2011年02月のアーカイブ

マンガ家・今敏



昨年8月に46歳の若さで亡くなられたアニメ監督・今敏さんの短編マンガ全集が出版されました。



夢の化石 今敏全短篇 (KCデラックス)夢の化石 今敏全短篇 (KCデラックス)
今 敏

講談社 2011-02-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「PERFECT BLUE」、「千年女優」、「パプリカ」等のアニメ監督で知られる今さんですが元々はムサビ在学中にマンガ家としてデビュー。
その後アニメ監督に専念するまでに数本のマンガ作品を発表しています。
今回出版された書籍ではデビュー作を含むすべての短編作品を収録。
単行本未収録の作品もあるとのことです。
短編以外のマンガ作品も昨年末から続々と出版されています。



新装版 海帰線 (KCデラックス)新装版 海帰線 (KCデラックス)
今 敏

講談社 2011-01-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはヤングマガジンに連載された今さん初の長編作品。
新装版として刊行されています。



セラフィム 2億6661万3336の翼(リュウコミックス) [コミック]セラフィム 2億6661万3336の翼(リュウコミックス) [コミック]
押井 守 今 敏

徳間書店 2010-12-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アニメージュ誌上で連載された作品。
こちらは初のコミックス化となります。



OPUS(オーパス)上(リュウコミックス) [コミック]OPUS(オーパス)上(リュウコミックス) [コミック]
今 敏

徳間書店 2010-12-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

OPUS(オーパス)下(リュウコミックス)OPUS(オーパス)下(リュウコミックス)
今 敏

徳間書店 2010-12-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マンガ家時代最後の長編連載。
こちらも初のコミックス化。
連載誌の休刊等の事情で未完のままとなっていましたが、発見された未完成の原稿が「幻の最終回」として収録されているそうです。



ちなみに逝去前に着手していたアニメ作品「夢みる機械」は数々の今さんの作品に関わった板津詫さんが監督を代行して、公開時期未定ながらも制作は続行という発表がされています。
劇場公開の日を心待ちにしたいと思います。

at 23:13 | Category : 出版 | Comments (0) | Trackbacks (0)

ムサビ 補欠 よくある質問



竹林は昨日・今日と待ちに待った休日。





風邪をひきました  (T◇T)



結局2日とも家で過ごすハメに。
おかげでほとんど治りましたが、鼻がつまってなにを食べても味がしない・・・。
そうか!これがほんとの「味気ない人生」ってやつだな!
あっ、そんなにうまくないですかそうですか。



さて補欠繰上についてコメント欄にちらほらと質問がきていますので、今日はよくある質問をまとめてみました。
基本的には以前書いたものとほとんど変わりはありませんが、過去のエントリーだと心配かと思いますので改めて。



補欠合格の連絡の時は、自宅以外(携帯電話、緊急連絡先など)にも連絡していただけるのでしょうか。

出願時に携帯電話番号も記載していただいた方については、ご自宅が留守の場合は携帯電話にも連絡します。
まずご自宅、次に携帯電話の順番になります。
2、3日連絡してもつながらない場合は緊急連絡先にもご連絡します。
「出願時に携帯電話番号を記載していないけど、携帯電話に連絡がほしい」という方は、自分の番号が近づいたらメールまたはFAXでお名前、学科、受験番号、携帯電話番号を広報入学センターにお知らせいただければ、そちらにご連絡します。



電話がかかってきた時に出ないと、次の人に回ってしまうんですか?

それはありません。
1度でつながらなくても、ストーカーなみのしつこさwでご連絡します。
なので、一家で海外旅行などでなければお出かけされてもまったく問題ありません。



電話がかかってきた時、返事は即答でなければいけませんか?

できれば事前に「回ってきた時にどうするか?」という意思を予め決めておいていただけるとありがたいのですが、考えたいという場合は必ずしも即答でなくても大丈夫です。
ただ、お待ちできるのはMAX1日程度。
翌日の朝にお返事をいただくことになるかと思います。



補欠で繰り上がった場合の入学手続期限はいつですか?

詳細はご連絡をした際にお伝えしますが、基本的には繰り上がった日から概ね6〜7日後になります。
ただし3月末に繰り上げになった場合はもう少し短くなることもあります。
なお入学手続時には入学金+前期(または通年)学費をご納入いただくことになります。



補欠となった学科が2個以上となった場合、先に繰り上げの通知が来た学科に入学意思を示した時点、もしくは入学手続きをした時点で、まだ繰り上げ待ちの残りの学科については、その資格が消えてしまうのでしょうか?

資格は消えません。
1度ある学科で繰り上がり、その後に別の学科で繰り上がりになった場合はまたご連絡いたします。
その時点で再びどちらの学科に手続きするかを選んでいただくことになります。
過去には3学科を渡り歩いた方もいらっしゃいます。
なお、最初に繰り上がった学科で学費を納入した場合の扱いについては以下の質問の回答と同じです。



第2志望の学科に合格し、入学手続をした後に第1志望の学科の補欠が繰り上がったら学費はどうなるのか?

この場合はすでに納入されている学費を第1志望の学科の方に振り替えます。
差額が発生した場合は追加で納入、または後期分の学費に充当することになります。



ざっとこんなところでしょうか。
ご参考いただければ幸いです。
それにしても「気が緩んだ時に体調を崩す」の法則はほんとうですね。
そう言えば2年前も入試が終わる頃に風邪をひいたような・・・?
なにはともあれ季節の変わり目、みなさまもお気をつけください。

at 21:45 | Category : 入試 | Comments (5) | Trackbacks (0)

原研哉公開ゼミナール!



突然ですが、男性にとって最大&永遠の謎と言えばなんといっても「女性」。
竹林もその謎に何度泣かされたことか・・・。
そんな「女性」を探求した書籍が出版されます。



Ex-formation 女Ex-formation 女
原 研哉 武蔵野美術大学原研哉ゼミ

平凡社 2011-02-26
売り上げランキング : 199031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ご存知ムサビ基礎デザイン学科の原研哉ゼミの研究成果をまとめた「Ex-formation」シリーズの新刊。
「Ex-formation」とは「情報を未知化してみる」ということ。
毎年テーマがあり、2009年度のテーマは「女」。
15名の学生が探求した「女」が多彩な手法で表現されています。
それにしても毎回思うんですが、ゼミの研究成果が書店に並ぶってすごいなぁ・・・。



そしてここからが注目!
本の刊行を記念して、青山ブックセンターで原先生と原ゼミのメンバーによる公開ゼミナールが開催されます!



『Ex-formation 女』(平凡社)刊行記念 原研哉公開ゼミナール
「女」をエクス・フォーメーション(未知化)せよ!


日時:3月27日(日) 18:00〜20:00
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
料金:税込700円
定員:120名



原先生による前提講義&ゼミ生によるプレゼン、講評とムサビの授業をバーチャル体験できるイベント。
さらに終了後はサイン会もあります。
これはデザイン系の学生だけでなく、現役のデザイナーも興味津々ではないでしょうか。
現在webで予約を受け付けているとのこと。
早々に定員に達するかと思われますので、お早めにご予約ください。


オンライン予約


「ハーバード白熱教室」ならぬ「ムサビ白熱教室」。
ぜひライブで見てみてください。



以上、学生時代に後輩の女子から「私、竹林さんの隠れファンなんです!」と言われた経験を持つ竹林がお送りしました。
なぜゆえ隠れる・・・?

at 00:37 | Category : 出版 | Comments (0) | Trackbacks (0)

ムサビ 合格発表 補欠



本日造形学部一般入学試験の試験結果を発表しました。
現在大学公式サイトに掲載中です。



合格したみなさんへ。
おめでとうございます。
今までの努力が実を結んだことを心よりお祝いいたします。
旅行や、友人と遊びに行ったり、受験勉強中にやりたかったけどできなかったことをめいっぱい楽しんでください。
ただしそれは3月まで。
みなさんが目指しているのは「美大に合格すること」がすべてではないはず。
作家やデザイナーなど、将来なりたい自分になるために美大という道を選んだんだと思います。
とりあえず今の時点ではいい結果が出ましたがここはまだ通過点。
4月からまた新たなステージが始まります。
3月中にたっぷり充電して、やる気満々で入学式にお越しください。
あわよくばそのやる気の1部を夏の進学相談会アルバイトに向けていただけると助かります。
そして最後に今まで支えてくれた親御さん、先生、友人たちへの感謝の気持ちを忘れないでいてください。



地方から上京して一人暮らしをされる方は早めにお部屋探しを始めることをお薦めします。
3月は卒業して出てゆく人もいるので物件数は多いんですが、いい条件の物件はやはり早めに埋まってしまいます。
また部屋が決まったら決まったで生活用品やお役所への手続きなどやらなければならないことが結構あります。
明日よりムサビキャンパスの9号館1階で物件紹介がスタートしています(日・祝休)。
お部屋探しのご参考にどうぞ!



不合格だったみなさんへ。
理由がはっきりわかる場合もあるでしょうし、納得いかないこともあるかもしれません。
ただいずれにしてもいつまでも出てしまった結果に囚われているわけにもいきません。
もう1年頑張れる環境にある人はまた新しい気持ちでチャレンジしていただければと思います。
家庭の事情等でやむなく他大学に進学される方、上にも書きましたがここはゴールではなくまだ通過点。
大事なのは今の結果よりむしろこれからの過ごし方です。
気持ちを切り替えて、進まれた先で精一杯頑張りましょう。
なお「やはりムサビがいい」という場合は3年次編入学試験という方法もあります。



補欠のみなさまへ。
落ち着かない心境のことと思います。
簡単に説明しますと、補欠とは、「合格ではないけれど、合格者の入学手続状況によって欠員が生じた場合に繰り上げ合格となる可能性がある候補者」のこと。
必ず繰り上げに合格になるとは限りませんので、まずご承知おきください。
補欠の方には本日、補欠順位が記載された通知と補欠繰上状況を掲載するwebサイトのURLを発送しております。
早ければ明日にはお手元に届くかと思います。
補欠順位についてはこちらの通知でご確認ください。



今後の流れについてですが、まず上にもありますとおり、合格者の入学手続き状況が出た後、欠員が発生した場合に補欠の繰り上げを開始します。
入学手続締切は3月4日(金)。
なので、この日より前に繰り上げることはありません。
具体的には、補欠繰り上げを行う場合は3月7日(月)の11:00以降を予定しています。
(この段階で欠員が生じてない学科については、繰り上げはなしということになります)



繰り上げはどのように行われるのか?
まず、繰り上がりが決定した方には、電話で入学意思の確認を行います。
入学する場合は、その後、こちらから手続書類をお送りしますので、それに順じて手続きを行うことになります。
手続期限は繰り上がった日によってかわります。
概ね繰り上がった日から1週間ていど手続期間を設けています。
ただし、3月末に繰り上がりが決定した場合は、手続期限が短くなることもあります。



そしておそらく1番気になるであろう、「いったいどれくらい繰り上がるものなのか?」。
答えを先に言いますと、「大学側も予測できません」ということになります。
というのも、合格された方がどのように動くのかが予想不可能なため。
例えば同じ学科を一般方式とセンター方式の両方で合格した場合、どちらの方式で入学手続を行うのか?ムサビと他大学の両方に合格した場合、どちらに入学手続をとるのか?などは個人の事情や希望によるもの。
その集積が各学科の入学手続状況となるので、補欠繰り上げ状況は年によってまったく異なってきます。
よく「昨年はどれくらい繰り上がったのですか?」とか、「例年どれくらい繰り上がるものなのですか?」というお問い合わせがありますが、そういうわけなので、昨年の状況はまったくあてになりませんし、そもそも「例年」というものが存在しませんので、なんともお答えできません。
それでもどうしても昨年の状況が知りたいという方は某巨大掲示板に昨年度の最終繰り上げ結果が書き込まれているようなので、そちらで確認できると思います。
繰り返しますが、参考にはなりません。
とにもかくにも、当面は状況はまったく動きません。
さぞ悶々とされているかとは存じますが、しばらくお待ちください。



13:00に正門脇の掲示板に合格発表の掲示を貼ったところで竹林の入試業務も無事終了となりました。
来週は待望のお休みが取れそう。
休日の予定はもちろん「二度寝」です (`・ω・´)キリッ

at 19:20 | Category : 入試 | Comments (6) | Trackbacks (0)

2011入試 合格発表



今日の多摩地方は強風の1日。
てっきり春一番かと思ったら、そうではなくただの強風だったようですね。
寒さにめっぽう弱い竹林としては春を通り越して一気に夏が来てほしいところです。



さて2月20日[日]はいよいよ造形学部一般入学試験の合格発表。
ムサビの合格発表方法は次の4つです。



1.電話による合否案内

03-5659-3712


2.webによる合否案内

http://www.gouhi.com/musabi/


3.正門掲示板への掲示


4.大学公式サイトへの掲示



もっとも早く結果を知ることができるのは1と2の方法。
9:00から利用が可能です。
1、2とも携帯電話からも利用できます。
利用方法は音声または画面の案内に従って専門試験受験番号、誕生月日を入力すればOK!
利用期間は2月22日[火]の24:00までとなります。
電話による合否案内は番号をプッシュしてから結果が流れてくるまでに間があるので、ドキドキしたい方にお薦めです。
逆にwebによる合否案内は入力を終えて、OKボタンを押した瞬間に結果が表示されるので、ドキドキしたくない方にお薦め。
電話の場合にはくれぐれも番号を間違えないようにお気を付けください。
また、受験番号をよく確認して入力してくださいね!



3の掲示板への掲示は13:00予定。
何といってもドキドキ感が1番強いのはこの方法。
めでたく合格だった場合は喜びもまたひとしおでしょう。
1、2の方法を利用せずに、あえて見に行くのもいいかもしれません。



4の大学公式サイトへの掲示は14:00予定。
2との違いは、こちらはPDFファイルによる全合格者・補欠者番号の掲示であること。
翌日の17:00まで見れます。



なお、合格は合格通知書をもって正式なものとします。
通知書は発表日の2月20日[日]に大学から発送いたします。
なのでお手元に届くのは早くても2月21日[月]になるかと思います。
補欠だった場合ですが、補欠順位は同じく2月20日[日]に大学から発送される補欠通知に記載されています。
1〜4の方法では知ることはできません。
大学に電話等で問い合わせてもお答えできません。
申し訳ありませんが、通知の到着を待ってください。



竹林チームの入試業務もいよいよあと2日で終了。
明日・明後日が最後の追い込み。
あと一息頑張らねば!

at 01:36 | Category : 入試 | Comments (4) | Trackbacks (0)

五美大展&卒制展学外展示その2



五美大展が本日からスタートしました!


東京五美術大学連合卒業・修了制作展


会期:2月17日(木)〜2月27日(日) *2月22日(火)休館
会場:国立新美術館




もはや説明は不要かもしれませんが、ムサビ・多摩美・東京造形・女子美・日芸の日本画・油絵・版画・彫刻の卒業制作が一同に会した一大イベント。
見応え充分の展示です。
それにしても都心のど真ん中&今やアートの街と化した六本木で、しかも国立新美術館で展示ができるってよく考えたらすごいことだなぁ・・・。
東京五美大ならではの機会ですね。


さて卒業制作の学外展については以前のエントリーでもご案内しましたが、その後追加になった情報もあるので改めてのご案内。
まずは視覚伝達デザイン学科の学外展示です。


視覚伝達デザイン学科2010年度卒業制作選抜展「shide CONTACT 2011」


会期:2月25日(金)〜3月1日(火)
会場:AXISギャラリー




こちらも毎年恒例の展示。
今年から会場が六本木のAXISギャラリーに変わりました。
幸せ屋さんの展示ももちろんあります!


さらに3月には視デのご意見番・陣内利博教授ゼミの作品展示も開催されます。


陣内利博プロデュース vol.6複眼思考 2011


会期:3月7日(月)〜3月12日(土)
会場:art space kimura ASK?+ASK?P




会場では陣内先生の得意技「複眼体験」も体験できるそうです。


こちらは以前にも書きましたが、3月は工芸工業デザイン学科のインダストリアルデザイン専攻の学外展示も開催されます。


工芸工業デザイン学科 インダストリアルデザインコース 卒業制作展学外展


会期:3月5日(土)〜3月6日(日)
会場:原宿クエスト




自動車や電化製品、遊具等さまざまな製品の未来形が登場します。
ところで「原宿クエスト」と聞くと原宿を舞台にした宝探しゲーム的なイベントを想像してしまうのは竹林だけでしょうか・・・?


いずれの展示もたくさんのみなさまのご来場をお待ちしております!

はっぴーばれんたいん!



朝、気になって電車の運行状況をチェックしたところ、どうやら大幅な遅れはなく、多摩美さんの入試も予定どおり実施されたようですね。
ただ足元が悪くてやはり行きはたいへんだったのでは?
本日多摩美さんを受験されたみなさま、おつかれさまでした。
おそらく昨日から今日にかけて雪対策で大忙しだった多摩美の教職員のみなさまもおつかれさまでした。
お互い雪には苦労させられますね・・・。



さて昨日は♪明日は特別スペシャルデ〜 1年1度のチャンス♪でおなじみのバレンタインデー。
えっ?非モテ系の竹林には縁のないイベントなんじゃないか?だって?
フッフッフ・・・甘く見てもらっちゃ困るな!
みなさまの期待を裏切り、ちゃんとプレゼントをもらいましたよ。
なになに?脳内彼女からじゃないのか?だって?
やれやれ疑り深いなぁ・・・。
わかりました。
それじゃあ思いきってプレゼントの送り主を公開します!
はっきり言ってかなりカワイイですよ。
くれぐれも嫉妬しないようにお願いします。



Happy Valentine ’ s Day(リサイズ済).jpg



カワイイでしょう!(ドヤ顔)
白い肌とつぶらな瞳がとてもチャーミング!
こんなキュートなウサギさんからバレンタインメールをもらえるなんて。
入試の疲れが癒される幸せな一瞬でした。



幸せ屋さん、ありがとうございました!



益々のご活躍をお祈りしておりMAU!



以上、実はモテ系の竹林がお・・・えっ?人間からはチョコをもらえたのかだって?




それは宣戦布告と捉えていいのかな?

人生のきほん



多摩地方は現在一面の銀世界。
先日の雪は「雨ですけどちょっと凍ってみましたテヘ☆」という感じでしたが、今日の雪はズバリ「雪です!(ドヤ顔)」といったところ。
昨年までだったらムサビは入試初日が終わったばかり。
翌朝に向けててんてこまいだったろうなぁ・・・。
明日多摩美を受験される方は早めのスケジュールと濡れない&滑らない靴でお出かけください。



さて入試も終了したので竹林ブログも平常営業に。
最初の話題はなんと言ってもこちら。
先日亡くなられた絵本作家・佐野洋子さんの最後の肉声を収録した書籍が出版されました。



佐野洋子対談集 人生のきほん佐野洋子対談集 人生のきほん
佐野 洋子 西原 理恵子 リリー・フランキー

講談社 2011-02-04
売り上げランキング : 343

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




佐野さんと西原理恵子さん、リリー・フランキーさんの対談集です。
西原さんとは2007年に、リリーさんとは2009年に、ともに佐野さんからの希望で実現した対談とのこと。
「生きること」や「親子」、「仕事」、「家族」、「恋愛」・・・といったさまざまなテーマが語り合われてます。
こう書くと固そうですが、そこはこのメンバー、初対面とは思えないかけあいで笑いあり、過激な発言あり、ホロリとくる話ありでページを繰る手を止めさせません。
そしてそれぞれの波乱万丈の人生からくる建前やきれいごとのない言葉がところどころに散りばめられていてハッとさせられたり、考えさせられたり。
特に佐野さんの言葉には優しさがあふれていてなんだか救われたような気持ちになります。
またお三方のイラストの共演も楽しめます。



お三方ともムサビ出身ということで、ムサビの話題も出てきます。
もちろんこのお三方ですからこてんぱんな言われようですが・・・(苦笑)。
ただ佐野さんには「結果として、武蔵美がすごくよかったと思うの。」と言っていただけました!
「結果として」というのがいささか引っかかりますが・・・w



それにしてもこんなにおもしろくて、生き方のヒントがいっぱいつまった対談集なのに、もう2度と出版されることはないという事実がさびしいです。
対談第2弾もぜひ読んでみたかったな・・・。

at 00:16 | Category : 出版 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 最終日



今日も電車の遅延等もなく定刻どおりの実施。
これをもちまして2011年度造形学部一般入学試験もすべて終了しました!
受験されたみなさま、連日寒い中朝早くからおつかれさまでした。
まだこれから他大学を受験される方は引き続き体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
受験がすべて終了した方はゆっくりお休みください。



それでは問題速報を。
空間演出デザイン学科の鉛筆デッサンのモチーフは大きなガラス花瓶の中に黒い苗ポット、丸められたトレーシングペーパー、白布、玉子。
花瓶の足元にも玉子が配置されてました。
デザインはやわらかい曲線や曲面を主役とし、直線的な要素を脇役とした有機的でのびやかな立体を作りなさいという出題。
素材としてケント紙、波段ボール紙、厚トレーシングペーパーが配付されました。



あとは合格発表を残すのみ。
発表日は2月20日[日]です。
発表方法については後日改めて書きますが、受験票が必要になるので無くしたりしないように保管しておいてください。





さて、入試は終了しましたが入試業務は明日以降も続きます。
そんなわけで竹林は明日ももちろん出勤予定。
ムサビキャンパスはまだ入構禁止期間中ですが、

明日竹林に渡したいモノがあるという方は正門守衛所にその旨をお伝えいただければ伺います!


明日竹林に渡したいモノがあるという方は正門守衛所にその旨をお伝えいただければ伺います! 

(大事なことなので2回書きました)



念のために言っておきますが「渡したいモノ」っていうのは請求書とかお仕事の書類って意味じゃありませんからね。
明日は特別スペシャルデ〜イ♪

at 21:31 | Category : 入試 | Comments (7) | Trackbacks (0)

2011入試 10日目



雪の影響が心配されましたが電車の遅延等はなし。
入試10日目も定刻どおりに試験を実施することができました。
関係者一同、胸をなで下ろしたことは言うまでもありません。



それでは問題速報を。
建築学科の鉛筆デッサンは和紙・正六面体・丸棒を自由に組み合わせて描きなさいという出題。
立体構成の課題は9×9×24僂量敲劭恩弔鯊羯罎ら浮かせて設置できる立体。
素材としてスチレンボードが配付されました。
注目の基礎デザイン学科の感覚テストは自分のお菓子を考え、(1) 30字で説明する (2) 自分のお菓子を事例としてお菓子について400字以内で論じる (3)自分の考えたお菓子をデッサンする という課題。
3時間で既存のモノではなく、オリジナルのモノを考え出してデッサンと文章で表現ということでかなりハードだったのでは?
発想力と表現力に加えて論理性を求めるところが実に基礎デらしい試験だと思います。
基礎造形の課題は「お雑煮」。
お雑煮は地域性が豊かな料理。
例えば東京風なら焼き餅に小松菜のお吸い物、関西風ならお餅の他に大根や里芋の入った白みそ仕立て。
どんなお雑煮が描かれているのか、作品を見るのが楽しみです。
それにしても最近基礎デは食べ物絡みの出題が多いなぁ・・・。



明日はいよいよ入試最終日。
トリを飾るのは空間演出デザイン学科。
空デと言えばかつて素材として少年ジャンプが配付されたり、お菓子で「おかしな家」を作る課題が出されたりした名物試験の1つ。
今年はどんな課題なのかキニナルところです。
天気は待望の晴れマーク!
ただし昨日・今日の雪で玉川上水沿いの遊歩道は引き続きぬかるんでいると思われます。
雨に強い靴をお薦めします。
またキャリーカートの荷崩れにも要注意です。
天気がよくても電車が遅れないとは限らないので出かける前には交通状況をチェック!



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況



電車の運転見合わせ・大幅な遅延の際はこちらを確認してください。



http://musabi.ac.jp/m/



竹林も明日が最後の早出。
油断して寝坊しないようにしなくては・・・。

at 23:25 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 9日目



ムサビ周辺は7:00頃から雪になりました。
ただ降り出すのが遅かったせいか交通機関の遅れ等はなく、試験は定刻通りに実施されました。
本日受験されたみなさん、寒い中おつかれさまでした。
風邪などひかぬようお気をつけください。



天候の方は予報によると明日の朝まで雪もしくはみぞれが降り続き、午前中は一時止むものの、午後からは今度は雨になりそうとのこと。
明日の入学試験については



現段階では通常どおりの時刻で実施予定です。



雪の影響で電車の運行状況が乱れる可能性があります。
朝起きたら交通状況をチェックして、遅れが発生しているようであれば早めに出発しましょう。


TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


国分寺駅からのバスもダイヤが乱れたり、ムサビ到着までに時間がかかる可能性が高いです。
雪が降っていたとしても鷹の台駅からの徒歩ルートをお薦めします。
路面の凍結、ぬかるみに備えて滑りにくい&雨に強い靴でお越しください。
なお電車の運転見合わせや大幅な遅延等で試験開始時刻の変更等がある場合には明日朝8:00以降にこちらのサイトでお知らせいたします。


http://musabi.ac.jp/m/


明日は建築学科と基礎デザイン学科の試験。
基礎デザイン学科の感覚テストは今年初めて実施される試験。
また基礎造形は過去に「ドラえもん」や「カレーライス」がテーマになったことがあります。
どんな出題なのか注目です。



それにしても昨日・今日と入試情報というよりお天気情報になりつつありますな・・・。



at 22:34 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 8日目



またもや雪予報が出ています。
先日はさほど降らなかったためまったく問題ありませんでしたが、今回はどうやらそうはいかなそうです。
詳しくは下の方をご参照ください。



取り急ぎ問題速報。
日本画学科の鉛筆デッサンのモチーフはダストボックス、タオル、梱包材、アボガド、レモン、パイナップル、白布の組み合わせ。
どうやら今年はレモンとアボガドの当たり年のようですね。
彫刻学科の塑造は「耳を作れ」。
いつかは出るのではと思ってましたがついに出ました。



明日は国語・外国語試験B日程と建築学科、基礎デザイン学科の数学。
予報によると多摩地方は今日の夜から雪になり、3僉腺鍬僂寮兩磴予想されているとのこと。
まず明日の入学試験ですが、



現段階では通常どおりの時刻で実施予定です。



明日の朝電車が遅れた場合でも


雪が降って電車が遅れた=試験開始時刻繰り下げではありません!


電車に運転見合わせや遅延が生じた際、「多数の受験生の足に影響がある」と大学が判断した場合のみ、試験開始時刻が変更になることがあります。
例え中央線であっても5分や10分程度の遅れであればまず試験開始時刻は変更になりません。
なので明日は朝起きたら交通状況をチェックして、遅れが発生しているようであれば早めに出発しましょう。


TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


また国分寺駅からのバスは雨や雪の時はダイヤが乱れたり、ムサビ到着までに時間がかかる可能性大。
特に明日は国語・外国語試験なので受験者数が多く、来たバスにすぐに乗れないことも。
繰り返しになりますが、バスが遅れても試験開始時刻は変更になりません。
雪であっても鷹の台駅からの徒歩ルートの方が安心です。
玉川上水沿いの遊歩道がぬかるんでると予想されますので、雨に強い&滑りにくい靴を履いてくるといいですよ。
電車の運転見合わせや大幅な遅延等で試験開始時刻の変更等がある場合にはこちらのサイトでお知らせいたします。


http://musabi.ac.jp/m/


冷え込みの方もかなり厳しくなりそうです。
早め早めのスケジュール&防寒対策万全でお越しください。



ついさっき気づいたんですが、世間は明日から3連休なんですね。
3連休・・・懐かしい響きだ・・・。

at 21:57 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 7日目



ムサビ周辺は朝7:30頃から雪が降り出しましたが電車の運転見合わせ・遅延はなし。
入試7日目も定刻どおりに試験を実施することができました。
雪も午前中にはやんで、昼には朝の天候がウソのような青空が広がってました。
ただ、予報によると11日、12日はまたもや雪マーク。
まだまだ油断はできませんな。



さて問題速報です。
日本画学科の着色写生のモチーフは魚用の仕掛け網、観葉植物、カップ、タマネギ、アボガド、木の葉、木の実、セロファンなどの組み合わせ・・・だったかな?
いかんせん種類が多くて抜けてるのがあるかもしれません、詳しくは6月発行予定の問題集でご確認ください。
昨年はいろんなモノが散らばって設置されてましたが、今年は逆に密集してました。
彫刻学科の鉛筆デッサンは例年どおりのムービング。
得物は2mくらいの細長いスポンジでした。



明日は引き続き日本画学科・彫刻学科の試験。
日本画学科の鉛筆デッサンと言えば2年前のモチーフはなんと新巻鮭!
一方、彫刻学科の塑造は「鼻」、「ひじ」、「握りこぶし」ときています。
今年はどんな問題が出るのか?
どちらも興味津々ですね。
いつものやつはこちら。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


http://musabi.ac.jp/m/



今日の応援メッセージはいにしえの美術家の名言を2つ。



富士を描くということは、富士にうつる自分の心を描くということだ。


横山大観





仕事には本筋の仕事と、本筋でない仕事がある。
本筋の仕事とは根のある仕事、本筋でない仕事とは器用だけの仕事のことだ。


高村光太郎





横山大観は明治期の日本画の巨匠、高村光太郎は大正期を代表する彫刻家。
さすが深イイこと言うなぁ・・・。

at 00:00 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 6日目



ここまでの入試は好天に恵まれてきたのですがどうやら文字どおり怪しい雲行きになってきました。
詳しくは下の方で。



天気の話の前に問題速報を。
まずは2月7日の映像学科の試験から。
感覚テストは「溢れる」、「滲む」、「淀む」の3語から1つを選び、その言葉から発想した場所やできごとのイメージを絵と文章で表現せよという問題。
竹林は「滲む」で夏の夕陽が涙でにじんで見えるシーンを連想しますね。
これ、桑田佳祐さんの歌詞によくあるシチュエーションなんです☆
鉛筆デッサンのモチーフはクラフト紙袋(黒)、新聞紙、紙コップ。
素材はすべて紙ですが、色味や質感は異なります。
これはこれで描き分けがたいへんそうだ・・・。
小論文のテーマは「重ねるとは○○である」。
紙皿2枚が配付されました。
竹林がパッと思いつくのは、重ねることによって厚みは確実に増すが、重ね方によっては不安定にもなる云々・・・といったあたりでしょうか。
続いて2月8日の工芸工業デザイン学科の試験。
鉛筆デッサンのモチーフはスツール、タオル、ワイン、リンゴの組み合わせ。
デザインは任意のサイコロをモチーフに自由に色彩表現・構成しなさいという出題。
サイコロは正六面体という条件でした。



明日は日本画学科、彫刻学科の試験。
気になる天気ですが、予報によると今日の夜から明日朝にかけて多摩地方でも雪が降り、1〜3僂寮兩磴硫椎柔もあるとのこと。
くれぐれも気をつけていただきたいのが、


雪が降って電車が遅れた=試験開始時刻が繰り下げになるではありません!


以前にも書いたとおり電車に運転見合わせや遅延が生じた際、「多数の受験生の足に影響がある」と大学が判断した場合のみ、試験開始時刻が変更になることがあります。
例え中央線であっても5分や10分程度の遅れであればまず試験開始時刻は変更になりません。
なので明日は朝起きたら交通状況をチェックしましょう。


TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


また国分寺駅からのバスは特に雨や雪の時はダイヤが乱れたり、ムサビ到着までに時間がかかることがあります。
これも以前に書きましたが、バスが遅れても試験開始時刻は変更になりません。
鷹の台駅からの徒歩ルートの方が安心です。
玉川上水沿いの遊歩道がぬかるんでると予想されますので、雨に強い靴を履いてくるといいですよ。
キャリーカートの荷崩れにも要注意です。
電車の運転見合わせや大幅な遅延等で試験開始時刻の変更等がある場合にはこちらのサイトでお知らせいたします。


http://musabi.ac.jp/m/


今のところ大雪というわけではなさそうですが、用心に越したことはありません。
早め早めのスケジュール&防寒対策万全でお越しください。

at 00:07 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 5日目



今日は映像学科の試験日ですが、竹林はお休みをいただきました。
問題速報は明日掲載いたします。
休刊日の翌日の新聞みたいだな・・・。



明日は工芸工業学科の試験ということで、工デ3年生のムサビ日記ライター・からーずさんよりアドバイスがアップされてます。


受験生へ


まったくそのとおりですね。
提示されたテーマやモチーフに対してどれだけ貪欲に向かい合えたかがカギになると思います。



それではいつものやつはこちら。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


http://musabi.ac.jp/m/



今日の応援メッセージは工芸工業デザイン繋がりで自動車業界の偉人の名言から。



私はたえず喜びを求めながら生きている。
そのための苦労には精一杯に耐える努力を惜しまない。

本田宗一郎




試験中に凹みそうになっても、合格の喜びをイメージして力を出し切ってください。

at 00:00 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 4日目



今日は受験生数が1番多い日。
こんな時心配なのが電車の運転見合わせ・遅延。
毎年朝から祈るような気持ちで運行状況をチェックしています。
幸い今日のところは運転見合わせも遅延もなし。
関係者一同ホッと胸をなでおろしました。



さて問題速報です。
芸術文化学科の造形表現テストは「あなたにとっての遊園地」というテーマで文章を書き、配付された図形の用紙と色紙を用いて表現せよという問題。
ロープを描くことが条件になっており、参考用としてロープの実物も配付されました。
小論文は配付された資料・図版を参考に、前半は「イサム・ノグチの現代性」について、後半は「あなたにとっての芸術の未来教室」について述べよという出題。
今年も数ページにわたるイサム・ノグチについての文章を読んでから自分の考えを述べさせるスタイル。
まさに芸文の「最初の授業」となってます。
時間内に文章を読み込んで執筆しなければならない受験生の方はたいへんかもしれませんが、竹林はいい出題だなぁと毎年思います。



明日は映像学科の試験。
いつものやつはこちら。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


http://musabi.ac.jp/m/



明日の試験は映像学科ということで、今日の応援メッセージは映像学科出身(中退)の佐藤秀峰さんのマンガから。



1%の可能性がある限り諦めるな!!


出典:海猿





優れた経営者やアスリートなどの名言を集めたサイトを見てると、その道で一流と呼ばれる方は表現こそ違えど、みな同じことを言ってますね。
明日も諦め悪く行きましょう!

at 00:06 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 3日目



入試3日目。
今日は春のような暖かさ。
受験生の方にはもちろん、自転車通勤の竹林にもありがたい気候でした。
期間中この天気と暖かさが続くといいなぁ・・・。



ではさっそく入試速報。
油絵学科版画専攻のデッサンのモチーフは白布の上に鏡(姿見)、計量カップ、メスシリンダー、バレーボール、角材×2が組み合わされたもの。
計量カップには牛乳が、メスシリンダーには青色の液体が入ってました。
油絵専攻のデッサンと同じく構成要素が多い上に異なる素材の組み合わせ。
その上鏡が入ってます。
ハードだ・・・。
視覚伝達デザイン学科の鉛筆デッサンのモチーフは手とねんど。
一見シンプルに思えますが、ねんどは伸ばしたり、ちぎったり、ねじったりとどんな形にも加工が可能。
いろんなことができすぎて逆に難しかったかもしれません。
デザインは「風」という文字が含まれる単語または文章を作りそれを視覚化した色彩構成でした。
「風」もそよ風からつむじ風、突風、さらには台風までありますから、これも発想力とそれを的確に伝える表現力が求められる問題。
ん?待てよ。
「風」という文字が含まれるということは「風呂」とか「風船」とかもありなのかな?
そうなるとますます範囲が広がって悩ましいですね・・・。



明日の試験は全学科共通の国語・外国語試験(A日程)と芸術文化学科、それに映像学科とデザイン情報学科の選択科目である数学。
1番受験生の数が多い日になります。
寒いのでついバスを利用したくなるかもしれませんが、明日は時間帯によっては来たバスにすぐに乗れないかもしれません。
運よく乗れたとしてもラッシュアワーなみの混雑は必至。
試験を受ける前にヘトヘトになってしまうかも。
更に渋滞で時間がかかる可能性もあります。
言うまでもなく、国語、外国語試験での遅刻は致命傷。
そんなわけで明日は特に鷹の台駅からの徒歩ルートを強く激しくお薦めします。
電車の運行状況と当日の情報はこちら。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


http://musabi.ac.jp/m/



今日の応援メッセージは視デ出身のこの方の名言。



どん底でも笑え!

by 西原理恵子





本日から映画毎日かあさんのロードショーがスタート。
受験生の方も入試が終わったらぜひ!

at 00:14 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

2011入試 2日目



ムサビ日記ライターの入試体験談・アドバイス。
今日はデザイン情報学科のお二人がアップしてくれました。



最後のアドバイス ruraさん


あなたの心の中のお守り helveticaさん



いいこと書くなぁ・・・さすが4年生!
同じ問題・同じモチーフに取り組んでいても表現は100人いれば100通りあります。
そんな中で「自分が感じたことをいかに伝えることができてるか」は重要なフィクターとなります。
そして入試にしてもなんにしても勝負事は気持ちを強く持ち続けることがなにより大事。
デ情だけでなくすべての学科・すべての科目に役立つアドバイスですね。
お二方、ありがとうございました!



さて入試2日目。
今日も雲1つない晴天。
交通機関のアクシデントもなく無事終了しました。
油絵学科油絵専攻の油絵のモチーフは淡いストライプの布がかけられた折りたたみ椅子に鉢植えの花が置かれた静物。
座面や椅子の脚元にはレモンが配置されてました。
鉢植えが花と葉で赤色と緑色、レモンが黄色、布が淡い水色と白のストライプ、椅子がナチュラルカラーとモチーフごとに色のメリハリがある組み合わせ。
今度の参考作品はさわやか系の作品が多くなるかな?
デザイン情報学科の造形表現テストは「不思議な液体」の入った霧吹きを噴射するシーンを描き、どんな「不思議な液体」なのかがわかるタイトルを付けるという出題。
描写力はもちろんですが、「不思議な液体」からどんな発想を広げているかがカギになりそうですね。
注目の小論文は「手ぬぐい本」と「手ぬぐい本」に関する図版が配付され、伝統とデザインが融合し、調和しているかどうかについて600字で述べ、「手ぬぐい本」のデザインの特徴について図解せよという問題でした。
「手ぬぐい本」についてはこちらのサイトをご参照ください。


『濱文様』のてぬぐい本


課題文、実物、図版から情報を読み取り、デザインについて考えさせるという実にデ情らしい出題。
字数は多くないものの図解も含むので、90分間ではハードだったかもしれませんね。



明日は油絵学科版画専攻と視覚伝達デザイン学科の試験が実施されます。
天気は引き続きよさそうですが、予想気温は今日よりやや低め。
暖かくしてお越しください。
運行状況と当日の情報はこちら。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況


http://musabi.ac.jp/m/



今日の応援メッセージはもちろんこの名言!



私だってね、絵はヘタクソだけどね!
やればできるやればできるやればできるやればできるやればできる!

by helvetica





試験の最中に凹んでもいいことはありません。
終了のチャイムが鳴るまではこの気迫で最後の1分1秒までやりきってください!!

at 00:48 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (1)

2011入試 初日



親日記ライターのムサビズキさんから入試お役立ちアドバイスを頂きました。



ムサビ受験生のみなさんへ

(1)目覚まし時計は、午前5時から6時くらいにセットする
(2)試験日の前夜、寝付かれない時は、牛乳をコップ1/3〜1/2くらい飲んでみる
(3)足腰を冷やさないように、カイロや新聞紙(!)を活用する(新聞紙で何か造形しちゃダメですよ)

「試験開始直後に深く静かに深呼吸すること」、「1点にこだわること」、「試験終了時間1秒前までネバルこと」





新聞紙は服の下に入れると暖かいんですよね。
カイロを忘れた時に代用品として使えます。
ムサビズキさん、ありがとうございました!



さて、ついに2011年度造形学部一般入学試験がスタート。
初日の今日は雲一つない快晴。
電車の運休・遅延もなく順調な立ち上がりとなりました。
本日の試験は油絵学科油絵専攻のデッサン。
モチーフは岩、木材、アクリルボックス、金属パイプ、くしゃくしゃに丸められた和紙、葉のついた木の枝の組み合わせでした。
構成要素が多い上にすべて異なる素材・・・竹林はデッサン経験がほとんどないのでよくはわかりませんが、これはかなり手ごわそうですね。
そして問題文には「答案用紙の裏面に『上』を示す矢印を書きなさい」との記載がありましたが、書き忘れた方もいたのではないでしょうか。
竹林は採点には一切タッチしていないのであくまで推測ですが、矢印を書いていないので失格または大幅減点ということはまずないと思います。
答案用紙を縦長に使用しても横長に使用しても可という場合、構図によってはどちらの向きで使用したのかがわかりにくいという答案があったりします。
その時の目印という意味合いだと。
なので仮に書き忘れても、上下がはっきりとわかる構図であれば問題ないと思われます。



明日の試験は油絵学科油絵専攻の油絵とデザイン情報学科の造形表現テスト、小論文。
デ情の小論文は新設科目ということで、どんな出題なのか竹林も興味津々です。
天気予報によると多摩地方は明日も晴天に恵まれるとのこと。
ただ天気はよくても電車は遅れるかもしれないので、朝起きたら運行状況はチェックしておきましょう。



TETSUDO.COM 運行情報サイト更新状況



試験当日の情報はこちらです。



http://musabi.ac.jp/m/



今日の応援メッセージはこちら。



最後まで・・・希望をすてちゃいかん
あきらめたらそこで試合終了だよ


by 安西先生


at 00:27 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

いざ!



いよいよ明日から造形学部一般入学試験がスタート。
ここにきてムサビ日記メンバーの入試体験談がアップされました。



メンタル弱めな受験生の方へ  ポモドーロさん



こと入試については直近に受験した方のアドバイスが役に立ちます。
(あまり前だと入試自体が変わっていたりするので)
日記メンバーのみなさん、未来の後輩のために体験談やアドバイスがあったらどしどしアップしてください。
さらにムサビ生の親御さんからもアドバイスを頂きました!



玉川上水沿いを歩く時に、カートにロープでくくりつけるタイプのものは、ガラガラと引きずっている間にぐずぐずに崩れてしまうことがあるそうです。
娘の先輩は、崩れた荷物が水の中に・・・と言う話を聞きました。
あと、この時期は寒いので玉川上水脇の小道は霜が下りていたりその霜がさらに堅く凍っていたりします。
すべりにくい靴が良いと思います。
(付き添って歩いた経験より)

寒いから防寒具・カイロもね。





玉川上水沿いの遊歩道は木の根っこが多かったりするので、カートの結び方が緩いと崩れることがしばしば。
遊歩道に入る前にチェックしておきましょう。
また、実技試験の際はムサビ到着後すぐに試験場に入室できないことがあるので、防寒&着脱しやすい格好でお越しください。



竹林からも1つ。
入試期間中、国分寺駅や玉川上水沿いの遊歩道に「合格電報屋」が現れることがあります。
いかにも大学関係者のように「ムサビの受験生はこちらへ!」、「ここに名前と受験番号書いてね!」などと声をかけてくるとか。
見た目もコワモテではなく、いかにも大学職員風とのこと。


ムサビ関係者が学外で受験番号や住所を聞くことは100%ありません。
ましてや、お金を徴収することも100%ありません。
大学とは一切関係のない方です。



大学側でも人員を配置して案内をしておりますが、くれぐれもお気をつけください。
それでは最後にある偉人の名言を応援メッセージとしてお贈りしたいと思います。



過去のことを思っちゃダメだよ。

何であんなことしたんだろ…って怒りに変わってくるから。

未来のことも思っちゃダメ。大丈夫かな、あはぁ〜ん。

不安になってくるでしょ?

ならば、一所懸命、一つの所に命を懸ける!

そうだ!今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ!!


by 松岡修造





試験が始まったら結果のことは考えず、課題にひたすら集中しましょう。
今の自分の持てる力を思う存分発揮してください。



ー(゜0゜)ー<熱くなれよ!!

at 00:39 | Category : 入試 | Comments (2) | Trackbacks (0)

カルトンは持参です!



ついこの間年が明けたかと思ったらもう1カ月が終了。
毎年のことながら1、2月はあっという間に過ぎてしまうような気がします。



さて入試直前特集第3弾。
今日は忘れ物についてです。



まずは画材。
忘れ物で1番多いのはずばりカルトン。
ムサビはカルトン持参です!
その他の携行用具についても必ず募集要項で確認してください。
画材については家を出るときはちゃんと持っていても電車内に置き忘れてしまうこともしばしばあります。
(美大受験生はどうしても荷物が多くなってしまうので)
身も蓋もない話ですが、こんな時に役立つがのはやはりお金。
ムサビ構内の世界堂が朝から営業してますので、大抵の画材はそこで揃います。
(ちなみに時計も500円程度で販売しています)
なのでこれは受験生の方というより、親御さんへのアドバイスになるかもしれませんが、お金は多めに持ってきましょう。
入試の際、まず1番大事なのは試験開始時刻までに会場に着くことです。
万が一お金の持ち合わせが少ない時は、構内を歩いている大学スタッフに事情を話してみるというイチかバチかの賭けを試す手もあります。
ただ、それも会場にいないとできません。
途中で忘れ物に気がついてもとにかく会場に着くことを最優先してください。



画材の忘れ物以外でも、例えばお腹の不調等で予定外に時間を食ってしまい、試験開始時刻に間に合わない!なんて時もお金が役立ちます。
途中からタクシー利用という選択肢が残ります。
(お薦めはしません。あくまで最終手段ということです)
ただ以前に書きましたとおり早く着くという保証はできませんが・・・。



画材以外の忘れ物といえば受験票。
受験票を忘れた場合は1号館下の受付で仮発行を受けることができます。
なので家に引き返す必要はありません。
そのままムサビに向かってください。
受験票については昼休みも油断できません。
昼食を食べた場所に置き忘れ、午後の試験開始直前に気がつくというケースもしばしば見受けられます。
ご注意を!



意外とありがちなのが試験終了後、ムサビに忘れ物をして帰ってしまうケース。
やはり受験票、時計が多いですね。
受験票は合格発表はもちろん、5月に行われる成績開示の際にも必要になります。
なので試験終了後でも広報入学センターに連絡して再発行を受けましょう。
時計はイーゼルを使用する試験で、イーゼルに引っかけたまま忘れてしまうパターンがほとんど。
教室を出る前に今一度忘れ物がないかチェックしましょう。
その他にも財布や携帯電話といった貴重品を忘れる(落とす)方も毎年何人かいます。
試験の際の忘れ物は正門守衛室に保管してあります。
翌日以降も試験がある場合は、ムサビに着いた時に守衛室に申し出てください。
財布や携帯電話等の貴重品の場合は気付いた時点で広報入学センターに連絡を。
さっそく捜索しますので。



とまあこんな感じでいろいろ書いてきましたが、とにかく大事なことは2つ。


1.試験場に着くことを最優先にする。


2.お金は多めに持ってゆく。


この2つさえ満たしていれば大抵の場合はどうにかなります。
まあ精神衛生上よくないので忘れ物はしないのが1番ですが、万が一の備えとして心に留めておいていただければ。

at 00:24 | Category : 入試 | Comments (2) | Trackbacks (0)