カテゴリー:ムサビイベント

[ムサビイベント19]卒業旅行!

1月下旬に卒業制作が終わって、今2月下旬なんだけどお前何してたの?
という皆様の疑問にお答え。
(※疑問というよりいぶかしみである)

‖感噺Φ翕犬終わってすぐに実家に帰省。
正月に帰らず卒制をやっていたので、久しぶりに両親と酒を飲む。
自分の定年と同じくして就職する娘を激励する父!
やっと社会人の仲間入りをする大きな娘を喜ぶ母!
飲み会帰りで夜中に陽気にしゃべりまくる妹!
幸せな帰省でした。

▲縫紂璽茵璽へ卒業旅行
世界一有名な都市を見てみたいということで、2ヶ月前から準備していたニューヨーク旅行。
実家から直接、10日ほど行ってきました。
結局卒制で頭いっぱいだったので、無計画のまま空港に降り立った私。
同行した友人も、卒制のため無計画。
ガイドブック片手に気ままに10日間過ごしてきました!
デリの店員さんたちと仲良くなったり、SNSで知り合った現地人と地獄の極寒3時間散歩をしたりととても楽しかったです。
ぜひまた行きたくなりました。
どっぷり英語漬けになって、英語を話す自信もちょこっとついた気がする。

4攅駑更
クラスメイトが韓国に移住するので、友達の誘いで韓国を訪ねてきました。
移住する子が、とっても楽しそうに過ごしてる姿を見れてよかった!
現地の人においしいお店や観光名所に連れて行っていただき、あっというまに滞在期間が過ぎて行きました。
みんなで食べた焼き肉やクッパ、とってもおいしかったです!

て猯鼻Φ都旅行
韓国から帰ってすぐ、おとといまで武蔵野美術大学奈良寮に泊まるゼミ旅行に行ってきました。
奈良寮のお風呂やトイレがリニューアルで超きれいになっていまして、とても快適でした!
広い敷地に歴史ある古民家。
作りが旧家独特で、見所満載。
居室も風情ありまくり。
食に貪欲な我がゼミ生、食堂では誰も一言もしゃべらず食う!食う!食う!
育ちがいいのか仲が悪いのか、旅行全体を通して食事中はほぼサイレントでした!
育ちはわからんが仲はいいよ!
仲良くないと一緒に旅行行かないよ!
興福寺の阿修羅像、ご尊顔を気に入ってしおりを買って帰りました。
目線の高い家具が無いので、Macbookの背面に入れて守護していただくことになりました。

そういえば。
仏像なんて若い人には魅力の無いものですが、美大の子は結構寄ってじっくり見るなと思いました。
デッサンしてきてる子ばかりですし、観察能力が高いのかも。
鑑賞と観察は似ているのかもしれませんね。


↓追記

ということで、4件たて続けて遠方に外出していました。
ただいま自宅!ただいま!

今日からまた課題づけです。
卒業とは関係ない授業ですが、まだ課題の再提出が残っております…。
1ヶ月思い切り旅行したので、スイッチ切り替えてがんばります。

奈良に行く前に、卒業式用の美容院を予約しました。
国分寺の美容院に予約が取れました。
私は袴ではなく、成人式以来の振り袖です。
学校まではタクシーですかね。
うきうき。

==ひだり==

[ムサビイベント18]卒業制作で死にかける

もうそれ以外考えられないというくらい、夢中になることってありますよね。
もうそれ以外考えられないというくらい、必死に

ならざるを得ないこともありますよね…。

卒業制作が本格化する12月、私もどの4年生も必死でした。
最後の大詰めの時期で、具体的な「モノ」を作る段階。
予想だにしないつまづきが急に襲ってきたりします。
私の場合、この時期になっても研究中の課題がいっこうに解決しない。
毎日悩んで悩んで悩みあぐねて、毎日ローテンション。
やらなきゃー!という義務感ややる気とか、
できねえー!という苦しみとか、
すごいの作りてえー!という虚栄心とか、

そういうものと一緒に毎日戦ってました。
負けてたけど。

結局、あまり納得できない取り組みになってしまいました。
具体的に何をやったか言いたいのですが、来年度以降の学生のクオリティアップを思うと言えません。
それでも温かく見守ってくださった教授や研究室のみなさまのおかげで、無事単位をもらえる事になりました。

手羽さんもおっしゃっていますが、下級生のうちに以前の卒業生の卒業制作は見ておいた方がいいと思います。
どこまで高めれば良いかわからず、最終形態としてはどんなものがふさわしいかもわからず、私も非常に悩みまくりました。
皆様、4月の優秀展はぜひ鑑賞してくださいね。


↓追記

デザイン情報学科は「卒業研究委員会」という組織を4年生だけで作ります。
卒業研究展と卒業事業に関するとりまとめをする組織です。
4年生だけで参加できるこの行事と組織、せっかくなので私も4月から参加しています。
いろいろトラブルもありましたが、よい経験をすることができました。

デ情4年生の皆様、集金に迅速に対応してくれてありがとう!
集金〆切日の直後、研究室に「あと○人です、いついつまでに集金完了の予定です。」と報告に行ったら、研究室のスタッフさんに

「…すごい…!めっちゃ早いよ、今年の4年生!」
って感動されていました。

達成率が例年より超高かったそうです。
皆さんのご協力が感動を生みました。
ありがとうございます。

4年生だけでしか経験できない卒業研究委員会。
1度きりの挑戦になりますが、前学習できない挑戦というのもまた面白いもの。
大変な事業ではありますが、面白いイベントでした。
来年以降のデ情4年生の皆様も、是非挑戦してくださいね。

==ひだり==

[ムサビイベント17]就職活動知恵袋

明日には卒業制作の提出だというのに、気づいたらヤッホー知恵袋に回答を書きこもうとしていた自分が居た。
普段書かないのに何やってんだよ!
気の迷いっつーか卒業しない気かお前!

ということで反省したので、その回答文はこちらにのっけます。
就職活動が始まっちゃう、どうしたらいいの!っていう大学3年生の人あてに投稿しようとした文章です。
3年生のみんな、読むといいと思うよ。
役に立つかどうかは、わからないんだけど。


==========


就職活動を終えた大学4年生です。
不安が徐々に膨らんできた時期ですよね。
私もちょうど1年前そうでした。お気持ちお察しします。
皆さん資格の件などお薦めされてますので、私は自己アピールの準備をお薦めしたいと思います。

全然勉強していなかったということでアピールポイントに悩まれてるかなと思います。
でも大学の授業や課題はきちんとこなして来られたんですよね。
当たり前のことですが、結構大切なことでもあると思います。
あなたの専攻は具体的にはどんなことですか?
大学ではどんな授業が楽しかったですか?
どんな姿勢で授業に参加していましたか?
大したことではないように見えますが、ささやかなことをがんばれる、真剣になれるというのは魅力の一つになりえます。
就職活動ではあなたのささやかな頑張りや日ごろの行いも十分な武器になります。
専門的な能力のアピールも重要ですが、まずは普段の自分のことをよく思いだして、自分の事をよく知ってもらえるにはどう説明したらいいか考えてみることをお薦めします。
ほとんどの面接官は初対面で、あなたのことを知りません。
そして面接官はチームに入れたい人を探しています。
自分のことをよくわかっていなくて説明できない学生と、自分のことをよくわかっていて説明してくれる学生。
この二人のうち、面接官が心を開きやすくなるのは後者ではないでしょうか。

職業に必須の専門知識はおざなりにできませんが、それだけで内定をもらえるものでもありません。
性格、冷静さ、機転のよさ、愛きょう、注意深さ、意志の強さ、配慮…
小さなことでもいいので、そういった自分のいいところを自分で見つけておくのがおすすめです。
でも、わざとらしくない感じで自己アピールするのってとっても悩みますよね…。
誰もが言うような「私は何事にも全力投球することを心掛けているので周囲から真面目な人物だと言われており…」みたいな通り一遍の表現しかできなかったりして。
いくつか面接を受けて、どう言えば普段の自分をわかってもらえるか考えるといいですよ。


==========

シュウカツしていて思ったのは、

・みんなやることはほとんど一緒(書ける文章もだいたい一緒)
・逃げてるといいことない(自分の時間の無駄)
・ヨユウがないのもみんな一緒(ほぼ全員シュウカツど素人)
・「無駄だった」と思うと無駄だけど、一つでも学習したことが見つかるとアドバンテージ(無駄な会社説明会なんかないよ)
・知らないのは罪じゃない。学ばないのは罪。

自己アピール書くのに悩んだ時間が一番長かった気がします。
自分の特徴を端的に挙げても「真面目、快活、元気、リーダーシップ…」
テンプレートみたいな内容しか書けない。
そう思うと美大生って恵まれてると思いますよ。
絵描く能力で自己アピールを補えるんですもの。
…わたしどうにも補えてませんでしたけども…。

去年の12月に就職活動を始めて5月まで悩んでいたので、自分なりにいろいろ高めていけたと思います。
自分なりの自己アピールのポイントを披露してもいいんですが、悩んだものだけが辿りつける表現というものがあると思うので、皆さんもどうぞ悩んでください。

日本のシュウカツは要らんことに悩まされて特殊だーとか言われますが、皆さん日本人なのですから諦めましょう。
前向きに取り組んだら、成長させられるいい経験いっぱいしましたよ。
現実の社会を見れるし、見識は広まるし、大人にしてもらえる。
意外と素敵なイベントだったりするんですよ。就職活動。

以前触れた話題のような気もしますが。
デ情の1年生は「無理難題」という課題を課されます。
内容は…言っていいのかな?言わない方が面白いと思うんだけど、ラストイヤーだからいいかな?
今も出している課題だと思うんですが、普通の大学の課題っぽくなくて面白いですよ。
前の課題の内容(「無理難題」にほとんど関係ない課題)を必ず使い残しがないように盛り込みながら無理難題の課題をやる、っていう。
社会の洗礼「無茶ぶり」の訓練課題かもなと思った課題。
印象深いですねぇ。
ちょっとそれを思い出したり、思い出さなかったり。
そんな4年生の冬。
卒業制作間に合うんでしょうか?

==ひだり==

[ムサビイベント16]就活スケジュール

就活話その2。
就活としてその月に何したか、実際のスケジュールの話。

●12月
・友達伝に会社見学の話があったので便乗する。→会社ってどんな場所か、社会人ってどんなものかを知る
・前から知っている会社の新卒採用ホームページを見て回る。
・気に入っている会社にプレエントリーをしてみる。

●1月
・どんな業種があるかも知らないので、就活サイトでいろんな会社のウェブサイトを見て回る。
・自己分析っていうのをやってみる→何に役立つの、これ?状態
・ものは試しと、会社説明会をやっているところを探して行ってみる
・採用試験を受けてみて、実際に落とされてみて反省してみる→自分のミスしたところや足りないところを分析した

●2月
・大型展示場での合同会社説明会に行ってみる→知らない会社に出会うきっかけになった
・エントリーシートの文章に悩む→自己分析すると悩まなくなるらしいと知る
・自己分析にまた悩んでみる→自分のできること、いいところを探して悩む
※立て続けに数社落ちて結構へこんだ時期。3月いっぱいまでとりあえずがんばると覚悟。
・自分のいいところを嫌味なく文章にまとめるにはどうしたらいいか悩む
・引き続きエントリーを続けてみる←2月〜3月は受験予定がいつも2社はある状態を維持。途切れないようにした

●3月
・大手企業と広告業界の試験開催のピークと言われる3月。ウェブ系企業の試験ピークである2月から引き続き、就活シーズン真っ盛り。
・2月までに集めた「受験したい会社」の試験を引き続き受けていく。
・全部落ちたら4月は就活を休もう、と決めておいたくらい突っ走ってきている状態。疲れてきている。

●4月
※不合格を受け取るのが両手が必要になる回数になり、この頃はずいぶん心がすさんだ。
・先に決めていたとおり、就活を休止する。ゼミやアルバイトで気分転換。
・長澤教授(元気)とゼミ仲間(若い)に会うので、気持ちが回復してくる。
・最後の会社の面接を終了。審査期間に突入。

●5月
・卒業制作と教育実習に目が向く。
・4月は就活のことで動いていたので、5月に振り替えて休養をとる。
・5月末から教育実習で実家に帰る。元々教育実習中は就活できないきまり。
・5月末に内々定の電話をいただく。


以上、「5ヶ月奔走、1ヶ月休養」というのが私の就活でした。

そんなにハードにならないスケジュールで進めるようにしました。
興味を持ったのは約30社、説明会参加は約15社、受験は約10社、合格は1社。


まず、面白そうな仕事だな、と思う会社をちょっと多めにピックアップ。
興味のある会社を20〜30社ほど集めていきました。
しかしこのすべてを受けられるわけではありません。
優先度や説明会のブッキング状況、エントリーシートや課題の内容を見て受験するかしないかを選びました。
思い入れを持てる会社でなければ、受験しても中途半端な気持ちが見抜かれて落とされてしまいます。
それで落とされても、企業も私も「時間とお金と名誉の無駄」。
説明会に参加しても、自分にはできない仕事だと思った会社には応募しませんでした。
(ムサビでも頻繁に会社説明会が学内説明会として開催されています。
企業の社屋で行われる説明会と内容がほとんど同じです。
学外に出向く手間をかけずに自分に向いている会社かどうか知るきっかけになるのでおすすめです)

とにかく、全力を出し切って試験に挑戦できる会社だけを受験しました。

1社落ちるたびに自分の不出来だったところが思い当たって、次の受験に生かせました。
私の場合は最初どうしたらいいかわからなくてテンパったりしていたので、失敗を反省するたびにどんどんよくなっていったように思います。
どこが悪いか自分でわからなければ、周囲の人にきくのはおすすめです。
教授や助手さん、教務補助さんは前例を交えて話してくれるので参考になるお話が聞けます。
ムサビの就職課の職員さんは、とても親身に聞いてくれてやさしい方々です。
授業の講師の先生方も、実にさまざまなご出身なので就活話の種類が多いです。
みんな愚痴も聞いてくださって、やさしい方ばかりです。
友達も含め、周りと自分の境遇を話しながら就活できたので苦しさも耐えられたと思います。


というわけで、無事卒業できれば仕事は決まっている人ということになりました・・・。
卒業できるかな?!わかんないな?!
去年情報でよければですが、就活の疑問をお寄せいただければお答えします。

==ひだり==

[ムサビイベント15]就活の話

ひだりです。
大学生活も後半に突入すると誰もが気になるあの話。
就活。

3年生は10月から就活シーズンの始まりです。
震災の影響なり経団連の働きかけなりによるもので、昨年の3年生は12月から就活開始でした。
今年も12月からだと聞いているんですが、詳しくは当事者しかわかりません。
今年の3年生もがんばって。
きょうは私の就活の様子をレポートです。

私は12月に入ってから友達の話などを参考にいくつか会社見学などに行ってみました。
でもどの分野が自分に向いているか全然わかんないんですよね・・・。

ムサビには色々な分野から求人が来ます。
企業の求人を見ると、6割方はデザイナー募集、3割は総合職や一般職募集、1割はその他って感じ。
公立学校教員などの公務員や教職員募集も多くあります。

私はデザイン情報学科ですから、デザインの勉強をしている人です。
それに以前書いたように、情報科の教職課程を履修しています。

そんな私には、就活を前にすると大きな問題がありました。


ポートフォリオが下手。
情報科の免許だけでOKの教員採用がない。
年齢制限にひっかかる。

ポートフォリオはセンスがないことと自主制作が少なかったことが最大要因です。
自業自得だと思うし、才能も努力も足りなかったことを認めます。
言い訳になるのは承知ですが、大学入学前までの波乱の影響が大学生活にすごく影響したことも実感しました。
(中学時代に絵を描いてばかりいたら、両親に強く反対され続けて絵を描くことに罪悪感を感じるようになってしまった件。以前書いたでしょうか?忘れちゃった)
創作意欲を起こさないようにする、「あきらめるくせ」はどうしても根付いていたようで、自主制作は日々の忙しさで忘れられてしまっていました。
自主制作できてることは、私みたいに「できない、やらない人」もいることを思えばかなりアドバンテージなのだと思います。
そんな事情で、私は12月に中身にまとまりのない、全然自信をもてないポートフォリオ1冊を持って就活をはじめました。


情報科は高校だけの科目です。
週あたりの時間数が少ないため、情報科以外の教員免許も持っていないと採用試験が受けられません。
以前は採用試験に年齢制限がありましたが、最近50歳くらいまでなら受験できるようになったようです。
私はムサビが初大学なので、教員免許も情報科のみ。
試験受けられない。
非常勤講師としての臨時任用でも働けますが、1年単位などの期限付き契約。
何より、複数の学校を同時に担当することもあるらしく、人間関係や給与などを考えても負担が少なくありません。
そして、高校教員は授業準備に書類作成に生徒指導に部活指導にとなかなか激務。
その中で並行して他の科目の教員免許を目指せるだろうか?
かなりの無理を強いられるだろうと思う。
専門学校などの情報系教員も考えてみましたが、それは私の夢とは違う。
私は未来のまだ見えない高校生たちに教えたいんだ。本望ではない。


今年のデザイン情報学科の4年生では、私は多分一番年上。
採用試験の年齢制限は時々見かけます。
試験の応募締切日や入社予定の4月1日の時点で25歳までの方、が多いでしょうか。
それくらいまでなら世間なれしていないような年なので扱いやすいから、と聞いたことがあります。
この会社面白そう!と思ったら年齢制限で応募できない会社だった、というのは何度もありました。
ちょっとがっかりしますが、縁があればまた中途採用などでお世話になるかもしれません。
年齢制限のない会社も意外とたくさんあったので、この件はすぐに心配しなくなりました。
今は時期ではないというだけかなと思います。
ただ、表向きには年齢制限を書いていなくても試験段階でフィルタリングしている企業もないわけではない、という噂です・・・。
自分たちにはどうにもならない問題なので、これこそ「縁」だと思うしかないですね。


えらい長文になってしまいました。
そんなわけで、こんなリスクを抱えつつ3年の12月にはじめた就活。
具体的に何をしたのかは、また次回。

==ひだり==

[ムサビイベント14]妖怪ですよー。

一息置いての投稿です。
大学最後の芸術祭は本当に楽しかったですねー。
私は今年もラテン音楽研究会のサンバパレードに参加してきました。
こちら今年の新作パレード衣装。
geisai.jpg

妖怪ですねー。
怖いですねー。
夜のパレードだったので幼児が居なくてよかったですー。
昼間のパレードは幼児に泣かれるときがありますー。
本当ですー。

最後の芸術祭ということで、衣装に気合い入れて作ってました。
1週間この衣装にべったり張り付いて作っていました。
きゅっきゅブログにも描いてもらった!
きゅっきゅさんは芸祭1週間前に初めてお会いしましたが、実は1年生の体育の授業で同じグループだった人でした。
思わぬ再会。わーい。

未完ではありますけど、4年の締めくくりに形のあるものを残せてよかったと思います。
サンバを始めたのは、ムサビの入学式の日にラテ研がパフォーマンスをしていたのをみたのがきっかけ。
4年を振り返れば、課題とサンバとバイトばかりが思い浮かびます。
大学を卒業してしまったらダンサーとしての所属場所がなくなりますが、サンバへの愛情はついえないでしょう。

夢に思い描いていた大学へ来れて、そしてそこで自分がまっすぐに愛するものに出会えてよかったと思います。


ひだりさんは手羽先屋は準備に参上できず、当日飛び入り参加でした。

1日目のオープニングパフォーマンスに出演したあと、ご挨拶にうかがって
「今日来れません」という酷い報告をしただけでした。
初日からすごい売り上げだったうえ、親日記や読者の皆さんもお越しくださったとのことで惜しいことをしたと思います…。
会いたかったなぁ…。

二日目は衣装作業の合間をぬって、昼から手伝いに行きました。
行って2時間くらいでまた売り切れてしまったのですが、親日記ライターさんたちがお越しくださって嬉しかったです。
でも記憶力の悪いわたしは緊張して誰が来てくれたか覚えていられなかったのでした…。
たしかザラメさんとドラドラさんだったと思うの…。
すみません、でもありがとうございます。
明るくて場が一気に盛り上がり和みました。
みんなが知ってるおかあさんが明るく挨拶に来てくれる模擬店なんて他にないですからね。
ゲイバーの裏方手伝った年は、男しか尋ねてこなくて場末感満載でしたしね。

三日目はまた昼から手伝いに行きましたが、このときも30分くらいで完売でした。
お店に着いたときにゲイバーの差し入れ手羽先20本注文したんですけど、その時点で売り切れ寸前。
昨晩手羽さんときゅっきゅが「そんなに売れるかなぁ…」と言ってたんですが、足りないくらいとは。
芸祭パワーすごいですね。
手羽ネットワークの拡散力もすごいです。

以上のような関わり方だったので、ほんと「様子見に行ってちょっかい出しただけ」って感じの私でしたが、打ち上げまで参加させていただきました。
打ち上げカンパくださった大人の皆様、ありがとうございました!
みんなとても楽しそうで、私もはめを外して楽しませていただきました〜。
2日前に初めて会ったばかりの人たちと終電まで遊ぶとは。
手羽さんの作りあげた繋がりの温かさを見た思いです。

さて、ひだりただいま卒制まっただ中…。
就職活動のことを書きたいんですが、急ぎの需要もなさそうなのでまた次回。
合格する卒制作らないと、就活の意味もなくなっちゃうので…(ガクブル)

==ひだり==

[ムサビイベント12]教職の陰の部分

大学に入ったら教職をとろうかなーと気軽に考えている人を戒める、というか。
キョウショクキョウショクって毎度言い訳して忙しそうにしても許さないんだからねって思っている人を説得したい、というか。

どれくらい教職がめんどくさいものなのかということを書いておこうと思う。
そういうと怒られそうなものだが、本当にめんどくさいものなので知ってほしいということだ。
軽い気持ちではとても付き合いきれるものではないので、履修してもいいな〜とか思ったら以下を読んで覚悟して欲しい。
正直、大学生活が教職過程のために半分くらいは犠牲になる。

大学で言う「教職」とは、教員免許の取得を目指す過程のことである。
ムサビの場合、高校の美術・工芸・情報と中学の美術の教員免許が取得できる。
最も大変なのは単位だ。
大学を卒業するだけなら4年間で124単位取ればいい。
1年で31単位、半期なら約15単位。
大学は1コマ2単位の授業が大半なので、週に8コマ=1日1〜2コマ授業にくれば卒業できてしまう計算である。
やりようによっては、2年が終わるころには卒業単位をほとんど取り終えてしまうことも可能だ。
3、4年になれば、必修以外学校に来ないのはザラ。
週休5日が成り立つ構造。
大学生、恐ろしい。

しかし教職を履修すると、一気に単位数は増加することになる。
高校の情報科過程を履修している私は
 教科に関する科目 20
 教職に関する科目 23
 教科または教職に関する科目 16
合計59単位の履修が義務づけられている。
単純計算で約60単位を教職のために費やさなければならないということだ。
卒業単位のほぼ半分。
すごい比重であることがお分かりいただけると思う。

なお、教職専用科目のうち12単位は卒業単位に認定されるし、「教科に関する科目」の一部は本来の必修科目と重複している。
だから卒業のための124単位にそのまま59単位がのっかるわけではない。
でも教職の授業はあらかじめ指定されているため、授業選択の自由は圧倒的にない。
しかも開講日時がかなり限定されていて、同じ曜日同じ時間に必要な教職教科がバッティングしているなどということも普通だ。
一般学生が好きな授業を選んでいるのを尻目に、ひたすら木曜の午後を教職関連授業に捧げ続ける4年間になったりする。

私の場合も3年いっぱいまでは時間割表に「教職」の文字が踊り、特に月曜と木曜は「教職の日」という3年間だった。
おかげさまで卒業制作6単位を残すいま、3年いっぱいまでの時点で私の取得単位は136ある。
教職関連での取り残しや今年の通常履修があるので、最終的には160単位くらいで卒業する予定だ。
教職課程の学生には、前述した週休5日とかはむろん不可能。
これでも私は随所に休みを入れたほうなので、もし一般学生と同じくらい好きに授業を取ったりバイトしたりオールで遊んだりしたい教員志望の学生が居たとしたら、相当な覚悟と機転が必要になると思う。

それはそれですごいけどね!

とにかく教職はかなりそれ専門の勉強量が増えるので、興味の薄い学生は手を出さなくて正解のものです。
下手に過程を進めようとしても手続きやらレポートやら「教育」に向き合う機会に頻繁に遭遇して、興味のない人は辛いことの連続になる。


次回、教育実習関連のめんどくささについて書きたいと思います。
これを読んだら、絶対中途半端な気持ちで教職やろうと思わなくなると思う。

==ひだり==

[ムサビイベント11]教育実習です。

今週から2週間、高校の情報科の教育実習です。
今は3日目が終わるところ。
先生方は温かく、高校生はかわいいです。
2週間しかないので、昨日から早速授業を担当させていただいています。
今日は2回目の実践。
ずたぼろですが、高校生は何とか理解してくれようと頑張ってくれるんです…。
うれしい。。。がんばる。。。
少しでもよい授業にする、というのはテクニックだけではないと痛感します。

実習は本当にボリューミーなので、ほっとする時間もありません。
写真を取り逃さないようにせねば。
写真.JPG
教科準備室から見た景色。
こちらは、晴れの日が続いていい気候です。

==ひだり==

【ムサビイベント10】健康診断

春なので、健康診断ですね。
新入生は案外忘れずに行くので、在校生のみなさんのほうが心配です。
行かなかったんだよねー、という同級生は数多し。
健康診断書が楽に手に入るチャンスですので、行き忘れた方は保健室に問い合わせましょうね。
そだ、4年生の同士の皆様。
忘れがちですが、教職課程の教育実習生は受診必須です。
就職活動でも、内定したら健康診断書が提出必須です。
私も忘れてた。危なかった。
どうぞお早めにご対応ください。

今朝の健康診断会場、課外センター前。
hidari0407.jpg
火、木、金、土の4日間が健康診断の日程でしたが、寝坊と暴風とアルバイトでほとんど受けられる時間がなくなってしまいました。
それで今日、アルバイトの前に朝一番に終わらせてくることに。
朝のさわやかな空気と満開の桜、とてもいい気持ちでした。
でもたまにお医者さんに甲状腺の腫れを指摘されるんだよなー…。
今回の健康診断もお医者さんに言われた。ひっこめ甲状腺。

20代後半になってもなお伸び続ける身長と体重と視力(計測値マックス)。
どっしり。

==hidari==

【ムサビイベント9】新入生に

言わなければならない事が!
今週学校で結局1年生に会えなかったので、ここでお伝えできれば!
よく他の大学生も書いているのですけど、私からもおすすめしたいものをぜひ!

●新歓に行ってくださいね!
サークルや学科の新歓にはぜひ顔を出してください!
皆様を楽しみに待ち受ける2〜4年生が大歓迎してくれます。
親しい友達や先輩を得る機会になるし、予定が増えて新生活うつにもなりにくいです。
勉強も制作も遊びもバイトも生活も、友達や先輩が重要な情報源。
友達や先輩がいてこそ、大学生活がより充実しますよ。
…。
…あと。
新歓期は、新入生ならゴハンおごってもらえるんで。
先輩が催してるイベントには積極的に行って、かわいがられてください。
私も新入生のときは年下の2〜4年生たちに何度もおごってもらっry

●授業はみっちり出てください!
2年までに単位の自由選択枠を取り終わってしまったほうがよいと思います。
私は3年生で落第した教職単位をフォローしまして、4年生は卒業研究と就職活動に当て込めているので気楽です。
私はさらに5月に教育実習を控えています。
他の学生より、ちょっと用事が多いです。
ということで、課外活動や就活がんばりたい人、教職取る人は3年間の履修計画は1年生のうちにたててくださいね。
選択必修や自由枠の単位を取り忘れて留年する人は、以外と多いです。

●バイト
ムサビは週六日制なので、お金に困っていない1年生はバイトはあきらめるのが吉。
自主制作してください。
無駄金稼ぐより自主制作の経験と記録の方が、美大の就活には役立つと身を以てちくしょおおぉぉぉ泣
私は自活のためにずっとバイトしていますが、スケジュール調整やケガ、病気、付き合いなどに気を使うので大変です。
拘束時間は社会人並み。
1年生のときは、学校が9:00-16:00、バイトが17:30-23:30で動いていました。
バイトのある日は、移動時間も含めると自由時間はほぼなし。
「バイトと授業、どっちが大事なの?!」
という金も単位も欲しい板挟みの事態になりかねませんが、体も心もうまく調整するのも経験です。
バイトする方、がんばってくださいね。

アルバイト経験は社会性と職業認識を多少養います。
でも同僚が大学生ばっかりのバイトはそんなに人間性鍛えられたりしないこともあります。
これからバイト探しする皆様、いい職場に巡り会うことを祈っています。

==hidari==

追記にてバイト探しのことをちょっと。

●バイト探しについて

私がやったアルバイトは、おおまかに言うと
1年:個人経営の居酒屋
2年:ユニクロ
3年:個人経営の洋食屋
です。洋食屋さんは4年末まで続ける予定。

バイト情報は求人雑誌を見てみるのが一番早いのですが、求人誌にはデメリットもあります。
募集が大衆向けの求人誌に載るということは、
・不特定多数に求人を見せないと人が集まらないから
 →バイトちゃんがすぐやめたくなる職場なんじゃ?
 →不満を隠しきれないレベルの「仕事内容、上司の性格、アルバイトの扱い」があった
ということがありました。

…!
もちろん円満退職した職場も多いですよ!もちろん!

友達と話す限り、学生がアルバイトしやすい職場は求人誌以外で見つけたものの方が多いです。
学内のチラシや先輩情報に敏感にしているといいようです。
変わったアルバイトを募っているチラシもあったりするので、通年学内でアンテナを張っているのがベターです。

といっても、4月から早速安定してアルバイトしたいですよね。
手間ではありますが、通勤範囲内のアルバイト募集先に直接問い合わせてみるといいと思います。
その際、自分の時間割をはっきりさせ、無理なく働けるシフトを相談できる職場かどうか見極めるのがおすすめです。
シフト交代は可能か、さかんに行われることはあるか、交代を探す方法は難しくないかと質問してみるとか。
テストや補講、急な病気、帰省や旅行を申し出るたびに嫌な顔をする職場もあります。
でもアルバイトに振り回されて旅行や制作を捨てる私みたいになってほしくない。
大きな会社なら休みやすいとも限らないので、上司の人の様子はよく見極めましょうね。

あ、あと個人的に聞いた方がよいと思うのは「シフトの組み方」。
バイト先ごとに提出期限や作り方が違うので、2年生以降困る事がありました。
10日ごろに翌月の予定を書かせる職場などは、学期の移り変わりには大変困らされます。
シフトの話し合いがこじれると面倒になることもありますので、1年生も大学の授業のサイクルは早めに理解したほうがよさそうです。

うお、いろいろ書いちゃった。
長くてわけがわからないですね。すみません。
新しくアルバイトを始める皆さん。
どうぞお仕事も楽しんでくださいね。

おやすみなさーい!

【冬休みにしていたこと1-2】六本木アートナイト「Mr.アートナイトTV」動画

Mr.アートナイトのムービー、アップロードできました。

一日がかりでございました。

実はyoutubeにアップロードするのってまだ2回目で、勝手がよく分かりません。
今回はiphone4Sで撮影した動画をMacbook Airに取り込んで、iMovieで編集しました。
無加工ですけど。すみません。
大学の授業ではFinal cutかadobe Premieraしか使わないので、逆にiMovieの操作がわかんません。

Macは動画編集機能が初心者にも優しい形で実装されてるので、とっさの時にもとても助かります。
ゼミで半日で動画作らなきゃいけないときとかね。
iMovieからyoutubeに誘導してアップロードできるのはわかりやすくていいですね!

英語でキャプション書いてみました。
…間違えてる?
お直しよろしくお願いします。

今日はまた、すんごい強風でしたね。
デ情4年は午後から新学期オリエンテーションが予定されていましたが、昼ごろに中止になりました。
私は大学のそばに住んでいるので、出かける支度をしている途中に連絡が。
今日は新学期の履修資料がもらえる日なので、延期してほしくなかったけどしょうがない。
ムサビの学生も遠方の実家から来ている子も多いので、早い時間から動く子からは不満も出たようです。
でも、某美大の方が中止決定が遅く、そちらは阿鼻叫喚だったそうな。
休講、中学生のときほどには喜べないもんですね。

【冬休みにしていたこと1】六本木アートナイト「Mr.アートナイトTV」

3月24〜25日に東京六本木で開催された「六本木アートナイト」。
オールナイトのアートイベントでしたが、デザイン情報学科のアートプロジェクトが出展されました。
「Mr.アートナイトTV」という観客巻き込み型のパフォーマンスアートです。
学科から100名単位で学生が参加して一夜の盛り上がりを演出しておりました。

私はweb班で意見言うだけでプログラムとか打ってない、というささやかな参加でしたが、端っこのほうでさりげなくお手伝いしてきました。
当日の六本木はとても盛り上がっていましたよー。

Mr.アートナイト特設ブース
artnight1.jpg
床のデコレーションがプロっぽい感じ。
artnight2.jpg

アートナイトTVの様子を動画撮影したのですが、うまく読み込めないので、少々お待ちを。

web班は広報web作成のほかに、ブースに設置されている小さい画面12個↓を制御する担当も致しました。
artnight3.jpg
大きい画面の周りの小さい画面。
ipadを埋め込んであるのですが、表示内容はオンラインで人力制御しておりました。

こちらが当夜の制御室の様子。
artnight4.jpg
スラムダンク見て盛り上がっている。
「バスケがしたいです」のシーンですね。
システム制御室は特設ブースのある現場からかなり離れたオフィスに設置されまして、大変静かな部屋でした。
でも明るい人が多く、深夜ながら休憩中もワイワイと楽しかったです。

ちなみにこの制御室、実はオープン直前の「六本木デザインハブ:ムサビブース」なのだとか・・・。
貴重なお部屋でお仕事でした。
ワイワイ。

実はアートナイトの同日、六本木に来る直前まで秋葉原で展示をしていました。
そのお話もお伝えしたく、また次回・・・。

【ムサビイベント8】就活のせいで

就職活動ウェブサイトからのたくさんのメールが来る

毎日10件くらいのペースでメールが押し流される

芸術祭直後のぐったり期にさりげなく講評予定日おしらせメール

今日授業後ゆっくりしてたら今日前期の先生が教室に入ってこられて
「あ!先生お久しぶりーッす!授業ッすかww」
「何言ってんの君の授業だよww」

( ゚д゚)

直前でも何とか気付けてよかった。

芸術祭では無事展示を終えました。
恐れ多くも芸術祭大賞をいただきました。
当日会場にお越しいただきました皆さま、一票を投じてくださった皆さま、
本当にありがとうございます。
作品を頑張って仕上げてくださったメンバーのみなさま、
本当に本当にお疲れさまでした。
一時はどうなるかということさえありましたが、この結果は努力していただいた皆さまへのご褒美に他なりません。
あまりに非力すぎて私の力不足でご迷惑をおかけする中、
本当にありがとうございました。
次こそ締め切り守ってください。

お知り合いの方から受賞したときの記念写真を送っていただきました。
展示に関わってくださった全ての皆さまへ、本当にありがとうございます。
_DSC0523.jpg

うおおお今私はリア充だぞおおおおぉぉお母さんーーー

==hidari==

【ムサビイベント7】露出の露出

月曜日はラテン音楽研究会恒例の福島営業に行きました。


写真:得さんのページ様
http://blog.goo.ne.jp/20151938/e/9c6e42854dac081dbeb2b4619f51db58

どれがわたしかは言わない。

始発で出て終電間近に帰ってくる、日帰り遠征です。
衣装一式だけを持ってはるばる遠出するのは、何とも不思議な気分です。
おそばをいただいたり、お酒をふるまっていただいたり・・・
毎年お世話になっております。
ありがとうございます。

ラテン音楽研究会は、諸事情によりメンバーが少なくなってしまって。
実は、わたしがいまのところ最後のムサビ生ダンサーなのです。
ですが、わたしももう3年。
ムサビサンバがなくなっていく可能性が、日々増しております。
最近は練習もままならないことも多く、危機感はますます現実味を帯びるばかりです。

来年の春、改めて最後のダンサー募集をします。
つーか異例ですけど、芸祭でも勧誘活動しないとまずいレベル・・・。

だれに言われたわけでもないですが、30年続くムサビサンバがわたしの代で消えゆくのは防ぎたいと思う。
伝統を継いでくれる後輩を見つけることも、わたしの残りの大学生活でのお仕事です。


あ、ダンスはいつでもレクチャーするので声かけてください。
素人歓迎です。

==ひだり==

【ムサビイベント4】オーキャンでした

オーキャンお疲れさまでした。
土曜日も授業がある中、お祭りムードを楽しみながら授業を受けてまいりました。
5限、みんなオーキャンスタッフとかで欠席してて先生と私の二人で授業したけどね・・・!

デ情の展示は今年も綺麗でかっこよかったです。
「ブランディング」は名物教授の長澤先生のクラスの展示でしたが、すごいクオリティでしたね!
ブランドデザインマネージメントの実習授業ですが、店舗で使うロゴやアイテムのサンプルを展示してありました。
本当にそのお店がありそうなリアリティ。
同じ学年の友達なのに、みんなすごい!
心から尊敬してしまいました。

「CM映像研究」は、ムサビ生には絶大な人気を誇る中島先生が最終講評をしてくださる授業。
その授業の昨年度学生作品が3Fで放映されていました。
私も友人の作品に出演してたんですよ〜。
美人に撮ってくれて。ありがとうございます。
作品を見ていたら、友達が次々出演するからおもしろかったです。
友達の作品を沢山見れる機会なので、学生にとってもオーキャンはお祭りです。
また来年が楽しみです!


しっかし今月は本当に忙しい・・・。
先々週は芸術祭展示のメンバーさんと打ち合わせばっかりしていましたし、先週はテストを控えてびくびく。
この1週間はプレゼンの準備ばかりしています。

明日は芸術祭の部屋決めがかかっている重要なプレゼン・・・!
でもちょうど同じ時間に千葉まで教育実習の申し込みに向かうのです。
責任者の人がプレゼンを頑張ってくれますが、心配で心配でやきもき。
昨日から二人でプロモーションビデオを作っていたのですが、うまく再生できるかも心配心配・・・。

落ちつかないでいたら、明日提出する履歴書を買ってきた4通全部書き損じましたヒャッホーーーーーーーーーー
今からもう1冊買いに行ってきまーーーーーす!!!

==ひだり==

【ムサビイベント3】油絵新歓

本日、油絵新歓があるそうです。
私もサークルで毎年出演してたんですけど、今年はお互いの都合で不参加ということに・・・。
でも出演の準備や片づけがなくなったので、今年は来場者として参加してきたいと思います。

他学科生も思いっきり混ざりこむ、ムサビ新歓。
4月から始まり、6月くらいまでいろいろな団体がいろいろな新歓を開催しています。

学科の上級生が下級生のためにやる学科新歓
油絵が一番盛大で、まるで縁日のような賑わいです。
工デはたしか、野球大会みたいなものをしていたかな?
デ情も2年生が毎年自主的に計画してやっているようです。
確か去年は、お餅ついてた様子。
学科の人と仲良くなるよい機会です。
学科によっては、研究室が歓迎会をしてくれて、歓談する機会があります。

サークル新歓も現在活発です。
6月くらいまでゆるゆると新入生のための飲み会が企画されます。
小さいサークルは今だに1年生がいないところもあったりして・・・。
そんなところには今から行っても余裕で飲み会開いてくれちゃったりして・・・。
興味のあるサークルにはぜひ「新入生歓迎会まだだったら、ぼくも誘ってください」とメールしてください。
きっと誘ってくれると思います。
4年生でもいいと思うよ!

おいでませラグビー部。

==ひだり==

【ムサビイベント2】就職とインターンの説明会

昨日19日は5限の時間に1時間半、インターンシップの説明会がありました。
先週あたりに就職の説明会がありましたが、今週も就職関連イベント・・・。

たたみかけるようであります。

でももう3年生になったんだなぁと実感。

いろんな企業で就業体験ができるインターンシップ、ちょっと気になります。

今日の説明会では、インターン体験者の学生からの報告プレゼンもありました。
インターンについてよく知らなかったのですが、どうやらそのまんま「職業体験」という感じ。
スタッフの一人として業務を教わり、会社の方々と同じように業務に従事するようです。
2週間〜1ヶ月、フルタイムで参加。
体験代の代わりといいますか、お給料は支払われません。
ただし交通費や昼食費は支給される場合があるそうです。

具体的には会議への出席と参加、製作業務への参加、顧客対応、社内見学などとのこと。
会社によっては、ある程度社員教育なども受けるかもしれませんね。
実際にその企業に入社した場合の業務体験ができます。
就職するまでに企業や業界のイメージ固めができるそうです。
なお、インターンに参加しても就職試験には一切影響しないとのこと…。
フェアといえばフェアですね。

いやー、行ってみたい気になってきたなぁインターン…。
夏休みか春休みじゃないと、授業がすし詰めなので行けませんけど。
学校もバイトも仕事とカウントすると、最近はずっと週7で仕事。
わーい、リア充。

あ、ムサビ生の就職やインターンシップの管理は「就職課」の管轄です。
たくさんの職員さんが一所懸命にムサビ生の支援をされております。
教職も「教務課」の職員さんが献身的に支えてくださっています。
いろんな建物に分散していて、最初はわかりづらいですけど・・・。
ほんといつ行ってもすぐに対応してくださるので、大変ありがたく感じております。
いつも書類不備ばっかりしてすみません。

==ひだり==

【ムサビイベント1】サークル入ろうze

5月になりました。
数日冷え込みが続きますね。
1年生の皆さまは、学校にはもう慣れましたでしょうか。

授業で毎日お忙しいかと思います。
でも新鮮な気持ちで何でもできちゃう気分でいられるのも、新入生の特権です。
ぜひいまのうちに、サークルを探してみてください。
今日はサークル活動のご案内をさせていただきます。

ムサビにはかなりの数のサークルが存在します。
課外活動が大変活発で、毎年数サークルが新設されています。
また学生協議会に未登録の同好会もいくつか存在しているようです。

団体ごとに活動は様々です。
各学科の内容がサークル化したものをはじめ、音楽、演劇、スポーツ、クリエイション、サブカルチャーなど
多分50かそれ以上のジャンルの団体が活動しています。

メンバーはムサビ生の団体が中心ですが、活動に際して卒業生や他校生、社会人や一般の方を招く団体も多くあります。
練習や創作/制作、交流、勉強会、講演会、発表/体験会など各団体ごとに活発に活動中です。

種類も内容も語りつくせないので、ぜひ興味があるサークルを一度観に行かれるとよいと思います。
経験者しか入部させないサークルはほとんどありません。
サークル活動をきっかけに、ぜひ新しいジャンルへ挑戦なさってください。


懐かしいな、1年生のときのサークル選び。
部費と活動内容、活動頻度をチェックしましたね〜。
部費ができるだけ安いかどうか。
思い切ったことができるかどうか。
学業やバイトに支障が出ない活動頻度かどうか。

私は、この条件に当てはまるサークル2団体に所属しています。

どうせなら少人数でも大人数でも、派手なことができるサークルがいいですよ!
「なになに、これ何のサークル?」と通行人を振り向かせるような。

若い学生のうちしか、できないことがあります。
それは学科の授業の中だけでなく、学内に、世の中にあふれています。

5月16日16:30〜
ムサビ鷹の台キャンパス、体育館アリーナにて「大新歓」が開催予定です。

学内の各サークルが出演して、新入生を大歓迎する催しとのこと。
いろんなサークルが参加することでしょうので、皆さまぜひぜひ。

私もサークルから出演オファーをいただきましたが、16日は16:30から教職履修者の教育実習授業が…。
うう、どうしよう。
本番のハデハデメイクとハデハデ衣装で教職授業に参加してもよいのかしら…。