お口にカバー

おはようございます

餃子をたらふく食べた後に歯磨きもせず眠りについてしまい
自分の口の臭さで目が覚めてしまうというガッカリな朝です。
まだ視デの授業が決まっていなくて(3年はほぼ全部選択授業。レポートやら抽選やらで授業が決まる。いずれ詳しくかきたい)
一週間のスケジュールががどうなるか不安でいっぱいです。




今日は本のカバーについて。



先日書店にて、


カバーつけますか?

あ、お願いします。


というよくあるやりとりをして付けられたカバーがこれでした。






cov1.jpg




全然カバーになっとらんやん!!




あの人何読んでるのだろう…
って詮索されないためのカバーじゃん!


むしろばりばりの主張っぷりじゃないの!!
三国志大好き。
レッドクリフ見てからはまっちゃってさエヘ☆

みたいになっとるやん!





普通こーいうのとか

cov2.jpg





こーゆうのでしょうが!

cov3.jpg





って思いました。


書店にとってはカバーって結構大事な顔であり、デザインの見せ所だと思います。
あ、あのカバーかわいいね
なんて思われればそれだけで書店に対して良いイメージがつくのに
そのスペースを他社の広告として利用しちゃうのはどーなんだろう。
それだけ経済的に辛いのかとも思ったり。


カバーを利用する目的として
1.保護目的
2.人目にさらされない

ってのが考えられて、私はほとんど△里燭瓩縫バーを利用するのですが皆さんはどうでしょう。

人目にさらされないためにつけたカバーに人目につく情報が載っているのは本末転倒な気がします。


広告について興味がある一方で
なんでもかんでも広告のスペースとして利用するのはよくないなと思ったりもします。

でもそれ以上に餃子を食べて歯磨きしないで寝るのは良く無いなと
ものすごい今思ってます。くさい

ではまた

投稿者:karami : 2009年04月17日 07:52

トラックバック


コメント: お口にカバー

コメントしてください




保存しますか?