど自分で運転して目が疲れた所為か、夜の8時過ぎから眠くて〜。

日曜日。
うたた寝のつもりが大爆睡で、トータル11時間睡眠。寝過ぎで身体が痛い。
掃除をしたら、お弁当のおかずを作り置きして、それから課題だよーん。

高嶺の花

マンゴー初競りは、東京で20万円とか(汗)。
地元の百貨店で、2個10万円てのが飾ってありました。一口お幾ら?
今年は(も、が正しいか)マンゴーを口にすることはないようです。

工房の先生の個展を女8人で見に行ったら、先生が昼ご飯代を出してくれました(多謝多謝)。
すかさず主婦達が思ったことは、「これで、家族一食分が浮いたわv」
仕事でお金持ち値段の作品を見慣れても、庶民はどこまでも庶民です。

全然関係ないけど、火曜日に遭遇したウサギは、野兎だそうです。地元民証言。
えぇ〜、そんな田舎に通勤してるのか、私。
「ウサギならカワイイじゃん。夜にイノシシと接触したことあるよ」というコメントもいただきました。
イノシシ・・・は車が壊れそうで嫌です。

脱兎

今朝、通勤途中に、あやうくウサギをはねそうになりました。
いくらなんでも、野兎じゃ・・・ないよねぇ(汗)。何処かの家から脱走したのかな。

走る(跳ぶ)ウサギは、結構速かったです。

学習の方は鈍亀状態ですが・・・。
もうすぐ「英語供廚裡云亙は全訳終わるぞ! っても、まだ残りの方が多いです。

「工芸機廚離好ーリングを何時受講するか悩み中。
名古屋と奈良の地方スクーリングもあるけど、どっちが陶磁器でどっちがガラス工場見学? それとも両方とも両方? シラバスと学習指導書を読むも不明。

「ライバル日本美術史」は、美術史入門書の1つとして読むには面白いです。 

パネル

最近やった仕事のひとつ。
展示パネルの作成。のりパネルにプリントアウトした紙を貼って、周りをカッターで切断するだけ。
ある意味、簡単作業。でも意外に、まっすぐ切れないパネル(怒)。
カッターの刃がどんどん減るよ〜。

で、近日から、とある場所のとある百貨店に展示されます。
私が作ったパネルたち。

誰もそんなもの、まじまじと見ないだろうけどね。

ライバル

3週連続、日曜日が雨です。シーツなんかの大物が洗濯できなーい。
せっかく咲き出した桜はどうなったかな。

英語兇魯殴襯縫の途中まで進む。今月中に全訳は無理っぽい・・・かも。

図書館で、クウネルと芸術新潮のバックナンバー、「ライバル日本美術史」「デザインの視点・はじまりの物語」を借りる。

雑誌はささっと読み飛ばし。
そういえば、クウネルの今月号に載っていた「鶏肉のヨーグルト煮」を試しに作ってみたら、確かに超簡単なのに超美味! これは我が家の定番メニューに加えねば。

ライバル関係から見る日本美術史は、微妙に「これとこれがライバル?」というのもありますが、まぁいろんな視点から歴史を読み解くのは楽しいかも。

ソメイヨシノ

やっぱ2連休って幸せですね〜。私の時間がたっぷり、てな感じで。

でも実を言うともう午後茶の時間なのに、まだ家の掃除してないし、買い物も行ってないし、お弁当のおかずも作ってないし、来週から午後出勤の相方の昼飯おかずも用意していない。
ついでに言うと、試刷りのデータを保管してないし、英語もやってないし、課題の版作りも途中のまんま。
やることいっぱいありますがな。

が、体調不良につき、半日寝てました(爆)。

今日から近所の公園で、桜祭り開催。満開でないところが惜しいかな。

個人的には桜より梅が好きで、桜ならメイヨシノより山桜系が好きです。
そういえば子供の頃、ソメイヨシノは「ソメ・イヨシノ」だと思い込んでいました。だから未だに、ソメ・イヨシノみたいな区切りで発音してしまいます。

ぷっくり

去年の冬ぐらいから、左手首の一部がぷっくりと膨らんできた。触ると固くて、なんか骨が飛び出ているような感じ。関節が変形してるのか?
怖いので無視していたら、だんだんでかくなってきて、最近は机で作業すると時々机に当たって痛い・・・というか邪魔。
そもそも、これは一体何だろう。
仮に病院に行くにしても、何科に行けば良いのか? 関節関係だから整形外科か。
謎なぷっくり。

病院といえば、歯医者に週一で通っているが、未だに先生に辿り着けず。この2ヶ月半、ずっと歯科衛生士のお姉ちゃんに歯石取りをしてもらっている。虫歯の治療は何時から始まるの?

この歯医者、大体朝9時に予約を入れているのに、9時ちょうどに診療が始まった試しがない。
待合室と治療室はドアで仕切られているけど、9時から朝礼をしたり事務の引き継ぎをしていたりするのがよく聞こえる。9時過ぎてから、歯科衛生士の人が慌てて駆け込んで来るのが、待合いのカウンター越しに見えたこともある。

このてげてげタイムは、「郷に入ったら郷に従え」で諦めるしかないのか。それでも待合室で10分も15分も待たされていると、ちょっぴり腹は立ってくる。人の貴重な休日タイムを、1分たりと無駄にしないでくれ〜。

でもその後、疲れてリビングで昼寝してたら意味ないか。


4月になれば

手羽さんの手の込んだタマビ日記より、メンバーの学籍が変わってないことが気になった今日。
留年留年と一人で騒いでいたから、3年生にされたまんまなのかと一瞬あせっちゃいましたが、なーんだみんなそのまんまだ(笑)。

ということで、今年度は1回目の4年生です。
さっき学習計画も入力してきました。

今年度の単位取得予定科目は
英語供版画掘版画后版画此できれば、版画擦癲

スクーリングは、夏にまとめて2週間連続でとる予定です。今年は体調万全で臨みたい、というのがささやかな希望。去年はボロボロだったもんなぁ(思い出すだけでも涙)。そんでもって、少しでも納得のいく作品作りたいです。

今年は実技課題を重点的に頑張るぞー! カンパーレ、自分。

年度末

今日で平成19年度は終了ですが、・・・あんまし関係ない日々です。

2週連続で2連休なしで働いたら、左目にものもらいができました。どうやら、お疲れのようです。
家の掃除をさぼって、ちょこっとだけ昼寝して、それから「英語供廚鬘灰據璽犬舛腓辰般しました。

ムサビ通信4月号が、早々と到着。
明日から4年生なんだなぁ。

田の神さぁ

明日から仕事場近くで、ガラクタ骨董市が開催。

2,3年前に覗いたことがあるけど、そこで売っていた田の神さぁ達が、ひじょうにツボだった。農地の区画整備等で、畦端から引退された方々がドナドナされたようだが、あの摩滅具合が良い。

庭先にひとつ置いてみたい、田の神さぁ。

ブンブン

とある昼休み
「その弁当、何処で買ったと?」
「ブンブンで」

あのぉ〜、ブンブンて何処ですか?(問)

(答)セブンイレブン

こんな、略し方があったのか。知らなかったです。

ムサビDNA

日曜日。
午前中に家の雑用&買い物をしたあと、4時間爆睡。
・・・私の半日は何だったんでしょうか。
オークションでゲットしたガリ版を掃除するが、これが戦前の物でびっくり。しかも普通のガリ版じゃない。
やすりもろう原紙も不要。直接ガラス板に描くだけで版が完成するという、簡易リトグラフのような製版方法。謎だ〜。

月曜日。仕事。

火曜日。仕事。
疲れてて、つい「ハチクロ」の8巻から10巻を買ってしまふ。そのうちアニメのDVDを買いそうで怖い。

本日休み。

今の仕事場には、ムサビ卒が自分を含めて3名いる。一人は通信の先輩で面識もあったけど、もう一人は仕事に行き始めてからムサビ卒だと知る。
制作をしている時のその人の姿を見ていると、つくづく「あぁ、ムサビの人だなぁ」と思う。何だろう、あれは。制作をしている時の、その人の周りに漂う空気は、とても鷹の台を思い出させる。
ムサビのDNAが流れているのかなぁ。

でも女子美卒の人に言わせると、「女子美では、あきらかに浮くタイプ」(笑)・・・らしいです。
どうなんだ? ムサビDNAって。

480キロ

先週月曜日からたった6日間で、通勤と版画教室で走った走行距離。
最近、毎週末ガソリン入れてる気がします(泣)。人間様より高い車のエンゲル係数。

友人の旦那さんは、自家用車兼商用車のため、3年間で走行距離が軽く10万キロを突破。
3年ごとに車を買い換えるのも大変なのに、このお方、車の趣味が結構厳しくて、今回はMINIのクラブマンを検討中だとか。

しかし、昼間何気なく相方がMINIの話をしている頃、大阪で友人がMINIの見積もり見てびびっていたというのは、何の偶然なんでしょうか。

そうです。以前書いたとおり、その友人と思考相似形の相方。魂の双子と私は呼んでますが(笑)。
まったくもって、二人でテレパシーでも飛ばし合ってるのかな。

ツメを研ぐ

ネイルアートもすっかり定着した今時、マニキュアすら塗ったことのない女。
何故かと言うと、ヤスリでツメを磨くのが生理的にダメで、ツメは何時も切りっぱなしです。
それで普段、問題はないんですけど。

なのに最近、仕事で毎日ダイヤモンドヤスリと格闘中。すると、だんだん勝手にツメが研げるんです。
これがもう生理的に「ダメー!」で、変な形にすり減ったツメを見ていると気持ち悪くなってきて、気持ちが凹んで、仕事辞めたくなっちゃいます。

もっともこんな理由じゃ、仕事は辞められませんが。

生理的にダメなものを克服するのは大変です。

桜に降る雨

ちょうど今くらいから4月中旬ぐらいが、私的には一番苦手な季節でして・・・。
出逢いがあって別れがあって、桜が咲いて散って、世界中がざわざわした空気に包まれているようで、心の底が落ち着きません。

本日、ご卒業の皆様、おめでとうございMAU!
自分の道を見つけてください。そして、身体を壊さないように。

何をするにしたって、元気がないとやる気は出ないぞー。

今日は土砂降りです。咲き始めた桜に雨。国道沿いでは辛夷の白い花が満開。やっぱり白い花が好きかも。

昨日は「ハチクロ」の最終回。真山と理香さんのシーンに赤面。何だろう、あれ? テレテレ。
もう一度、漫画全部通して読みたくなった。それが感想です。

車窓の風景

片道45分くらいの車通勤をしていると、いろんな風景を目にする。

今朝、途中から前になったミニバンが、やけにフラフラとした運転をするなぁと思って、ちょっと離れて後を走っていた。
で、信号待ちの時に分かったのは、運転してるおばちゃん(あんまし年変わらないのかもしれないけど)が、髪をセットし直すのに必死で、時々ハンドルから手を離していたこと。しかもご丁寧にムースまでつけて、髪直しておりました。
確かに、後ろの車からでも分かるくらいの、強烈な寝ぐせ髪。

まぁ、事故らなきゃいいけどさ。

あと、パイパス道路の信号待ちに、マスカラ塗ってるお嬢ちゃんも見たことあります。

車内にいると閉鎖的な空間に感じるけど、結構外から見えてたりするもんです。だからって、窓にシールド貼るのは趣味じゃないな。
夏だって窓全開で走るマイカー。・・・単にクーラー使わないだけだけど。

マグノリア

土曜日。
40分どころか、2時間半も昼寝。おいおいおい。
それでもまだ眠くて、夜10時過ぎには寝てしまう。
村上春樹を読了したのだけが、本日の収穫。

日曜日。
グダグダ寝に挑戦とかいいながら、結局何時もとあまり変わらない時間に起きる。
長時間睡眠ができるのも、若いうちだけなんだなぁ〜、と最近思う。

図書館に本を返却し、今度は糸(正しくは糸偏に糸)山秋子を6冊も借りてくる。果たして読む暇はあるのか? ku:nelのバックナンバーは全部借り出されていて、一冊もなし。がっくり。

一週間ぶりのジョギングは、定番コースを69分で走る。すでに長袖でも暑い。途中で手袋は脱いだ。

駐車場の白木蓮が散り始めている。
咲いている様子はすごく気品があって好きな花だが、落ちた花弁が茶色くなっているのを見るのは悲しい。
近所で一番最初に咲く桜が、ちらほらと咲き始めた。来週くらいには見頃かも。

春眠

春ですねぇ〜、眠いですね〜。

通勤中のラジオで聴いたのですが、睡眠時間が短くても長くてもメタボになりやすいとか。
どうせ同じメタボへGOなら、間違いなく後者を選びます、私は。
人間の三大欲望(本能)を較べると、私は明らかに睡眠欲が勝ってます。

あぁ、眠い。

それだけかよ、って内容の日記ですね。
だって、本当に眠いんだもん。

そういえば先日yomyomを買って、「十二国紀」の新作を読みました。前回新刊が出てから、すでに6年も経ってたんですか。ちょっとぐらい寝てても、全然大丈夫な間隔。
寝るといえば、今年は「こち亀」の日暮さんが起きる年ですね。4年に一回しか逢えないけど、楽しみなキャラです。

4年も寝たくないけど、40分ぐらいは寝たいな・・・zzz。

休みというけれど

朝、相方の弁当作って後かたづけして、昨日の洗濯物とタオル類一式洗濯して、
汚れたスニーカー洗ったついでにお風呂も掃除して、部屋に掃除機かけて、
・・・そうこうしているうちに2時間以上経過。

やっと自由時間になったので、友達から借りっぱなしの四コマ漫画と村上春樹の続きを読もう。

休息タイム

来年度の教科書が来るまで、しばし休息ですわ。

いえ、ほんとは煮詰まってるだけです・・・再提出の課題。
いよいよもって逃げられない、というか、本気で取り組まないといけないようです。試刷りの山を築くことになりそうです。なんだか、資源の無駄遣い。

あとは息抜きに、やっと借りられた村上春樹の新刊を読もうっと。

でも課題ばっかりしていると、活字読む量が確実に減ります。
最近大丈夫だろうか、私の日本語力。昨日仕事中に、漆という漢字が思い出せなくて、ちょっと焦ってしまいました。

エプロンいろいろ

金曜日。
半日、強風の中で、在庫チェック。午後からは鉄粉取り。全身、じゃりじゃり。
久々に晩ご飯を作りたくないモードになり、外でチキン南蛮を食べる。帰りの道中、同じくチキン南蛮を食べた相方が、「胃もたれする」と言い始める。ほぼ同じ量を食べていたのに、私は平気。・・・別の意味でマズイ気がする。

土曜日。
市街に用事があるという相方を横に乗せて、まずは給油。洗車コーナーは大行列ができていた。どうせ、また黄砂は降るよ、みんな。
それにしても、未だによく分からないセルフ給油。本日も相方に入れていただいた。
「車通勤し始めたら、自分で入れるかと思ったら、まったくその気がなさそうだよな」とチクリと嫌味が。
だって、たまたま週末ぐらいにエンプティになるんだもん。

その後、ポンちゃんの絵画教室展に行く。今年は人数増えて大盛況。
しかもこの春、ムサビに行く人が2人ばっかりいるという話を聞く。一人は社会人で、2年間休職して大学院。いいなぁ。

仕事で使う油性の極細ペンを求めて、市内の大きな文房具店へ。0.05なんて極細もあるんだ。初めて知った。

午後から、県立美術館に県美展を見に行く。意外に人が多くてびっくり。

帰宅後、一走りしてから、エプロン改造計画を立てる。


仕事用エプロンは、会社から支給されている。が、トレーナーの上からエプロンしていると、なんとなく動きにくい。かといって、今更ギャルソンエプロンなんて流行ってないから、通販で捜したけどあんまり種類がなかった。
ということで、今はもう使ってない家事用エプロンを改造しようと、縫い目をほどいていた。これで不用な部分を切り取って、元にもどしてミシンで叩けばオッケーのはず。
帰ってきた相方に計画の概要を説明し、「なので、明日ミシンよろしく」とお願いする。

はい、私は裁縫は苦手です。ちゅうか、大嫌いです。
何故かというと、布がよれて、まっすぐ切れなかったり、縫えなかったりするから嫌いなんです。家庭科で裁縫習った頃に、ローリーカッターがあれば良かったのに。
なので、我が家のミシン担当は相方です。いろいろ助かってます。

デザインカッター

今朝、仕事に行こうとしたら、車がとんでもないくらい汚れてました。ま、窓見えなーい。昨日の比じゃないくらい、ワイルドにまだら模様。これは当分洗車しても無駄ですな。取りあえず危険なので、窓だけささっと拭いて出勤。

昨日から助っ人作業で、デザインカッターを使い、ガラス板の上のシールを線描どおりに型抜きしてます。
デザインカッターといえば、その昔、友人である某4コマ漫画家の手伝いで、さんざんお世話になったツール。はい、トーン貼ってました。ベタと消しゴムかけもできます。それ以外は無理ですけど。
もっともあの頃は、「トーン貼るのが上手くなっても、普通の社会人(学生)としてはどうよ」と思っていました。漫画家志望ではなかったので。

しかし、今更この技が役に立つ時が来るとは。

人生に無駄な経験はない、ってことでしょうか。

大陸の風

今日は黄砂が凄いです。朝から山が黄色く見える〜。
しかも通勤途中で中途半端に雨が降り出したけど、これがフロントガラスに付いた途端に分かる、泥混じりの雨。
どんだけ河川敷か林道走ってるの?ってくらい、ワイルドに汚れてゆく車体。

この時期、外に洗濯物を干すのは考え物かも。あと、洗車も。したって無駄だよ、これじゃあ。

オリンピックに金をかけるより、砂漠に植林した方がいいんでねぇ?と思う一日でした。
今日の空気は、どことなく大陸の匂いがしました。

うるう日

今週最後のお仕事デーで、今月最後のお仕事デーで、4年に1回の閏日なのに

平盤で親指と人差し指の皮2枚くらい磨っちゃいました。

それだけ。
今週こそは傷つくらずに帰れると思ったのに。チェッ。

還付金

月曜日、仕事場での第一声が「再提出になっちゃったよぉぉぉ」だった私。
同じ仕事場に通信の卒業生がいるので、このせっぱ詰まった状況は理解してもらえた。ついでに出勤予定だった土曜日を、急遽休みに変更してもらう。
す、すいません。無事卒業できたら、もっと頑張って働きます(ただし時間制限、扶養控除内で)。

で、気合いを入れ、制作環境を向上すべく画材を購入。
平板インクメディウム、インク用乾燥剤、インク練りベラ、ダブルホルダー。
これで、今年の確定申告還付金は終わりました。


画材揃えたから作品が良くなるわけじゃないけど、ぼちぼち集めていくか〜と呑気に構えていたのが時期前倒しってなことです。

ソツセイまでに辿り着ければいいか〜と思っていたけど、いきなりもう福井良之助レベルを目指さないといけないわけですね、きっと。
そんでもってソツセイの頃には、福井も超えていかないといけないわけですね〜、多分。
・・・データ取って集めるだけで、大変だよ。
・・・・・・自主的に留年しようかと思ってしまいます。

黒船・パッツン

地域の催し物開催中なのか、近所の体育館から太鼓演奏の音や演歌が流れて来る。
演歌といえば、演歌の黒船さんの存在をラジオで初めて知った。相方に話したら、相方はすでに知っていた。
パッツン前髪流行も、相方から教えられた。

あぁ、何時の間に、相方より世俗ネタに疎くなってしまったんだろう。

先月切った髪が伸びてきて、そろそろ切りに行くか、いっそのこと伸ばしてみるか悩み中。
しかし、パッツン前髪は遠慮したいなぁ。

カジュアルダウン

相方がジーンズを買いに行くというのに付いていって、私は通勤用のカバンを買い替え。
以前使っていたのはキャリア系ブランドのトートバック。見た目も形もかっちりタイプで、A4サイズが入りますというそれに、ノートやら参考書を突っ込んで仕事に行っていた。
今度は、某アウトドアブランドのナイロントートバック。何でも突っ込めそうだし、少々汚れても濡れてもナイロンだから大丈夫。値段は予算額のざっと2倍だったが、夏スクでも使えそうなので「えーい」とお買いあげ。で、これに入れることになるのは、タイ製お弁当箱とアウトドア水筒、仕事用エプロン、手袋、大判ハンドタオル。

どんどん、カジュアルダウンしてる毎日。

本当は通勤用ナイロンパーカーを買うつもりで某量販店に行ったけど、こっちは安物買いの銭失いになりそうだったので止めた。
シンプルでクールなカジュアルは好きだけど、貧乏くさくなるのはオバチャン道へ直行しそうなので避けたい。

それより目下避けなきゃならんのは、職場で回されるお菓子の数々。無下に断れないので、一応貰って、家で相方に食べさせているけど・・・。
女性だらけの職場というのも、いろいろ気を使います(笑)。

72度

今週も引き続き、見習い仕事中です。風邪引きマスクと粉塵マスクの生活です。
そんでもって、72度の角度と闘っておりました。360度÷5=72度です。
この72度の角を頂点にした涙型のパーツを作るわけですが、これが結構難しい。スリムになったり、おデブちゃんになったり、なかなか上手くいきません。
円を5等分したのをアクリル板に書いた手作り計測器で、いちいちチェックしながら小さなガラスを擦ってます。なので、時間がかかります。量産体制にはまだ辿り着けません。

早く、職人の手の感覚になりたーいです。

その前に、風邪を治したいよ〜。
でないと、マジに課題が進まないよ〜(汗汗)。

宇宙人眉

微妙な風邪引きです。喉が痛いし、鼻が片方詰まってるし。そんなわけで、歯医者はキャンセル。
あ、今日ようやく来年度の学費も振り込みました。これで4月からも大学生です。

少し時間に余裕ができたので、顔の産毛でも剃ろうかと鏡の前でしばし考えたけど、風邪でだるいので次の休みまで放置
。まぁメチャクチャ濃ゆいわけでもないですが、顔面まんべんなく毛が生えてます。しかもすぐ伸びるから、放っておくと眉の形が微妙なことになってしまいます。ファンデーションののりも悪くなります。

毛といえば、あるポスターが物議を醸しておりましたが、モデルになった本人、騒動になった最初はショックだったろうなぁ。
モデルの毛で思い出すのは、夏スクのモデルさんが両脇の毛をナチュラルに伸ばしていたこと。
今まで処理している人ばかりだったので、最初腕を上げられた時にギョッとしました。でもそのモデルさんの雰囲気では、ないよりある方が自然でしたね。途中からは全く気にならなかったし。
そのモデルさんも含めて、夏スクのモデルさん、去年は大当たりに良かったです。
それにしても、いろんなモデルさん描いてみたいなぁ。特に男性とか老人とか子供とか。普段描けないようなものが描いてみたい。

で、また眉毛の話。
両方のバランスをとるのが難しいので、事前にこのくらいと眉墨で完成形を書いてから、それに近づけるように剃ります。

友人に毛の薄いのがいて、眉毛も途中から微妙な存在。メイクでないところを書き足せばいいのですが、あまりに中途半端なため、自分で処理するのは難しいらしくいつも他人任せ。
で、年末久々に会って顔を見た瞬間、思わず相方ともども「何だ、その宇宙人のような眉毛は!」とつっこんでしまいました。
自前の眉毛の上に、手書きの眉毛を重ねて書いてるのは分かる。けど、どうして眉毛が途中から二股に分かれているの?
昔よくありましたね、耳の上がとがってると異星人(あるいは妖精、エルフ)とか、眉毛が二股だったら宇宙人とか。

まさに宇宙人の眉毛を、リアルに見た瞬間でした。

ちなみに本人の弁明は
「だって何時も行くお店の担当の人がいなくなって、眉を剃ってくれないから〜」だそうで。
一昔前は美人0Lと呼ばれていたのにねぇ(泣)。

首巻き

昨日も今日も、ネックウォーマーにアウトドア用インナー上下、ホッカイロ着用で、仕事してました(外から見れば、何の変哲もないトレーナーにジーンズ姿ですが)。
あと、粉塵マスクと、日曜日に買った作業用手袋も使用。
仕事場での姿は、女として何かを捨てつつあるような格好です。一応、観光スポット内なんですけどね。もっとも、観光客からは見えない場所で働いてますけど。

課題を出してから、そろそろ1ヶ月経過。毎日チェックしてるけど、ネットでは添削中のまま。
再提出なら早く知らせてね〜。
どんな点数でもいいから、もう合格させてね〜が本音ですけど。
ソツセイの履修登録まで、首の皮何枚だ?

それより先に、学費振込に行かなきゃ(汗)。

私のムサビ債務は増加中です。
パート代で返済するとなると、どのくらいかかるんだろう。

初運転

ニュー洗濯機の初運転。
おぉ、一度に回る回る。静かだ〜。速ーい。

が、一度に全部干すスペースがなかったです。

単身パック+

手羽さんの日記を読むかぎり、ヤスタカさんのおかずは当分かぼちゃのようですね。

今日は我が家に新しい洗濯機がやって来ました。前の4.2キロから、どどーんと8キロに容量増。これで2回に分けていた洗濯も、1回ですむようになるはず。今度はお風呂水の摂取ポンプも付いてるし、水道代も節約できます。

先代の洗濯機君は、私の独身時代の遺産なので少量タイプ。それをずっと使い続けていましたが、そろそろ脱水機能が弱くなってきたし、最近音がうるさいし、仕事始めたら平日は夜に洗濯なので回数減らしたいし、ということで買い換え決定。

思えば私の嫁入り道具は、単身パック+段ボール箱3箱。嫁入り道具はトラックの荷台にどっさり積載という地域に、クロネコさんがささっと運んでくれましたが、あれが嫁入り道具だとは業者も思わなかっただろうな。

なんでそんなことになったかというと、二人とも一人暮らしだったので、お互い生活用品は一揃え持っていたのでした。それを全部買い換えるのも勿体ないでしょ。
ということで、使える家電製品をリストアップし、新しくて使いやすい方を残して、不要な方はいる人にあげたり業者に引き取ってもらいました。私のはほとんど留学生支援センターに無償譲渡。
新生活用に買ったのは、炊飯器と冷蔵庫、部屋の電灯ぐらい。

うーん、地味婚。


自己防衛策

炉が解体中のため超ぉぉぉぉぉぉぉ寒い仕事場で、一時間置きぐらいに仕事を辞めたいモードになっていた昨日。身体の芯から冷え切り、足が寒さで震える始末。鼻水も止まらない。
帰って速攻でお風呂に入り、ビタミンをいっぱい摂って、さっさと寝ました。

勤め人は身体が資本です。健康が第一!
しかも、これは自分で守らないと、誰も守ってくれません。

ということで、今日はアウトドア用アンダーを着用で行きました。こんな格好するのは、チベットかモンゴル以来です。日本の偉大な発明品、ほっカイロも無論お腹につっこみました。腰には温湿布。

どうやら、風邪は引かずにすみました。

実技課題を提出してもうすぐ一月。そろそろ結果が出る頃です。
再提出になった場合の、防衛策も考えとく必要がある・・・かなぁ(汗)。なにせ必修ですから〜。
今出してるのが全部合格しないと、来年度卒業できなくなっちゃうんだもんなぁ。
綱渡りな気分です、今も。

たまたま

M崎では知事を先頭に「バレンタインに完熟きんかんを贈ろう作戦」を展開中ですが、私の周囲に実行した人はまだいません。

そしてたまたまというか、突如仕事の都合により今夜不在の相方は、昨日スヌーピー全身像のチョコレートを食べました。たい焼きではないけど、頭からか足からかで微妙に悩んでるようでしたが。
結局足元の台から囓り始め、最後に「ほら、スヌーピーの頭」と言って、首から上だけになったチョコスヌーピーをわざわざ見せてくれました。それ、ちょっと気持ち悪いんですけど・・・。
で、この子供だましのようなスヌーピーチョコがバレンタイン用かというとそうではなくて、本来のバレンタイン用の生チョコムースは、賞味期限の関係で一昨日完食しました。

歯・歯・はぁ〜

今日は仕事が休みなので、歯医者へ行き、歯形と下の歯石取り。型どりの時、あまりに奥につっこまれて、おぇぇぇぇとなるところだった。涙を流しておえぇぇぇと闘う私に、衛生士さんの「吐きやすい体質なんですか?」という質問が。まだ口の中に型枠が入ってるのに、答えられるわけないじゃんか。
カメラの調子が悪くて、レントゲン撮影と上の歯石取りは来週に。肝心の虫歯にたどり着くのは、まだ先のよう。
それにしても、どうして歯医者は完治までの日々が長いんだろう。

その後、近所のホームセンターへ作業用手袋を見に行ったけど、男性用サイズしかなくて買わずに帰る。もっと大きなホームセンターか、作業着専門店に行くべきか。

さて、今から版画垢離疋蹇璽ぅ鵐阿梁海。

「時間」というテーマ設定がついてるけど、モチーフは自由。
なので、歯ブラシ。
長ーく通うことになる歯医者への恨みを描く・・・ではないけれど(笑)。

繊維質

仕事でガラスと戯れる日々を送ってます。指先、傷だらけです。
昨日もケインと呼ばれる細いガラスをぽきぽき折っていたら、指先に刺さってました。い、痛(泣)。そして毎日少しずつ増殖するテーピング箇所。作業用に革手袋を導入すべきでしょうか。軍手じゃイマイチだし。でも革手袋って、水に弱いんだっけか? 

まだまだ雑用係ですが、それなりに楽しい日々です。


それにしても、なぜガラスってまっすぐ切れないの? オイルカッター使いにくい。コツが分かるようで分からない。
てな感じで、ガラスの繊維と格闘してます。
こんなことになるなら、工芸のガラスか絵画研究気離好謄鵐疋哀薀垢鮗講しとけばよかった、かも。

発想の転換

赤福が営業再開。地元人の相方は喜んでます。
しかし前に赤福の冷凍再利用のニュースを見た時
「冷凍できるんなら、冷凍したまんま売ってくれ」と思いました。
それを家で蒸したら(レンジでチンでも大丈夫だろう)したら、できたてほやほやの赤福が食べられるじゃないですか。

チルド赤福、発売希望!

タイムテーブル

社会復帰2日目。
まだまだ自分の生活サイクルが確立できてません。課題は何時すんのだ?というのが、目下の悩みごと。
朝、出勤前の30分か、晩ご飯の後の一時間か。こんな細切れな時間では、下図やドローイング、版制作ぐらいまで出来るけど、刷るのは到底無理な話なわけです。
でも刷らなきゃ何も分からないのが、版画。

するといえば、今日は仕事場で旋盤使ってガラス片擦ってました。ツメと指の皮もちょっと擦っちゃったかも。

23時間一挙放送

スカパー!では最近そういう無謀な一挙放送を組むけど、これってHDで録画しろってことなのねぇみたいな・・・、でも我が家はDVDプレイヤーすらない現状。
DVDレンタルした時は、ノーパソで観てます。2時間超えると、画面が止まります(泣)。
ということで、今更ビデオでテープ入れ替えながら録画するのも面倒なので、取りあえず見逃した話数だけ観ようかなぁとか思ってたら・・・

契約してないチャンネルでした(爆)


23時間どころか、秒殺で終わった私の野望。
課題をしろというスカパー!の神様のお告げですね〜。

じゃりじゃり

新しい仕事場に初出勤。距離はちょっとありますが、田舎道なので割と快適。

で、今日一日何をしていたかというと、磁石でガラスパウダーの鉄粉取り。
ガラスパウダーを磁石入りの容器の底で、じゃーりじゃーりと紙に擦り続け、時々砂粒のようなゴミを竹串で取りつつ、またじゃーりじゃーり。この作業を延々6時間。
途中でトランス状態になってました。

一日この音を聞いていると、自分が砂かけババァになったような気がします。

それより粉塵マスクの装着跡が、顔にくっきりと赤く残っていたことがショック。

どきどきどきどき

ドキドキすること。

明日から新しい仕事です。
全く未知の職種なので、ドキドキ。7ヶ月ぶりの社会復帰なので、ドキドキ。
うまくやってけるかなぁ。

ついに覚悟を決めて、歯科検診。8年振りの歯医者。分かっていても行きたくない、歯医者。
案の定、虫歯が発見されました。がーん。軽症だけど。
来月から歯石取りと虫歯治療に通うことに。どきどき。
ちなみにその歯医者の駐車場は、とっても出し入れの難しいスペースで、車の切り返しをするたびにドキドキすることになりそうです。今朝も車を出す時、歩道の植え込み擦ってました。あ゛ー(汗)。

評論する映画

昨日は市内の映画館で、「2001年宇宙の旅」を観てきました。
誰かが「観ると、必ず語りたくなる映画」と言ってましたが、そのとおり! あやうく、即席映画評論家になりそうでした。
しかしこの映画、40年前の制作なんだぁ。びっくり。
その頃リアルタイムで観た人にとっては、凄い衝撃だったろうな。今でも十分凄いですけど。
あちこちでパロディとして使われてる理由がよく分かりました。個人的にはそっちの刷り込みの方が強くて、あの音楽聞くと、カップヌードルが宇宙浮遊したり、少林寺のスキンヘッドが太陽光に輝いてみたり・・・ゴホゴホ。

スーパーコンピューターのハルが、1996年誕生だったことにショックを受けてたら
「宇宙戦艦ヤマトだって、来世紀だぞ」という相方の発言。
・・・人類の発展はどうなってるのでしょうか?

ちなみに学生の頃アーサー・C・クラークの小説は買ったけど、類人猿のあたりで挫折した記憶があります。2010年も買ってたはずだけど、何処に行ったか不明。
人類の発展(進化)をテーマにしたSF小説としては、「賢者の石」(作者名忘れました)やアイザック・アシモフ「ファウンデーション・シリーズ」の方が好きでした。今読むと、また印象が違うのかもしれませんが。

最近乱読した小説はあまり内容を覚えてないけど、昔読んだ本は意外にずっと記憶に残ってます。特に名作!というわけでもないのに、何か心に引っかかって、何度も読み返したりする本ってありますよね。かなり自分の趣味に走りまくってるので、一般に勧められるような本でもないですが・・・。
そういう一冊に、ファンタジー小説の「アイルの書シリーズ」があります。自分でも不思議だけど、これの2巻ばっかり読み返してしまいます。何故だろうね。何が良かったんだろう。
あとは村上春樹「羊をめぐる冒険」。これを読むと、いつもスパゲティが食べたくなります。

ヌード

ちょっと前のニュースですが、県庁前で全裸写真を撮っていた3人組みが逮捕されたそうです。
「また馬鹿な若いもんが〜」と年寄りのようなことを思っていたら、あまり年の変わらない(すでに若者とは呼べない年の)大人でした。何やってんのよ〜。
しかも県庁以外の場所、とある有名な塔の前(当然観光地)や、自衛隊基地前(遠景に戦闘機)でも全裸。
テレビでは当然修正されてましたが、それを見て思ったことは
「あまりデッサンしたい身体じゃないな〜」でした。

我ながら、とっても美大的な感想。

200匹の子豚

今月はわりと真面目に走っていて、大体冬場は小学生の下校時間前後に走ることになる(夕ご飯の準備前、かつ日没までに帰ってこれる時間帯)。
道端に立ってる「子供を見守る地域の人達(主に老人)」に、たまに胡散臭そうに見られるけど、女なので不審者扱いは受けずにすんでいる。が、同じ方向へと移動することになる小学生には、何度か走って逃げられたことがある。べつに、君を追いかけて走ってるわけじゃないんだけどね(苦笑)。

先週いつもの時間に走っていたら、山の向こうから黒煙がもうもうと天高く登っていた。
「あ、火事だなぁ」と直感。でも消防出動のサイレンが聞こえなかったので、直線距離はかなり離れているようだ。
翌日、新聞を見ていたら、「●●町で豚舎全焼」の記事が載っていた。時間も方角もほぼぴったし。

そうかぁ、あの煙は200匹の子豚が昇天する光景だったのかぁ。

・・・少しだけ物悲しかったです。

空間認識と絵の手本

センター試験、お疲れさまでした。今日は自己採点で一喜一憂ってとこでしょうか。
本番はこれから。まだまだ気を緩めず、カンパーレ!

さて、「(講師辞めて)半年勉強してないので、私の学力どうなっただろう?」
ということで、センター試験の国語だけ解きました。
かかった時間50分、点数172点。・・・講師としては、いただけない点数ですな(汗)。
少なくとも今年の問題レベルでは、古文と漢文はパーフェクトじゃなきゃダメでしょ(古文で1問間違えました)。

小説は夏目漱石。漱石先せーいの超メジャー作品。
20歳の頃、突然漱石ブームになり、新潮文庫は全巻読破したはず・・・なんだけど、内容忘れてるよ〜。『彼岸過迄』も読んだはずなのに、きっぱり忘れてました。まとめ読みするとダメですね。

評論文の日本人の空間認識論と漢文の画本ネタは、美大生としてはなかなか興味深い内容でした。
現代文の評論問題って、芸術論が多く使われます。高校生の頃は「だから、何なんだよ〜」としか思わなかったけど、今は結構楽しく読めたりします。
通信の教科書書いてる先生方の文章が、そのうち評論問題で使われたりしないかなぁ〜、なんて思うこともあります。

が、講師辞めちゃったから、もうそんなの関係ねぇ!・・・です。

上を向いて

最近の学生は、何故上を目指さないのか?

つい半年前まで受験の片棒担いでいた人間がとても感じたのは
「最近の高校生って、上昇志向が弱くない?」ということ。
のんびりした地域性が災いしてるのかとも思ったけど、どうも全国的にそういう感じらしい。
スクーリングで他県の先生やってる人と話した時
「不景気なせいで、親も子供も地元志向が強くなるのは仕方ないとしても、上を目指して頑張っていれば、本当の上は無理でも、ちょっと上は可能性が出てくるのにねぇ」と言っていたのが印象的。

私が受験生だった頃は、第一志望のCやD判定は当たり前で、そのレベルを目指して勉強していたら、第二志望はA判定でなくても受かったりするから頑張れ・・・みたいな風潮だった気がする。本命は第二希望。でも奇跡的に第一志望受かれば、ラッキーじゃん!という、超強気思考。でも、マジに勉強したもの。人間壊れるくらいに。本当。
ちなみに、私は本命の第二希望合格者です。B判定しか貰わなかったけど、現役合格しました。

地方出身者が中央に出ていくのは、いろいろ大変ですが、あえて言います。
とにかく、自分の住んでいる地域以外に行ってみろ。それがダメなら、一人暮らししてみろ、と。

まぁこの二つは、大学で叶わなくても、社会人になったら一度は実践してみて欲しい。
確実に自分の世界観が広がります。
価値基準の多様性に気づきます。
そんで、親や家族のありがたさが実感できます。

余談だけど、結婚する場合、一人暮らし経験者の方が家事に協力的です。

で、冒頭の質問の私的答。

「失敗するのが恥ずかしいと思っているから」

真面目に頑張ってる学生さんも多々いますが、「何とかなるさ〜」的なモードが抜けきらない学生も増えてる。全入学時代だし、推薦もいっぱいあるからかもしれないけど、本当に受験生かよぉと思うくらい勉強しない奴も多い。
しかもみんな、変にプライドだけは高いのだ。で、上を目指してがむしゃらにするのは格好悪くて、余裕で受かる所行けばいいじゃんみたいな感じで余裕ぶっこいていると・・・大抵落ちます。そういう奴をいっぱい見てきました。たまにそんな中でも、強運だけで受かったりするのもいるから、今時の入試方法って何だかなぁと思う時もありましたが。

何が言いたかったかよく分からなくなったけど、とにかく

上を向いて歩こうよ〜

坂本九じゃないけどさ。スキヤキあんまり好きじゃないけどさ。

何かをがむしゃらにやるって経験は、必ず自分を支えてくれる力になります。あるいは自分の限界を知ることは、自分のペースを掴む基準になります。
受験勉強だって、実技試験だって、課題だって、ソツセイだってね。

突っ込みどころ

突っ込みどころ満載ですが、とりあえず「版画掘廚亮袖参歛蠅鯆鷭个靴泙靴拭
自作紙ばさみ(不要になった段ボール箱を分解して切っただけ)が、無事に東京に着きますように。それにしても、大学がくれるカルトンに入らないサイズ指定ばっかり。うーん。版画は大きけりゃ良いってもんじゃ・・・(以下略)。

突っ込みどころ満載のドラマは、第2回目で心が挫けました。

相方が夜食に食べていた某国インスタント製品が、全く味がしないというので、「味覚障害じゃないの?」と思いつつ一口食べたら、確かに味がない。というか、麺を茹でた汁の味しかしません。本来は、とってもスパイシーで辛酸っぱいはずの味。スープの色もおかしい。
「ちゃんと全部入れたの?」
調理方法を声に出して読み直し、確認すること数秒。相方は台所のゴミ箱へ直行。

「粉末スープの袋がついてなかった!」

そりゃあ、味しないでしょ(笑)

外は日本語パッケージにはなってたけど、原産国は東南アジア某国。
「日本向けだから大丈夫だと思って油断した〜」とは相方の弁。香菜を後入れするのと、待ち時間3分しか読んでなかったそうで。
甘いなぁ。仕方ないので、冷蔵庫にあるナンプラーとポッカレモンで味付け。

突っ込みどころ満載の一日でした。

ギフトブック

相方の職場関係の披露宴があり、貰って帰ってきたのが、和菓子とチョコケーキの二段箱と、自分で選べるギフト本。
最近はこれが多くて、不要な物を貰わずにすむと個人的には喜んでいるけど、年末に会った相方の母親は「本を全部見て選ばなきゃいけないのが、めんどくさい」と文句を言っていた。便利で世間一般に普及したシステムも、人によっては全然違う印象を持つようだ。

ちなみよく頼むのは、食料品か消耗品。物が残らないから。
あとは、自分で買ってもいいんだけどぉ、何か分かんないけど買う気がなかなか起こらないんだよねぇ的レベルの日用品。包丁やボールとザルのセットを貰ったこともある。

今回はハニーコンポートのセットを注文。果物の蜂蜜漬け。ヨーグルトのお伴用に。

しかし、その蜂蜜が某外国産と書かれていることに、微妙な気持ちが生じる・・・。

インディコカラー

恐ろしいことに、このエントリーでついに300本目です。卒業までに、500本は書けるだろうか。

300本記念ではないですが、例のパートの仕事は決まりました。来月から週4日。
しかしパートというのは、一月120時間未満という労働時間制限があって、それを超えちゃうと社会保険が適用され、雇用主は保険料を納めないといけなくなる・・・という暗ーい労使の事情により、せいぜい働けても月の半分くらいの日。なんだか本末転倒な現状があるようです。
私は一日7時間なので、MAX17日ぐらいか。まぁ課題あるし、今年はソツセイもあるから、そのくらいでちょうど良いかも〜。

今度は事務でもなく、講師のような専門職でもなく、職人の手先(雑用係)のような仕事内容です。ホワイトカラーでもブルーカラーでもない。だいたい皆、ジーンズにTシャツ。
いうなれば、インディコカラーか。

さて、今から裏刷り用の版木を彫ります。
今朝やっていた橋口五葉の美人画、線が細ーい。やっぱり木版も心惹かれるなぁ。
でも、あんな細い線彫るくらいなら、ガリ版で描きたいと思う怠慢な私。

バイトとパート

その昔、会社を辞めた友人がフリーターをしていた時、ある人が言ったのが

「25歳過ぎたら、バイトじゃなくてパートよ、パート」

「パートと言われると、一気におばさんくさくなっちゃう。嫌〜」と、友人は断固否定。

実際のところ、パートとアルバイトの違いって何? 雇用保険が適用されるかどうか? その辺の知識は曖昧ですが・・・
昨日初めて、パート社員なるものの面接に行きました。

そういえば、今までパートってやったことないんだ。講師は非常勤だったし、その前の仕事は、正社員と契約社員。アルバイトは学生時代とプー太郎時代にちょこっとしただけ。
単純な職歴なので、年金記録に間違いがないことを信じています。ただし、氏名のふりがな間違いが結構あるので、別人さんになってたら困るなぁ。

「ご主人と相談されて、返事くださーい」ということで面接は終了したけど、未だかつて相方の了承をもらってから仕事に行った試しのない私。大体、事後承諾。
事前に「こんな仕事があるんだけど、応募してもいい? 受かったら行ってもいい?」ぐらいは訊きますが、面接でほぼ即決。

ということで、条件をもう一度提示してみて折り合いが付けば、来月からお仕事です。
今月は、ひたすら課題をするのみ。

キラキラした季節

夕方50分くらい走ったけど、夜の9時までちゃんと起きてられました。

で、感想ですが・・・。
大学構内の一般的イメージって、あんなもんなのかな。というか、映画版のイメージを、かなり引きずっちゃってる? ムサビで撮影してたら、もっと殺風景でしょう。美大のアトリエなんて、でっかい箱みたいなもんだし。

一番気になったのは、さくら、さくら。
CGがキラキラと眩しいです。更に窓の向こうに、紅葉した木立が見えて、ますますきらきらしてました。一体、どんなシーズンなんだよ(と、テレビの前で、一人つっこむ)。

個人的には映画でもアニメでも無視された、ローマイヤー先輩が登場してくれて嬉しかったですv

他のキャスティングに関しては、イメージ合わせようと頑張ってるんじゃないかいな。ということで。

でも何となく、漫画より映画をドラマにした感は否めない・・・。

時差なし

手羽さんも書いてますが、本日からドラマ「ハチクロ」です。
M崎でも、ちゃんと21:00時から放送だ〜。手羽さん、ネタバレしても今回は大丈夫ですよ〜。
ただし、ドラマをちゃんと見る習慣のない私が、見忘れる可能性は大(汗)。特に、夕方真面目に走って疲れると・・・。
睡眠欲が欲望の半分以上を占めている(推測)私が、最後まで起きてられるくらい、おもしろいドラマになることを願ってます。

ぐるぐる

後かたづけで出たガラクタと古本のドナドナと、買い物やら何やらで市内をぐるぐる巡る。

まずは買い物で、ショッピングセンター。ジャスミン茶とグリーンレーズンを買っていたら、相方の目がタイのインスタント食品に釘付け状態。仕方ないので、それも買う。
冬のバーゲンの最中だったけど買いたい物はなく、入荷したばかりの春物コートの値段に、二人して吹っ飛ぶ。

初めて行ったリサイクルショップの店内は、着物からダイヤまで売っていた。貴金属は質屋の方がいいんでないかぁ、と思いつつ、ガラスケースに並んだ某ブランドのシルバーアクセサリーを眺めていた。もう少し銀磨きで掃除すれば、とってもきれいになるのに。
流行の海外ブランドの携帯ストラップが、意外な高値だったのには驚いた。こんな田舎でも、買う人はきっといるんだ。

ガラクタが小銭になったので、昼食は丼二つに牛皿200グラムを注文。勝手にあいがけ丼にして、二人で食べる。
しかし総カロリー数が1000キロカロリー超えてるって、成年女子の昼食としてはどうよ(泣)

よく利用していた古本屋が、今月いっぱいで閉店することを知りショック。当分、本の大人買いは控えねば。だって、売り飛ばせなくなったら・・・(ゴホゴホ)。買い取りも中止になっていたので、別の古本屋へドナドナ。

割とマニアっくな商品まで充実していた某書店が、売り場を縮小。捜し中の漫画は発見できず。かわりに注文するかどうか悩んでいたマクロビオテックの本があり、ぺらっと立ち読み。買わなくてよかった。

夕方、サイクリングロードを走る。1000キロカロリーの半分くらいでも燃やさないとね。

4日連続走ってるので、疲れて、夜の9時過ぎから布団でごろごろ。そこに友人から電話。話していたら、結局いつもと同じ寝る時間になったので、おやすみなさい。

人も車もぐるぐるしていた、昨日の日曜日。


今年の目標

去年の手帳を見ると、去年たてた目標はひとつも達成できず。その前の年達成できたのは「卒業」のみ。
通信を始めてから、小学生のように一年の目標や学習計画を立てたり書いたりするようになったけど、小さな目標はともかく大きな目標にはなかなか到達できない。

1年でなくもっと長いスパンで考えると、大きな流れにも周期のようなものがあって、私のは9年サイクルでだいたい動く。何かをやり続けていると、大体9年でその答えや結果、区切りが見えることが多い。
最初の仕事は9年間働いて、辞めた。
最初の野望は9年間頑張ったが、心がぽっきり折れて止まったまま。

さて、
通信の学生生活は、途中休息込みで通算7年目に突入。
まだまだ答えは出そうにない。

で、今年の目標。
まずはソツセイにたどり着くこと。
以上。

宝かゴミの山

この年末年始、相方が実家から自分の荷物を引き上げてきた。
相方も18歳で家を出ているので、その年齢頃までのガラクタが、主不在の部屋に沈殿していたわけで。大体どこもそうだろうけど、家を出た子供の部屋ってのは、そのまま荷物置き場になる可能性が大で、相方の荷物の上には更に謎の荷物が積み重なっていた。足の踏み場がないという表現が、過大でないという状況が発生することを初めて知る。
「これ、誰のモノだよ〜」・・・知らないよ。
とりあえず足場を確保し、魔窟から懐かしい昭和の遺物をサルベージ。が、最近は何処もゴミの分別が厳しいので、とりあえずM崎まで持って帰って、昨日一日ゴミ分別に励んでいた。
そして、しみじみと思うこと。

人生ってゴミの山。


大半の凡人の死後には(生前だってそうだけど)、がらくたが残るだけ。リサイクルできる物はそうするが、ほとんどはゴミになるしかない。
宝を残せる人っていうのは、本当に少ないんだろうなぁと思う。
宝を残せそうにない凡人の私は、せめて死後のがらくたを減らすべく、常に整理整頓、余計な物は買わない主義で頑張りたい。

でも、美大に行ってると、がらくたって貯まるンだよねぇ〜。はぁ。

2008年のご挨拶

一日遅れではありますが

新年おめでとうございMAU!!

あぁ、やっとぬくい所に戻ってきてホッ。耐寒性、最近とみに落ちてます。

元旦は大寒波の中、とある水族館でペンギンを見てました。
ペンギンパレード。か、可愛い。素敵すぎる〜。
真正面から激写できるコーナーの最前線に大人げなく陣取り(小さい子には、一応スペースをゆずってあげたけど)、連写モードで撮影。そんでもって、2回も見ちゃったよ、ほほほ。相方はただただ呆れてましたが。

そしてなんと言っても、今年最初のシアワセは
「ペンギンと記念撮影ができる券」が当たったこと

ばっちり広角で、ペンギン7匹と相方と私で写真に収まりました。
お見せできないのが残念ですが(単にここに画像を貼り付ける方法がよく分からなかっただけ)、結婚以来ほとんどない(結婚前も0枚だが)貴重なツーショット写真と相成りました、とさ。


難解な日本語

土曜日あたりは、夕方になると体力気力ともにエンプティに陥るほど、よぼよぼダメダメでしたが、ようやく少しずつ復活中です。

相方は、遺産相続の本を図書館から3冊も借りて来ていた。知らないと損する、法律。
しかし何故、法律って一般人には不親切なくらい、読みにくい日本語なんだろう。特に民法と税法。
「分かりやすかったら、弁護士も税理士も司法書士も(他にもいっぱい専門職はあるけど)要らないと思うぞ」とは相方の弁。まぁ、そうだ。

遺産相続の話に詳しくなったところで、田舎はまだまだ長男が家督を継ぐ世界。
次男坊の相方は、遺産放棄の例文を探してました。

巳正月

喪中葉書も出したし、お金の精算もしたし(大赤字!)、対外的にしなきゃいけないことは一段落ついて、今は家でダメダメ度全開で転がってます。
今年はもうクリスマウもないし、年賀状作ることもないし、大掃除もパスだし(こらこら)、おせちもお雑煮もしめかざりも関係ねぇ!てなことで・・・ある意味暇になっちゃった。

しめかざりの話題で思い出しましたが、私の実家のあたりの地域では、死んだ人用の正月があります。
12月の最初の巳の日の日没後、墓地に行って、墓の前でお餅を引っ張るんです。その時、お墓に飾るのが、逆ひねりのしめかざり。普通のとは逆に縄を寄って制作します。
この特殊なしめかざり、ぜひ森さんのコレクションに入れていただきたいな(もし、まだ入ってなければですけどね)。

それにしても、夜の墓場って嫌だなぁ。そんで餅ひっぱるってのも、何だか●の刻参りを連想してしまふ怖さがありますよね。
でも最近は田舎は年寄りばっかりで危ないので、みんな夕方ぐらいに行って済ませるそうです。

本当に、冠婚葬祭は地域・宗派によって全然違うから、なかなか対処の仕方が難しいです。
相方の実家の方の葬式でも、初めてのことが多くて、目が点になった部分もありました。郷に入っては郷に従えですけど。

しかし2日酔いの体調不良で、お経を読み間違えた坊さんは・・・(苦)。勘弁してよ、もう。

夜空の星を見上げて

引き続き絶賛筋肉痛ですが、冬スクの荷造りしてます。冬は荷物が嵩張るから嫌ですね。東京は寒いんだろうなぁ。こっちでは一度も着てないコートも持ってかないとダメだろうな。

下図5枚も描き上げました。おぉ、真面目にちゃんと彩色までしちゃったよ(こらこら)。でも、本当はとってもドローイングは重要なんです、版画では。最近、痛感してます。

あとは、「版画后廚良檗爾す嵒召鮗け流せる精神力を養っておくぐらい?

版画垢旅嵒召蓮△箸辰討睇櫃い任后
四輪駆動さんが言うところの、絶対に立ち直れない言葉も出てきます。

2年前の夏に受けた時、とある生徒に対して発言された言葉。
「あなたは何のために絵を描いているの? 描きたいものが本当にあるの? 版画以前に、その根本から考え直した方がいいんじゃない?」
・・・教室中が凍り付きましたとも。

前は他コースだから少々のことは許してもらえたけど、今度は版画コース(しかも版画のために、わざわざ2度目の編入したことはばれてるし)の生徒だから、バンバン批評されるんだろうなぁ(汗)。
取りあえず何言われても言い返せるぐらい、言いたいことは頭の中で作戦会議中です。
でも、やっぱり傷つくよねぇ。宇宙でも眺めていたいくらいに。

完走

昨日は朝5時起きで、青島太平洋マラソンへ。
駐車場が大渋滞で、スタートが30分遅れる。がーん。せっかくナイスなタイミングでトイレも行けたし、ストレッチもしたのにーにー。結構へこむ。気を取り直して、30分後にスタート。私は遅い方組なので、スタートの号砲が鳴っても、スタートラインを踏めるのは3分後。
練習記録見ると去年の半分以下の距離しか走れてないし、体重は3キロぐらい増えたまんまだし、もう今年は完走できれば御の字ですわ。でも、なんだか速く走れてね? 折り返し過ぎても足平気だし(その後、33キロ地点でドカーンときましたが)、夏スクの狭間に買った靴は良い感じだし、黒糖も1個だけどゲットできたし(応援の男の子に「変なほっぺたになってる」と言われましたが)、近くを走ってた人から氷砂糖もおすそ分けしてもらえたし、ベンチレーション機能のタイツは水ぶっかければアイシングできるし(これは非常に助かった。痛くなっても足が動く)。。。

無事、完走できました。前回より10分早くゴールしました。ばんざーい。

今朝は全身筋肉痛の塊と化してます。足は意外に平気なんだけど、腹筋が痛いです。
卒制のスクーリングとかぶらなければ、来年も出よう。もう少し走り込んで、体重落としてから。

青島にもぼちぼち仮装ランナーがいます。牛、サンタ、全身クリスマスイルミネーションな女の子は速かったです。唐草模様のタイツ男と正義の味方とピカチュウは途中で抜き去りました。最後尾近くにはスーツ姿で走ってる学生がいたけど、あれは就職活動への気合いを入れてたのか。スーツ痛むと思うよ。

ニュースで取り上げられたのを見て以来、とても気になっていたものをついにゲット。
それは、黒綿棒。
確かによく見えます。取れたぁって実感できます。でも、こんなに汚れてるのと、ショックも受けます。
一度お試しあれ。

相方が買ってきた某漫画雑誌創刊号に、アキバの耳かき屋のレポート漫画が載っていた。
たかが耳かき、されど耳かき。膝枕で癒されるらしい・・・です。
日本人て、いろんな商売を思いつくもんだ。

流行語

先日、ハニカミ王子(なぜカタカナなんだろう)と知事が受賞した流行語大賞。
選挙の頃から言われていたけど、実は「どげんかせんといかん」と「どんげかせんといかん」の2パターンの方言が県内にはあるらしい。微妙にニュアンスが違うそうで。どちらにせよ私はネイティブではないので、どちらも正確には発音できないです。

今度の日曜日は青島太平洋マラソン。フルマラソンを走る、年に一回の日。しかも今年は誕生日の前日。つうことは、年齢別ランキングでみれば一番不利じゃないか〜。●●歳と364日なんて。それに今年は全然走り込めてません。
でも「どがにかせんといけんけん」(訳・どうにかしないといけないので。こちらはネイティブに発音可)、サイクリングロードを一人迷走中。昨日は2時間近くも走ってました。
何しとんじゃろか〜(訳・何故こんな訳の分からないことをしているのだろうか、ほんとにもう)。

3D

昨日は午後からジョグ。いつもとは反対回りで、まず川沿いの道へ。

はい、ブルーインパルスを見てました。所詮、ミーハーです。その近辺の住民の皆さんに混じって、堤防から見学。小さい子供らより、大人の方が感心して見てたかな。「人間業じゃないよなぁ」。ほんと、あんなに空中でくるくる回って、感覚がおかしくならないのかと思います。

ちょっとおもしろかったのが、渡り鳥。隊列組んで飛んでたのに、上を戦闘機が飛ぶと急に列が乱れておたおた状態。爆音に驚いたようで。

同じ空を、民航と戦闘機と鳥が同時に飛んでいる不思議さ。空が3次元の空間であることを、すごく実感する光景でした。

機能美

本日は、川を挟んで隣町にある航空自衛隊の基地の航空祭。ブルーインパルスも午後から飛びます。
昨日はサイクリングロードをジョグしていたら、プルーインパルスが上空を旋回。本番の練習だったらしい。

この川の河口部周辺の上空が、基地への離発着ルートの延長になっているため、普段でも時間帯によれば戦闘機がいろいろ見れます。なので「トップガン」な気分を味わうために、堤防道路をデートコースに使う人もいるとか。けど、五月蠅いです。確実に会話は一時中断します。

使用目的とか騒音問題とかいろいろ考え出すと、素直に誉められない(汗)けど、戦闘機って造形的に見て純粋にきれいだよねぇ。機能美だよねぇ。まぁ、お値段も凄そうですけど。

以前、友人の旦那に教えて貰ったHPで、戦闘機に描いたマーキング(? 正式名称不明。要は、いろんなイベントに合わせて、機体に絵柄をペイントするらしいんですが)の写真ばっかり集めたのを見たことがあります。現役自衛官が、本来の仕事の合間にデザインして、下描きして、塗装するらしいけど・・・。
とある漫画のメカがどーんと垂直尾翼に描かれていたのがあったけど、あれは著作権とかクリアしてたんだろうか。
と、今になって、美大生はいろいろ考えてしまふのでした。

トレンディ

床に置いていたプリンターをあやうくバックで踏みつけそうになり、プリンターは棚の上に再移動させました。あぶない、危ない。

あ、「ハチクロ」のキャスティング決まったんですね。
芸能ネタにはかなり疎いので、キャスト名見てもふーん、ぐらいの感想しか書けませんが。良いドラマになればいいなぁ。

それより先日、某国営放送の連続ドラマでヒロインのお母さん役をやっているのが、和久井映見だと知ったことがショックでした。あんな大きな娘のいる役をする時代になったのか・・・。

トレンディなドラマで主演はっていた印象が強くて、しばらく和久井映見だと信じられませんでした。
その話を友人にすると
「この前、●森い●みが白髪染めのCMに出ていたことの方がショックだったわよ」という返事。
うーん、確かにそれもショックかも。

関係ない

自由な日々も、今日一日となってしまいました。明日には相方が、リンゴの国から帰って来ます。
あんまし関係ないけど、m崎はリンゴが高いです。レタスも高いです。輸送費の問題なんでしょうか。涼しい所で作られるものは、結構高い。他はとっても安いんですけど。
今年はm崎ブームのおかげで、県の観光物産センターの売り上げが10億円を突破するそうです。凄い。ちなみに、お土産売り上げ1位は鶏の炭火焼き。あれはフライパンで温め直すと、更に美味です。ゆずこしょうとキュウリをスティック状に切ったのを添えれば、なおグー。
以上、どうにも美大とは関係のない話。

とりあえずB2サイズドローイングは終了し、本来の版画サイズの制作に移行したので、ようやく机の上で作業ができるようになりました。
が、代わりにプリンターが机の上から追い出され、寂しく床に置かれてます。
うーん、これも微妙に関係ないか。

単発的にブレイクする芸人に妙に心惹かれる傾向があり、今年は当然の如くあの海パン男の動向が気になっています。その前は昭和歌謡替え歌男。更にその前はハードなゲイ男。
「ほんと、変なものに興味を持つよな」と相方には呆れられますが・・・。
自分に関係ない・・・じゃない、自分が持ってないパワーを感じるからなんだろうなぁ、と冷静に自己分析はできます。
あの一瞬の強烈な輝きというか、その時しか保持できない勢いみたいなもの
(だから別にその後も売れ続けても全然構わないんだけど、出始め頃の怖い物知らずのような勢いってのは、やはりその時しか感じないと思いませんか?)
そういうものが多分羨ましいんだと思います。
だから画面で遭遇すると、受け流せずに凝視してしまふ。困ったもんです。ふぉー!(古)。

お仕事探し・その後

年齢的には、永久氷河期のように厳しーいです。年齢不問なんていうけれど、実際はバリバリあります年齢制限。
更には「結婚してるのか?」「じゃあ、子供は何人いるの? 何歳なの?」(ある意味、めちゃくちゃ失礼な質問なんだけど)
確かに結婚してても、子供がいても不思議ではない年代なので、素直に答えてますが。ただし子供がいない場合は、その後
「子供を作る予定は?」という質問が続く時があります。

大きなお世話です。

昨日、3通目の履歴書を送付しました。
これでダメだったら、当分課題に専念します。あとは短期バイト探そう。

結婚の基準

昨日は、前の職場の友人と久々にランチ&お買い物。
彼女は私より5歳年下の未婚。もう8年も付き合っている彼氏がいるが、過去に一度失敗しているため、結婚に対してあまり乗り気じゃない。ぶっちゃけ、結婚という手順はもうふみたくないそうだ。
で、焦った彼女が一度別の人と見合いをしたのだが、その時の彼は「いい人だったら結婚したら〜」みたいな態度だったらしい。結局、彼女が彼に見切りをつけられず、見合いはお断りして現在にいたるわけだけど・・・。

「いろいろ考えるんですよね。結婚したら、その人とずっと一緒にいるわけでしょう。だから、この人とずっと一緒に過ごせるかどうかって想像するんだけど、そうなると気が重くなるんですよ」
ふむふむ、結婚生活をシミュレーションしているわけですな。
「結婚する時、この人とずっと一緒にいて大丈夫だろうかって、やっぱり考えました?」
ごめん、考えなかった。と、いうか・・・
「ずっと一緒にいることより、いかに一人で放っておいても平気かの方が重要だったから」

私の答えを聞いて、彼女の目はまん丸になってました。
「すごい新鮮! 普通とは逆の基準ですね」

でも彼女は、気持ちが楽になったとも言ってました。
「二人きりだと世界が狭くなってしまいそうで、それが怖いんですよ。だから気が重かったんです」
というのが、結婚生活をシミュレーションした彼女の感想。

ずっと一緒なんて重すぎるよ。多分。

広辞苑

暇つぶしというか気分転換のために図書館へ。
「はちくろ」DVD連続鑑賞以来、映像は満腹モードなので、活字に方向転換。

今回借りたのは
「光の教会 安藤忠雄の現場」(建築の人から見れば今更かも)
「実業美術館」(何となくおもしろそうだった)
「楊貴妃になりたかった男たち」(宦官ではなく女装に関する考察)

なんか、まとまりのないラインナップ。

活字といえば、来年刊行される「広辞苑 第6版」を買うかどうか悩んでいる。手元にあるのは、第3版。そろそろ買い換え時なのは確か。
昔、誰かが無人島に流れ着くなら、広辞苑を持って行くといってたけど、その気持ちはよく分かる。
究極の暇つぶし。

ひとりぼっち

十円禿げを顔で笑って心で泣いて、ニット帽で隠し、相方は遠く雪の降る町へ出張。

・・・えぇわ〜、一人って。
なんたって、3食の飯を真面目に作らなくていいのが(笑)。楽ちんです。
自分の時間で動けるのも良い。

で、昨日は去年通っていた絵画教室のメンバーの一人が個展を開くというので、それを見に行ってきました。
個展のタイトルが、今日の日記のタイトル。

教室で描いている途中は何度も見てましたが、画廊の壁にずらぁと作品が並ぶと、また違った感じを受けます。
本人に言わせると「床に立てかけてた時より、こうしてつり上げて壁に飾ってもらえると、作品の出来が5割増しにみえるから嬉しい」
私なんか、遠くから自分の作品見ると、3割減ぐらいしょぼく感じたりするんだけど・・・。

彼女独特の可愛くて、寂しくて、ちょっぴり怖い世界が展開しています。興味のある方は、M崎市内・ひまわり画廊で。日曜日まで開催中。

教室展をやった時に来た「タイトルを変えろ」おじさんと、個展会場でまた遭遇。言っている内容も前回と同じでした(笑)。

ニット帽

出張の前夜になって、相方が「ニット帽がほしい」と言い出した。
確かに、東日本は寒そうだ。東北なんざ、雪がざんざか降っているみたい。
免疫力低下中の相方をこれ以上冷やしたら、次は一体どんな症状が出ることやら分かったもんじゃない。

ということで、晩ご飯の後、ショッピングセンターにニット帽を買いに行きました。
しかし何故、急に欲しくなったのさと尋ねると

「だって隠せるじゃん」

防寒じゃなく、十円禿げを隠すために被るのか。
な、情けないぞ〜(涙)。

はんてん

ようやく冬らしくなってきて、寒さのあまり押し入れから袢纏を取り出す。
やっぱ、袢纏ですよ。
世の中どんなに軽くてあったかな新素材便利衣類が出ても、日本人のDNAに刻まれた袢纏のしっくりした重さと温もり。
お風呂上がりの寝間着の上には、フリースじゃなくて袢纏。

さぁ、今日はこたつ布団を干さなきゃ。

十円禿げ

アクリル絵の具で大画面をむらなく均一に塗れず、一人意気消沈してました。
そこへ相方が散髪から帰ってきて一言。
「ポスターカラー使えばよかったんじゃないの?」
・・・そうかも。
そして立ち去ろうとした相方の頭部右サイド(右耳1センチ上くらい)に
十円禿げを発見!してしまいました。

本人は、しばらく落ち込んで立ち直れず。
「帯状疱疹は肉体的ダメージがきつかったけど、十円禿げは精神的ダメージが大きすぎる」と申しております。

ターバン

今朝、相方と借りてきた「卑弥呼の館」を観る。オダギリジョーは未だに髪型が変わると、誰だか分からなくなる私。今回もテロップ観てから、オダギリジョーだと知ったぐらい。昔はイケメンが好きだったのになぁ・・・。イケメン観察力が低下してます。

それにしても、「メゾン・ド・ヒミコ」のヒミコといい、「蜘蛛女のキス」のオカマ(役名忘れた)といい、なぜに中高年のオカマはターバンが好きなんだろう。不思議。
世間では、ターバン帽子が流行ってるらしいけど、私は昨日見たドキュメンタリー番組に映ってた、ザンスカール高地の女性たちが被っている赤茶色の毛帽子が欲しいです。

チャーリー

おかっぱ頭のジョニー・ディップを、ようやく観ました。なかなか良かったです。変な役、特にコスプレもどきをやらせるとサイコー! ジョニー。いえ、普通の役も素敵ですが。
でもあの変な髪型より、パッショなド紫の手袋に目がいって仕方なかったです。

小学校5年生ぐらいの時、とある事件が起こって、それ以来全くガムが食べられない自分としては、ガムを噛み続けていた金髪米国娘が画面に出て来るたびに、首を絞めたくなるような衝動に駆られました。まぁ、内容には全然関係ないんだけどね。

「絵画表現供廚亮袖参歛蠅戻ってきた。やっぱり点数悪ー。
気が乗らないなら、せめて画面に絵の具を厚くのせておくべきでした。反省。

なで肩

ハムコさんからのメールで、手羽さんの傾いたインタビュー動画を見ました。
窓なので、ばっちり再生可。相方にも「これが手羽さんだよ〜」と見せちゃいました。
「売れない小室ヘア」の手羽さんしか見たことがなかったので、爽やか手羽さんは微妙に違和感を感じました。というか、あの髪型、誰かに似ている。でも、思い出せない。

私的には傾きながら喋ってることより、Tシャツ越しのなで肩が気になりました。手羽さんて、かなりなで肩。着物着ると似合いそうです。

4日の試験結果が入力されてました。
「民芸論」合格。ばんざーい!
これで100単位取得。残るは専門科目のみ。

手羽さんの髪型が誰に似てるかは思い出せないけど、動画を見ながら「攻殻機動隊」のトグサ君(映画版じゃない方)を思い出してました。何故?

動画のラストのサバオ君に超感激! 夏スクの風邪でボロボロだった頃に、サバオ君なでて、根性とシアワセを貰ってました。また来年逢えると嬉しいな。

at