2010年09月のアーカイブ

雁皮紙、すげぇー

昨日から、ずっとガリガリ製版中です。
ガリガリガリガリと鉄筆で描いとります。
埼玉のガリガリ君ではありません。鹿児島のシロクマ君とも違います。

ちなみに「三沢厚彦・アニマル展」は、シロクマ君からスタートの展示でした。
最終日に観に行ったら、ちょうど作家ご本人が登場で、
「鹿児島だから、シロクマからですか?」と司会のお姉さんが尋ねていたけど
「たまたま偶然です」とのこと。
でも、密かに狙ったんじゃないかなぁ。展示を計画した学芸員さんは(笑)。

話逸れましたが、とにかくガリガリやってます。
銅版じゃないです。孔版です。
雁皮紙にガリガリと、穴を開けております。雁皮紙って頑丈です。

左右反転した版も裏からでも刷れると分かり、これも製版始めました。

多分、あと5日間ぐらいはガリガリです。

左右反転

「スクーリング後半まで3週間あるから、版の制作は大丈夫だよね」と
先生ににっこりと念を押され、「はい」と素直に返事をして帰ってきたのはよかったんだけど・・・。

・・・帰ってから、カレンダーを見た。

宮崎に戻ってきたのは、22日の夜。
23日はあれこれと荷物を片付け、24日は霧島アートの森美術館の「アニマル展」に行く。
24日はともかく、25、26日は仕事だしなぁ〜。

で、次の上京日は7日。
・・・3週間ないじゃん! 

今週に入ってから、めっちゃ焦っております。
そういう時に限って、相方の出勤時間が遅かったり、冷蔵庫に食べ物がなかったり。
一人ウッキー!状態で、とにかく下図のトレースからだということで、やり始めた。

割と大まかな、というか大きいだけの絵なので、トレースはあっさり終了。
さて、これから製版だという時に気づいた。

何か変? 何が変? 

下図と見比べること数秒。

やってしまいました、左右反転(泣)。

布目に寄り目

今回は「版画察廚離好ーリング、前半。

いきなり、持参したドローイングの講評から始まる。
きゃー! ちゃんと描いておいて良かったよ〜(汗)。
と言っても、5枚中4枚は通信課題用に描いていたもの(汗汗)。
卒制のテーマとは、この際関係ないということにしてもらって、言葉足らずながらも解説。

そして、さくっと4枚が没!

・・・一枚だけでも、合格して良かったと言えば良かったんですが・・・。

その後、2日間半。何をしてたかというと・・・

・・・ドローイングの加筆。

ひたすら、鉛筆で加筆。
最後に色も塗ってみたりもしたけど、とにかく加筆。
布の織り目まで描けという指令に、ひたすら縦糸横糸を描き続ける。

おかげで、眼精疲労です。
肩と腕がバキバキしてます。

で、版画なんだから、版は? というと

「後半までに、全部作ってきてね」と宿題に。

まだまだ、目が血走る日々が続いてます(泣)。

東京トレッキング

ほぼ2年ぶりの東京。
羽田がまた広くなってるよ。東京駅の地下は、また工事かい。
てなことで、久々のお上りさんは、変化激しい東京の景観に???。

あ、スイカのグッズも増えている。そんなチェックは置いといて・・・。

5日間の東京ライフで、筋肉痛になって帰りました。
一時間走ったって筋肉痛にならないのに、何故?

それは、駅の階段の所為。

クソ重い美大生の荷物をガラガラ引っ張り、階段の度にうんしょうんしょと持ち運び、慣れない自動改札に荷物をぶつけ・・・。
もう途中から、トレッキングしているような錯覚に。
東京て、山なんだよ。きつくて険しい山だよ、あはははははは。

ドアツードアな田舎の車ライフの楽さに、染まりきっていることを自覚しました。
東京の人って忍耐強くて、エライわ。田舎者は反省しきり。

食欲の秋、おまけ付き

スクーリングに行くので、留守番の相方のために、
冷蔵庫一掃兼「食費を少しでも浮かすのよ〜」カレーを、鍋いっぱい作成。


野菜室に転がっていた玉ねぎと、じゃがいもの代打にさつまいもを投入。
クミンシードが切れたのを忘れていたのが残念だが、
今回は市販ルー使っちゃうから、まいいか。

主役は焼き色こんがり豚バラ肉。さつまいもも入ったことだから
本日はココナッツミルクを入れて、マイルド辛いでまとめてみた。

ココナッツミルクが半分くらい余ったので、
粉寒天を使って、ココナッツミルク寒天も制作。
が、こちらは寒天を溶かす水が少な過ぎて、舌触りがイマイチだったのだが・・・。

とりあえずカレーで、2日くらいは生きていけると思うよ。

でも冷蔵庫の中には、まだお弁当のおかずの残りの
きんぴらごぼう(タッパー一つ分)があるんだよね。

カレーときんぴらごぼうの組み合わせは、
イマイチというより、イマニだろうなぁ、きっと。

陰翳礼賛はヤダ

阪神大震災以降、いろいろ法律が厳しくなって
家そのものの耐震構造やらなんやらも、かなり気をつけなきゃいけないが
家を建てる前段階から、すでにいろんな調査をしなきゃいけない・・・らしい。
更に耐震偽装事件以来、いろいろな保障に対応するため・・・
更に更に、これからの地球環境に優しくなるため、エコな住宅にするには・・・

・・・とにかく、ややこしやぁ〜。

営業の人、曰く
「これからの住宅市場は、新築より中古の方が盛況になるかもしれませんねぇ」。

仮に20年、30年住むだけの家なら、そうなるかも。
家族構成や自分自身の年齢の変化とともに、住める家も変わることだし、
それなら気軽に、中古や賃貸を住み替えていくのも、ひとつの選択肢だと思います。

それにしても、建物配置図と間取り図を見ただけで、
二次元特化型脳みそは、フリーズしそうになりました。
この平面図だけで、どうやって三次元を想像しろと?

いっそのこと、ここで建築コンペでも開催したいくらいッス。
迷えるふかふかを助けるため、
「THE ふかちゃん邸をみんなで考えてあげよう in ムサビ日記」とか。

理想の家事動線って何? そして、もっと収納を〜! もっと光を〜!

あ、それより早く、荷造りしなきゃ。明日、上京だよおいら(汗)。

死に金

昨日の朝ぐらいから急に涼しくなり、「おぉ、ついに秋か?」てな感じですが、
さて今週末の東京はどんげでしょうか。未だに着る物を何持って行くか、悩み中です。

今月、来月はスクーリングがあるので、実家に戻る時間がとれず、
私の代わりに叔母が、祖父と父(叔母的には実兄)の世話をしてくれてます。
しかも今回は、2週間の長期ご滞在。ごめんなさーい、だけど本当にありがとうです。

正直、母が死んでから初めて、実家のことで悩まされずにすんでいるかも。

スクーリングのついでに、東京の大きな本屋で探してこようと、
介護関係の本の切り抜きを手帳に挟んでるのが、とほほな現実に立ち返らせてくれますが(苦笑)。

大きな買い物も頭が痛いけど、祖父の介護費用も頭が痛いです。
楽しようと思えば、それなりの金がいるのよ〜。
しかも叔母曰く「将来的に活きる、お金の使い方じゃないものね」。
はい、悪く言えば、三途の川に札束を投げ捨てるような覚悟がいります。
しかも予定は未定、何時まで捨てればいいのか検討がつきません。
住宅ローンなら、資金計画が(ある程度は)立てられますが。

とか言いながら、来年また余分に学費を払わなきゃいけない自分が、
一番情けないですけどね。
ムサビにつぎ込んだ金、全部死に金になったらどうしよう(汗)。
そのためにも、まずは絶対卒業しないとね。

ビバ! 三連休

スクーリング用の画材一式は、一足先に東京に旅立っていきました。
今週末には、もう東京かぁ。何年振りの東京だっけ。
久々に、都会の喧噪を味わうのね。

そして、またあの大量お荷物を抱えて、通勤ラッシュな中央線に乗るのか・・・

・・・あ、今回は三連休だ。

ラッシュも少しはましだろうし、
周囲の「なんでそんな荷物持って、乗ってくるんだよ」的視線攻撃も少なめだよね、きっと。

飛行機のチケット取るのと、ホテル押さえるのには苦労したけど、
ありがとう、三連休!

エア脚絆

暑さでやる気も集中力も切れ気味で、
スクーリング用のドローイングは、当初のイメージから大幅に軌道修正。
すいません、室内で描けるものに変更ですわ。

暑い暑いと言いながら、それでもほぼ毎日走っていたら、
足が日焼け。それも変なツートンカラー状態。
靴下とランニング用膝下タイツ、その間のむき身がこんがり状態。
つまり、ふくらはぎの途中から足首までだけが、健康的な小麦色に。

まずい。このままでは、スカートがはけない。

ま、大人だから、生足でスカートはくのは少ないけどね。
レギンスやトレンカという、便利物も流行ってるしね。

やめられない、止まらない

最近、食べ出すと、どうにも止まらなくなった食べ物が2つある。

その1、するめ。
夜に食べたら、後で消化不良気味に。腸がごろごろする。
やはりここは食欲増進かつ消化促進効果のある、大人な麦の飲み物と同時に摂取すべきでした。

その2、南部せんべい。
青森産と岩手産で、微妙に食感が変わるそうで。しっかりとしっとり、みたいな差?
ところで、そのいただいたせんべいのパッケージが、どうにもイケてなくて
この昭和の遺産みたいな絵柄をリデザインすれば、なかなか良い土産物になるのになぁと思ったのでした。

プレミアムな

口蹄疫のダメージから、立ち直って頑張ろう!
ということで、地域振興券ならぬ地域商品券が発売された。
一口1万円で、一万一千円分の商品券が購入可能。

超低金利の今時、一割増しは主婦の心を鷲掴みッスよ。

一家族、5口まで購入できる(つまり最大で五千円お得)。
ただ使用期限もあるので、
構成員の少ない我が家は、謙虚に一口だけ買ってみた。

商品券と一緒に、使える店舗一覧表を貰った。

どうやら、宮崎牛から画材まで買えるようだ。

お買い物

人生最大のお買い物をするかもしれないのだけど、
素案で見積もりしてもらったら、意外に高い。
あんな素っ気ない物で、こんなにするのか?

しかし、お風呂に入っていた時、相方が
「よーく考えてみると、××システム代込みの値段だから、
本体価格は、○○くらいなんだよなぁ」

そう言えばそうだ。

普段、見慣れない桁数に、頭が動揺していたらしい。

遠い嵐

中途半端なところを通過中の台風のため、
時々突風アンド大雨に見舞われ、窓を全開にできません。
・・・暑い。

いっそのこと、上陸してくれた方が、まだ清々しいぞ台風。

空っぽにすること

今週は真面目に走っていて、4日連続のジョグ。
夕方でも笑うくらいの暑さなので、用心のため30分過ぎたところでスポーツ飲料をチャージ。
もっと涼しくなれば、一時間くらいノー補給で走るのだが、今シーズンは慎重路線。
でもスポーツドリンクがすごいなぁと思うのは、走って帰って来た後。
何も摂らずに一時間以上走ると、いくら水分とかを摂っても、疲労が蓄積しているのが分かる。
身体、空っぽの状態。
しかし今のように途中補給していると、走った後でも結構元気。
汗だらだらでも、疲れた感が薄い。

走っていると、身体のエネルギーが空っぽになるけど
頭の中も空っぽにできる。

走行距離を書いているメモ帳を見返すと、
精神的に一番まいっていた5月が、春以降で一番よく走っていた。
ストレス発散のために、時間があればひたすら走っていた。
いろいろ考えすぎて、頭の中がカッーと熱を持ってくると、自分でも危ないなと思い
走りに行って、走りながら「大丈夫、うまくいく、よくなる」と自分自身に言い聞かせていた。

普段ただ走るだけなら、こういう意図的なポジティブシンキングはやらない。
むしろ何も考えない方に、意識をシフトさせる。ただ自分の身体と、シンプルな会話をするだけにする。

今でも走っている最中に実家のことを考え出すと、走っていても頭が変な熱を帯びる。
マジに熱さで、ストレスを体感。慌ててリセット。怖い怖い。

ということで、今はひたすら、頭を空っぽにすることを心がけている。

空っぽだけど、満たされない空虚さではなく、
風を通すために窓を開けるような、何かを取り込むための開放的な空っぽさ。

そんな空っぽさを、上手く表現できないかな。

問題行動

午後から出勤の相方がいなくなった後、
汗だくだくで工作のお時間開始。
デコパネを切り切り、両面テープで3枚貼り付け、四辺を製本テープで補強。
マイ・スクリーン枠保護板、完成!

と、秋スクの画材、発送準備は進行中。ネタは不発なまま。嗚呼。

さて、昨日の話の続きを、もう少しだけ。

7月に卒業申請書は提出し、単位的にはクリアできるはずだった。
だから卒制スクーリング行っても、問題はなかった。でも・・・。

ここからは、若者にはちょっとダークな話になってしまうので申し訳ないが、
誰もが避けては通れない道なので、あえて書いてみませう。

想像以上に難航しているのが、要介護4の祖父の扱い。
95歳まで、惚けずに元気だったのはよかったけれど、
惚けちゃった97歳の今でも、元気過ぎるのが悩みの種。
不眠、時間・空間誤認、徘徊と、問題行動が多すぎて
ショートスティすら断られる始末。

それでも秋ぐらいまでには、何とか目処が立つかなぁと考えていたのだけれど、
入所予定だった施設での、お試し宿泊が失敗。これが8月の話。
2泊3日の宿泊で、2晩とも一睡もせず、徘徊。
認知症なのだから、問題行動があっても仕方ないし、
それを見るために施設はあるはずなのだが、
職員の配置数や、問題行動を起こす老人の有無によって、
あっさりと拒否されるのが、介護の現実。

簡単には助けてくれません。

「心中するまで、見るしかないが」という父のぼやきじゃないけど、
先の事を考え出すと、こっちまでおかしくなってしまいそう。
この半年で、父は体重が10キロ以上減り、髪も激減。
私の頭も白髪が激増。
マジ、介護ストレスって怖いです。実際、母は介護で命落としたようなものだし。

ので、ここはもう、スパッと状況を仕切り直さないとダメだなと思い
今年度の卒業を諦めたわけで。
ストレスの種は、少しでも減らさないとね。卒制、やっぱりストレス大きいですから(苦笑)。
ということで、昨日の日記になるわけです。

白髪の増える日々は、まだ続きそうですが
カンパーレ、自分!

今後の予定

試行錯誤の半年でしたが、いろいろやってみての結果
そろそろ決断の時かなぁと思い・・・

11月、12月の飛行機アンドホテルの予約をキャンセル。

つまり、はい

今年度の卒業は諦めました。

「卒業、頑張るから」と言ってムサビ日記に復活させてもらったのに、
竹林さん、手羽さん、ごめんなさい、ごめんなさい。

来年度、卒制します。
というか、来年度で在籍年限ギリなんで(汗)、確か。
卒業しないと、厭でも退学か再入学に。流石に、それは勘弁なので。

なんでこんなことになったかと言うと、

復学願を提出した翌日、実家の母が入院、そのまま亡くなり
実家には認知症の祖父と、家事能力0の父という、男やもめーズが残され
・・・はっきり言って、ひっちゃかめっちゃかです。
親子二代の男やもめ世帯は、想像以上に悲惨です。
しかも一人は、脳の壊れかけた状態。まともじゃないです。

月一実家に戻ってフォローしてきましたが、
なかなか物事、思うようには進みません。

いっそ、ムサビ辞めようかとも思いましたが、
私が辞めたからって、実家の惨状は変わるわけじゃない。
しかも今まで、いろんな人に助けてもらって、ここまで来たのに
卒業しないのも悔しいし、申し訳ない。

なので、もう少しだけ時間ください。