2012年01月のアーカイブ

Search



TOPページへ

全エントリーの一覧へ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 3.21-ja

template by tokyobuddha

ムサビコム

QLOOKアクセス解析

写真の授業の話

こんにちわ!
お外から雪かきの音が聞こえます。
受験生の皆さんは風邪に気をつけてくださいね!


と、いうことで今日もまた授業のお話。今日は写真の授業についてです。
追記から!


さて、写真の授業のお話です。

写真の授業はまず、カメラの仕組みがどうなっているのか、の説明から始まりました。
まるで小学校の理科みたい?(^^;)
でも知っておいて良かったなぁと思えることがいっぱいでした。

写真といえば、ピントのあわせかたなんかも勿論重要ですが
露光・シャッター速度・ISO感度なども重要だということ、それを学べる内容でした。

うーん、この辺のことについての解説は検索して調べてもらったほうがきっと分かりやすい解説があるでしょうね…。

技術的なところでは他に、
デジタル写真は、フォトショップを使った加工・合成の技術、デジタルアルバム化の仕方
アナログ写真は、ピンホールカメラ、フィルムカメラの使い方、フィルム現像の技術
を教わりました。

しかし技術については、気を配らねばならない面はありますが、基本的には難しくありません。
(1枚も写真をとれなかった人というのは居ませんしね。)
問題は「良い写真とは何か?」ということです。

そんなものは、本当によくわからないのですけれどね。
良い写真ってなに?
ブレてない写真?
珍しいものが写ってる写真?
良いものが写れば良い写真?
その点は本当に迷いました。

実際、提出する写真を選ぶのですが
そのときは、勘でしたね。
なんとなくこっちの方がいい。理由をつけられるときもありましたが、やっぱり「どうして?」と聞かれたら「なんとなく良かった」というのが一番な気がします。

じゃあどこで努力すればいいのかというと
とにかく撮る。
というのが最大の努力ポイントで、次点で、よく選ぶというのがありました。

とにかく枚数を撮らなければ選べない。
本当にこれは痛感しました。
私は正直、あまり撮れなかった方でした。
それでも、これが私の撮った写真なの?と思うくらい、面白いなぁと感じる写真はちらほらありました。

写真には上手い下手もそれなりにあると思うのですが
やっぱり、どれだけ瞬間を捕まえられたか、が一番大きな鍵になるので
常にカメラをもって、何でも感じるままに撮ってみる。体を使う。それが重要なんだと分かりました。

やっぱり、面白いな、という写真が見つかるととても嬉しいです。
だから、面白い写真が撮れるまでいっぱい撮ってみよう、という気持ちにもつながります。
やってみたらやってみた分発見があるという、写真の世界に大きく興味をもった授業でした(*^^*)


と、いうことで、また今回も全然まとまってない…(--;)ですが
ここらで失礼いたします!

次はアニメーションの授業についてです!ではでは〜

at 11:31 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)

ビデオの授業の話

わあ、もったいぶっておいて更新があいてしまいました。(--;)

今日は1年生の映像基礎の、ビデオの授業のことをお話したいと思います。(^^*)
長いので追記に書きますね。

さて、みなさんが映像を作るといって真っ先に思い浮かぶツールといえばビデオカメラですよね。
そのビデオカメラを使って撮影をすることを中心とした授業がビデオの授業です。
(まあそのまんまですけれども…^^;)

ムサビにあるビデオカメラを借りてビデオ撮影をするわけですが・・・
授業ではまず一番最初に、ビデオカメラと三脚の使い方、仕舞い方などから教わります。
入学当初、私も含めほとんどの人が、ハンディタイプじゃないビデオカメラと、三脚を使うのは初めてです(@@;)
でもそんな初心者ながらも、早速3人〜4人班で撮影をして、編集をして、自己紹介ビデオを作るというのを最初の一週間でやります。


この自己紹介ビデオを作るというのは毎年やっていることらしくて
映像科の先輩方に聞く限りみなさんとおってきた道らしいですが
簡単なようにみせかけて「いやあ映像ってこんなに大変なんだなぁ・・・」と思い知らされる課題でした。
と、いうのも、文字や言葉を使ってはいけないという制限つきの課題なのです。
”映像で伝える”ということの難しさを体感するために毎年これをやるようです。

もちろん映像の尺も決められているので
この短い尺の中でどうやって自分を伝えればいいのか・・・というのは悩みました。

まず、自分のどこを伝えるかを選ぶ時点でも迷いました。
そこからすでに制作は始まっているんですよね。
伝えることをどれだけ絞れるか、そして映像化しやすいことを選べるかっていうのは大きいです。
映像だからこそ伝えられるんだな、っていうことを選べるととっても気持ちいいのですが
これは映像じゃないほうがむしろ分かりやすいよね、っていう出来になってしまう例も多々でした。

特に、目に見えないものを伝えるっていうことは大変です。
例をあげると、「時間」や「思考」ですね。
時計の文字盤や、「もう○時だ」など、言葉を用いずに、”時間が経過した”と分からせるのは予想以上に難しいことです。
特に登場人物が何を考えているのかなんて、言葉を使わないで伝えるのは至難のことでした。
たとえば、登場人物が最初あることで悩んでいて、それが解決して終わる、という内容にしたい時も、まず「悩んでいる」と伝えるのすら難しいです。

正の感情or負の感情くらいまでは見てとれるのですが
たとえば登場人物がため息をついていたとしても、それは「何かがあった結果落ち込んでいる」「イライラしている」など、色々に解釈できてしまうのですよね。
なので、その後喜んでいる姿の映像が続いても「何かに喜んでいるらしい」とはわかっても、それが「問題解決の喜び」とまでは分からなかったり。


ついつい作り手は、自分の思い込みで作ってしまうのですよね。
これはこういう設定だからこうなる、というのが、相手にもわかってるはずだと思い込んでしまって
結果全然伝わってないという事態になるのです。

「よくわからないなりに面白い映像」があっても勿論良いですが
自分がこれから表現していこうという時に、伝えたいときにきちんと伝えられるという能力がなければ表現者としては失格なわけです。
なので、このビデオの授業の期間中、「どうやったら意図したとおり相手に伝えられるのか」をひたすら考えました。

実際出来たものはかなり拙い作品だったと自覚してます。
しかし、この授業は「見る人のことを考える」こと、それは実際にどういうポイントがあるのか、ということを学ぶことこそが重要だったのだと思っています。

えーっと、なんだかうまくまとめられないですね(^^;)
ではビデオの授業についてはこのへんで
次は写真の授業についてお話いたします!

それでは!

at 18:14 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)

一年生おわり!

わーレポート出してきたのでこれにて一年生の全ての課程が終了です。
あらためてほっとしましたね本当に。

さて、別のところですが、大学生は自分の学んでる分野についてもっと語ればいいのにーという話をうけたので
実際にどんなことを授業で学んだかを書いてみたいと思います。
今まで結構、勉強していることの具体的なところについてはあいまいにしていましたが
「今なんの授業をとっているか」ということをダイレクトに言い過ぎると学内生から簡単に特定できてしまうので…(うすうす感づいている方もいるのかもしれませんけどね)
もう今年の授業は全て終わったので、振り返ってお話する分には大丈夫ですし、
自分のための記録も含めて書いてみたいと思います。


と、いうことで、映像学科1年生の必修の専門授業。「映像基礎」の授業について、何回かに分けてお話していきたいなぁと思ってます(^^*)

まず、ある程度映像学科という学科自体について説明しないと状況が飲み込めないこともあるかと思いますので…
映像学科の授業構成についてなど軽くお話します。
映像学科は4クラス構成をとっております。1クラスは20人から22人くらい…ですかね。
他の大学に比べて随分少人数クラスになっております。と、いうのもやはり、実技の授業ですからねー。
大きな講堂で座って聞くというのは1年生の専門の授業では1科目しかありませんでした。(自由選択の文化科目などでは勿論よくありますよ!)

そんな少人数クラスで行う実技の授業…それが映像基礎で、ビデオ、写真、アニメーション、フォトショップやイラストレーターといったソフトの演習があります。(それぞれ機↓供↓掘↓犬箸錣韻蕕譴討い泙)

と、いったところで今日は一回切りましょうかねっ。
明日から順番にお話していきたいと思いますー。
それでは!

at 16:59 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)

試験終了と試験開始

テスト終わりました〜〜。
あとは私はレポート1つ残すのみです。明日あさってで片付けたらついに終わりです!

そして私たちの試験が終わってからは受験生の皆さんの試験開始ですねぇ。
いやはや…私が受験生だったころのこの時期は…なんか妙に長く感じていた気もしますね。

「あと1ヶ月ちょっとあとには結果がわかって嘆いてるか喜んでいるかしているんだなぁ」
と思って、もう早くその時にタイムスリップしてしまいたいと思っていました。

一般大学は同じ学科につき試験が何回かあることはありますが
ムサビは、学科はセンターと一般のA/B試験でそれなりに受けなおしもできるわけですが
実技については、ほんっとのほんっとに一発勝負ですからね…。
こんな数時間のためにずっと勉強してきたんだなと思うと感慨深いというか、軽い絶望みたいなものがありました。

私はいまだに、こんなにすごいところにいるのに、自分はまだ何もできてないし全然ダメだなぁと思う日もありますが(=時には自意識過剰な日もありますが^^;)
でも今までやってきたことっていうのが結びつくのは確実だと思います。

当日ちょっと浮かれた気持ちで受験する人も、
私みたいに昼食と帰りの電車で大泣きして受験する人も
結局全部いっしょくたになって入ってきますので(苦笑)
ほんとにマイペースに受験できたら、一番いいのではないですかねー。


ちなみに私のまわりに1人、大学に入ったけどやめてしまった子(ムサビ生ではないです)がいます。
その子は第一志望に落ちちゃって、第二志望の大学に入ったわけなんですけど、
やっぱり授業のレベルが低くて全然やる気にもならなくて、こんなので大学いてもしょうがないってやめちゃったんですよ。
それで今は浪人生やってます。
その子が浪人で受けるところは、なんと第一志望よりかなりレベルの高い大学です…。
でも、やっぱり自分で誇れる大学に入れるってすごく幸せなんだろうなと思って、それで今は頑張ってるみたいです。

それを決断するには、私からの影響も多少あったみたいで…。
結構受験についてめそめそして精神的にまいってたりしてたのですが
それでも結局受かって、大学生活もめいっぱい楽しんでいるので、
それを見て少し羨ましいと思っていたようです。

こんな風にめいっぱい色んなことを勉強させてくれる大学ってなかなか無いのだろうと思います。
是非ムサビを受験したい、特にムサビに入りたいんだという方は、最後まであきらめずに、絶対自分が受かるという気持ちを持ち続けて頂きたいです。


と、いうことで、エールになったのかどうかはわかりませんが…っ
ムサビは本当に楽しいのでぜひぜひ受験頑張ってくださいね!!

at 18:19 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)

ほっとしすぎて

久々に12時間睡眠をしました(^^;)

昔はそれなりに10時間とか11時間睡眠はやってたので
まあたまにだったらセーフかなとは思いますが、時計を見た瞬間やっぱりビックリしますね(笑)

課題があらかた終わって、昨日はバイトがあったんですけど、それもこなして今日は特にテストも課題提出もない日なので安心しちゃいまして。

私は明日1科目だけテストがあって、
そのあと来週月曜日〆切のレポートを出したらついに晴れてお休みです。

すでにいくつか予定も入ってて、バイトもやっぱり増やすつもりですが
それでも多少時間の空く時期に入ってくるのでいっぱい制作をやりたいです。(*^^*)

あとは映画も見に行きたいですね!
予告編を見てみたいなぁと思ってた映画がいくつかあるので。
あと歌舞伎を見に行きたいなーとか…。新春歌舞伎もまた面白そうなのですよね〜。
美術展もしばらくいってないから行きたいなぁ。

とかいうこと考えてたら毎日隙間がないですね!
大体いつもどおりです。
あ、あとゲームもやりたいなぁ!

あとちょっと、テストとレポート頑張ってきます!(>_<)

at 13:27 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)

あけてました

あけましておめでとうございました(T_T)

更新がとまっておりましたが…
新年早々、既に一日9時間×6日間バイトしました。(9時間というのは休憩も込みですが…。)
それについてはもう色々と思い返したくないです!!(笑)
やっぱり立ち仕事は辛いですね…。

そして明日はレポート提出です。
私はあとひとつレポート残してます。大分あせるべき時間です(^^;)

でもなんとかなりそうではあるので…頑張ってきます!(>_<)

at 21:46 | Category : 日記 | Comments (0) | Trackbacks (0)