竹ちゃんのハラハラ潜入レポート -東京造形大学-

高橋さんもお待ちかねの東京造形大学編です。



前回までのあらすじ

多摩美のオープンキャンパスにやってきた竹林とおきなまろ。
しかし、米山さんに案内してもらっているうちに広報入学センターのメンバーに置いてけぼりにされてしまう。
後を追うべく、米山さんと3人で東京造形大学に向かうのであった・・・。





おきなまろ「どうやって行きます?」


米山「車かなぁ。直線距離では2劼曚匹覆鵑世韻匹諭」


おきなまろ「じゃあ、歩いても行けm」


米・竹「いや、無理だから!



ということで、ちょうどやってきたタクシーを捕まえて、やってまいりました!



090719 024.jpg



東京造形大学!



竹林とおきなまろさんは初上陸。
黄色いオープンキャンパスTシャツを着た高橋さんが出迎えてくれました。
なにはともあれまずは・・・



090719 025.jpg
東京3美大ブロガー揃い踏み!
(左から東京造形大学・高橋さん、ムサビ・竹林、多摩美術大学・米山さん)



受付で広報入学センターメンバーと合流。
そこにわざわざ諏訪学長が挨拶にいらしてくださいました。
噂には聞いていたけど、実際にお会いしてみると想像以上にお若い。
親近感が違いますね。
きっと学生さんに大人気なんだろうなぁ。
さて課長!まずは学食でお昼を食b


課長「え?ああ、おれたちもう食べたから



・・・待っててくれたわけじゃないのね。
高橋さんに案内してもらう広報入学センターメンバーと別れて、3人で昼食。
その後、キャンパス内をうろうろ見て回る。



090719 026.jpg
謎のパレードに紛れ込むアフロ。
アニメーション専攻の学生さんだそうです。



090719 029.jpg
猫と戯れようとして逃げられるアフロ



絵画と彫刻のアトリエを見てからデザイン系の棟へ。
テキスタイルのところで再び高橋さんと合流。
あれ?うちの広報入学センターメンバーは?


高橋「あっ、今帰ったよ!



・・・連絡くらいくれたっていいのに。
高橋さんの案内で見どころを回る。
入試の気になってた点も確認できたし、美大職員で一番のイケメン・M沢さんにもお会いできました。
しかし、高橋さんといい、M沢さんといい、東京造形の職員さんはイケメン揃い。
まさか職員版花ざかりの君たちへをやろうとしてるのかな?
ムサビも広報入学センターに花のある人材が必要だ。
竹林はいかんせんアフロとグラサン外すと地味だし・・・。
高橋さんに見送られて3人でまたタクシーへ。
相原駅で米山さんと別れてオープンキャンパスはしごツアー終了。



初めて行った東京造形大学の感想。
キャンパスは森の中の秘密の美術館のような雰囲気。
ムサビとも多摩美とも違った空間でした。
森に守られ、さらに建物に守られているようで、落ち着きます。
学生数がムサビや多摩美の半分くらいということで、キャンパスはコンパクトですが、教職員と学生さんとの距離が近い印象を受けました。
作品では彫刻と映像がレベルが高い。
少人数に対してきめ細やかな指導が行われているように感じました。
なにより、話を聞いた学生さんがみんな大学を楽しんでいる様子が伝わってきたのが印象深かったです。
素直にいい大学だなーと思いました。
ムサビ、多摩美、東京造形、それぞれにそれぞれの良さがあることを再認識したオープンキャンパス巡りでしたね。
個人的には自分が1度担当者としてオープンキャンパスに関わってから初めてお客さんの立場で伺ったわけですが、昨年よりいろんなことがわかった気がします。
来年のオープンキャンパスに生かせるようにメモしとかなくちゃ。



米山さん、高橋さん、お忙しい中、時間を割いていただきありがとうございました!
多摩美&東京造形のスタッフのみなさん、あんな格好にも関わらず暖かく迎えてくださり、ありがとうございました。
来年もたぶんあの格好ですけど・・・。 ←懲りない男


投稿者:take : 2009年07月21日 01:27

トラックバック


コメント: 竹ちゃんのハラハラ潜入レポート -東京造形大学-

竹林さんのレポートは室長の誰かさんのとは違って、安心して読むことができます(笑
アフロで造形大のオープンキャンパスに花を添えていただいて有難うございました。

投稿者 造形大の高橋 : 2009年07月21日 23:27

お忙しいところ、変な格好でお邪魔したにも関わらずご案内いただきありがとうございました。

>アフロで造形大のオープンキャンパスに花を添えていただいて有難うございました。

花になってたのかな・・・?w

投稿者 竹林 : 2009年07月23日 01:35

コメントしてください




保存しますか?