2009年04月のアーカイブ

お口にカバー

おはようございます

餃子をたらふく食べた後に歯磨きもせず眠りについてしまい
自分の口の臭さで目が覚めてしまうというガッカリな朝です。
まだ視デの授業が決まっていなくて(3年はほぼ全部選択授業。レポートやら抽選やらで授業が決まる。いずれ詳しくかきたい)
一週間のスケジュールががどうなるか不安でいっぱいです。




今日は本のカバーについて。



先日書店にて、


カバーつけますか?

あ、お願いします。


というよくあるやりとりをして付けられたカバーがこれでした。






cov1.jpg




全然カバーになっとらんやん!!




あの人何読んでるのだろう…
って詮索されないためのカバーじゃん!


むしろばりばりの主張っぷりじゃないの!!
三国志大好き。
レッドクリフ見てからはまっちゃってさエヘ☆

みたいになっとるやん!





普通こーいうのとか

cov2.jpg





こーゆうのでしょうが!

cov3.jpg





って思いました。


書店にとってはカバーって結構大事な顔であり、デザインの見せ所だと思います。
あ、あのカバーかわいいね
なんて思われればそれだけで書店に対して良いイメージがつくのに
そのスペースを他社の広告として利用しちゃうのはどーなんだろう。
それだけ経済的に辛いのかとも思ったり。


カバーを利用する目的として
1.保護目的
2.人目にさらされない

ってのが考えられて、私はほとんど△里燭瓩縫バーを利用するのですが皆さんはどうでしょう。

人目にさらされないためにつけたカバーに人目につく情報が載っているのは本末転倒な気がします。


広告について興味がある一方で
なんでもかんでも広告のスペースとして利用するのはよくないなと思ったりもします。

でもそれ以上に餃子を食べて歯磨きしないで寝るのは良く無いなと
ものすごい今思ってます。くさい

ではまた

自己紹介をもう一度

新入生の方。入学おめでとうございます!

受験生の方。今から全力でというのは無理が生じるかと思うのでマイペースにがんばって下さい。

ムサビ日記新メンバーの方。よろしくお願いします!

とうとう大学生活も折り返しです。
3年になったこの期に私ももういちど自己紹介したいと思います。
ピンポン球の回転にはこだわらずにかきたいと思います笑

前回の自己紹介(一年生の冬)はこちら。

年齢
現在21歳。一浪。昭和生まれ。
たぶんゆとり世代第一期生。


出身
東京都下町生まれ下町育ち
学校へは自宅から1時間40分くらい。余裕で通えます。
ちなみに茨城から毎日3時間かけて通っていた友達がとうとう一人暮らしを始めました。今までよくがんばった!とエールを送るとともに、部屋に寄生させて頂きたいと考えております。


見た目
体は薄くて顔は濃いです。肌の色も濃いです。しかし体臭は薄いと信じてます。
チャームポイントは程よいスネ毛の濃さです。
別に物事を薄いか濃いかの2択で判断してる訳ではありません。


嗜好品
お酒は飲めますが飲まなくても平気です。飲み会以外では飲みません。タバコも吸いません。
そのかわりよくグミを食べます(子供か!!)
酔っぱらうと気持ち悪くなるので、新しい繋がりやアイディアなんかは出ず、愚痴とゲロがでます。

大学生活
特にサークルや団体などには属しておりません。自分のまわりの友人もそういった人達が多いです。
課題と自主制作とたまにある飲み会。そんな感じの日常ですが楽しいです。


スポーツ
中高とテニスをしていたのでラケットを使う競技は全て好きです。
一応ピンポン球とテニスボールに回転をかけることができます。
野球もバスケもバレーも好きですが、サッカーだけは興味があまりないです。得点が多かったり、間の楽しめるスポーツが好きです。


バイト
週1回デザイン事務所でバイトしています。良い経験をさせて頂いています。


興味
漫画
何でも好きですが、特にラッキーマンとコジコジが好きです。人生のバイブ。…人生のバイブルです。
私の好みが絵よりもストーリー重視な感じなことは否めません。
最近は時間と金があったら福本伸行漫画を全制覇したいと考えております。誰か貸して下さい。

お笑い
この前ラーメンズの舞台を申し込もうとしましたが、チケットがとれませんでした。くそう!
最近はジャルジャルがもの凄く好きです。キングオブコント狙えると思います。

好きなデザイナー、クリエイター 
映像作家の小島淳二さん 佐藤雅彦さん 赤瀬川原平さん 福田繁雄さんなどを筆頭に、他にも盛りだくさんです。

制作に対して
以前から、平面だけに留まらない印刷+αの表現に興味があります。
この前までg8でやっていたDRAFTの植原亮輔展はとても刺激になりました。
今はgggでやっているtdc賞の展示に行きたいです。


自己紹介など話しだせばきりないので今日はこのへんで!!
大学生活残り半分。めちゃくちゃ時の流れが早いです。らっというまです。
気合い入れてがんばりたいと思います。

やりたいほうだい

とうとう3年生になりました!!

映画のタイトルについて最近ムズムズすることがあります。


「死ぬまでにしたい10のこと」

「わたしが美しくなった100の秘密」

「10日間で男を上手にフル方法」

「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」

「旅するジーンズと16歳の夏」

「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12カ月」

「犬と私の10の約束」


………邦題に数字いれときゃあ興味惹くとか思ってんのかこのやろーー! 邦題長いんじゃぼけぇぇえぇ!

って思いつつも、こういったタイトルを目にするとちょっと気になります。
どの映画も観た事はありませんがタイトルだけなんだか気になってしまいます。
 
そこで自分でも。と思い ○○と○○の●●の○○  的な法則に従って美大や自分に絡めてタイトルを作ってみました。


「死ぬまでにはもらいたい12000円の臨時ボーナス」

…定額給付金を受け取ろうとした男に迫りくるノロウイルスの影!!男がうがい手洗いを怠った為に起きた悲劇のサスペンス!!話題騒然!!

「図書館が美しくなった100の秘密」

…図書館再建に向けて新たな地に夢を描く男達……しかし、そこにあらわれたのは猫の巣!!
猫の巣を守るのか、建築を続行するのか。揺れる葛藤の中、男達が手にしたまたたびとは!?


「入学10日間で人生を棒にふる方法」

…女子の割合が多い事のみを理由に美大に進学した男、喪手名岡ゲス吉。
物心ついたころから非モテ街道まっしぐらの男が、入学そうそう同級生にまさかのヌードデッサン志願!!
しかしその同級生は、よくみたらロン毛の男だったことに気付く…!!それでもゲス吉は止まらないっ!?


「ヤルキガデズ・ネチマッタ、3度寝後の講評」

…最終提出前日にも関わらず作品が全然作れていない!!そんな中で開き直った男はとうとう眠りにつく。
気持ちのよい寝起きが一展、奈落の底へ!!気まずい空気の中をどう切り抜くのか!!!


「一番の遠出が鷹の台、21歳の冬」

…21歳現視デ3年男子の1月〜3月までの生活を追ったノンフィクションドキュメンタリー!!
別に引きこもりとかじゃないんだから!!


「カラミッヅ・ラーイヒトのムサビ日記 きえそうなわたしの1ヶ月1回だけの更新」

…21歳の現視デ3年男子のブログに迫る危機!!原則2週間以内に更新という約束を平気で破るカラミッヅ。
その横暴さに痺れをきらしたテーバー博士の鉄槌が下る!!カラミッヅはアカウント抹殺の危機を乗り越え無事に更新することはできるのか!?


「入学センターと竹林の10の確執」

…1号館を舞台に繰り広げられるサスペンス!!わずか1セットの空間ながら圧巻の展開、見るもの全ての予想を裏切る結末はまさに噴飯物!!ラスト10分を決して見逃してはならない!?

…あら不思議。あらすじもつけばそれはもう映画っぽいタイトルに早変わりです。
どれも興行収入ひどそうですけどね。個人的には最後の映画が気になります。

とまあいつものようにくだらないですが、
生産性のないことを考えるのは気楽でいいです。
インクジェットプリンターでちょっと大きいものを印刷している間のひまつぶしなどに最適なので是非!(なんてピンポイント!)