パッケージデザイン!

視デのパッケージデザインの展示がおもしろいと聞いたのでさっそく覗きにいってきました。


パッケージデザインとは文字どおり包装のデザインのこと。
包装と1口に言っても包み紙、箱類、ジュースの缶の印刷、デパートの紙袋などなどさまざまな種類があります。
また業種も食品、化粧品、薬品、雑貨、電化製品、バストイレタリーなどなど幅広い業種にわたります。
この展示は視デの3年生、4年生の履修科目パッケージデザイン兇硫歛蠅蛤酩覆世修Δ任后
展示会場はいつもの10号館310教室。


この授業、3つの課題が出されます。
まずは実際に世の中に流通している商品のうち、同じ購買層をターゲットとしている商品のパッケージを比較し、レポートにまとめる課題。


1016 008.jpg

これは糖質0の発泡酒のパッケージを比較したレポート。
こうして実際に存在しているパッケージデザインを比較することによって、パッケージデザインの現状、各メーカーがどのように他社製品と差別化を図っているのかを考察するということですね。
なるほど。


次の課題は「食品」、「和菓子」、「雑貨」、「ギフト」、「バス・トイレタリ-」の5グループに分かれ、新商品のコンセプトを2つずつ立案し、そのうち自分以外のグループが作った案に基づき、その商品のパッケージを制作するというもの。
他人が作ったコンセプトに基づき制作するところがミソですね。


1016 047.jpg


1016 046.jpg


1016 048.jpg


上の3つの画像は同じ和菓子のパッケージデザイン。
同じコンセプトをもとにしているんですが、人によってまったく違う作品が出てくるところがおもしろいですね。
コンセプト立案者のイメージに1番近かったのはどれなんでしょう?


1016 023.jpg


1016 034.jpg


こちらは入浴剤。
上のはおいしそうですね。
下のは子供が喜びそう。


最後の課題は1辺20mmの立方体48個から作れる形のパッケージの企画、制作。


1016 057.jpg


これはコンタクトレンズ。
カラフルで思わず手にとりたくなります。


1016 020.jpg


これはお香ですね。
和風っぽくないところが斬新です。


普段何気なく目にしているパッケージの奥深さがよくわかります。
また同じ商品でもパッケージによってだいぶ印象が変わるのもおもしろいところ。
パッケージの重要性が実感できます。


10月18日(土)15:00まで展示しているそうです。
未見の方はぜひ!

投稿者:take : 2008年10月17日 01:38

トラックバック


コメント: パッケージデザイン!

コメントしてください




保存しますか?