2007年12月のアーカイブ

年末のご挨拶

年の瀬も迫り、留年の危機も迫りつつあることを、徐々に実感しつつある今日この頃です。

あやうく忌引きで欠席となるところだった「版画后廚離好ーリングは必修の専門科目で、これに出られなかったら、その時点で留年(正しくは卒業できない4年生)決定だったのです。
危機一髪、それは回避できたわけですが・・・

残る通信課題が「版画掘廖嵌撚茘検廖嵌撚茘后廖そう、全部必修の専門科目。
やばいです。かなり、やばいです。
今夜から相方の実家に行くのですが、できるもんなら、版木持って行って彫り続けたいくらい、やばいです。でもそんなことしたら鬼嫁だよな〜、きっと。

2月に直接指導に持ち込むことを検討中。

そんでもって、皆様、よいお年をお迎えください。

難解な日本語

土曜日あたりは、夕方になると体力気力ともにエンプティに陥るほど、よぼよぼダメダメでしたが、ようやく少しずつ復活中です。

相方は、遺産相続の本を図書館から3冊も借りて来ていた。知らないと損する、法律。
しかし何故、法律って一般人には不親切なくらい、読みにくい日本語なんだろう。特に民法と税法。
「分かりやすかったら、弁護士も税理士も司法書士も(他にもいっぱい専門職はあるけど)要らないと思うぞ」とは相方の弁。まぁ、そうだ。

遺産相続の話に詳しくなったところで、田舎はまだまだ長男が家督を継ぐ世界。
次男坊の相方は、遺産放棄の例文を探してました。

巳正月

喪中葉書も出したし、お金の精算もしたし(大赤字!)、対外的にしなきゃいけないことは一段落ついて、今は家でダメダメ度全開で転がってます。
今年はもうクリスマウもないし、年賀状作ることもないし、大掃除もパスだし(こらこら)、おせちもお雑煮もしめかざりも関係ねぇ!てなことで・・・ある意味暇になっちゃった。

しめかざりの話題で思い出しましたが、私の実家のあたりの地域では、死んだ人用の正月があります。
12月の最初の巳の日の日没後、墓地に行って、墓の前でお餅を引っ張るんです。その時、お墓に飾るのが、逆ひねりのしめかざり。普通のとは逆に縄を寄って制作します。
この特殊なしめかざり、ぜひ森さんのコレクションに入れていただきたいな(もし、まだ入ってなければですけどね)。

それにしても、夜の墓場って嫌だなぁ。そんで餅ひっぱるってのも、何だか●の刻参りを連想してしまふ怖さがありますよね。
でも最近は田舎は年寄りばっかりで危ないので、みんな夕方ぐらいに行って済ませるそうです。

本当に、冠婚葬祭は地域・宗派によって全然違うから、なかなか対処の仕方が難しいです。
相方の実家の方の葬式でも、初めてのことが多くて、目が点になった部分もありました。郷に入っては郷に従えですけど。

しかし2日酔いの体調不良で、お経を読み間違えた坊さんは・・・(苦)。勘弁してよ、もう。

よぼよぼ感全開

いろいろありまして、怒濤の日々でした。

12日。
急性胃腸炎で、朝いきなりゲロ子。断食状態で、ひたすら寝る。

13日。
前日と変わらず、絶食生活。
入院していた義父の容態が悪化。相方は最終の飛行機で名古屋へ飛ぶ。義父死去の連絡あり。
よろよろながら、移動の準備。

14日。
始発便で中部国際空港。なんか、まだまだ寂しい感じの空港。高速艇で津へ。
葬儀等の準備・段取りにかかる。まだご飯は食べれず。

15日、通夜。16日、告別式。精進落としを抜けて、名古屋経由で東京に夜の9時着。
先に送っておいた画材等の準備。

17日〜19日。
スクーリング。

20日。
ようやく一週間ぶりの我が家。

マジに留年の危機でした。途中で抜けさせてくれた、相方&相方ファミリーの理解とご協力に感謝。

で、講評。
「今のよぼよぼ感が、作品全面に出まくっているよ」

・・・だって、本当によぼよぼだったんです(泣)。
寝てない、食ってないの日々。いろんな意味で疲れてました。
今も少しよぼよぼのまま、後かたづけ中です。

夜空の星を見上げて

引き続き絶賛筋肉痛ですが、冬スクの荷造りしてます。冬は荷物が嵩張るから嫌ですね。東京は寒いんだろうなぁ。こっちでは一度も着てないコートも持ってかないとダメだろうな。

下図5枚も描き上げました。おぉ、真面目にちゃんと彩色までしちゃったよ(こらこら)。でも、本当はとってもドローイングは重要なんです、版画では。最近、痛感してます。

あとは、「版画后廚良檗爾す嵒召鮗け流せる精神力を養っておくぐらい?

版画垢旅嵒召蓮△箸辰討睇櫃い任后
四輪駆動さんが言うところの、絶対に立ち直れない言葉も出てきます。

2年前の夏に受けた時、とある生徒に対して発言された言葉。
「あなたは何のために絵を描いているの? 描きたいものが本当にあるの? 版画以前に、その根本から考え直した方がいいんじゃない?」
・・・教室中が凍り付きましたとも。

前は他コースだから少々のことは許してもらえたけど、今度は版画コース(しかも版画のために、わざわざ2度目の編入したことはばれてるし)の生徒だから、バンバン批評されるんだろうなぁ(汗)。
取りあえず何言われても言い返せるぐらい、言いたいことは頭の中で作戦会議中です。
でも、やっぱり傷つくよねぇ。宇宙でも眺めていたいくらいに。

完走

昨日は朝5時起きで、青島太平洋マラソンへ。
駐車場が大渋滞で、スタートが30分遅れる。がーん。せっかくナイスなタイミングでトイレも行けたし、ストレッチもしたのにーにー。結構へこむ。気を取り直して、30分後にスタート。私は遅い方組なので、スタートの号砲が鳴っても、スタートラインを踏めるのは3分後。
練習記録見ると去年の半分以下の距離しか走れてないし、体重は3キロぐらい増えたまんまだし、もう今年は完走できれば御の字ですわ。でも、なんだか速く走れてね? 折り返し過ぎても足平気だし(その後、33キロ地点でドカーンときましたが)、夏スクの狭間に買った靴は良い感じだし、黒糖も1個だけどゲットできたし(応援の男の子に「変なほっぺたになってる」と言われましたが)、近くを走ってた人から氷砂糖もおすそ分けしてもらえたし、ベンチレーション機能のタイツは水ぶっかければアイシングできるし(これは非常に助かった。痛くなっても足が動く)。。。

無事、完走できました。前回より10分早くゴールしました。ばんざーい。

今朝は全身筋肉痛の塊と化してます。足は意外に平気なんだけど、腹筋が痛いです。
卒制のスクーリングとかぶらなければ、来年も出よう。もう少し走り込んで、体重落としてから。

青島にもぼちぼち仮装ランナーがいます。牛、サンタ、全身クリスマスイルミネーションな女の子は速かったです。唐草模様のタイツ男と正義の味方とピカチュウは途中で抜き去りました。最後尾近くにはスーツ姿で走ってる学生がいたけど、あれは就職活動への気合いを入れてたのか。スーツ痛むと思うよ。

ニュースで取り上げられたのを見て以来、とても気になっていたものをついにゲット。
それは、黒綿棒。
確かによく見えます。取れたぁって実感できます。でも、こんなに汚れてるのと、ショックも受けます。
一度お試しあれ。

相方が買ってきた某漫画雑誌創刊号に、アキバの耳かき屋のレポート漫画が載っていた。
たかが耳かき、されど耳かき。膝枕で癒されるらしい・・・です。
日本人て、いろんな商売を思いつくもんだ。

週末スクーリング

来年のスクーリング予定表がやって来た。少しずつ改善されているようで。

しかし油絵学科の必修科目「絵画・日本画・版画后廚蓮¬い世忙嫣の平日3連チャン。週末に変更できないのかなぁ。12月のこんな時期に、月曜日から水曜日に休暇貰えるサラリーマンは少ないと思います。「夏スクで取れ」と反論されそうだけど、必修科目なんだから、もう少し考えてくれてもいいような・・・。
通信は、仕事に支障が少ない週末利用が取り柄のはず・・・だと思うけど。

「造形基礎掘廚地方スクーリング可になったのは、地方在住者には朗報。

で、今月は「版画后廚里燭瓩望綉予定。
今年は失業中につき、平日も休日も関係ない。が、新しい仕事を考えている時、この平日3日間(往復の移動考えると5日間)の休暇取得はかなりネックだった。これがなけりゃぁ、もう少し気合い入れて仕事探したかも。派遣登録も据え置き状態だし。
ま、来年考えるか。

流行語

先日、ハニカミ王子(なぜカタカナなんだろう)と知事が受賞した流行語大賞。
選挙の頃から言われていたけど、実は「どげんかせんといかん」と「どんげかせんといかん」の2パターンの方言が県内にはあるらしい。微妙にニュアンスが違うそうで。どちらにせよ私はネイティブではないので、どちらも正確には発音できないです。

今度の日曜日は青島太平洋マラソン。フルマラソンを走る、年に一回の日。しかも今年は誕生日の前日。つうことは、年齢別ランキングでみれば一番不利じゃないか〜。●●歳と364日なんて。それに今年は全然走り込めてません。
でも「どがにかせんといけんけん」(訳・どうにかしないといけないので。こちらはネイティブに発音可)、サイクリングロードを一人迷走中。昨日は2時間近くも走ってました。
何しとんじゃろか〜(訳・何故こんな訳の分からないことをしているのだろうか、ほんとにもう)。

3D

昨日は午後からジョグ。いつもとは反対回りで、まず川沿いの道へ。

はい、ブルーインパルスを見てました。所詮、ミーハーです。その近辺の住民の皆さんに混じって、堤防から見学。小さい子供らより、大人の方が感心して見てたかな。「人間業じゃないよなぁ」。ほんと、あんなに空中でくるくる回って、感覚がおかしくならないのかと思います。

ちょっとおもしろかったのが、渡り鳥。隊列組んで飛んでたのに、上を戦闘機が飛ぶと急に列が乱れておたおた状態。爆音に驚いたようで。

同じ空を、民航と戦闘機と鳥が同時に飛んでいる不思議さ。空が3次元の空間であることを、すごく実感する光景でした。

機能美

本日は、川を挟んで隣町にある航空自衛隊の基地の航空祭。ブルーインパルスも午後から飛びます。
昨日はサイクリングロードをジョグしていたら、プルーインパルスが上空を旋回。本番の練習だったらしい。

この川の河口部周辺の上空が、基地への離発着ルートの延長になっているため、普段でも時間帯によれば戦闘機がいろいろ見れます。なので「トップガン」な気分を味わうために、堤防道路をデートコースに使う人もいるとか。けど、五月蠅いです。確実に会話は一時中断します。

使用目的とか騒音問題とかいろいろ考え出すと、素直に誉められない(汗)けど、戦闘機って造形的に見て純粋にきれいだよねぇ。機能美だよねぇ。まぁ、お値段も凄そうですけど。

以前、友人の旦那に教えて貰ったHPで、戦闘機に描いたマーキング(? 正式名称不明。要は、いろんなイベントに合わせて、機体に絵柄をペイントするらしいんですが)の写真ばっかり集めたのを見たことがあります。現役自衛官が、本来の仕事の合間にデザインして、下描きして、塗装するらしいけど・・・。
とある漫画のメカがどーんと垂直尾翼に描かれていたのがあったけど、あれは著作権とかクリアしてたんだろうか。
と、今になって、美大生はいろいろ考えてしまふのでした。

シャーーーッ

版画サイズドローイング終了。さて、縦構図にするか、横にするかが悩むところ。
普通に考えれば、横広がり画面で横構図だけど、これだとありがちでインパクトに欠ける。スクエアなイメージサイズも作ってみたけど、ちと狙いすぎな気もして微妙。
並行作業で、持ってるガリ版の最大印刷可能サイズを測ってみる。MAX30センチ×20センチぐらい。ち、小さい。もう少しだけ大きいのが刷れるのもあるけど、そっちはまずスクリーン版の紗を貼るところから始めないといけない。どうすんべかなぁ。

「実業美術館」は読了。
去年冬スクで「カメラリテラシー」を取り、夏に「ブレッソン展」を見て以来、単焦点のドマニュアルカメラが欲しいと思っている。今はデジカメ使ってるし、これはこれで便利なんだけど、やっぱりフィルムを自分で巻き上げるあの感覚は忘れがたい。

擬態語占いというのがあるらしくて、友人が私のを占ってくれたら、タイトルのような擬態語だったらしい。友人本人は「ピカリン」という結果。
ピカリンって、どんな状態?