2007年07月のアーカイブ

発熱とMacの間

スクーリング一週目終了しました。
お約束どおりの亀更新に突入中。というか・・・まぁ、いきなりいろいろありまして。
スタート直後にすっ転んだまんま、起き上がれずって感じです。

上記タイトルの意味も含めて、たらたらとスクーリング一週目について。


土曜日。
羽田が大渋滞で、飛行機が30分以上送れて到着。
なんだか涼しいぞ〜、東京。

日曜日。
大量の荷物を引き取り、明日からの授業の準備。
ん? B2画用紙以上のベニヤ板がいるの?(少なくとも絵画コースでは、カルトンやベニヤ板は本当に貸してもらえない。4年生の授業だと別ですが)不安になり、急遽ホームセンターに。

月曜日。
スクーリング開始。
大量の荷物とともに玉川上水歩いただけで、へろへろ。
教室、冷房効きすぎて、寒い。というか、喉が痛い←これはヤバイ。
自転車のレンタルは予約者だけで満杯ということで、借りられず。
仕方ないので通学証明書をもらい、電車で通うことに。しかし通学定期の発行に手間取る。都内の駅しか利用しないのに、なんで定期発行に所沢まで行かなきゃなんないんだ。変なの。

火曜日。
ようやくスクーリングらしく、暑くなる。
和紙の水張り。仮糊つけるのがちと甘かったが、角に皺ができなくて感動。初めてまっすぐなまま、水張りできたよ。
昼休みに、生手羽さんにお土産を持って行く。サラサラヘアの好青年でした。
喉、ますますやばし。

水曜日。
喉からの風邪に突入した模様。午前中に保健室に行ったら、すでに37度超えていた。
Webコーナーに立ち寄ったけど、熱で朦朧とした頭では、慣れないMacを使いこなせる自信なし。
午後からも熱はヒートアップして、よっぽど早退しようかと思ったが、なんとか持ちこたえる。
夜、薬飲んで、8時から寝る。

木曜日。
薬でひたすら熱を抑える。薬効いてる間は解熱作用があるらしく、ものすごい汗かきかき。
画面は未だ爆発しきれず。

金曜日。
風邪の峠は越えたが、まだ薬のお世話になりっぱなし。
よく分からない日本画の絵の具。濡れ色と乾いた色の違いに戸惑いっぱなし。
いろいろ作業が多いけど、画面が乾くのを待っている間、絵の具作ったり、体休めたりできて、ある意味この体調の時、日本画で良かったのかも、かも。

土曜日。
風邪は少し治まったけど、別の問題が発生。ちょっとここでは書けない話だけど、とりあえず様子見体制。最悪はスクーリング切り上げて病院か? それは避けたいな。今まで何ともなかったんだから、あと一ヶ月ぐらい現状維持してくれ〜て感じ。

講評と片付け終わったら18時半近く。オフ会大遅刻女となりました。皆さん、申し訳なかったです。
オフ会に関しては、他の人が詳しく報告してくれると思うので今回はパス。

帰ってから、右耳が聞こえにくくなっていることに気づく。また風邪から鼓膜炎になったか? 勘弁してよ、もー。

てのが、スクーリング一週目の出来事でした。
なんだか病状日記じゃないか。
授業についても本当はいろいろ詳しく書きたいことはあるんだけど、それはそのうち書きます。スクーリングから帰ってからでも。遅すぎる?

あ、日本画1受講の皆さん、ベニヤ板は要らなかったです。カルトンか15号パネルで十分です。

明日からは専門科目が続くので、もう少し体調直したいよ〜。
まぁ、これだけどん底状態からスタートってのも珍しいけど、これ以上ひどいことにはならないと思います。
また頑張って行きまっしょい!

いざ、東京!

今から東京に向けてgo!です。

さて、スクーリング中、この日記をどうやって更新しましょう。
泊めてもらう部屋にネット環境はありません。携帯の設定も変えてません。というか、料金設定を変えないと、とんでもないことになりそう・・・。
やはりムサビのWebコーナーで、こそこそと書くしかないかな。でもそんな時間あるのかなぁ。

しばらく日記は、亀更新になるかもしれません。
が、本人は5週間出ずっぱりで、ムサビをうろうろしてます。そのうち疲れて、亀モードになるかもしれないですが。

でも夏にムサビに行ってる間は、辛いけどシアワセなんです。
お金が羽根生やしてどんどん飛んで行っても、時間なくてろくにご飯食べられなくても、お気に入りの服が汚れて外に着ていけなくなっても(ムサビは可)、
スクーリングがない夏は寂しすぎます。物足りないです。
身体と頭がスクーリングを求めてしまいます。(昔はヒマラヤを求めていたけど)。

今年の夏も、シアワセがいっぱいだといいな〜。


冷凍ミカン

市の健康診断で、●●年振りにバリウムを飲みました。飲む量が激減してて、感動。医学の進歩(医療機器の方か)、ばんざーい!
相方には「そんな年頃に、バリウムや胃カメラ飲まなきゃいけなかったって、どんな生活してたんだ?」と苦笑されましたが・・・。ストレスてんこ盛りの青春だったんだよー!
おかげで、打たれ強くなったとは思います。

しかしバリウムの量は減っても、その後の苦労は一緒でした(笑)。こればっかりは・・・。

相方のリフレッシュ休暇のために、トイレ・風呂掃除は終了。あとはカレーを大量作り置きして、もう一度掃除して・・・と、家事片づけ中です。

版画の下図は悩んでいるうちに、アクリル絵の具が固まり、「きぃー、使えない」と一人苦闘。
暑さでキレてるような気もしますね。今日は近所のスーパーで、アイスクリーム4割引だ。買いに行こうかな。
相方は私の実家から届いたお中元ハウスミカンで、B級グルメな冷凍ミカンを制作中。「ある意味、めちゃめちゃ贅沢な喰い方」と本人はご満悦だが、それ一口いくらだと思ってるの? 困った味覚の人だ。

暑さと雑用に追われてますが、ストレスフリーな生活まであと少し。

夏本番

昨日、南九州は梅雨明けしたそうです。いよいよ、夏本番。

荷物はネコさん営業所へ。全部で8000円超、うへー。
東京で無事に会えますように。
日本画1(後半)は65円也(B3画用紙3枚、模造紙2枚、新鳥の子紙1枚)。今回は予想どおりのお値段。

そして夏スク始まると、ほんとに夏だなぁと実感します。
通信の夏本番は来週から。

置き手紙と一緒にお留守番の相方は、「リフレッシュ休暇まで、あと少し」とのたまっております。
リフレッシュ休暇? つまり私がいると、ストレスってこと?

友人に教えられた源氏物語占いで相性を占うと、相方と私は72.5%という微妙な数字。
一緒にいすぎるとダメになるカップルだそうで。
てなことで、これを理由に大手を振って上京だ(笑)。

旅立つ前の一仕事

荷物君達は今日、一足お先に旅立ちます。嗚呼、送料いくらだろう(泣)。
夏スク前の最後の課題も、今日には郵便局へ。

旅立つ前に、家の雑事もお片づけ。
そういえば、夏スク行く前に必ずすることが、カーテンの洗濯。梅雨明けしたら始めるんだけど、今年の梅雨明けは何時だ? 分からないけど晴れているので、どんどん洗濯。すっきりします。

しかし暑さで進まないのは、版画の下図(爆)。あ、画材も全部梱包しちゃったよ。どーしよ。

お土産

スクーリング時のお土産は賄賂みたいなので持っていかないが、友達同士で地元名物の交換くらいはする。
昼休みに、地域限定プリッツの味較べもした。個人的には福岡の博多明太子味が好き。大阪のお好み焼き味も美味。ダメだったのは・・・(以下略)。

仕切り直しの編入だし、専門課程初めてであまり顔見知りもいないので何も買ってなかったけど、手羽さんぐらいには買っておかないとマズイかなぁと思い、三度買い出しへ。

帰り道のラジオで、初めて地震のニュースを知る。

2年前の夏は、羽田に着いて手荷物受け取った瞬間に地震。電車、全部止まりました。
この年は台風が来て授業が一日だけ短縮になり、大学の近所で火事がありと、まさしく地震・雷・火事・親父の何かが抜けただけのような夏だった。

今年は何もないと良いな。

買い出し・追加

台風一過の晴天の下、買い忘れていた物を追加で買い出しに。
100金でゴム手袋(厚手)とキッチンロール紙(どちらも版画で使用)。ホームセンターで梱包用のプチプチ君。

あと無駄に一週間延びたばっかりに、市役所本庁まで行かなきゃならなくなった不在者投票へ(一週間前からは、近所の支所でも不在者投票できる)。この怒りを一票に込めてやる。

荷造りはラストスパート。忘れ物ないかな〜。

あ、お茶パックとコーヒーと青汁、忘れてた。
「そんなものまで持ってきたの〜?」と、宿主の友人が呆れたことがありますが、
上京中に買えば総て自腹。でも今買っておけば、家金(お家のお財布)なのだよ。うしししし。

夏スクガイド(お荷物篇・その2)

台風で外出することも不可能なので、ひたすら荷造り。
台風はあまりに近すぎたせいか、思ったほど大したことなかったです。台風の目に入ったのも、はっきり分かったし。台風の目が抜けた後に外を見たら、雲が大きく渦巻いてました。うわぁ、なんか感動する光景。
それよりも久々に青空が見れた今朝は嬉しかった〜。もう身体にカビが生えるんじゃないかと思うほど、降り続けた雨・雨・雨。すぐに梅雨明けしてくれても、没問題だよ。

7月の試験結果が出ました。全部一応合格。しかしレポートの添削がまだで、単位未取得になってるのもあります(笑)。成績が空欄になってました。こういう表示になるのか、なるほど。

荷物はカルトン大の平たい荷物が1つ。あと画材が段ボール2箱。生活用品1箱。着替え等がドラムバックに1個。

梱包して思ったことは、「男だったら、もっと荷物少ないだろうなぁ〜」ということ。化粧品とか諸々の女性ならではのお荷物が、意外に嵩張ってるんですが。消耗品もあるから、帰りは少し減るだろうけどね。
チベットでは16日間、モンゴルでも5日間風呂に入らなくて平気だったけど、さすがに高温多湿の日本じゃできません。学校から帰ったら速攻、人間と服を洗ってました毎日。服のローテーションが限られてるので。今年も片手に満たない服で、組み合わせを考えないといけない。絵の具や墨つけて犠牲になる服も最小限にしないと・・・。

昔、絵画の夏スクで「どうせ君ら、化粧もしてないだろう」と言った先生がいましたが、甘いな〜。塗ってなさそうに見えるくらいナチュラルメイクなだけですわ。或いは途中で雑巾になって落ちてるかもしれないけど、ポイントメイクぐらいはしてますわ、ほほほほほ。限りなくスッピンに近かったのは彫塑の時だけよ。

数少ない服といえば、すごーい冷夏だった時、「着る服、半そでしか持ってきてなくて」と、どっかの民芸品のようなマルチカバーを体にぐるぐる巻いて、絵を描いていたおじさまがいました。Tシャツしかない状況は分かるけど・・・。一体何に使うつもりで持ってきたんですか、そのマルチカバー。

今年も大荷物。でも本当のことを言うと、一番嵩張っている荷物は、枕です。

夏スクガイド(お荷物篇)

小平最新情報コメントいただき、ムサビからATMが消えたことを知りました。
維持経費のかかるATMは極力減らして、手数料かかるけど24時間便利なコンビニに行ってね〜という経営側の戦略に巻かれろと? なんか、腑に落ちない話だ。

いっそのこと秋スク申し込み期間を、夏スク始まる前に変更してください。そうすれば自分で手続きし終えて、安心してスクーリング受けられるのに。賛同してくれる人いませんかね。

さて迫り来る台風の中、荷造りに励む私。
窓は開けられないし、エアコンは壊れてるし、汗だくだくで働いております。
とりとめもなく画材が山積みです。
クロッキー用具・デッサン用具・油彩用具・日本画用具・版画用具・・・どんだけの量になるんでしょう。

自宅から通うわけじゃないから、突然何かが必要になったからといって、すぐ翌日に用意できないのが辛いところ。そうそう、世界堂に貢献し続けるわけにもいかないですし。お財布が傷みます。
という事情で、ないと不安あると安心と増え続ける画材荷物。
持参物リストに載っていようがいまいが、「使うかな?」と思う物は取りあえず持ってゆくスタンスで臨んでおります。

「絵画后廚覆鵑召蓮△箸蠅△┐沙廚い弔限りの材料を用意されるとベターです。

ところで版画では、以前は掲載されてたはずの持参用具がリストから消えてたりするのですが、それって研究室が用意してくれるということなのかな? 謎だ。不安だ。

インフラ格差

昨晩、雷と雨が凄いなぁ〜と思いつつ寝てたら、朝ネットが死んでました。大元の回線から点滅状態。

うぎゃぁぁぁぁー!

テレビやエアコンは死んでも全然平気だけど、パソコンとネットが死んだら私は大ピンチ!
県外在住者とはほとんどネットで連絡してるので、夏の大移動前は非常に困る、とっても困る。
昨日の夜、ムサビの悪口書こうと思って寝たから、天罰が下ったのかしら。しくしく。
取りあえず、速攻でNTTに連絡しました。

・・・というわけで、今頃書いてます。NTTの保守さん、ありがとう。
でも明日は台風だし、またどうなることやら。

で、ここからが、昨日書いておこうと思った本題。
いえ、悪口じゃないんですけど・・・。
田舎の実情を少しは知っておいてほしいなぁ〜、事務局の人にはということで。

秋スクの申し込み期間は、ご存じのとおり夏スクの真っ只中。
スクーリング出てたら、銀行の窓口に行ってる時間はないじゃないかい。
ならムサビのメインバンクのATMが、正門横に設置されていると言いますが
ATMからの振込って、現金でのお取り扱いできないんですよね。(今はどうなんだろう?)
みずほ銀行の口座持ってないと意味なーし。
確かにみずほはメガバンクだ。でも都市銀行だから、田舎にゃほとんど支店がないのよ。
我が家から一番近い支店は、車で40分のところにある。
誰がそんな所に口座を開く? 職場から近ければ考えるけどさ。

てなことで、スクーリングの振込ができないと、何年か前に窓口で喧嘩した知人もいました。
今ならコンビニATMで対応できるのかなぁ。
私は未だにコンビニATMを使ったことがないのですが・・・。しかも、地方銀行と郵貯のカードしかないし。これで振込できるの?

以前は、置き手紙に手順を書いて、夏休み中の相方に振込と郵送を頼みました。
しかし一人暮らしの人とかは、本当に困っていましたね。

秋スクの申し込みを窓口に持参した場合のみ、現金も一緒に領収してくれないかなぁ、と真剣に思うのだけど
やっぱりダメなんでしょうね。いろいろあって。
なんか良い便利な方法はないもんでしょうかね〜
と毎年思うのでした。

でもそんなこと思うのは、地方の人間だけなんでしょうね。インフラ格差を感じます(寒)。


夏スクガイド(休日篇)

スクーリングは月曜日から土曜日まで、ぎっちぎち〜。
休みは日曜日しかないでーす。
平日8時間も制作やってたらへろへろで、その後遊びに行こうなんて気力も体力もわきませんがな。
まぁ何処でも例外的に、元気な人もいらっしゃいます。素直に感心します、その好奇心と行動力。少し分けて欲しいです。

そんなこと言っても、やっぱりせっかくの東京なんだから〜と、日曜日の午後ぐらいからお出かけしてます。夜が遅い(午前中も遅いけど)街・東京のメリットを最大限に活かして、夜10時ぐらいまでうろうろ×2。こんな時間まで出歩いてる自分が、なんだか不思議。だって夜の8時すぎたら、人なんてぱらぱらしかいないんだもん、M崎の街て(笑)。


行く場所は、事前にネットでリサーチ。便利な世の中になったもんです。
行き先はだいたい美術館か、画材屋か・・・今年なら東京ミッドタウン? あとはお気に入りのブランドがある銀座とか新宿。一応、女ですから(笑)。鷹の台ではちゃっかりと忘れてますけど。

版画コースとして忘れちゃいけないのが、町田の版画美術館。しかしここってムサビ周辺から行くとなると、とっても不便。しかもすごーい坂の底にありました。なので一度しか行ってません。

さて、今年は何処に行こうかな〜。


夏スクガイド(お友達篇)

音量子さんも書いてることなので、そろそろ本格的に夏スクの話題を。

夏スクで友達を作る方法。
ずばり。スクーリングに出席する。
以上です。

「そんなの当たり前だろうが〜!」と言う人のために補足。

専門科目のスクーリングに出れば、どんなに人見知り激しい人でも友人知人の一人や二人はできます。
特に夏スクで、専門科目(あるいは専門の入り口の総合科目)を連続して受講していると、顔見知りばっかりになります。
絵画のような人の多いコースでも、学籍番号で教室を振り分けられるので、何度も同じ人と同じ教室になります。ただしこの場合、「あ、この人とは合わないかも」と思った人とも、何度も巡り会う可能性が高いということです。そのあたりは大人の対応で。

専門以外の授業の時、違う学年の人や他の専攻の人ともお友達になっておくと、なお良いです。いろんな情報が聞けるからおもしろいですよ。特に専門の選択に迷っている時は、とても参考になります。

まぁ長い授業なら6日間もあるわけですから、だんだん日が経つにつれ周りの為人も分かってきます。
それでじっくり観察してこの人となら大丈夫だと思えたら、最終日ぐらいに「メルアド交換しない?」と持ちかけてみましょう。

なんかこう書くと、まるでグループ交際から個別交際へ移行するプロセスみたい(恥)。

とか言う私も、激しく人見知りするタイプなので、最初の頃は無愛想に授業受けてます、多分。心の中ではお友達になりたいな〜と思ってるんですけどね。
無愛想さにめげず、声かけてくださーい。

週末&週明け日記

日曜日。相変わらず大雨。
課題の水性デッサンをする。水性って難し〜!
「あっ、失敗した」と思ったら、さっと上から描き直せる油彩って楽だわ、やっぱり。
水性は透明感が魅力のはずだけど、油彩感覚に慣れた眼が厚塗りしたがる。いかんいかん。
でも透明感のあるゴーヤってどーや?

月曜日。大雨、時々曇り。
ワイパーが効かない。笑えるくらい水しぶきが上がる。
メーカー違いなら在庫があると連絡のあった、木炭紙大クロッキー帳を貰いに行く。
その後、代休だった相方と、電器屋とスポーツ用品店とショッピングセンターをぐるぐる回る。

勤務評定に健康管理の項目がある相方の職場には、最近すばらしい体重計が導入されたらしい。それと同型のを見に行く。部位別の体脂肪まで分かるのか〜。凄い性能だけど、あんまし現実は直視したいような、したくないような・・・。でもグラム数まで表示されるということは、郵便物の誤差が減るからいいかも。検討の余地はある。が、値段はお高い。

図書館に本を返しに行くついでに、新たに借りてくる。北村薫を4冊。この人、読むのは何年振りだろう。
今期直木賞候補に挙がっている英子&ベッキーさんシリーズは面白い。


買い出し2

雨にも湿気にも暑さにも負けず、買い出し巡りに明け暮れた土曜日。

床面積では(多分)市内ナンバー1である某ショッピングセンターの本屋に、ムサビ日記はなかったです。ちゃんとパソコンで検索したけれど、在庫が△。△って、一応は入荷してるよ〜という意味か? それとも、要望があれば入荷するけど〜みたいな話?
置き場所として指示されたのは、ヤングカルチャーの本棚。美術評論書と並べられるよりは正しいか。
で、相方と二人で隅から隅まで探したけれど、一冊もなかったです。

再入荷される予定はあるのかな。


買い出し

スクーリングのための買い出しに行こうと思うけど、大雨だよ〜。何日降り続いているんだろう。
明日行くはずだった山間部の民宿は、大雨のため国道が通行止めとなりキャンセル。
私と相方、どっちが雨を降らしているのでしょうか。

相方の精神的相似形・大阪の親友と旅行の計画を立てると、必ず大雨・暴風・大雪に見舞われます。

平均点

夜、通信のHPにログインしたら、お花が二つ咲いてました。
単位取得のお知らせの、パンパカパーン的なお花マーク。花マルみたいなもんかな。
意外なところで、芸が細かかったのね。今まで気づいてあげられなくて、ごめんなさい。

お花が咲いていたのは、この前の試験を受けた「演劇空間論」。
もう一つは5月にスクーリングを受けた後に、ようやく実技課題が出せた「絵画表現機廖
これで6単位ゲットだ!

試験受けた時の感触として、「完璧に書けたわけじゃないけど、メチャクチャはずしたことも書いてないなぁ」だったので、普通に平均的な点数でした。

4年制通信が始まった最初の1.2年くらいは、確かレポートと試験の点数の平均点で成績が決まっていた記憶があるのですが、途中から変更になって今の方式に。
今だと試験一発勝負的な感じで、「だったら、あの頑張ったレポートは一体何なの? レポート評価に意味はないのか?」と思わないことはないです。通信だから、それが自己学習ではあるけれど・・・。
試験一本で成績決めた方が、公平性が保たれるというのも分かりますが、もう少しレポートでの努力も鑑みてほしいなぁとは正直思う時もあります。
評価Cは鑑みて欲しくないですけど(苦笑)。

そういえば以前にネットを見ていて、自分の卒業論文をネットオークションに出してる現役大学生がいてぶっ飛んだことがあります。取引が成立したかどうかは知らないですが、「何でも金にできると思うなよ〜」と叫びそうになりました。買う方も問題だか、売る方も売る方だよ〜。

こんな世の中じゃあ、レポートの正当性が揺らいでも仕方ないのかも、かも。

at 13:35 | Category : 試験 | Comments (0) | Trackbacks (0)

アウトドア用品

夏のくそ暑い時の作業には、アウトドア用品やスポーツウェァが結構役に立ちます。
吸湿即乾性のTシャツは大助かり。トレッキング用パンツも動きやすかった。
水筒は毎日持参。

で、意外にあなどれないのが農作業用品(笑)。
銅版で使う寒冷紗だって、農業用品置いてるホームセンターで買えば安いでっせ。メートル売りしてます。1メートルもあれば、余裕で足りますけど。
野外の時は、農作業用麦わら帽子で日焼け予防。首までがっちりガード。

そんでもって、今年は“カラフルもんぺ”なる物を買ってみました。
ほんとに普通に、カラフルなもんぺ。作務衣の下だけって感じにならなくもない。
夏が終わる頃には、きっと墨だらけでしょうが。


紙つなぎも考えたけど、あれって暑いので夏は遠慮したいです。
が、エプロンだけでは心許ないし。なにせあちこち無駄に汚す人なので・・・。
今年は水性と油性が半々なので、汚れ対策に悩みます。

持参物・2

大雨で窓が開けられず、不快指数が高度を維持してます。
去年から怪しかったエアコンは、ついに壊れたようです。というか、一人で勝手に見えない世界と交信し続けてます。何に反応してるんだ? リモコンには反応しないくせに・・・。あまりにピッピッと五月蠅いので、大元のコンセントから引っこ抜きました。これで完全にただの壁掛けアイテム。
でも台風が来た時しか使用しないので(去年は稼働日数3日)、想定外のエアコン買い換えは来年です。今年も扇風機が頑張って働いてくれるだろう。

そんな中でスクーリング買い出しリストを作っていて気がついたのは、「絵画表現供廖平綫系)に野外デッサンがあるということ。また、蚊取り線香が必要というわけですか。
「なんで大学で、蚊取り線香なの?」と相方は不思議がるけど、ムサビ構内、蚊が多い!
すぐに皮膚炎を起こす人間にとって、皮膚上のかゆみほど怖いものはありません。

屋外で授業がある人は、蚊取り線香が必需品ですよ〜。世界堂でもばら売りしてるけど。
虫除けスプレーがあると、なおグッドです。


持参物

ムサビ通信&増刊夏スク持参物一覧表冊子がやって来た。
ついに来たか〜、この時期が。
そろそろ必要な品々をかき集め始めなければ・・・。
構内の世界堂で買うのもありなんだけど、みんなが集中して買っちゃうので売り切れ!
という恐ろしい事態がたまに発生します。同じ授業受けてんだから仕方ないけどさ。
なので、なるべく先に買って用意しておく方がベターです。

ちなみに前にスクーリング終わって計算したら、4週間分の生活費<画材代でした。
紙って高いな(泣)。


鉄ちゃん

昨日は、鹿児島で科目試験でした。

朝7時台の特急で出発!
M崎駅で乗り換えだったのですが、これから乗る「特急きりしま」君にカメラを向ける若者s。
そして向かいのホームに「ソニックにちりん」がピッカピカーの車両を滑り込ませると、今度はそちらにダッシュ、デジカメで撮る撮る。
出発してからは、動くきりしまの車内風景をビデオで撮影。
噂には聞いていたけど、鉄ちゃんが増えてるという話はホントだったのね。
朝からディープな世界を垣間見てしまいました。

会場に着いたら、試験に使う会議室の場所が移動になっていて、一瞬?
1Fから3Fに変わったそうです、第3会議室は。
窓口のおばちゃんが親切に教えてくれました。

試験は3つ。
試験開始から30分経つと退席できますが、最後の試験はいろんな意味で25分で終わってしまいました。
一本早い特急に乗れたのは助かったけど・・・。

どんな試験内容だったかは、夏スクの時に周りの人に訊くのがベター。
私もこっそり教えますよ。ここじゃあ、マズイだろうけど(笑)。

at 08:13 | Category : 試験 | Comments (0) | Trackbacks (0)