2009年12月のアーカイブ

プレイバック!ムサビ日記2009!【深イイ話編】



2009年もついに残すところあと1日。
竹林の更新時間帯を考えると、今日が年内最後の更新となりそうです。
ということで、プレイバック!ムサビ日記2009!
最終回は締めにふさわしく【深イイ話編】です。



まず2本続けてご紹介。
1本目はもずくさんのこちらのエントリー。



就活小咄その1



そしてヤスタカさんのこちらのエントリー。



おはようございます。



職員として、4年生に「ムサビでよかった!」と言ってもらえるのはとても嬉しいです。
ムサビには80年の歴史の中で培われたいろんな財産があります。
約5万人のOB・OG、社会・企業からの信頼などなど・・・。
こういう財産は一朝一夕には築くことはできません。
もちろん改善すべき点もたくさんありますが、そういう財産も含め、総合力では日本の美術系大学の中でもトップレベルです。
ただ、自分で積極的に動かないとその財産は活用できません。
在学生のみなさん、ムサビをフルに利用してください。
そして受験生のみなさん、ムサビは間違いなく「目指す価値のある大学」です。
入試の難易度は高いかもしれませんが、将来作家やデザイナーを目指すのであれば、ぜひチャレンジしてほしいと思います。



思わず目頭が熱くなってしまうのが、コバトさんのこちらのエントリー。



孝行とは



竹林は「家族の絆もの」にたいへん弱い。
読んでる途中から涙腺大放流でした。
竹林も今年思いがけず身内を亡くし、「ほんとうにいつがお別れになるかわかったもんじゃないんだなー」ということを痛感しました。
「大事な人に今できることを精一杯」やってゆきたいと思わせた1本でした。



2009年のトリを飾るのは卜部さんのこちらのエントリー。



推薦入試 送り出すこと



竹林は学生の頃、こんなにしっかりしたことは考えたこともなかった・・・。
高校生、大学生の頃はあまり意識しないかもしれませんが、竹林くらいの歳になると「回りの人々の助けがあって自分が生きてる」ことを実感することがよくあります。
その中でも親の子を思う気持ちはなにものにもかえがたいもの。
学生さんも、受験生の方も1年の最後に親御さんへの感謝の気持ちを新たにする・・・そんな年末もいいかなーなんて。
あっ、もちろん竹林もですな。



他にも取り上げたい日記がいくつかあったのですが、ペースをちょっと読み違えたので、今年の回顧はこのあたりで。
本年も拙いブログをお読みいただき、ありがとうございました。
では、みなさまよいお年を!



あっ!日記メンバーは新年最初のエントリーはアレですぞ!

プレイバック!ムサビ日記2009!【落とし物編】



えー、ムサビ日記メンバーに業務連絡。
管理人より来年早々にアレをやるようにとのことです。
まあ、縁起物(?)だと思ってやってみるのもまた一興かと。



さて、プレイバック!ムサビ日記2009!
今日は【落とし物編】です。
ムサビ日記的には、なぜか今年は落とし物に関する話題が多かった1年。
そこで落とし物関連の日記をピックアップしてみました。



大切な資料をバスに忘れてしまったのはきゅっきゅぽんさん



きゅっきゅのピンチ



いつものバッグ以外の手荷物ってあわててると忘れてしまうことが多かったりしますよね。
代表的なのはなんといっても傘!
竹林も今までに何本失くしたことか・・・。
入学試験でもメインじゃない荷物(カルトンなど)を電車・バスに置き忘れというアクシデントは意外に多かったりします。
受験生のみなさん、くれぐれも気をつけてください。



お子様の落とし物でヤキモキしてしまったのはジャスミンさん



だめキリンSuicaをなくす


だめバビ携帯を落とす


だめバビまた携帯を落とす。



そう言えば、竹林も高校生の頃、よく落とし物で竹林母に怒られた記憶が・・・。
この年頃の男子はポケットにいろいろつっこむ&よく動くので落とす率が高いんです・・・たぶん。
ちなみにコメント欄にあった体操着は竹林も落としたことが。
サブバッグに入れて持ち運びするので、意外と落としやすいアイテムだったりします。



そのジャスミンさんの日記を読んで、自分も落とし物をしたことに気付いたのがもずくさん



人のふり見て、



いやー、ほんとにこういうことってあるんですねぇ。
ちなみに竹林は携帯電話だけは落としたことがありません。
なぜならあんまり携帯していないから。 ←ダメやんっ!
まあ、仮に落としたとしてもメールも電話もほとんどこないからさほど困らn・・・あれ?なんで目から汗が出てるんだろう・・・?



2年連続で落とし物をしてしまったのがpekeさん



ダメpeke定期を落とす



まったく動揺しないあたり、すでに「落とし物女王」の風格が漂ってます。
個人的にはpeke母さんの日記が楽しみなので、pekeさんには大事に至らない範囲で年に1度は落とし物をしてほしい気がしなくもないです。



みなさん幸い手元に戻ってきてなによりでした。
が、やはり落とさないに越したことはないので、来年は気をつけましょう!
あと学生さんは身の回りのモノはもちろんですが、単位も落とさないようにね☆



以上、他人のことは言えない落とし物王・竹林がお送りしました。
傘、財布、カギ、定期・・・落としてないのは命くらいですかね・・・。

プレイバック!ムサビ日記2009!【エンターテイメント編】



二日酔いから奇跡の生還を果たした竹林です。
みなさんこんばんは。
さていよいよ2009年も押し迫ってまいりました。
政権交代があったり、新型インフルが流行したり、マイケル・ジャクソンが亡くなったり、のりぴーが逮捕されたり、北海道日本ハムファイターズがパリーグを制覇したり、ムサビが80周年を迎えたり(←えっ?最後?)と大きなできごとが多かった年でした。
ムサビ日記も親日記のスタート、美大TVのスタート、美大ブログサミットの開催など何かと話題の多かった1年。
そこで、そんな2009年に掲載された日記の中から竹林が個人的に印象に残ったものを紹介しつつ、1年間を振り返ってみたいと思います。
題してプレイバック!ムサビ日記2009!
おおっ!いかにも年末っぽい企画だ!
それではさっそく【エンターテイメント編】からご紹介。



今年衝撃のデビューを果たしたのがきゅっきゅぽんさん
独特な語り口とほのぼのとした日常の描写、そしてなによりおもしろさにはまる読者急増。
ほぼすべての日記にコメントが付いているのでは?
まさに驚異のルーキーです。
スラムダンクに例えるならばもちろん流川!
そんなきゅっきゅさんの日記の中から敢えて1つ選ぶとすればこれかな。



ぽん家日食大騒ぎの巻



ギャグの要素と美大生らしさが同居したまさに絶妙の1本!
親子の仲良さげな様子も微笑ましくて◎です。



元祖・ブログの女王と言えば、もちろん四輪駆動さん
おもしろさの中にも4年生らしい円熟味が垣間見えるあたり、ここにきて更に進化しているように思えます。
スラムダンクに例えれば3Pシュートの名手・三井と言ったところでしょうか。
今年の日記の中から竹林が選んだのはこちら。



いわゆるトランス状態



まったく同じような経験を竹林もしたことがあります。
しかも私大連研修の発表で・・・。
以来、「深夜に思いついたアイデアは必ず滑る!」は竹林の座右の銘となっています。



昨年のMDA2008に選ばれた絡みづらい人さん
更新数は少ないものの、外れなしのおもしろさ。
スラムダンクに例えると(今ちょうど読んでるんで・・・)キャラも含めて宮城リョータってとこかな?
今年の1本はこちら。



やりたいほうだい



着眼点と、そこから広がる発想がカラミーくんらしい、技ありの1本。
ちなみに広報入学センターと竹林の間には確執はありません。
ないんだってば!



以上、深夜にその場で思いついたネタをブログに書いてる竹林がお送りしました。
そうか、だから滑るのか・・・。

仕事納め



ムサビは昨日で仕事納め・・・のはずでしたが、竹林は事情があって今日もお仕事でした。
夕方からは同じく出勤だった広報入学センター長、部長とプチ忘年会・・・のはずでしたが、気がつけばかなり長丁場に。
竹林はどうもアルコール分解酵素が少ない体質らしく、現在かなりヘロヘロ。
そんなわけで今日はここまでということで・・・ふ、布団が呼んでいる・・・。

Merry ChristMAU中止のお知らせ



本日予定されてました竹林のMerry ChristMAUは諸事情により中止とさせていただきます。
関係者のみなさま、並びに楽しみにされていた読者のみなさまに深くお詫び申し上げます。


なお、本日の日記は 続きを読む>> 以降に記載しております。












せ〜の!







091224 009.jpg



芽里依栗須増!



いや〜、Tシャツに「芽里依栗須舞」と書くつもりが、うっかり「芽里依栗須増」と書いてしまいました。
なのでMerry ChristMAUじゃなくて普通にMerry Christmasってことで。
ちなみに画像の右下に写っているお菓子の家は、ムサビキャンパス内のベーカリーカフェ・エミューにあった、「ヘクセンハウス」というドイツのクリスマス菓子。
ヘクセンは魔女という意味で、まさに「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるお菓子の家そのものです。
それではさっそく・・・





091224 006.jpg



いっただきま〜す!



クリスマスということで、オープンキャンパスグッズのデザインを手がけてくださったFLATROOMさんからもカードをいただきました。



091224 010.jpg
キャンドル型です



画像ではわかりにくいですが、UV加工されていて、紙質もメンコ並みの厚さ。
デザイナーさんのこだわりと遊び心が伝わるカードでした。
FLATROOMさん、ありがとうございました!


それではみなさまよいクリスマスをお過ごしください。

ムサビ 入試 願書 書き方 



3年次編入学試験が本日で終了。
油絵学科を受験されたみなさま、2日間おつかれさまでした。
結果も気になることかと思いますが、まずは風邪などひかぬよう、ゆっくりお休みください。
合格発表は12月25日(金)11:00に鷹の台キャンパス正門脇掲示板およびリニューアルされたばかりの公式サイトに掲示します。



さて年が明ければ各大学で願書受付がスタートするということで、年末に願書を書かれる方も多いかと思います。
ムサビの願書は前年度から変更点はほとんどなし。
なので、記入方法などについては昨年のエントリーをご参照ください。


ムサビ 願書 書き方


武蔵美 願書 記入方法


ムサ美 願書 写真



追加を3つほど。
最近多い質問がこちら。


緊急連絡先はどう書けばいいんですか?


大学から志願者の方に緊急に連絡をする必要がある場合、時間帯はどうしても平日の昼間〜夕方になってしまいます。
そこで、平日の昼間に電話をしてもご両親につながる連絡先を記入してください。
具体的にはご両親の勤務先ですね。
緊急連絡先に連絡することは滅多にありませんが、連絡する時はほぼ間違いなく急を要する時です。
なので、必ず記入してください。



こちらも最近多い質問。


願書の記入を間違ってしまったので、もう1冊ほしいのですが・・・


間違えた箇所を修正液で消して、その上から記入していただいて大丈夫です。
なのであわててもう1冊購入する必要はありません。
思いっきり汚してしまった、破れてしまったという時もまずは広報入学センターに連絡してください。



意外にあるのがこの質問も。


出身高校で調査書を発行してもらえない場合はどうすればいいですか?


高校を卒業してから数年経過している方には調査書という形では証明書を発行しないというケースがあります。
調査書が発行されない場合は卒業証明書および成績証明書を発行してもらってください。
さらに卒業後の年数が経過している場合は成績証明書も発行されないことがあります。
その時は単位修得証明書を発行してもらってください。
さらにさらになんらかの事情で単位修得証明書も発行されないという場合。
この時は「成績証明書や単位修得証明書が発行できない」証明書を発行してもらうことになります。
まあ、ここまで行き着くことはあまりありませんが・・・。



願書の記入方法は大学によって違ったりしますので、いっぺんに全部書こうとするとわけがわからなくなることもしばしば。
ムサビの場合、願書提出後の志望学科や試験方式の追加・変更はできません。
なのでまずはどの学科を志願するかを固めて、ゆっくり落ち着いてご記入ください。
また、年内の営業(?)は今週金曜日まで。
ご質問等がある場合はお早めにご連絡ください。



【ムサビ日記メンバーに業務連絡】



管理人より、今年もアレをやるようにとのことです。



最近ちょっと更新してなくて書きづらいって方もここはチャンスかも・・・。

at 00:41 | Category : 入試 | Comments (5) | Trackbacks (0)

ムサビ公式サイトリニューアル!



3年次編入学試験初日がひとまず終了。
油絵学科受験生以外のみなさま、おつかれさまでした。
朝早かったり(昼からの方もおりましたが・・・)、緊張したりでさぞお疲れのことと思います。
今日はゆっくりお休みください。
油絵学科を受験されているみなさまは明日も試験。
まだまだ油断はできません。
体調を崩さないようにあったかくして明日に備えましょう。



さて、濱さん手羽さんの日記にも書かれてましたが、昨日から


ムサビの公式サイトがリニューアルされました!


従来のデザインを一新!
レイアウトも画像もさわやかテイストになりました。
竹林が思うに、かなりかっこいいんでないかな〜と。
まるでムサビじゃないみたい
デザインは視覚伝達デザイン学科出身の小杉幸一さん。
博報堂の現役バリバリのアートディレクターです。
最近ではTBSのドラマ こちら葛飾区亀有公園前派出所 の番組宣伝等を手がけてます。
またコピーライターの下東史明 さんとのコンビでこんな本も出してます。



トレインイロトレインイロ

朝日出版社 2009-06-27
売り上げランキング : 285229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




そしてサイト内の画像を撮影したのは、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、映像学科出身の平野太呂さん。
以前のエントリーで美術手帖2009年5月号で表紙および特集ページの撮影を手がけたことを紹介しました。
他にも雑誌casa BRUTUSやku:nelの特集記事の撮影等も手がけています。
写真集の代表作はこちら。



POOLPOOL

リトルモア 2005-12
売り上げランキング : 232778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




廃墟のプールがあるだけの風景が透明感のあるさわやかな写真になってしまうのがなんとも不思議。
広報スタッフによると、平野さんは人物も実物以上にさわやかに撮ってしまう魔術の使い手とのこと。
竹林もぜひ1度撮ってもらいたいものです。



ちなみに公式サイトのリニューアル、大学側の担当者は以前ムサビ日記ライターでもあったminxさんをはじめとする広報入学センターの広報担当のみなさん。
リニューアル直前は毎日遅くまで作業をしていました。
ほんとにおつかれさまでした。
コンテンツ類もこれから徐々に充実してゆくようなので、みなさまチェックよろしくです!


つぶやき



明日は3年次編入学試験。
予報によると、どうやら今日と同じくらい寒そうです。
受験生のみなさん、暖かい格好でお越しください。
例によって竹林は明日は正門でみなさまをお迎えする予定です。


そんなわけで明日は早起きなので、今日はもう寝ます。
これじゃTwitterだな・・・。

at 23:18 | Category : | Comments (0) | Trackbacks (0)

年末年始2009



12月もいよいよ後半。
今週はクリスマスなんていうイベントもありますね。
3年次編入学試験真っ最中の竹林にはまったく関係ないイベントですが・・・。



で、今日は年末年始の営業のお知らせです。
ムサビ事務局の仕事納めは12月25日(金)。
12月26日(土)〜1月6日(水)は年末年始の休業期間になります。
証明書類の請求、お問い合わせ等は今週金曜日の16:30までにお願いいたします。



造形学部一般入学試験の志願書を郵送で購入希望の方は公式サイトに掲載されているテレメールですと早めにお手元に届きます(12月31日、1月1日、3日は休業につき、その前後はお時間をいただくかもしれません)。
入学試験問題集を郵送で購入希望の方は今週の金曜日くらいまでにお申し込みいただけますと、辛うじて年内中に発送できると思います。
問題集を郵送で請求する方法はこちらをご参照ください。


資料請求>造形学部入学試験問題集


志願書と問題集の両方を郵送で購入希望の場合は志願書をテレメールで、問題集を郵便でお申し込みになると少なくとも志願書は先にお手元に届きます。



明日は3年次編入学試験の作品提出に加え、大学院修士課程入試〈B日程〉の願書受付がスタート。
毎年のことながら広報入学センターはせわしない年の瀬です。

ムサビ=パルコ×2=(みうらじゅん+10)×2



昨日は夕方、手羽さんの授業を聞きに。
(行かないとブログでなにを書かれるk・・・いやなんでもない)
仕事が長引いたため、遅れて教室に入ってみると・・・。



091218 001.jpg



立ち見が出るほどの盛況ぶり。
さすが単位のかかった授業は出席率がいい手羽さん!大人気!
1番後ろの通路に座って聞いてました。
3人ほど隣りにpekeさんがいました。



さて今日は学外の展覧会の話題。
手羽さんの授業にも出てきたムサビOB・みうらじゅんさんの展覧会が開催されています。



みうらじゅんの100冊展 Book on Rock'n' Roll


会期:12月18日(金)〜1月11日(月・祝) 
会場:パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1/6F)

*時間等の詳細は公式サイトでご確認ください



みうらさんの出版全作品をはじめ、生原稿、原画、資料、さらには収集してきたコレクションまでもが展示される一大イベント。
なんと会場には「みうらじゅんの銅像」まで設置されるそうです。
パルコの開店40周年とみうらさんのデビュー30周年を記念したコラボレーション企画とのこと。
それなら80周年のムサビにも声かけてくれればいいのに・・・。
会場では書籍やオリジナルグッズの販売も行われます。
さらにサイン会も開催されます。



■みうらじゅんサイン会


日時:1月9日(土) 16:00〜
会場:パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1/6F)

*参加方法等の詳細は公式サイトでご確認ください



会期中は無休とのことなので、お正月の初詣帰りなんかにいかがですか?


ちなみにパルコでは今年5月に西原理恵子さんの展覧会バラハクも開催されてます。



パルコにはムサビファンがいるに違いないっ!

今年最後の学内展示!



今年最後の学内展示紹介はこちら。



■グラフィックデザイン基礎2展示


会期:12月17日(木)〜19日(土)
会場:9号館415



デザイン情報学科の授業であるグラフィックデザイン基礎2の課題作品展示。
提出課題は7つ。


1.自分の名刺、封筒、レターヘッドをデザインする

2.授業用のドキュメントシートを作る

3.本の表紙をリ・デザインする

4.雑誌の見開きページをデザインする

5.「矢とはなにか?」を〈地〉図化する

6.ムサビまでの交通案内図を作る

7.マンガを〈地〉図化する


このうち各自が3つを選んで展示してました。
1、2、4は実名が出ちゃってたりするので除外して、3からお見せします。



3.本の表紙をリ・デザインする

実際に出版されている書籍である「広報紙面デザイン技法講座」の表紙デザインを制作します。



091217 020.jpg



091217 022.jpg



5.「矢とはなにか?」を〈地〉図化する

シンボル事典の記述をもとに、「矢」の象徴性を図によって表わすという課題。
事典によると矢は突然・突発のシンボル。
転じて恋愛や死のシンボルとして使用されているとのこと。
さて、それが図になるとどうなるのかな?



091217 015.jpg



091217 018.jpg



6.ムサビまでの交通案内図を作る

都心からムサビ、さらにデザイン情報学科の入ってる9号館までの地図のデザイン。



091217 002.jpg



091217 007.jpg



091217 009.jpg



091217 016.jpg



7.マンガを〈地〉図化する

マンガのストーリーを図によって表わすという課題。
お題となったのは吉田戦車さんの短編「恋のサマーハンド」。
偶然ながら吉田戦車さんは現在発売中のビッグコミックスぺりオールに掲載されている「人生画力対決」で西原理恵子さんと対戦しています。



091217 010.jpg



091217 008.jpg



明日12月19日(土)までとなります。
ポートフォリオ・レビューと併せてぜひご覧ください。

地底に行ってきました!



先日、竹林が12号館で作業をしていたところを通りかかったのが空間演出デザイン学科の小竹信節教授。


竹「あっ!こんにちは!」


小竹教授「竹林くん、今8号館のスタジオで3年生のゼミの発表やってるんで、ぜひ見にきてほしいんだけど」


竹「いや〜すごい人気でチケットが取れなかったんですよ」


小竹教授「大丈夫だと思うよ。あとで届けるから!」


Σ('゚д゚'o)マジッスヵ?


というわけで行ってきました!



091217 023.jpg



夢の地底旅行!



翌日さっそくチケットが届きました。



091216 002.jpg
なんと地底チョコレート付き!



この地底旅行、ANA(オール・ニッポン・アナホリ)社の地底旅行用タンクに搭乗して地底王国を探険するツアー。
どうやら大人気のため急きょ増便になったようです。
これはかなり期待できそう。
それでは・・・



091216 033.jpg
いざ!地底へ! (ヘルメットも軍手も必要ありません)



8号館のスタジオに向かうと・・・



091216 037.jpg
ANA社のスタッフがお出迎え!



チケットを渡して、いよいよスタジオ内へ。
ここから撮影はNGとのことで、あとは音声のみでお楽しみください。


竹「(゚〇゚;)おおっ!ウエイティングルームだ!」


テリー「すごい!まるで東京ディz」


竹「わーっ!それ以上言うとブログに載せられないから!・・・おっ!英語のアナウンスが流れてるよ!ほんとの空港みたいだ。竹林もこれくらい流暢にしゃべれればなー」


テリー「いや、竹林君の場合は流暢以前の問題だと思うよ・・・」


竹「いよいよ搭乗だ!」


テリー「ちゃんとボディチェックがあるんだ」


竹「鳴らなくてよかった・・・って、テリーくん、すごいよ!飛行機の機内みたいだよ!」


テリー「スチュワーデスさんもいるよ!制服が未来っぽい!すいません、フライトの後よろしかったら食事でも・・・」


竹「テリーくん!ナンパしない!」


テリー「あっ!シートベルトがある!」


竹「本格的だなー・・・よし装着完了!」


テリー「出発だって!」


竹「w( ̄o ̄)w オオー! 動いてる!」


テリー「けっこう揺れるね!さすが地底だ!」


(ネタバレになるので地底の様子は伏せさせていただきます)


竹「あれ?赤いランプが点滅してるよ!」


テリー「お約束の緊急事態だね!」


竹「わー!どーなっちゃうのー!」


(ここもネタバレ防止のため伏せさせていただきます)


テリー「ふー、なんとか地上に帰ってこれたね!」


竹「・・・空デ |・`ω・) ス・スゲェ…」



感想:
いつものスタジオが飛行機になったり地底になったり・・・想像をはるかに超えるレベルでした!
限られた時間・設備・予算・人員でこれだけのものが作れるとは・・・。
条件が揃えば、そのまま某ネズミーランドのアトラクションでも通用してしまいます。
大の大人2人がめいいっぱい楽しめました。
空デの特徴は大きなグループ単位で行う制作&パフォーマンスが多いこと。
イメージの構築から必要なモノの制作、宣伝資材の制作、パフォーマンスのプロット作り、演出といった多岐にわたるプロセスを大きなグループで進め、作り上げるのは貴重な体験と言えるでしょう。
1月に開催される卒業制作展は4年生の作品が出品されますが、こちらもかなり期待できそうです。



小竹先生ならびにゼミ生のみなさん、ありがとうございました!

怒濤の学内展示



昨日は広報入学センターの忘年会。
我らが広報担当部長である長澤忠徳教授ももちろん参加。
長澤先生、先日の朝日新聞全面2ページ広告に掲載された自分の写真が気に入ってないとのこと。


「レジュメを読もうとしてメガネを外したところを撮られちゃったんだよねーなんかさーガンになったみ●●んたみたいに写ってるんだよねー新聞にあんなに大きく載るなんて人生でもう二度とないかもしんないのにさー」


先生、まだ100周年がありますよ!
もっともその時に新聞広告出すかはわからないけど・・・。



さて、怒濤の学内展示。
今日竹林が見てきた展示はまずこちら。



■パブリックデザインゼミ展示


会期:12月19日(土)まで
会場:10号館412



基礎デザイン学科の授業「デザイン演習e」の課題作品展示。
パブリックデザインとは文字どおり、公園や街路などの「公共空間」におけるモノや情報のデザイン。
指導は白濱力講師です。
課題は3つ。
1つめは「銀座通りを歩く人々に『休む』というサービスを提供する装置のデザイン」。



091216 006.jpg
ガラス張りの座面の下で四季折々の花が咲くイメージかな。
銀座の高級感にマッチしますね。



091216 007.jpg
銀座の真ん中で芝生に寝転がれる!
天気のいい日は気持ちよさそう。



091216 005.jpg
酸素カプセルです!
これは元気が出そうです。



2つめの課題は「公園」。
ひとことに公園と言っても、「遊ぶ」、「休む」、「展示する」など用途はさまざまです。



091216 009.jpg
大きなすべり台をメインとした作品。
「遊ぶ」ための公園です。



091216 010.jpg
芝生で日向ぼっこするもよし、日陰で座って休むもよし。
こちらは「憩いの場」としての公園ですね。



091216 011.jpg
丘に開いた横穴が隠れ家っぽくてよいです。
こちらも「憩いの場」としての公園と言ってよさそう。



3つめの課題は「グループ研究」。
数名1組で都市の問題点を抽出し、その解決策を提示します。



091216 017.jpg
自動車の街への乗り入れを禁止し、車道をすべて歩行者天国にするというシミュレーション。
ビル横に設置されている店名のサインボードもすべて統一されてます。



091216 028.jpg
あかりによるデザインに特化した町。
無駄なあかりを極力削減し、環境にやさしい町づくりの提案となっています。



竹林が本日見た展示、もう1つはこちらです。



■油絵学科油絵専攻・版画専攻2年生進級制作展


会期:12月18日(金)まで
会場:2号館1F、4F403・404・410・411・412・413・414、4号館216



油絵学科の2年生ほぼ全員が出品していますので、かなりの見ごたえ。
専任教員・客員教授・非常勤講師の先生方が1作品を選び、賞を与えてます。
竹林は遠藤彰子教授と絵の趣味が合うことが判明。
4号館の会場は暗い中で展示する作品が集められています。
その中の映像作品がおもしろそう。
改めて見に行かねば・・・。



12号館B1Fの展示室では空間演出デザイン学科の展示が開催中。



■空デフェア


会期:12月17日(木)まで
会場:12号館B1F展示室



空間演出デザイン学科2年生の授業「実材実習機Ν供廚硫歛蟶酩陛玄─
今年の課題は「CM」。
公演形式になっているので、公演中は入場できなさそうです。
会場にタイムスケジュールが表示されてますので、そちらを確認してください。



さらに明日からはデザイン情報学科で2つの展示が始まります。



■グラフィックデザイン基礎2展示


会期:12月17日(木)〜19日(土)
会場:9号館415



■ポートフォリオ・レビュー2009


会期:12月17日(木)〜19日(土)
会場:9号館409



もうほとんど「自然発生的オープンキャンパス」状態ですw
明日も見て回らねば・・・。

芸文×電通!



ムサビの講評は木曜日に行われることが多いため、講評前の火曜日・水曜日は学生さんは追い込みの真っ最中。
今日あたりから学内の各所に雨後のタケノコのごとく出現しているのがこちら。



091215 014.jpg



竹・ロープ・シートを材料とした構造物。
造形総合科目・設計計画Bの課題作品です。
先日の竹プロジェクトのエントリーで紹介したものとほぼ同じ授業ですが、違う学生さんが受講しています。
今日はまだ制作中。
完成は木曜日かな?



さて、花ざかりの君たち・・・じゃなかった学内展示。
今日はこの展示を見に行ってきました。



「ビジュアルコミュニケーシンデザインIIB」課題作品展


期間:12月18日(金)まで
会場:9号館6F廊下



芸術文化学科2年生の授業の課題作品展示です。
人権問題をテーマとし、訴求力のある人権ポスターを制作するという課題。
指導教員は府中の森芸術劇場のウエルカム・ディスプレイについてのエントリーにも登場した楫義明教授。
国内最大手の広告代理店である電通の「人権・アートプロジェクト」とのコラボレーションで、キャッチコピーは電通、デザインは学生がそれぞれ制作。
制作の際には電通の現役クリエイティブディレクター、デザイナーの方々も来校して、指導にあたったとのこと。
講評の様子が12月9日付の朝日新聞朝刊多摩版でも取り上げられていました。(PDFファイル)
画像がいまいちうまく撮れなかったのですが、少しだけご紹介。



091215 009.jpg
女が力を出せない社会は、人間の半分の力しか生かせない。



091215 010.jpg
「自分らしく」と教えられて、「みんなと同じ」を求められる。



091215 011.jpg
家の中には、親から守ってくれる大人はいない。



この作品たちは今後さまざまな組織や自治体に提供されて展覧会が開かれるとのこと。
来年のオープンキャンパスでもご覧いただけるかもしれません。




それにしても楫先生は今月に入ってから既に2回も朝日新聞に登場。
しかも2回とも写真入りと扱いも大きいです。
ん?そう言えば、80周年記念事業の世界美術大学学長サミット、国際デザインシンポジウムは朝日新聞社の後援だったのですが、そのディスプレイやステージセットを手がけたのが楫先生。
そうかっ!
謎はすべてとけた!



朝日新聞社にはきっと楫先生ファンがいるにちがいないっ!

歳末大構評週間!

ムサビは今週末で後期授業が終了。
学生さんは来週から冬休みに入ります。
しかし、その前に立ちはだかるのが講評!
そんなわけで今週は各学科の講評が集中するいわゆる「講評ウィーク」。
学内展示も花盛りです。
まずは毎年恒例のこちら。



2009年度空間演出デザイン学科3年生ゼミ発表展示


日時:12月14日(月)〜17日(木) 10:00〜17:00
会場:9号館B1F大展示室、8号館111スタジオ



少しだけ画像でご紹介。



091214 001.jpg
ファッションの天野勝教授ゼミの展示。
スカートの形がなんともモードだ。



091214 003.jpg
こちらはメンズ。
ワイルドですね・・・。



091214 006.jpg
同じくファッションのパトリック・ライアン教授ゼミの展示。
犬だけでなく、ついにクワガタまで服をまとう時代になったようです。(服ではなくディスプレイの展示です)



091214 007.jpg
プロダクト、家具、インテリア、建築などなど生活に関わるデザインを専門とする小泉誠教授ゼミの展示。
テーマは「座るための道具」。
こちらは親子7人でも大丈夫ですね。



091214 009.jpg
テトラポッドの頂上に腰掛けるとのこと。
「イス」ではなく「座るための道具」というのがミソ。
いろんな座り方が考えられるってことですね。



091214 008.jpg
Mr.舞台美術こと川口直次教授ゼミの展示。
居心地のいいカフェ空間で授業で制作したドラマを観賞できます。



091208 031.jpg
小竹信節教授ゼミの展示はなんと「夢の地底旅行」!
ショー仕立てになっています。
チケットをゲットしようと思ったら、大人気で竹林の行ける時間帯は売り切れ・・・。
日記ライターで見に行く方がいたらレポートよろしく!



隣の小展示室では基礎デザイン学科の展示が公開中。



■基礎デザイン学科デザイン演習1d[テクストインフォメーション]課題作品展示


日時:12月14日(月)〜17日(木) 
会場:9号館B1F小展示室



キーワードは「脱」、フィールドは「国分寺」。
予告編っぽく紹介。



091214 014.jpg
国分寺とバスルームの関係とは!?



091214 018.jpg
なぜウサギ跳び!?



091214 019.jpg
天井から吊るされた紙袋の意味するものは!?



ほら、なんか気になるでしょ?
答えは9号館地下でご覧ください。



さらに、建築学科でも毎年恒例の展示+公開講評があります。



バーティカル・レビュー09冬


日時:12月18日(金) 10:30〜
場所:8号館308講義室



各学年で開設されている授業「設計計画」の後期の課題作品から選抜された優秀作品の発表会です。今回はゲストとして建築家であり、東京工業大学教授でもある坂本一成氏を迎えて開催されます。
平日なので受験生の方は難しいかもしれませんが、ムサビ生で興味のある方はぜひ。



以上、12月18日になんかあった気がするんだけど思い出せない竹林がお送りしました。
レイザーラモンHGの誕生日だっけ・・・?

竹林特選クリスマスプレゼント2009!



早いもので12月も半ば。
気がつけば街はすっかりクリスマスモード。(気がつくのが遅すぎます)
そんなわけで今日は毎年恒例(?)竹林お薦めのクリスマスプレゼントをご紹介!
ちなみに昨年のお薦めは↓でした。


ユクーニャ


それでは発表です。
竹林が選ぶ2009年ベストクリスマスプレゼントはこちらです!


ゆきの日―on Christmas dayゆきの日―on Christmas day

白泉社 2009-10
売り上げランキング : 6687
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絵本ですが、子どもよりむしろ大人向け。

クリスマスにぴったりのハートウォーミングストーリーです。
作者は菊田まりこさん。
武蔵野美術大学短期大学部出身の絵本作家。
代表作はなんと言ってもボローニャ国際児童図書展にてボローニャ児童賞特別賞を受賞したこちらの作品でしょう!



いつでも会えるいつでも会える

学習研究社 1998-11
売り上げランキング : 5776
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




今回は実に5年ぶりの新作。
大人になって忘れてしまっていた気持ちを思い出させてくれるストーリー。
涙腺が全開になること請け合いです。
ちなみに竹林はルミネ立川8Fオリオン書房で涙腺全開させちゃいました。
立ち読みはしない方がいいですよ!



この作品、受験生の方や学生さんにもお薦めです。
実技対策が壁にぶちあたっている時、課題に行き詰っている時に読むと、「描くこと」、「作ること」が純粋に楽しかった頃の気持ちを思い出す&自分を見つめ直すきっかけになると思います。
ぜひ読んでみてください。
くどいようですが立ち読みは危険なのでお薦めしませんが・・・。



帯のキャッチフレーズは「さいごにふるゆきをみあげた日をおぼえていますか?
竹林も今度雪が降ったら昔の気持ちに戻って、みあげてみようと思います。

at 00:54 | Category : 出版 | Comments (2) | Trackbacks (0)

2011(平成23)年度造形学部一般入学試験の日程変更



2011(平成23)年度の造形学部一般入学試験の日程変更が発表になりました。



2011(平成23)年度 武蔵野美術大学造形学部一般入学試験日程の変更について(予告)



次の次の2月の入学試験より、従来2月14日スタートだった入試が2月3日スタートになります。
今回の日程変更の要因は東京芸大の入試が後期日程から前期日程に異動したこと。
ムサビと試験日程が接近することによる影響について見過ごせないとの判断に至ったということです。
ただ、異動したことによって、女子美、東京造形、多摩美と試験日程が接近・・・というか団子状態になります。
そういう点ではかなり思い切った日程変更です。



さらに留学生・帰国生入試についても変更があります。



2011(平成23)年度 武蔵野美術大学造形学部外国人留学生・帰国生特別入学試験の実施 について(予告)



ムサビでは従来、留学生・帰国生の方の選抜は一般入学試験の試験科目の一部を別科目に振り替える形で実施していましたが、特別入試として完全に分離することになりました。
試験時期も2月から12月に異動します。
試験科目の詳細は追って発表します。



併せて次の2月の造形学部一般入学試験における新型インフルエンザ対応も発表されました。



2010(平成22)年度武蔵野美術大学造形学部一般入学試験における新型インフルエンザ対応について



追試験を実施します。
詳細については受験票に同封の文書に記載されていますので、そちらでご確認ください。



以上、昨日は各方面への電話で声が枯れた竹林がお送りしました。

at 22:49 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

ムサビ 編入 面接 など



3年次編入学試験の志願状況が発表になりました。



平成22年度3年次編入学試験志願者数(PDF)



アクセス解析でも編入学試験関連のキーワード検索で竹林ブログに辿り着いている方が増えてきました。
そこで今日は編入学試験のお役立ち情報をお送りします。



【ポートフォリオ】

こちらのエントリーをご参照ください。


ムサビ 編入 ポートフォリオ


【作品提出】

作品提出について多い問い合わせは次の3つです。


1.遠方に住んでいるので作品提出の日にムサビに行けないのですが?

提出日と試験日の間が空く学科に多い質問。
広報入学センターにご連絡ください。
やむを得ない場合に限り、郵送による提出を受け付けます。
ただし、郵送中の破損等については大学では責任を負えませんのでご了承ください。
また、事前に連絡なしで直接作品を送った場合は受け取りができませんので、必ず事前に電話してください。


2.作品が大きいor重いので試験当日に大学あてに送りたいのですが?

この場合は運送業者さんに事前に「試験当日に、ムサビキャンパスの○号館前に自分がいるので、そこに届けてほしい。」と依頼してください。
当日ムサビキャンパス内で作品を受け取り、作品提出場所に持参してください。


3.作品を持参できない場合はどうすればいいですか?

インスタレーション等がこれにあたりますね。
作品を提出できない場合は、その作品についてのポートフォリオ(作品資料・写真等をファイルにまとめたもの)を提出してください。
ポートフォリオのサイズ、ページ数等は募集要項に特に記載がない場合は自由です。


また、作品の展示用に備品を借りたいという場合も事前に広報入学センターに電話してください。
確認をして折り返しご回答します。



【試験教室】

正門付近で広報入学センターのスタッフが試験教室のお知らせプリントを配布してますので、それで確認してください。
竹林も配ってる予定。



【昼食】

弁当を途中で購入する場合は国分寺駅もしくは鷹の台駅周辺がラストチャンスです。
ムサビ周辺にはコンビニはありませんのでご注意を!
学食は22日は開いてたはず・・・たぶん。
23日は休業です。



【面接】

服装は特にスーツじゃなくても大丈夫です。
某球界の盟主の球団ではないのでヒゲも大丈夫です。
面接の際には提出作品が側にあるものと思ってください。
作品についての説明も考えておくといいですよ。



【作品返却】

油絵学科と視覚伝達デザイン学科の作品返却は12月25日(金)です。
試験当日には返却しませんのでお気を付けください。
それ以外の学科は試験当日に返却します。



12月に入り、特に朝晩がめっきり冷え込んできました。
受験生のみなさん、お身体にはくれぐれもお気をつけて試験当日をお迎えください。


at 01:29 | Category : 入試 | Comments (0) | Trackbacks (0)

紙は細部に宿る



広報スタッフから「9号館地下の展示がおもしろい!」との話を聞いて昼休みに覗いてきました。



紙によるデッサン展


会期:11月30日(月)〜12月11日(金) 10:00〜16:30
会場:9号館地下小展示室



基礎デザイン学科2年生の授業・形態論兇硫歛蟶酩陛玄┐任后
ろん太さんも宣伝してましたね。
指導は先日iidaより発売された携帯電話PRISMOIDのデザインを手がけた深澤直人教授と今年も東京ドームシティのウインターイルミネーションを手がけている板東孝明教授です。
課題は「白い紙のみを使ってモノをつくる」。
紙によるクラフト作品をデザインするのではなく、紙による「かたち」の奥深い在処にせまるスタディ、思索のモデリングをおこなうのが目的とのこと。
学生さんは1か月半かけて、試作に試作を繰り返したとのこと。
果たしてどんな作品ができたのか?
さっそくご紹介!



【プロダクツ編】


091208 004.jpg
いまやすっかりお馴染みのマスク。
思わず着けてしまいそうなリアルさです。



091208 016.jpg
プラグです。
ゴムのパーツ、プラスチックのパーツ、金属のパーツそれぞれの質感が見事に表現されてます。



091208 010.jpg
東京フレンドパークの賞品と言えば!の亀の子タワシ。
これも毛の生え方がうまく再現されてますね。



091208 009.jpg
大作その1・ハイヒール。
木の靴やガラスの靴は聞いたことがあるけど、紙の靴は初めてです。



091208 019.jpg
大作その2・ワイシャツ。
クリーニングのタグまで付いてるところが心憎い。



091208 015.jpg
極小作その1・画鋲。
針先が微妙に曲がってて、使用後ということがわかります。



091208 023.jpg
極小作その2・ゼムクリップ。
こちらは新品ですね。



091208 011.jpg
腕時計。
男女ペアになってます。
男性用の時計のバンド部分の縫い目まで再現されているところがすごい!



【食料品篇】


091208 006.jpg
干し椎茸です。
笠の裏のヒダヒダのところまできっちり表現されてます。



091208 008.jpg
ポップコーン。
知らなければ普通に口に入れちゃうかも・・・。



091208 012.jpg
食べかけのミカン。
これも皮の裏やスジまでリアルに再現されてます。



091208 017.jpg
画像ではわかりにくいかもしれませんが、くるみです。
皮のシワや実の様子の作り込みがすごい。



【その他編】


091208 014.jpg
粉薬。
中の薬ももちろん紙でできてます。



091208 028.jpg
スーパーのレジ袋
シワの寄り具合が秀逸。



091208 005.jpg
使用後のストロー袋とミルク容器。
ストロー袋の縮み具合がなんともリアル。
思わず片付けてしまいそう。



091208 026.jpg
ゆでたまごの殻。
タイトルを見なくてもなんなのかわかってしまうほどのリアルさ。
実際にむいた様子を詳細に観察してますね。



ただ単に紙でモノを作ってあるのではなく、すべての作品がディテールまで再現されてます。
これだけ忠実に再現するにはそのモノの形に対する詳細な観察が不可欠。
この制作を通して学生さんはかなりモノの形について考えさせられたのではないでしょうか。
それは今後デザインを学ぶ上で貴重な体験になると思います。
作品を見る方も「日常の中で実にいろんな形に囲まれて暮らしている」ことに気づかされます。
まさにムサビの基礎デザイン学科でなければ受けられない授業と言えるかと思います。



ちなみに現在21_21 DESIGN SIGHTで開催されているTHE OUTLINE 見えていない輪郭 展の関連プログラムで深澤直人教授がギャラリートークをおこないます。



深澤直人によるギャラリートーク


【日時】
[大学生向け]  12月21日(月)16:00〜17:30 /17:30〜19:00
[こども向け]   1月7日(土)15:00〜16:00/ 16:00〜17:00

【対象】
[大学生向け]  大学生、専門学校生の方
[こども向け]   小学校高学年の方

【定員】
各回先着100名



後半には深澤教授が会場からの質問に答えるコーナーも設けられているそうです。
予約制になりますのでお申し込みはお早めに。

2010年度入試アルバイト募集!




今年もいよいよこの季節がやってまいりました。
入試アルバイトの募集が本日よりスタートです!
募集業務は毎年おなじみの4種類。


○入試会場整備業務(教務課)
○入試入構受付・構内案内業務(学生生活課)
○入試インフォメーション作成業務(施設管財課)
○入試実技作品整理業務(広報入学センター)


入試会場整備業務は文字どおり入試会場の設営・片付けです。
受験生が試験に集中できる環境を整えるまさに縁の下の力持ち。
がしがし力仕事ですので体力のある方大歓迎。


入試入構受付・構内案内業務は朝、受験生のみなさんの受験票をチェックし、会場案内を配布したり、要所要所で道案内をするお仕事。
受験生が最初に会う、いわば「大学の顔」的なポジションです。
さわやかな笑顔の持ち主大歓迎。


入試インフォメーション作成業務はキャンパスのあっちこっちに置かれる案内サインの作成・設置業務。
昨年は応募が少なかったとのこと。
採用のチャンスです!


そして、広報入学センターでは入試実技作品整理業務のアルバイトを大々的に大募集中!


期間:2010年3月2日(火)〜9日(火)【土・日を除く】および3月18日(木)、19日(金)、23日(火)の合計9日間

時間:9:00〜17:00

募集人員:8名(9日間すべて出勤できる方)


業務内容は前半6日間が入試実技作品の整理、倉庫のお掃除などなど。
作品整理は実技試験の答案を合格・補欠・不合格にそれぞれ分類する作業。
まさにムサビ入試の事業仕分け! ←これが言いたかった。
倉庫のお掃除は分類した作品の収納と古い資料類なんかの破棄。
まさにムサビ倉庫の事業仕分け! ←もう1回言ってみたかった。
後半3日間は先生方の作品選定の補助業務。
各学科の教授陣が進学相談会用の合格作品パネルや入学試験問題集に掲載する作品を選ぶお手伝いです。
同じ時間帯に2学科、3学科重なることはザラですので、けっこう忙しいです。



入試実技作品整理業務は他の3つと日程が重なっていないので、重複で申し込みが可能です。
9日間通して、なんだかんだで意外に力仕事が多いので予めご承知おきください。
経験者を歓迎しますが、有望な新人も発掘したいので初心者の方も大歓迎。
その他、写真撮影が得意な方、カッター職人、ハンコがまっすぐ押せる方、探し物が得意な方、ブラインドタッチができる方なども地味に歓迎いたします。
ただし、卒業式の日も作業があるので4年生と大学院2年生の採用は可能性が低いです。



いずれのアルバイトも締切は1月13日(水)16:00です。
学生のみなさんの奮ってのご応募お待ちしています。

日本SF大賞




ムサビ映像学科出身の故・伊藤計劃(けいかく)さんが日本SF大賞を受賞されました。



毎日jp:<日本SF大賞>故・伊藤計劃さんの「ハーモニー」に


第30回日本SF大賞(日本SF作家クラブ主催)が6日、故・伊藤計劃(けいかく)さんの「ハーモニー」(早川書房)に決まった。伊藤さんは1974年生まれ。今年3月、肺がんのため亡くなった。故人が大賞を受賞するのは初めて。




受賞作はこちら。
第40回星雲賞日本長編部門も受賞しています。



ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

早川書房 2008-12
売り上げランキング : 556
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




享年34歳。
あまりにも早すぎる逝去でした。
改めてご冥福をお祈りします。

at 23:58 | Category : | Comments (0) | Trackbacks (0)

ムサビ 竹 番外編




先日のエントリーで紹介したジョン・ハーディー氏のワークショップ。
内容をおさらいすると、2チームに分かれて、制限時間40分の間に組んだ竹の上にドラム缶を載せ、どちらのチームがより長く支えられるかを競うというもの。
ドラム缶を載せた後、中になみなみと水を注ぐので、支える重さは約200kgにもなります。
結果については竹林も仕事で見ることができなかったのですが、竹プロスタッフから画像を入手しました。
果たして竹で200kgを支えることができたのか?


DSC_0090.jpg



200kg+学生1人乗っても大丈夫!



画像で見ると改めてその強さに驚きます。
竹すげー!



えっ?画像では地面から浮いてるかいまいち見づらい?
「浮いてるのは間違いないんですが、よく撮れた画像がなくて・・・」と竹プロスタッフの方が言ってました。
なので、心の眼を開いて見てくださるようお願いします。



フォースを信じるんだ!

しおりのテーマ

くゎのじょーがかーみをゆーびーでーなでたーだーけーそれがしびれるしぐーさ♪



・・・いや、ちょっと歌ってみたかっただけです。
そんなわけで昨日の小型グラフィックつながりで、しおりの話です。
現在、武蔵野美術大学出版局ではオリジナルのしおりデザインを募集中です。



第2回「Bookmarkしおりデザイン」募集!


募集内容:オリジナルしおり
応募資格:武蔵野美術大学の在学生・卒業生・講師・職員
締め切り:2010年1月15日(金)当日必着



応募資格がムサビの在学生・卒業生・講師・職員となってますが、グループで応募する場合はグループの中に1人該当者がいればOK。
例えばムサビ生&多摩美生とか、キリンさん&ジャスミンさんというグループもありってことですね。       
優秀作品に選ばれると、なんと謝礼25,000円に加え、実際にしおりを製作し、出版局の書籍を扱っている全国各地の書店でノベルティとして無料配布されます!
謝礼はもちろんですが、自分のデザインしたしおりが書店で配布されるというのがなんとも魅力的。
優秀作に選ばれなかった場合でも、応募者全員にムサビオリジナルグッズが当たる(?)とのこと。
ムサビ出版局、太っ腹です!
そんな特典盛りだくさんのしおりデザイン募集、応募方法やデザインにあたっての注意事項などはこちらでご確認ください。


応募用紙・募集要項(PDFファイル)



芸術性が感じられ、かつ親しみやすいデザインを期待しているそうです・・・ってハードル高いな、おい。
視デの学生さんも日本画の学生さんも、建築の学生さん&お父さんもどしどしご応募ください!



しおりの特徴といえば、本を閉じた状態では上の部分しか見えず、本を開いた時に全体が見えること。
この「閉じてる時」と「開いてる時」の見え方の違いを利用してうまくデザインできるとおもしろいかもしれないですね。
いいアイデアが浮かんだら竹林もおきんまろさん(イラレ担当)とグループで応募してみよっかな。
あっ、配分は竹林20,000円のおきなまろさん5,000円ね!

小型グラフィック

この件です!>手羽さん



デザインの現場 2009年 12月号 [雑誌]デザインの現場 2009年 12月号 [雑誌]

美術出版社 2009-11-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




デザインの専門誌「デザインの現場から」。
12月号の特集は「魅せる!小型グラフィック」。
その中の「小型グラフィック最前線」のコーナーでムサビのオープンキャンパスグッズが取り上げられています!



091103 010.jpg
学長もお薦めのオリジナルTシャツももちろん掲載されてます。



デザインを手がけたのはFLATROOMの種市一寛さんと古屋貴広さん。
種市さんがデザイン情報学科の卒業生というご縁で引き受けていただきました。
限られた時間と予算の中でいろんなアイデアを出していただき、おかげさまで学内外で好評でした。
実は相棒の古屋さんは多摩美の情報デザイン学科出身。
今年のオープンキャンパスグッズは80周年らしく、ムサビと多摩美のコラボだったんです。
ムサビのオープンキャンパスでお二人が手がけた制作物はこちらでご覧いただけます。



http://www.flatroom.jp/#0043_musabi



小型グラフィック特集、ムサビ出身者の作品が多数掲載されていて、ムサビチェッカーにはたまらない1冊となっています。
竹林のわかる範囲でも池澤樹さん、久住欣也さん、平林奈緒美さん、小栗卓巳さん、名久井直子さん、菊地敦己さん、栄良太さん、長嶋りかこさん、小杉幸一さんが登場しています。



デザインの現場12月号はムサビがもらった!ガハハハハ!>久しぶりにやってみた



書店で見かけたらぜひ手にとって、できればレジでお買い上げください。
竹林も買おっと・・・。



ちなみに小型グラフィックとはノベルティグッズやパンフレット、DM、ショップツールなどなど。
実に様々なものがあります。
団体や企業によってもまた違ってて、眺めているだけでも楽しい。
そして我々がデザインに囲まれて暮らしてることが改めて実感できます。
そんな小型グラフィックの話題、また明日以降に続きます。

クリスマスパーティ!

今年の漢字は「」だと思う竹林です。
みなさんこんばんは。
鳩山新政権と新型インフルのインパクトが強いかと。



さて、本日12月1日の朝日新聞朝刊多摩版にムサビの話題が紹介されてました。
なんとカラー写真付きです!



asahi.com:パーティーをテーマにXマスの輪飾り 



毎年恒例、府中の森芸術劇場のウエルカム・ディスプレイの展示です。
芸術文化学科で行われているアーツプロジェクト(学外活動を基本としたプロジェクト形式の授業)の1つ。
80周年記念イベントのディスプレイやステージセットも手掛けた楫義明教授が指導しています。
昨年も竹林のエントリーで紹介しました。



クリスマスと芸文



今年のテーマは「クリスマスパーティ」。
4つのリースがエントランスホールを彩るとのこと。
お近くの方はぜひご覧になってみてください。



今日は別のことを書くつもりだったのが、急遽差し替え。
例の件は明日にでも書きます。>手羽さん