休日はこんなふう

ちょいイベント続き(&PCのご機嫌悪し)で合間をあけてしまいました。

比較的近い県立博物館で生き物百科という展示があり、
そういう場所が三度のメシより好き(生ビールと同等か?)なDはもちろん家族総出で行ってきました。

交通事故に遭う動物1はタヌキ!という土地柄ですので
個性豊かなさまざまなタヌキ(剥製)が展示されていました。
以前きゅきゅさんも遭われたかというアナグマも。


タヌキはイヌ科、アナグマはイタチ科なんですが確かに個別にはよく似てるものもあるという両者でした。

イタチとテン(こちらは大きさが違う)もやたら多かった。

上記の動物たちは数自体が多いのでシチュエーションを設定して展示されてるんですね。
剥製をつくる職人さんたちの「ここが腕の見せ所!」という心意気のようなものも感じました。

でも

ノウサギを捕まえたクマタカは迫力あったなあ。
キャプションに「スケッチしてみよう」とあったけど感受性の鋭い子だったりするとちょっとムリかも、と思ってしまいました。ウサギの気持ちになっちゃうと。

でも全体的にはおもしろかったです。

ここまで書いて写真が一枚もないことに気付きました。
すみません。

ではうちのケモノ代表を

椅子の上.jpg

我が家でいちばん涼しいかもしれないダイニングの椅子の上。

注:この席はここのこのだ!Pがいない時はPの席にいる。

毛皮族の宿命か?ヤツも暑さにヤラれて溶けてることが多いなあ。

投稿者:koko : 2010年08月25日 15:48

トラックバック


コメント: 休日はこんなふう

もっちー久々の登場ですね。

で、
タヌキがイヌ科だったとは、意外です。
勉強になりましたぁ。

投稿者 ふらのパパ(北国通信特派員) : 2010年08月25日 17:48

ふらのパパ(北国通信特派員)さん

コメントありがとうございます。
富良野の辺りは涼しくなられたんでしょうか?

同じ穴のムジナといいますが学術的分類上は違うんですね。
でも夏場のタヌキはけっこうスリムなので、アナグマと見分けがむずかしいのもいるようです。

もっちーも涼を求めていろいろなところで寝転がってます。
でもネコ族の祖先は西アフリカの砂漠出身らしいので
わりと暑さには強いようです。イヌよりは。

で、もっちーがたまにフロアで伸びてる姿はツチノコによく似ています。
今度載せます。

投稿者 ここのこ : 2010年08月28日 23:38

コメントしてください




保存しますか?