カテゴリー:試験

靴下

地元住民の目撃証言によると、石田純一氏は靴下を履いて走っていたそうです。当たり前か。

マイケル(仏読みだとミッシェル?)☆グレート氏の呪いをはじき返し、無事に英語兇了邯海蝋膤覆靴泙靴拭ほほほほほ。
米国俗語に疎くたって、教科書は英語だもんね。

とは言っても、4年生になってから取得した単位が、まだこの2単位だけというのが情けない。
今年の残りは、専門科目8単位が目標。カンパーレ、自分。

at 20:22 | Category : 試験 | Comments (2) | Trackbacks (0)

語学

昨日の試験は、5時間目の英語兇里漾

試験そのものは普通に、和訳や空欄補充、下線部や全文の内容を問うスタンダードな問題形式でした。
ので、普通に教科書を自分で全訳していれば、試験対策は十分だと思います・・・が。

回答書き終えたら、ちょうど30分経っていたので、そのまま帰りました。

ホントに2時間弱の鹿児島滞在。
お土産買う暇もなかったです。

at 20:52 | Category : 試験 | Comments (2) | Trackbacks (0)

浅漬け

3日漬けの予定が、風邪で一日半漬けに(泣)。そのうち半日は、布団の中。
脳みその中に、英語兇離謄ストを浅漬けしてみました。

あと少ししたら、鹿児島に向けて出発っす。

予定では、鹿児島市滞在時間は2時間(試験時間、市内電車での移動時間及び電車待ち時間)。
それに対して、家からの移動時間は往復で6時間。

・・・空しい。
篤姫ブームなのにぃ、3連休なのにぃ。

at 09:57 | Category : 試験 | Comments (2) | Trackbacks (0)

試験

たったひとつ、しかも一時限目にある試験のために、朝4時半に起きて相方にM崎駅まで車で送ってもらい、片道2500円の遅〜い特急に2時間15分ほど揺られて、鹿児島まで行ってきました。
電車の中で半分くらい寝てたけど、やっぱり中途半端に眠い。しかも朝ご飯を食べたのが、試験開始30分前。試験中、微妙に頭の中に靄がかかってました。なんか文章がまとまらないぞー。でも、まぁ用紙一枚ほぼ埋めたから許して。内容的には外れたことは書いてないけど、いまいち論的な展開が変だなぁ・・・。てな感じでした。

試験会場に滞在したのは1時間強。
その後市内電車に乗って、鹿児島の繁華街・天文館通りをうろうろするも、あまりに店のある路地が細かくて途中で断念。でも自分のお気に入りブランドの店だけはチェック! そして予算オーバーの買い物を、ごほごほ。鹿児島中央駅にできたアミュプラザにも初めて足を踏み入れたけど、こっちはまぁ・・・。電車の待ち時間に使えるぐらいかな。

そして再び、特急に乗って(3両編成で、あやうく座れないところだった)、一回乗り換えて帰宅。その後地元で初めて開催する、町おこしの火祭りを見に行った。5000千本の松明はきれいでした。こういう手作り的イベントには頑張ってもらいたい。

鹿児島の試験会場、改装されて、会議室が1階でなく3階に変わってます。誰も何も言わないから、ムサビ通信も試験の葉書も1階のままになってるけど。

民芸論の試験は、選択式の記述。6個の中から1つ選べだけど、そのうちの2つは、なんだか単位救済策のような温情を感じる問題だった。けど、それ以外は教科書以外の民芸論や、柳の本を読んでないと書けないようなレベル。どちらを選ぶかはあなた次第。

at 21:09 | Category : 試験 | Comments (0) | Trackbacks (0)

平均点

夜、通信のHPにログインしたら、お花が二つ咲いてました。
単位取得のお知らせの、パンパカパーン的なお花マーク。花マルみたいなもんかな。
意外なところで、芸が細かかったのね。今まで気づいてあげられなくて、ごめんなさい。

お花が咲いていたのは、この前の試験を受けた「演劇空間論」。
もう一つは5月にスクーリングを受けた後に、ようやく実技課題が出せた「絵画表現機廖
これで6単位ゲットだ!

試験受けた時の感触として、「完璧に書けたわけじゃないけど、メチャクチャはずしたことも書いてないなぁ」だったので、普通に平均的な点数でした。

4年制通信が始まった最初の1.2年くらいは、確かレポートと試験の点数の平均点で成績が決まっていた記憶があるのですが、途中から変更になって今の方式に。
今だと試験一発勝負的な感じで、「だったら、あの頑張ったレポートは一体何なの? レポート評価に意味はないのか?」と思わないことはないです。通信だから、それが自己学習ではあるけれど・・・。
試験一本で成績決めた方が、公平性が保たれるというのも分かりますが、もう少しレポートでの努力も鑑みてほしいなぁとは正直思う時もあります。
評価Cは鑑みて欲しくないですけど(苦笑)。

そういえば以前にネットを見ていて、自分の卒業論文をネットオークションに出してる現役大学生がいてぶっ飛んだことがあります。取引が成立したかどうかは知らないですが、「何でも金にできると思うなよ〜」と叫びそうになりました。買う方も問題だか、売る方も売る方だよ〜。

こんな世の中じゃあ、レポートの正当性が揺らいでも仕方ないのかも、かも。

at 13:35 | Category : 試験 | Comments (0) | Trackbacks (0)

鉄ちゃん

昨日は、鹿児島で科目試験でした。

朝7時台の特急で出発!
M崎駅で乗り換えだったのですが、これから乗る「特急きりしま」君にカメラを向ける若者s。
そして向かいのホームに「ソニックにちりん」がピッカピカーの車両を滑り込ませると、今度はそちらにダッシュ、デジカメで撮る撮る。
出発してからは、動くきりしまの車内風景をビデオで撮影。
噂には聞いていたけど、鉄ちゃんが増えてるという話はホントだったのね。
朝からディープな世界を垣間見てしまいました。

会場に着いたら、試験に使う会議室の場所が移動になっていて、一瞬?
1Fから3Fに変わったそうです、第3会議室は。
窓口のおばちゃんが親切に教えてくれました。

試験は3つ。
試験開始から30分経つと退席できますが、最後の試験はいろんな意味で25分で終わってしまいました。
一本早い特急に乗れたのは助かったけど・・・。

どんな試験内容だったかは、夏スクの時に周りの人に訊くのがベター。
私もこっそり教えますよ。ここじゃあ、マズイだろうけど(笑)。

at 08:13 | Category : 試験 | Comments (0) | Trackbacks (0)

試験勉強

7月の試験も申し込んだことだし、試験勉強しないとヤバイよね〜
と思いながら「ムサビ日記」を読み出したら止められず・・・。いかん、いかん。
しばらく「ムサビ日記」は封印です。

通信の科目試験ってどんなもの?と訊かれますが、テストそのものは普通です。
設問が1つか2つあって何々について論述せよ、のタイプがほとんど。
科目によっては、問題がいっぱい出ていて、それについて知ってるだけ答える、あるいは問題を解くというのもありました。

もっと具体的に書け? いやぁ、ここではちょっとマズイかと思いますので・・・。

私が受けたことあるのは
「西洋美術史機廖嵜学」「音楽論」「デザイン史」「映像文化論」「美術解剖学」。
なので、これを上記2タイプに想像してふりわけてみてください(笑)。
なんとなく予想はつくんじゃないですか?

勉強の仕方は人それぞれですけど、私の場合はひたすら教科書を読みます。何回も。
自分でノート作った科目は、ノートを何度も読み返す。
それだけです。
あと某科目は、教科書に載っている写真とそのデータを頭にたたき込んでおいた方がいいです。これは重要ポイント。

どの試験についても言えることは
知ってること(覚えていること)は、とにかく書く! 書けることは全部書いてしまう。
完璧に書けなくても、少しでもあっている部分があれば点数に反映される。
ような気がします。今までの試験では。

あとは情報ネットワークが大切です(笑)。ほんと、ホント。
夏スクでメール友達をいっぱい作っておくと、誰かからテストの具体的な情報は流れてきます。
特に範囲の広い科目は、事前の情報が重要です。

通信だって、友達の輪が大切ですよ。いろんな意味で。


at 09:17 | Category : 試験 | Comments (3) | Trackbacks (0)

試験の申し込み

突然のプリンタの反乱に慌てていたら、試験の申し込みを忘れるところでした。
評価ぼろくそだった英語1の試験です。来年1月。

今回は5時間目。帰りが遅くなるから、ちょっと大儀な時間帯ではあります。でも1時間目を受けるよりは良いかも。
試験の1時間目は朝9:30から。「べつに、そんな早くないじゃん」と思うでしょうが、それは交通機関の発達した都会人の発想。
地方はそんなに甘くないです。どんな僻地に住んでるんですかと思うかもしれませんが、これがれっきとした県庁所在地。県庁所在地から隣県の県庁所在地に行くだけの話なのに、朝9:30までにたどり着こうと思っても、始発の特急に連絡する在来線はなく、高速バスも間に合わず。
つまり一時間目の試験を受けようと思ったら、前泊しなきゃいけないわけです。たった一時間の試験を受けるためだけに、宿泊代を払うのか? 払いたくないですよね、できることなら。

で、どうしているかと言うと、作戦は簡単。
1.1時間目に試験のある科目は、とにかく履修しない。
2.速攻でレポート書いて、夏のスクーリング中に鷹の台で試験を受ける。
3.早朝、車で高速をぶっ飛ばす。
4.財力でなんとかする。つまり前泊。

履修登録の時、1は必ず考えます。
でも避けては通れない時もあるので、登録した場合はまず2を目指します。しかしスクーリングしながらの試験勉強は辛いです。疲れて帰ってからは勉強できなかった私は、毎朝5時に起きてスクーリング行く前に勉強してました。東京の日の出は早くていいですね〜(涙)
試験が一時間目にダブる履修だってあります。その時は一科目は鷹の台、もう一つは地方試験を狙います。というと、結局3か4しか手段は残らないわけで・・・。どちらも体験しました。
一時間目から3科目試験があった時は、一か月前から連れを拝み倒し、当日は朝5時に家を出発。一般道と高速乗り継いで3時間ちょいで到着。で私が試験受けてる間、むこうは市内観光。帰りは二人とも疲れ果て、県境のコンビニの駐車場でしばらく寝てました。
4は確かに楽ですが、お財布は痛いし、試験の前日だからそう遊べるわけでもないので、つまんない話でした。

ところでこの一月の試験の日って、世間をお騒がせしている出直し知事選挙の投票予定日でなかったっけ?
今回は県外の方が(ある特定候補予定者の)情報をよく知っていて、現住民であるはずの私の方が「はぁ???」てなことが多かったり。私自身ネィティブでないので、根深〜い政治勢力情勢はよく分からないのです。しかし年明けから五月蠅くなるのも、試験勉強の邪魔だよなぁ。

投票は当然行きますとも、不在者投票。
権利は行使してこそ意味がある。でも、そこに義務が生じるのも必然。

at 10:42 | Category : 試験 | Comments (2) | Trackbacks (0)