2012年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ムサビ日記更新順

カテゴリー

TOPページへ

全エントリーの一覧へ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 3.21-ja

template by tokyobuddha

ムサビコム

QLOOKアクセス解析

お題/これは利用するといいことがあるかもですよ

 

手羽さんからのお題に遅せばながら答えたいと思います。


「ムサビにいるなら、これは利用したほうがいいよ!」


のはなし。


個人的に推したいのは、
手羽さんが既に挙げていますが、


「他大学の授業を受けられる制度」


です。


ムサビはTAC相互利用と早稲田大学との単位互換制度がありますけど、
これって何のことかってざっくり言うと、
ムサビに在籍しながら他大学の授業を受けることが出来て、なおかつそこで取得した単位を自分の卒業に必要な単位数に組み込むことが出来る授業制度の事ですね。


続きを読む ≫
at 16:04 | Category : | Comments (0) | Trackbacks (0)

かけこみで履修の話

4月ももうあっというまに半分終わりますね。


今年も履修登録の時期がやって来ましたね〜(とはいっても、もう終盤ですが・・・)。
ムサビ生のみなさん(特に新入生の方!)は無事に登録できましたか??

もうほとんど履修は終えられているかと思うんですが、
まだここどうしよう??と悩んでるひともいるかも・・・?なので、今までのわたしの履修の感じを書いてみます。

続きを読む ≫
at 17:01 | Category : | Comments (0) | Trackbacks (0)

来たる新学期はドキドキ

今日は新3年のオリエンテーションの日でした。

久々に会う友達が皆どこか雰囲気が大人っぽく変わっていてドキドキ。

いよいよ10月に迫った進級制作の説明を聞きながらドキドキ。

久々に自転車がぶっ壊れてドキドキ(修理代、無料で良かった・・・)。


ここ最近は一日かけて小説の上下巻を読んだり、節約生活と銘打って一日三食自炊してみたり、洗濯物をやたら丁寧に干してみたり、
すっかり春休みモードで自由かつ贅沢な時間を謳歌しまくっていたので、
今日は久々に気持ちがピリッと引き締まった一日でした。


数ヶ月前まで自分が囲まれていたはずなのに忘れていた大学の喧噪とか、ゆるーくみえて実はちょっ早い時間の流れとか、
何ともいえないあのせかせかした毎日の感覚が少しずつ自分の体に取り戻されてきている感じがします。
嵐に飛び込む一歩手前やね!


日々のあれこれに慣れきってしまわぬよう。
自分の手の中に閉じこもってしまわぬよう。
時には飛び込むことをためらわぬよう。


今年は何かが開けそうな、大切な一年な気がしているので、百万馬力出して頑張らなくちゃ、と思ってます。
初心忘れるべからず!キープオンドゥーイング!!


あああ、ドキドキだああ。


at 22:56 | Category : | Comments (0) | Trackbacks (0)

去年の夏からすっかりご無沙汰しておりました。
お久しぶりです、やまなみです。

まずはお詫びを。
思えば今年の1〜2月にかけて、ムサビの映像学科を目指している方のために自分の体験談やらアドバイスやらの記事を書かなければいけなかったと思うのですが、
無精者のわたくし、日々のあれこれを言い訳にして書かないまま3月に入ってしまいました・・・。

何を隠そう私自身、受験生のとき(遠い昔のことのよう)にムサビ日記のメイさんや卜部さんの記事を参考にさせてもらっていただけに、
入試の体験談やらを知りたくて私の日記を訪れて下さった方はさぞかしがっかりされただろうなと思って。申し訳なさでいっぱいです。


そんな無精者の私とは反対に、あさなさんがそれはもう丁寧に書いて下さっていて(私が受験生だったらどんなに励まされただろう・・・)もう、もう、、、あさなさん、ありがとうございます!
 

そんなわけで入試の時期はすっかり過ぎてしまい、今更入試の話をするのは時期外れもいいところなのですが、
これから入試カテゴリをつくってちょくちょく入試の話を上げていこうとおもいます。
来年の冬ともなると、私自身の入試の記憶があいまいになってもう書けなさそうなので。

何だか色々タイミングを外しまくっていてすみません・・・ああ。


というわけで、近況報告すらなくお詫び&予告だけになってしまいましたが、
この半年間の出来事や感じたこと、考えさせられたことは、次のエントリーにて書いていきます。




そして、最後に付け加えるようなかたちになってしまいましたが、
今年卒業されたムサビ日記のみなさま、ご卒業おめでとうございます!!

社会人として仕事に就かれる方、また新たに勉強を始められる方など、進まれる道はさまざまだと思いますが、
みなさまの今後が充実したものになりますようお祈りしています。


一方的にではありますが、からーずさんの日記は密かに好きでした!
文はとてもさらっとしているのに、深くて考えさせられるポイントがたくさんあって、あぁぁそうかもしれない・・・と思う事がたくさんあって。
おそらく一ヶ月後くらいには日記のエントリーも消えてしまうと思うので、今のうちにじっくり読ませていただきたいとおもいます。


ではでは。


 

at 20:23 | Category : | Comments (1) | Trackbacks (0)

治りました・・・!

いよいよお盆の時期に入って、
いつもより隣近所の部屋の物音が少なかったり(帰省してるんだろうか)、
自営業のお店に夏休みの張り紙がしてあったり(家族で旅行に行くのかな)、
心なしか街がいつもより静かでゆったりしているように感じます。
この数日間が過ぎれば、あっという間に8月が終わって夏休みが過ぎていってしまいそうなそんな予感。

みなさんゆっくり過ごせていますでしょうか。
毎日暑い日が続いていますね・・・!


前の日記で夏風邪うんぬん言っていましたが、ここ2、3日でやっと回復しました。

いつもならもっと早く治るのに長引いてしまった原因は、

食費をケチって適当な食事をしていたからか、
冷房をかけ過ぎて部屋の空気が乾燥したからか、
カンカン照りの太陽の下一日中歩き回っていたからか。

書き連ねてみると、ちょっとここ数日間の私は自分の体をあまりいたわっていなかったみたいです。


よく食べて、よく眠って、冷房はほどほどにして、ですね。
お盆の時期で休めるタイミングとはいえども、旅行や移動で疲れがちになる事も多いかとおもいます。
どうぞ体調には気をつけて下さいね・・・!!
よいお休みを。


続きを読む ≫
at 16:27 | Category : | Comments (2) | Trackbacks (0)

夏のおもひでと風邪

ただ今絶賛夏風邪中です。

ここ2、3日、サークルの合宿で長野の飯田市に行ってたんですが、
猛暑の屋外と冷房でキンキンに冷えた屋内の温度差に体がついていけなかったらしく、
昨日からじわじわと喉がイガイガし始めて、今日は鼻水と頭痛に悩まされ・・・。

今はのどごしの良いそばを食べ、ショウガ入りのど飴をなめながら家でおとなしく引きこもってます。
うう、夏に風邪なんて何だか損した気分・・・。


それにしても、長野、めっっちゃ暑かったです・・・
長野=避暑地 みたいなイメージが勝手にあったのだけれど、
涼しいのは軽井沢とかだけで(最高気温が20度台でびっくりした!)、
私が行った飯田はめちゃめちゃ気温が高かったです。東京よりもずっと暑かったような・・・

これで冬は重い雪がザンザン降るのかと思うと、ここでの暮しは大変だろうなって想像してました。実際はどうなんだろう・・・??
でも緑は多いし、美味しいものたくさんあったし、穏やかで良いところだなって思いましたー長野ステキだー!!

ちなみに個人的に一番カルチャーショックだったのが、お肉屋さんで牛肉や豚肉と並んで普通に馬刺しが売られてた事でした。
あ、あと電車が1時間に一本とかしか無かったこと!!
私がここに住んでたら、毎日電車の時間との闘いになりそう・・・って思いました・・・。

続きを読む ≫
at 23:37 | Category : | Comments (2) | Trackbacks (0)

突然ですが

今日(26日)から始まったこの展覧会↓。

今回、この展示にボランティアスタッフとしてほんの少しお手伝いさせてもらっています。

というわけで、突然ですがちょっと紹介を。
 


  東北の底力、心と光。 「衣」、三宅一生。
 

          
2011年7月26日(火) - 7月31日(日) 会期中無休

時間:11:00 - 20:00(入場は19:30まで)

入場料:無料

会場:21_21 DESIGN SIGHT
   (六本木 東京ミッドタウンガーデン内)


21_21DESIGN SIGHT にて今週の日曜日まで開催される予定です。


どんな展覧会かというと、
東北大震災を受けてわずか一ヶ月(!)ほどで企画・準備されたという、
三宅一生さんがディレクターを務めている展示です。
グラフィックデザインは浅葉克己さん(陸前高田の松の写真のポスターが印象的)。


展覧会の軸となっているのは、タイトルにある通り「衣」。

このテーマを通して、東北地方の人々の、繊細で美しいながらも力強い伝統的なものづくりや精神が紹介されています。


具体的には、
東北の工房の優れた技術やアイデアによってかたち作られたISSEY MIYAKEコレクション(かのプリーツプリーズもそのひとつ)だったり、
東北各地で伝統的に作られて来た、手仕事の技が光る様々な素材の衣服の数々が展示(こちらがメイン)されていたり・・・と、
その伝統工芸の多彩さ/奥深さ/素晴らしさに触れられる貴重な展示になっています。


衣服の素材の種類の豊かさ(樹皮、山菜の綿毛、和紙まで!)。
細やかな針仕事(刺繍が本当に繊細で、めっちゃめちゃキレイです)。
暖かみのある色彩(寒さの厳しい東北だからこそ、こんなに明るい色)。
東北の職人さん達のものづくりに対する真摯な姿勢。

どれをとっても本当に素晴らしい!です!!
伝統的なのにどこかモダンで、力強いけれどもしなやかで。

ぜひ実物をご覧になって、肌でその魅力を感じ取っていただけたらと思います。


震災後急遽企画されたとのことで、
スタッフの方々が開催直前まで本当に忙しく準備に追われていたのですが、
短期間で準備されたとは思えないようなクオリティでびっくりです。
東北のものづくりを伝えたい!という情熱が伝わってくる力強い展示になっていると思います。

あと、毎日トークショーや演奏会がある事にも注目です。
講演される方と来場者のあいだにたくさん交流があって、
何だかとっても暖かい雰囲気に包まれているのも素敵です。
観てると涙腺にじわっと来ます。じわっと。


今週いっぱいまでなのですが、
無料で観れますし(ここ大事)、夜の8時まで開いているので(入場は30分前まで)、
都心に来た際はぜひ立ち寄ってみてください〜!

続きを読む ≫
at 23:48 | Category : | Comments (4) | Trackbacks (2)