またもや実習生きゅっきゅぽんがゆく!! の巻 完結編

博物館実習供, 5日をもって完了いたしました!!


「あの人に 伝えたいこと」

をテーマに きゅっきゅぽんら実習生が 作品を選び、
並べ、 そして架空の手紙とともに 展示のすべてをおこないました


大がかりな作業はスタッフさん方に手伝っていただいたものの、
そのほとんどを任せていただいたというかんじである

担当のTさんは 遠巻きに 我々3名が作業している様子を
ながめ、 たまに記録写真を撮り、

なんとなーく  配置が不安で

「これ、 こーんなかんじでいいかなあ・・・・・・・(Tさんをチラ見)」


とかなんとか言ってみても

「あ、そこで固定ですか? じゃ そこで」


となるのである!!


これぞほんとにすごい人なんやもしれん・・・・


という結論に至ったのであった


無事 展覧会ははじまり、 きゅっきゅぽんのすべての
実習が終わった


お世話になったみなさま、本当にありがとうございました!!

ということで、前回の実習日誌(というか絵日記)の続きで
その様子をご報告いたします

さて、 我々が選んだ作品は 油絵、日本画、書、立体作品

様々なジャンルなのだ


中には リトグラフもあり、 そのような作品は
ぺらぺらと一枚の紙であるので 慎重に 額におさめねばならない

haku01.jpg

じーっくりみて キッチリ真ん中になるよう 調整するのも
学芸員の仕事である

「ンー、ちょい、ほんのり右上ぎみにずらすような的なっぽい〜みたいな〜」の図


作品もそろい、位置も決定したのち
ワイヤーかけ作業

haku02.jpg


これがまった たいへんな作業

タイガー立石さんのデッカイ作品などは
横に7メイトルもあって全部で8つのパネルからなっている


これをぴたっとあうようにワイヤーを調整するのがものすごく大変なのである

やったあできたあ!! と思ったら ビミョーに全体が右上がりで
また最初からやりなおし・・・


誰もがそうだろうが ワイヤー!! と叫びたくなる

はしごを上ったり降りたり うしろに下がったりしゃがんだり


一日でせまい館内を8000歩ほど歩いていた

そして!!


2階の収蔵庫にある立体作品は なんと天井にとりつけられたクレーンで
つって1階でひろう

でっかいユーフォーキャッチャーのようである


haku03.jpg

スタッフさんもやってきてその様子を写真に撮ったり
ちょっとしたお祭りのようなかんじであった


展覧会開催日に夜は

「夜の美術館」というイベントが催される

夜、美術館を開放し、そこで年に何回か 様々な作家さんを取り上げ、
そのお話を聴きに お客さんがやってくる

(このお客さんとうのが いかにもアーティスティックなカッコウをした
方々が多いのも面白い)

haku04.jpg

今回は抽象画家の「坂本善三」さんについてのお話を 担当のTさんがされるので


スタッフ補助として参加したのだが、補助というか タップリと
興味深いお話を聴かせていただき、 すばらしい時間であった


そして最終日は もうやることも終わっていたので

すばらしく のびのびと 館長室を堪能した3人である


haku05.jpg

次回、開催する展覧会では 現在 「しごとば」等の絵本で活躍されている
鈴木のりたけさんをお招きするということで 鈴木のりたけさんの絵本の
大読書大会!!


この本、 すばらしい

本屋さんで見かけたら手にとってみてください
大人がたのしい絵本であります


こうして、 きゅっきゅぽんの日誌は完成いたしました

今回、地元の ちいさなちいさな 美術館で

最初は「こんなちいさいところで何かやれるのかな?」なーんて正直思ってたりして

しかし 実家から近いから 楽だワー という理由で決めたのだが

本当に、 すばらしい経験をさせていただいた

地元にこんなにすばらしい作家たちや作品があること、
それを守り、研究し、伝えていこうという動きがきちんとあること

まったく知らなかった


地元の風景、自分の作品、 そして想い


それらを 大切にしようときゅっきゅぽんは思った


そして なによりよかったのは

すてきな実習仲間に出会えたことである


素朴でシッカリしていて志のある2名である


話も おもしろいのだ


大学はバラバラだがそれぞれに美術を愛しているという点で共通しており
なにより 同郷であるというのは ほんとに心強い


最終日は 3人で美術館近くの居酒屋でモツ鍋を食べた


haku06.jpg

みんな どうもありがとう

またひとつ すてきな思いでをおみやげに
きゅっきゅぽんはまた ムサビの地へもどります


もうすぐ手羽先の季節です・・・

投稿者:kkp : 2012年09月09日 00:22

トラックバック


コメント: またもや実習生きゅっきゅぽんがゆく!! の巻 完結編

きゅっきゅさま、おはようございます。

実習お疲れ様でした。

美術館や博物館のバックヤードって、興味がありますね。

地元にすばらしい作家さんや作品があることを再発見できたようで、

濃い実習でしたね。

絵日記、よくわかって楽しく拝見しました。


こんどは、手羽先がんばってくださいね。

考えてみたら、来月だわ。楽しみにしてます。

投稿者 yukihaha : 2012年09月09日 07:05

きゅっきゅさん、こんにちは。

実習絵日誌、楽しく見てました。
やっぱり表現者、上手い!うらやましい〜。

博物館実習なるものの存在を初めて知りました。
素敵な実りある経験だったようですね。

何気にいつも見てる美術館とかの裏側というか
こういう世界なんだなぁと改めて感じました。

投稿者 ザラメ : 2012年09月09日 11:25

>yukihahaさん

応援、うれしかったです ありがとうございます

そうなんです

あっという間にふたつの実習が終わりました


どちらも ほんとうによい経験を与えてくれました


はい 手羽先、 がんばります

とりあえず、ペナルティがつかないようにがんばります!!

>ザラメさん

たのしく読んでいただいたようでうれしいです
ありがとうございます


わたし自身もとても 「ははあ こんな舞台裏があったのかあ」
と 勉強になることばかりでした


博物館実習は  動物園や水族館でもできるみたいですよう

動物も一種の「展示品」と扱われているようです

投稿者 きゅっきゅぽん : 2012年09月13日 00:19

コメントしてください




保存しますか?