Search



TOPページへ

全エントリーの一覧へ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 3.21-ja

template by tokyobuddha

ムサビコム

QLOOKアクセス解析

一年生おわり!

わーレポート出してきたのでこれにて一年生の全ての課程が終了です。
あらためてほっとしましたね本当に。

さて、別のところですが、大学生は自分の学んでる分野についてもっと語ればいいのにーという話をうけたので
実際にどんなことを授業で学んだかを書いてみたいと思います。
今まで結構、勉強していることの具体的なところについてはあいまいにしていましたが
「今なんの授業をとっているか」ということをダイレクトに言い過ぎると学内生から簡単に特定できてしまうので…(うすうす感づいている方もいるのかもしれませんけどね)
もう今年の授業は全て終わったので、振り返ってお話する分には大丈夫ですし、
自分のための記録も含めて書いてみたいと思います。


と、いうことで、映像学科1年生の必修の専門授業。「映像基礎」の授業について、何回かに分けてお話していきたいなぁと思ってます(^^*)

まず、ある程度映像学科という学科自体について説明しないと状況が飲み込めないこともあるかと思いますので…
映像学科の授業構成についてなど軽くお話します。
映像学科は4クラス構成をとっております。1クラスは20人から22人くらい…ですかね。
他の大学に比べて随分少人数クラスになっております。と、いうのもやはり、実技の授業ですからねー。
大きな講堂で座って聞くというのは1年生の専門の授業では1科目しかありませんでした。(自由選択の文化科目などでは勿論よくありますよ!)

そんな少人数クラスで行う実技の授業…それが映像基礎で、ビデオ、写真、アニメーション、フォトショップやイラストレーターといったソフトの演習があります。(それぞれ機↓供↓掘↓犬箸錣韻蕕譴討い泙)

と、いったところで今日は一回切りましょうかねっ。
明日から順番にお話していきたいと思いますー。
それでは!

投稿者:asana : 2012年01月17日 16:59

トラックバック


コメント: 一年生おわり!

コメントしてください




保存しますか?