タヌキネコの大航海の巻

きゅっきゅぽんが知らないうちに世の中はしりとりブログなるもんが
展開されていたのか!! いかん 波にのりそこねたっ


きゅっきゅぽんは前回の続き 長崎の様子を書こうと思ったのだが
なんだかタイムラグがあいてしまい 今はイマイチ気持ちが入りこめずに
保留にしている  もう少ししたらまとめよう


きゅっきゅぽんは 今 タヌキネコである

視覚的にである  目が腫れ上がっているからである


心配されてしまう表現だが きゅっきゅぽんは今自分が分からなくなっている


きっとこれは若いモンなら必ずぶちあたる壁なのだろうが
その壁が いまきゅっきゅぽんの前にズドオンと立ちふさがって
その壁を見上げて 助けのヒモかなんかがたれてくるのをまっている
なんとも なさけないタヌキネコなのである


きゅっきゅぽんはオーケストラに所属していて
今年はコンミスという責任重大な役についているが その責任の重さに
きゅっきゅぽんはたえきれず 忙しさを理由に 逃げだしたのである


もうどうにかなってくれという 気持ちが あった


集団がこわれつつあると 先輩や仲間から言われる


一緒に頑張るべき同志の団長の悲痛な叫びを目の当たりにするまで
ほんとうにタヌキネコのようなホソーイ目で 見ないようにしていたのである

自覚を問われても 何も言えないのだ


きゅっきゅぽんは身勝手なので 自分のことばかりで
精一杯であった


「集団をどういう方向に持って行こう」だとか
「こういう音楽をつくりたい」だとか


そんな 大きなものは サーーッパリ頭にはナイ

その日その日をなんとか のりきることだけが目標だった
本当に それだけで精一杯だった 


言うなれば 目的地を定めずに 溺れないようにだけ
必死でこいでいる船のように


目的地にたどり着きたいと考えている船員をほったらかして
タヌキネコ船長は どうにかなるだろうと 舵もとらずにいる


だがこの船長は 舵をとらないくせに
一生懸命 海の勉強はしているのだ  それで船が進まないだろうかと
幻想を抱いているのである


だが それでは イカンのだよと 言われて
船長は 舵を握ってみるが 舵の取り方がわからない

仲間から 「落ち込まないで 頑張ろう」

と言われても

不安でしかたがない
足がふるえる
  

仲間をおいて さっさと自室にこもり絵でも描いていたいと思うのだった


ウム 実にこのタヌキネコ表現は我ながら的確である


この日記を書いてきゅっきゅぽん自身がわからなかった心の様子が
見えてきて ひとつまみの霧が晴れたようである

ということで きゅっきゅぽんは現在自分の身勝手さにもがき苦しむ
リアルタヌキネコで 目が まじでアカーンのである


あまり 相談はしない
人前で泣いたり弱みをさらけ出すことがいやなのだ

もし本当に猫ならば 気安くハラを出してなで回させることはしないだろう


だから 日記に 書くこともきゅっきゅぽんにとっては
ちょっとした勇気


たまには シビアなきゅっきゅぽん日記があっても
いいんではないか


その方が 後で読み返した時にネタになりそうだなんて
考えるきゅっきゅぽんは かなりたくましく
たまだまだ健全で鬱などとはほど遠いので
ご安心を!!


なやんでやってみて 答えがでたらまた日記に書こう

そうして また 元気な日記をお届けしよう

投稿者:kkp : 2011年08月23日 01:16

トラックバック


コメント: タヌキネコの大航海の巻

等身大で、頑張れ!!
きっと、大丈夫(^^)

投稿者 視デ母 : 2011年08月23日 08:34

仕方ない。
かわいい後輩が元気出るようにしりとりキーワード出してあげますよ。

「嘉門達夫」で。

投稿者 手羽 : 2011年08月23日 09:25

決してみんなが「そんなふうに」きゅっきゅぽんさんのこと見たり思ったりしてるわけじゃないですよ。
自分を責めては駄目です。
言うだけだったら誰でも出来るわい、ぐらいに思っていてもいい!・・・のになと思っている人もここにいますからね。

正論が正義ではないはず。
負けないで・・・!

投稿者 井端有子 : 2011年08月23日 10:48

きゅっきゅちゃん、だいじょうぶかな?
さださんが石川遼クンのために作った曲を送ります。
時期的に今回の大震災とかさなり、全ての人への応援歌となりました。

♪強い夢は叶う
さださんの曲は時折心に染みます。この歌もそんな歌です。
走り続けることはできないもの。ちょっとひとこまお休みして、やりすごしましょう。。

投稿者 ジャスミン : 2011年08月23日 13:06

コンミスなんだから、「苦しい時は私の背中を見て」って、ドーンとしていればよろしい。なるようにしかならないよ。

投稿者 おこぜ : 2011年08月23日 20:07

きゅっきゅさま、こんばんは。

凪いでいるばかりでは船は進まないさ。

最後の一行に希望があるよ。

ゆっくりでいいんだよ。

投稿者 yukihaha : 2011年08月23日 21:05

まるで。
昔の自分を見ているようでした。

たぶん10年以上前に。
私は、大学でオーケストラ部に所属していました。
パーカッション。

ティンパニとかならいいけど、
トライアングルだけで1曲なんてイヤだった。

だから、逃げました。
同じように。

バイトが忙しいせいにして。
バイトしたり友達と遊んだり。

きゅっきゅさんのような責任を背負ってたわけじゃないけど。
交代要員なんていなかったから、きっと団員たちは
必死で私の代わりを探していました。
それを見ないフリしていました。

結果、逃げ切れたんですが。
もう二度と戻れない場所になってしまいました。

10年経って、今更罪悪感と後悔ばっかり感じてます。
当時の団員とは誰とも連絡を取っていません。

オケ、好きだったんだけどな。

だから。
こんな三十路にならないように、ね。


投稿者 隠れファン : 2011年08月24日 10:58

>視デ母さん

ありがとうございました

きっと大丈夫、という気持ちに少しなってきています
ありがとうございました!

>手羽さん

嬉しいです

見ました
アホが見るブタのケツがこんなに心に沁みたことは
初めてでした…


投稿者 きゅっきゅぽん : 2011年08月26日 12:01

>井端有子さん

力強いことば、ありがとうございました!
嬉しかったです

元気もらいました!

>ジャスミンさん

さださん
すごいです

この曲きいたことがあります!
こんなときに心にひっかかってくるものなんですね

さださん
にくいです

>おこぜさん

なるようにしかならない!

ありがとうございます
嬉しいです 

>yukihahaさん

ありがとうございました

いつも応援してくださってそれも励みになります
ゆっくり頑張ります!

>隠れファン!さん

ああ

隠れファンさんのこの経験 気持ち、
今のきゅっきゅぽんのようです

隠れファンさんの中で色んな思いが巡ってたんですね

逃げたことにたいする後悔や当時のことを語る姿勢が
逆に人間的で魅力だとも思ってしまいました

コメント、ありがとうございました


___________________


みなさんのコメントにたくさん元気をもらいました
ありがとうございました

きゅっきゅぽんはとても嬉しくて感動しました


今日から合宿です

バスの出発時間に起き、早速やらかしたきゅっきゅぽんですが
元気に頑張る姿勢で、 運搬車で運んでもらっております

楽しい報告をしたいと思います

本当にありがとうございました

きゅっきゅぽん

投稿者 きゅっきゅぽん : 2011年08月26日 12:26

コメントしてください




保存しますか?